「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「民主党にだまされた」 沖縄県民に広がる鳩山政権不信

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091129/plc0911292214015-n1.htm

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、鳩山政権の言動が二転三転し、方針を決まらないことに、沖縄県民の不信感が高まっている。「県民の心をもてあそぶことは許せない」「閣僚の一人や二人が首を差し出しても収拾がつかない」。こんな過激な声も出始めた。


 普天満宮近くの商店街でも同様の声が強い。

 昭和30年から商店街に住んでいる80代女性はこう言って声を荒らげた。

 「新聞で鳩山さんや閣僚の発言を読むたび、バカ野郎と怒鳴ってしまう。民主党にだまされた」。居合わせた40代の高校教諭も「ヤマトンチュ(大和人=本土側)は真剣に考えていないことがよく分かった。民主党も選挙の時は『早く撤去して危険を排除する』と言い張ってきたのに」。

 70歳の男性も「いつ事故が起きるか不安で仕方がない。辺野古で決まったのだからそれでいいじゃないか」と、爆音をあげる戦闘機を見上げた。

 県内の自治体首長経験者は「民主党は衆院選で『県外』を訴えたが、具体的な構想が全くなかったわけだ。あてもなく、ただ『県外』を強調し、反自民を印象づけることしか頭になかった。沖縄県民に過度な期待感を持たせた罪は大きい。沖縄はかわいそうだとか、口先だけの同情の声は出るが具体的な考えは全くない」と語った。




 他党による政権の合意としても二国間の取り決めである以上、合意は合意として尊重されるべきであるし、仮にそれを覆そうというなら先の合意を履行しない理由を論理的に説明し、かつ新たに取って代わるに足るだけの現実性のある代案を用意しそれを積極的に進めていくべきだが、現在の鳩山政権はそのすべてを欠いている。
合意を履行しない理由の説明も、代案の用意もなく、ただただ選択肢をダラダラと列挙して言説を二転三転させ時間を空費することに徹し、それどころか政府内の食い違いを修正・統一しようという努力すら見えない。

要するに総合的には「とくに理由はないが合意は尊重しない。代案は出さない。ゴールも設定しないし、早期の決着も考えていない」となり、ただ純粋に無為無策であり怠慢な態度に終始している。


一体鳩山政権は日米安保をどうしたいのか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1538-64330c16