「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

劇場版トライガン

ストーリーは「笑われても傷ついても、何がなんでもラブアンドピースを貫こうとするヴァッシュと、それに対してつきつけられる過酷な現実」というトライガンのテーマを端的に表してて面白かったけど、アクションがいまいちというかTV版最終回のほうが動いてたような気がする。

TV最終回→原作ウルフウッドvsラズロ→原作リヴィオ&ラズロvsクリムゾンネイル

とどんどん派手で無茶な激闘を見てきたからそこまで無茶なアクションしない今回の映画はなおさらパッとしないように感じる。

ヴァッシュに言い寄られて鳥肌立つ真綾とか、コミカルな真綾は珍しかったけど。ゲロ吐く真綾とか初めて見たわ。
(つっても俺は式とルナマリアしか知らないけど)

今回一番がんばってたのはBGMのような気がする。
TV版を受け継ぎつつ西部劇テイストバリバリでうまいこと折衷してた。
「あれ?これ『H.T.』じゃねえ?」っていう曲いくつかあったし。

テロ牧師はもうちょっと派手に暴れて欲しかったかも。せっかくパニッシャーあるんだし。
ヴァッシュのサングラスかけてるウルフウッドという絵は新鮮だったけど。


総合的には決して不出来ではないんだけど、わざわざ劇場まで足を運んで1800円払って見るにはちょっと物足りなかった感じ。
(個人的に言えば銀魂のアクションが凄かったから期待値上がりすぎてただけっていうのもあるだろうけど)

……しかしあれだけストーリーがトライガンしてるのに不満足だとか言えるなんて俺も贅沢になったなあと思わざるを得ない。嘘同盟員的に考えて。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1582-e007ba3a