「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

第二次Z・その2

ブラスタ強化話まで終了。
タケル・赤木・ワッ太の3人がエースボーナスと改造ボーナス取得。
ゴッドマーズのフル改造ボーナスが神。
続いてキラがエース取得。ってシンはまだ30機なのにどうしてこんなに差がついたのか自分でもよくわからん。

「城田さん、あんたわかってないよ!
 ヘテロダインを倒せばいい、死者を出さなけりゃいいってもんじゃない!帰る家がなくなったら、どれだけ不安なのか……電気も水も通わない町に住むのがどんな気持ちなのか、城田さん、あんたわかってますか!
死ななきゃいいって問題じゃない!金の問題でもない!家をなくすってことは、普通の生活を"大事な思い出ごとなくす"ってことなんだ!」
当時もなかなか印象的な台詞でしたが、この情勢で聞くとなおさら心に残る赤木の名台詞です。

・どんなに深刻な疑いをかけられてもどんなに痛罵されても決してめげないタケルの心意気は何度見ても素晴らしい。

・「いや……」
 「はいっ!」
 「ひ……」
クロウさん最高や!なんだこの三段オチ。
そして金を貸したと思ったら借金が増えていたというポルナレフ状態に。
それにしてもエスターかわいいなぁ。声つくとしたら誰になるんだろ。

・タクカラマンのリアル系エース大集合はコーラとオレンジの二大ネタキャラが顔合わせ。
 「オレンジよこすとかwwwwwブリタニアやる気あんのwwwww」と嘲笑するコーラを「あー、君があのときエクシアに派手にやられた君だったんだねー、へー」と笑っているハムという妙な構図に。
 そしてマネキン「ところで中華連邦の『虎』は?」答えて熊「中華連邦は人革連の中でも事情が特殊なので……」
 これってたぶんシンクーのことだよね?次回への伏線も着々と。

・伏線といえば「シュナイゼルがカンボジアで作っているあれ」とか「大使が低軌道に作っているあれ」とか色々後編への重要建造物が出てきてますな。

・前作組一部を除いて合流。
 キラがちゃんと馴染めているのに一安心。
 ところでストフリはフルバースト使えるのに運命はフルウェポン封印てちょっとバランス悪くね?その上ストフリは合体攻撃まであるんだし。

・版権超え戦闘台詞色々あるなあ。
 赤木→軍人、次元獣、機械獣とか、ワッ太→ヘテロダインとか。
 熊のティエレンにダイガードぶつけたら「スーパーロボットとやらの実力見せてもらおう!」と突如専用台詞出てきてびびった。あと赤木はワッ太への専用援護台詞あり。逆もたぶんあるっぽいな。

・書き忘れたけど二十一世紀警備保障や竹尾ゼネラルカンパニー、ソレスタルビーイングまで加わってのゼロ仮面泥棒騒ぎは激しく笑った。

・ガウェイン登場。ところでスラッシュハーケンの弾数12って、左右の指あわせて10本として残り2本はどこからきた。

・ズール様GNドライブとか螺旋力とかギアスとか異能生存体とかなんでも知りすぎ。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/05/07(土) 19:42:35 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はじめまして。
実際ほんと当時のバッシングはすごかったですね。種叩くためなら何言っても許されるってくらいの勢いでした。
まあ内容としては1stのオマージュてかあれをなぞってる気がします。特に前半。

  • 2011/05/12(木) 21:50:23 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

確かに内容としては前半は1stで最後は0083、強引ですがキャラクタは08小隊等あるんですがただこれは石の花の愛蔵版に推薦文をのせていてガンダムSEEDの小説を書いた福井先生の受け売りになってしまうんですが「どちらかを悪とするのでなく戦争自体を悪とするかき方」をしようとしていてそこが似ていると思うんです。
ちなみに安彦良和も推薦文をのせていて1988年から満州を舞台にした虹色のトロツキーを連載されています。
後、近頃思うんですが世間でオリジナリティが無いといいますが逆に少しでもオリジナリティがあるものこそないのではないかと思ってしまいます。
前述した石の花は最後に参考文献が何十冊かかいてある上その当時戦争映画は山程あり虫プロだということもあり手塚治虫の手法も学んでいます。
そして手塚治虫も他の漫画家に影響を与えたと同時にチャップリンやディズニーやおそらくは当時の小説、映画、漫画などにも影響をうけていたと思われるのそういう意味ではオリジナルというものが個人的には幻想だと思えるのです。
ただもちろん何も今までオリジナルが無かったということは絶対にないので少しづつ何かがあるから今がるとは思うんですがすべてに精通していて創作物が生まれたときから全部知っている人しかわからないのでないかと思います。
また所々意味不明な文でしかも長くなりましたがあの時のSEEDへの拒否反応は凄かったのは今でも印象に残ってます。

  • 2011/05/14(土) 00:03:44 |
  • URL |
  • #39LVf5Nc
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1637-43f525d2