「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーW

放映当時はこれを持ち上げるのに平成1期を踏み台にするような言い回しが多くて、そのわりに見ていて面白いと思えなかったので敬遠していたのですが、小説版を買ったのをきっかけに見返してみたら普通に面白かったです。

・最初は典型的な人情家とクール肌の対立でスタートしたのにファング登場の15話あたりですでに確固たる絆ができてやんの。
相棒の忠告を聞かなかったツケだ、絶対に助けに来るな、俺のことは忘れろ!という翔太郎の台詞を背中に聞きつつアームズドーパントから逃げ出したフィリップがひと段落ついて
「どうしよう……二人を助けなければ……でもどうやって」
と明らかに翔太郎の台詞通り助けに行かない、という選択肢が最初から除外されているのがまたニヤニヤする。

・人数減らしただけに掘り下げが深くなったなぁ、というのは感じる。

・照井は最初に出たときは「この街は腐っている!」と断言して、変身解除した生身の人間相手に容赦なくエンジンブレード振りかざすような男だったのに最終話では
「この街は腐ってなどいない!この街を汚すものは俺が許さん!」
これは感慨深かった。

・井坂と初めて翔太郎・照井サイドが会った回、仇を前に手も足も出ず叩きのめされて変身が解けて
「奴が目の前にいるのに!」
と地面を叩く照井、鬼気迫る演技でした。
この回はヒートトリガーツインマキシマムを決行しぼろぼろになって倒れた翔太郎を見て
フィリップ「誰のおかげで翔太郎がこんなことになったと思っている!」
照井「俺の復讐が先だ!」
とフィリップもずいぶんデレたなあとか思ってました。

たとえメモリの副作用で死んでもいいから手品を成功させたいと言うリリィに「そう思っているのはお前だけだ!周りを見ろ、心配している家族がいる!」と諭す照井。その台詞がそっくり仇が討てれば死んでもいいと言う自分に対して翔太郎が言った台詞だと気づく、この流れイイ。

・ナイトメアドーパント回は照井・フィリップの大阪人Verに爆笑。
「最近はあんまゾクゾクせぇへんなぁ」
「俺に質問をするなや!」
あからさまなチャラ男化しているのに口癖は健在の照井。

・なんとかして翔太郎とフィリップの間を引き裂きたくて、最後はドーパントをけしかけまでしたシュラウドが最後の最後で「左翔太郎はあなたの家族よ」と認めたのは胸熱。

・所長も当初はウザキャラだったんだけどだんだん空気を読むことを覚えていって一度は翔太郎とのコンビ解消を決意しようとしたフィリップを諭したり、エクストリーム化した若菜をスリッパでどついたりといいキャラになりました。

・唐突に悪人がいい人化するのはちょっと眉を潜める部分。霧彦さんとか子供は犠牲にしていかんけど大人ならいくらでも犠牲にしていいって言ってるわけで、別に悪事を根本から反省したわけじゃないんですよね。
ただ「もうじきにお前死ぬよ」と言われてもいつものあの余裕のポーズを崩さなかったことはかっこよかった。
最後のフィリップを見送る園咲一家も、まあこれがきれいな形だし、ガイアメモリから開放されればこうなんだろうなっていうのはわりと無理なく自分を納得させられました。

・ジーン回で振り切った照井。
バーナビーといい復讐キャラは復讐果たすと開放感と達成感からなのか妙なことするよなあ。
真顔で「絶望が俺のゴールだ……」とつぶやいた後脱兎のごとく逃げ出すのが妙にシュール。

・照井マジ不死身の男。
テラー戦ではテラードラゴンに噛み砕かれてベッドでうなってたのにもうその回のうちに這いずって出てきてテラーとの第二ラウンドに参加、タービュラーとの合体でテラードラゴン撃墜という大金星。
ユートピア戦では思わず翔太郎が変身をためらっているうちに丸焼けにされ集中治療室に……と思ったら最後事務所でミイラになってコーヒー飲んでる。素直に病院にいろよ(笑

・テラー戦といえばなんで園咲家が深いところにかかわっているのは明確なのに翔太郎はその線を捜査しないのかという疑問にちゃんとした回答が示されたことにうまいなーと思いつつも恐怖状態の翔太郎やべえ。
所長の足音にびびり、電話にびびり、声をかけられただけでびびり、もはや発狂寸前でした。

・最終回はフィリップ復活で大喜びで抱きつく翔太郎に苦笑いしながら「相変わらず全然ハードボイルドじゃないなあ」とか言ってるけどこっちは泣きそうですよあの翔太郎の喜び方見てると。
いい最終回でした。
30分のうちに組織も壊滅し、名前も明らかにされなかったEXEのカリスマリーダーことエナジードーパントさんに合掌。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1715-be76dd52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。