「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

4月の買い物その2

昨日の今日でこんなに派手に買うつもりなかったんですが……やっちまいました。
当分これで節約モードかなぁ。

kaidasi-10-4-2.jpg


●ACVI「オーメル TYPE-LAHIRE ステイシス」
タイプ・ライールと読みます。オーメルに流れた旧レイレナード系の技術者たちがfA時代に作った新造フレーム。
ひとつは純粋にステイシスとして、ひとつはライールフレームとしてアセン用パーツ取りで購入。
しかしこれ、サンプル画像で改めて三次元に起こされたものを見たときから思ってましたが、

lahire-3.jpg

すごい奇形フレームですよね。不気味と評判の歯茎マン(インテリオル・テルス)でもボディライン自体は普通だったぞ。
特に脚。

lahire.jpg

なんとも形容しがたい奇妙な形をした脚部です。ザンスカールMSとかMS-X(ペズン計画)機でもこんな奇っ怪な骨格のマシン作らなかったぞ。
具体的に真横から見ると

lahire-2.jpg

膝の異様な張り出し具合が一目瞭然。
つま先とカカトの接地性が良いとはいえ、これだけ接地面と重心位置が露骨にズレてるのに自立にはさほど苦労しないというのが不思議なデザイン。
それにしても、プレート並列型のPA整波装置といい、エッジの尖り方といいレイレナード臭がすごい。
手元にアリーヤがすぐ用意できないのでアリシア

alicia.jpg

しか出せませんが、露骨にデザインラインが同じです。敵対企業だったオーメルの内部でよくこんなレイレナード色の濃いデザインが通ったなと思わざるを得ない。
あと意外だったのは腕のデザインが非常に簡素だったこと。
二の腕から下なんてたった9パーツで完成します。アリーヤだと16あるのでおよそ二倍。さすがにフラジール(ソブレロフレーム)よりかはまともな腕だけど。
……ところで書いていて思ったんですが、二の腕から下が9パーツで簡単ってどんだけACVI基準に毒されてるんだ俺。ガンプラならモナカ割り2パーツが普通、MGでも二の腕だけで9あったら多いほうだろ。

●「バクチ・ダンサー」DOES
「修羅」「曇天」と銀魂に楽曲を提供してきたDOESの新曲にして劇場版銀魂テーマソング。
今回も乾いたワイルドなカッコよさがあって実にいい。
「春風に靡かれて燃え盛る薄ら紅」としっかり舞い散る紅桜を連想させる、作品に関連するフレーズ入れてるのは流石の一言。
限定版の舞い散る桜の花びらの中で刀を構える銀さん(浮世絵風)というジャケットもGood。

●「Ring my Bell」blue drops
「そらのおとしもの」OP。イカロスがメインボーカルのVerとそはらがメインボーカルのVerの2バージョン収録。
みんなが指を振りながら「♪リンリン」ってやってるところが妙に気に入ってます。あれリズミカルでいいよね。
あのシーンだけ見ると会長もまともな人っぽい

●「JUSTICE of LIGHT」五條真由美
「聖剣の刀鍛冶」OP。
アニメを一度も見たことがないにも関わらず「原作であれだけ熱血漢な主人公を用意したからには主題歌もさぞ熱かろう」と勝手に当たりをつけて購入。
本当に熱かったです。すぐにすぐにすぐに!

●「聖剣の刀鍛冶 2~8」三浦勇雄
ざっと立ち読みした2巻も面白かったので、この際面倒だからまとめて買ってしまえと一挙に原作全巻購入。
しかし巻数が一桁台だからいいけど、ついに20巻の大台に乗せた禁書のあとがきで「一気に買っていただいた方ははじめまして」と
未だに挨拶してるのはなんというか、そんな奴いるのか(笑

●「ゲシュペンストMk-2改・アルベロ機」
本当は今回買うつもりはなかったんですが、ステイシス買いにいったら無くなったはずの在庫が復活していたのでつい購入。
やっぱりゲシュペンストは黒が一番ですよね……RV出ないかなぁ。

●Hcm-pro「ギラ・ドーガ」
非常に評価が高いハイコンプロ版ギラドーガですが、なぜか投げ売られていたのを見て手元にある2機が付属部品をほとんど
無くしていたのを思い出し一個購入。単純にギラ・ドーガが好きなので3つあっても全然オッケーというのもありますが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1580-bd00d483