「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

第二次スーパーロボット大戦Z 再世篇

・アレルヤとマリーのニンジャみたいなおいかけっこw
 しかしこの二人までいちゃいちゃしてるだけに沙慈がすごい切ないことに。

・ティンプ・ベック・カンユーのコンビとかなんだこれ。

・アロウズにとっ捕まった沙慈に容赦なくCB構成員の容疑をかけたあげく無実だから出してくれの頼みも一蹴し、沙慈にまで「あんな奴だとは思わなかった。あいつのことは思い出したくもない」と言われたり、ルルーシュが記憶を取り戻しているかどうかを確かめるためにシャーリーが傷つくのを黙認したり(これは本人も悩んでたけど)となんかスザク原作以上に黒くなってないか。

・ズンボリさんの対ゼロ被弾台詞で
「ゼロ、君ごときに世界を背負えるものか!」
確認 。
これ対ズンボリさんにはガンダム主人公組は全員戦闘前会話用意してあるのに、同じ面で(Ifルートの場合)出るグレイスにはマクロスとアムロ以外の戦闘前会話ないのな……
それにしても大型新人、特殊台詞がすごくノリノリでさぞ楽しかったんだろうなぁ。

・レグナント搭乗時の発狂ルイスとカレンの台詞が熱演過ぎて素晴らしい。
「取ったよ、キリコ!」とか何回聞いても痺れる雄雄しさ。
あとルイスは今回二度目のトランザムバーストで沙慈はCB関係者だったのではという誤解が解けるイベントがなくて最後のGNベホマズンまで誤解されっぱなしなので「絶対に絶対に許さない!」とか「ほら、やっぱり!それが本性なんだ!」とか罵りまくり。
なんか指輪捨てちゃってそうなレベルというか、ルイスの極は思い込みと勘違いの極みって感じで。
そしてそこまで言っておいて結局被撃墜時には沙慈の名前を叫ぶという。

・何気にワイズマンて対ルル用特殊戦闘台詞あるのね。
蜃気楼のアニメを見ようと思ってオンにしたら
「王の力を持つ者よ……貴様に罰を与える」
とか言ってビックリ 。
それ言ったら一番驚いたのはエスターへの対ティンプ専用台詞だけど……

・Ifルートはあんまり好きじゃないっていうかゼロレクが浪漫溢れすぎてるからなんだけど。
戦闘前会話でのルルのZEXISのデレっぷりはいっそキモイと言っても差し支えないくらい。
ところで「あなたなら俺やトレーズに行けなかった高みに行けると信じる」とかすごい期待されているグラサンノースリーブ、ここまで言われておいて次回逆襲したら脱出ポッドダンクどころじゃ済まさねぇぞ。

・ついでに言っておくと俺は扇がなんであんなに叩かれてるのか理解できない人。
っていっても擁護したいんじゃなくてあんな端役がどうなろうと別にいいだろ確かにやってることはアレだけど、っていうだけのことで、積極的にどう考えても本当はいい奴だろと擁護したいのはスザクのほうですが。
2期最終話までは特になんとも思ってなかったけど、最後にルル刺し殺す時に泣いていたのを見て「ああ、こいつは結局どうしようもなくいい奴なんだなぁ」と。
あの場面本当だったらスザクはやったぞユフィとか快哉を叫んでもいいくらいルルのおかげで人生曲げられっぱなしだったし、だからこそゼロレクでルルを殺す役としてカレンではなくスザクが選ばれたはずなのに、それでも泣いていた。これがとても印象的でした。

・戦闘アニメはダブルオーライザーのGNソードⅡとどめ演出とかアリオス系全体とか見るべきところはあるんだけど、GNHWがユニット化せず武器扱い(おかげでGNフィールドが強化されるはずのセラヴィーが……)、GNソードⅢもライザーソード時専用、ランスロット・アルビオンが蹴るときウイング畳まない(原作だと畳む)、聖天八極式に縦回転キックがないとかちょっと不満気味。
ただ特殊台詞の多さは感服する。特に今回他作品の固有名詞を名指しで呼ぶ台詞が一気に増えたし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1696-9d944ec9