FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A級戦犯、国内では罪人でない…森岡厚労政務官発言

森岡正宏厚生労働政務官は26日の自民党代議士会で、小泉首相の靖国神社参拝問題に関連し、「中国に気遣いして、A級戦犯がいかにも悪い存在だという処理をされている。A級戦犯、BC級戦犯いずれも極東国際軍事裁判(東京裁判)で決められた。平和、人道に対する罪など、勝手に占領軍がこしらえた一方的な裁判だ。戦争は一つの政治形態で、国際法のルールにのっとったものだ。国会では全会一致で、A級戦犯の遺族に年金をもらっていただいている。国内では罪人ではない。靖国神社にA級戦犯が祭られているのが悪いように言うのは、後世に禍根を残す」などと発言、参拝取りやめを求める中国などを批判した。

 この発言について、細田官房長官は同日午後の記者会見で、「政府の一員として話したということはあり得ない」と述べた。その上で「事実関係には種々誤りも含まれ、論評する必要はない。(東京裁判の結果については)日本として受諾したという事実がある」と指摘した。小泉首相は同日、首相官邸で記者団に対し、「今そんな発言取り上げてもしようがない。私の(靖国)参拝とは関係ない」と述べた。

 森岡氏は取材に対し、「政府の取るべき立場を申し上げた。首相の靖国神社参拝を後押しする発言が、政府見解と違うということはあり得ない」などと語った。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 東京裁判は戦勝国の一方的裁判であり正当性はない→だから戦犯は皆犠牲者であり何も悪くないとか、逆に東京裁判にそれなりの正当性を認めるから戦犯たちは悪人という類の単純な思考はよくあるものだから今更驚かないが、政府関係者が口にするのを見るとやはり複雑な気分にはなる。
東京裁判で裁かれた裁かれない関係なしに太平洋戦争を招いた失政の責任者として広田弘毅*や松井石根・武藤章*2、白鳥敏夫*3、松岡洋右*4あたりは靖国にいる資格ないと思うんだが…
私怨による報復徴兵で余計な英霊を増やし、また戦車派将校を次々放逐し日本陸軍の近代化を大きく阻害した東条英樹*5もあそこに祀られる資格があるとも思えず。
 政治や軍事における結果責任は死ねば許されるというもんでもないだろう。
インパールやガダルカナル戦について「もう故人だから」と牟田口や辻の責任を問わない史家はいないし、ネヴィル・チェンバレンがミュンヘンで行った一件は洋の東西を問わず歴史的失政として記されるのが普通だし。
 広田や松岡と同じ扱いってそんな大きなことしでかしたっけか?としか思えない小磯国昭や木村兵太郎*6、梅津美治郎あたりはともかく、上記の5人は靖国から(「戦犯だから」というのではなく)放逐されるべきだろう。

まあ、戦犯云々という話になるときはたいていA級戦犯というくくりでしか見られないのが普通で、個々の面々は認識されてない*7からこんなこと言ってみたところでしょうがないんだが。
いつまでたっても東京裁判の呪縛は解けそうにない。
* 近衛と並んでトラウトマン工作を破壊し、日中戦争を泥沼化させ太平洋戦争への道を築いた 
 
*2 第二次上海事件の際の戦域制限問題をめぐり、戦略的立場から現地の上海派遣軍や第十軍によるかなり強引な追撃続行論(その中心にいたのが上海派遣軍指揮官だった松井)を抑えるべきだったはずだが、武藤は安易にそれらに組することで日中戦争の本格化・泥沼化を招いた。それが太平洋戦争へつながっていくことは今更論を待たない
 
*3 外務省の反米親独・アジア主義派の代表的人間であり、彼を中心とする「白鳥派」「革新派」と呼ばれる集まりが日独伊三国同盟を推進した

*4 松岡が開戦外交において果たした役割はわざわざここで言を重ねる必要もないだろう 

*5 「松前正義氏のお相判で徴兵されバシー海峡に沈んだ老兵たちは東条と同じザブトンに坐るのを許すとは思えない」とは秦郁彦氏の弁。

*6 首くくりにするなら河辺正三じゃないか?

*7 たとえば東京裁判の正当性を否認する人間(正当性自体は俺も否認するが)でさえもその傍証として岸信介が戦犯指定された理由(これがまたいい加減な理由で、東京裁判のずさんさを端的に表している)のくだらなさをあげたりはしない
スポンサーサイト

コメント

 東京裁判の正当性云々ではなく、日本を破滅の淵に追い遣り無用な犠牲を日本人に強いたという理由から私はA級戦犯を許せないんですが、こういう考え方って少数派なんでしょうか。私は「死人に鞭打つな」という日本的な死生観には与しないし(結果責任は死によって免罪されるほど生易しいものではないはず)、たとえスケープゴートになったとしても誰かが象徴的に負け戦の責任を取らねばならないと思っています。そういう意味ではA級戦犯は靖国から分祀されるべきだと個人的には思いますね。
 上の記事を見て思ったんですが、こういう信じがたいアホな認識を持っている議員が少なからずいるからどうしても私は自民党を支持する気に一切なれないんですよね。こういった戦前体制に対する認識の面で自民党とは埋めがたい断絶を感じます。

 ところでA級戦犯とB・C級戦犯って罪の重さで分けられているのではなく罪状の種類でカテゴリー化されているのに過ぎない、って聞いたことがありますがこれって本当なんでしょうか。

  • 2005/05/30(月) 01:37:48 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

http://ja.wikipedia.org/wiki/A級戦犯
http://ja.wikipedia.org/wiki/BC級戦犯


ただのイロハの区分らしいです。
戦争責任に関しては、戦わなくてもいい無用の戦争だったのか、
それとも戦わない場合植民地にされてしまう戦争だったのか、
戦線を拡大する必要はあったのか、など
その辺の違いで是非が分かれる気がします。


いや正直な話なにが正しくて何が間違ってるのかよくわからないんですよね。
変な思想の混じってない1900年代の歴史本てないでしょうか。
てかそもそも靖国がなんなのかもよくわからないのですが。

  • 2005/05/30(月) 02:35:35 |
  • URL |
  • かーでぃなる #GCA3nAmE
  • [ 編集 ]

>だいさん
広田や松岡は明らかに大罪人ですよねえ。
逆に土肥原あたりは別に靖国にいる資格がない、とまでは思わないし、梅津なんかはほとんどとばっちりで死刑にされたようなもん。
そういう個々の責任をきちんと分けて認識しないで「A級戦犯」という枠でひとくくりにするのも話をややこしくする一因だと思う今日このごろ。
  
>信じがたいアホな認識
いや、別に議員に限らず国内論壇ではよくあるデフォルトの見解ですよ。
別に信じられないってほど突拍子もないもんではないです。
基本的にこれと東京裁判史観全肯定な左巻きしかいないのが靖国問題をめぐる論争の現状ですな。
 
>自民党を支持する気に一切なれない
いつも思いますが、だいさんってこういう時はやけにヒートアップしますね(笑
 
>かーでぃなるさん
「開戦に至る十年」と「太平洋戦争への道」あたりが個人的にはお勧め。
後者は朝日新聞出版ですが筆者は一流どころを集めているのでどれも非イデオロギー的な質の高い文が読めます。
まあ、最終的には自分で経験積んでいって判断するしかないとしか言えませんが…

  • 2005/05/31(火) 02:36:52 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

A級戦犯>

 確かに一口にA級戦犯と言っても個々人によって罪の内容や責任は異なりますからねえ。「A級戦犯」というカテゴリーで括ってしまう限りどうしてもとばっちりを食う形になってしまう人もいる訳で。(そういう意味で上のコメントでは「スケープゴート」という言葉を用いたのですが。)それにBC級戦犯の中にも人道にもとる罪を犯した人もいるでしょうしね。この辺はどうしても大雑把で乱暴な判断にならざるを得ないんでしょうか。

自民党議員の戦争認識>

 ああちょっと誤解を招く書き方だったかな?別にあの手の認識が日本の言論空間の中で珍しくないということは私も承知しています。そうではなくてその手の保守反動的(アレな表現ですが)で自己正当化的な発想の持ち主を許容してしまう自民党という政党の体質に抜きがたい不信感を抱いている、ということです。かつてフランスのタレーランという政治家が大革命終了後の王政復古期のフランス貴族達を評して「何事も学ばず、何事も忘れず」と言ったことがあるそうですが、これに類する態度が自民党議員の中には少なからず見受けられるんですよね。そういう体質が払拭されない限り私は自民党を支持する気になれないし、いつまで経っても中韓に対し「日本政府は誠意ある謝罪をしていない」という言い掛かりを付けられる隙を与えてしまうんだと思うんです。
 (ここからは余談になりますが、自民党という政党がその出自において占領体制の行き過ぎを修正し戦前的なものの復活を目指していた政党であった以上、ああいう「反動的」な発言が出てくるのも別におかしくはないのかもしれません。その点、戦後体制に対して基本的に肯定的であるという意味でリベラルな自分が相容れないものを感じるのは当然と言えば当然なのかも。)

 ……しかし「別にヒートアップなんかしてないよ」と書こうと思ってたんですがこれじゃ全然説得力ありませんね(汗)

  • 2005/05/31(火) 23:46:14 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

戦犯の再評価はいずれやるべきだけど今はまずいと思う。

つーか今一部でも戦犯を靖国から外したら中国の要求が加熱する
のが確実だと思うので。

私は中国の靖国問題は靖国を潰すか、少なくとも15年戦争に
関わった人間全員を外すまで終わらないと思ってます。

>自民党
消去法で支持してる一人ですが(^^;
少なくとも公明、民主、社民、共産に政権第一党の座を渡すよりは
マシだと思う。
同様の理由でアメリカの世界の警察論も支持。
EU統合の目がかなり薄くなった今、中国やロシアに「世界」の
主導させるよりはマシだろう、多分。

こーゆー主張してると左側から「思考停止した権威に弱い奴」と
言われたりするし(w

  • 2005/06/02(木) 02:44:13 |
  • URL |
  • GSK #VuGevJUo
  • [ 編集 ]

>だいさん
スケープゴートが悪いとは言わないのですが、それで本来罪を免れ得ないはずの人間がのうのうと生きていたりするのはかなり違和感が。
 
>自民党の体質
西村慎悟を抱える民主党………
まあそれはともかく、政党界隈の戦後認識については右と左の両極端しかいないのがネックと言うべきか。
 
  
>GSKさん
消去法的自民支持は自分も同じくするところ。
アジア主義の亡霊が振り切れない上に支離滅裂な外交論をふりまわす岡田より日米同盟強化を着実に進める小泉の方が信用できる。
「世界の警察」論はむしろ支持するようなものじゃなくて、実際にそこにある現実というのが俺の持論です。
コソボ問題にアメリカの関与が求められ、カシミール紛争の調停にアメリカの要人が飛び、ベトナムですらアメリカと軍事協力を拡大させようとする時代において「アメリカのほうが世界に対する脅威」とかいってみても現実から遊離した観念論でしかない。
 
>思考停止
え、こんなこと本当に言われたことあるんですか?

  • 2005/06/03(金) 03:36:41 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

いい加減くどくなってきたかな?(汗)

戦争認識>

 結局、乱暴だが分かり易い解決策を採るかより正確だが分かりにくい方策を採るかの選択ですよね。個人的にはA級戦犯の分祀は妥協策としてちょうど良いのではないかと思うんですが……。(実現すればこれで堂々と靖国参拝ができる・笑)

自民党の体質>

 ううむ、なかなか上手くニュアンスが伝えられない……。要するにアレです、政党として「旧体制の暗い影が付き纏っている」という一点に私は拒絶感を抱いてしまうんですね。その政党が掲げる政策の是非、あるいは政党の実績や実力とは別の次元の問題で。まあこれは自民党に限った話ではなく、過去に軍事政権や独裁制を経験した国の保守政党は大抵どこかしら「過去の暗い影」を引き摺っているものですが。(韓国やスペイン等。)もちろんこれらの国の保守政党と違って自民党は戦前戦中の全体主義体制に直接的に荷担した訳ではないんですが、一部の議員が戦前賛美的な発言をすることで余計な疑念を招く形になっています。(戦争認識に関するいわゆる「妄言」だけでなく、憲法や教育基本法の改正論議からも戦前回帰的な願望が強く見て取れます。)仮に自民党が名前の通り、戦後の「自由民主主義」体制を擁護する政党だったら私も無条件に支持するんですが。
 蛇足気味に例え話をすると、「正論」や産経新聞をこよなく愛するような60過ぎたオッサンが居酒屋で「昔の日本は立派だった、それなのに今の日本と来たら~」とヨタ話をし出した時に感じるであろう不快感を想像してもらえると、私が自民党に対して抱いている嫌悪感を理解できるかもしれません。(昔、学園祭でこの手のオッサンの相手を延々と1時間以上させられて辟易した覚えがある……。)こういうアホなオッサンくさい、アナクロニスティックな体質が自分の肌に合わないんですわ。(自民党が都市部の有権者に受けないのも恐らく同じ理由ではないかと思います。)

  • 2005/06/03(金) 22:42:13 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

>拒絶感
正論・諸君的なアナクロ丸出しも東京裁判史観全肯定も俺はどちらも等しく吐き気を催しますよ。
ただ実質的にその2つのどちらかの見解しかない以上、それを争点に考えるのは空しい(イデオロギー的体質云々で拒絶感とか言ってたら俺の場合すべての政党を拒絶しなけりゃならなくなる)だけだからそれ以外の点で判断しているだけで。

  • 2005/06/04(土) 02:26:36 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

>思考停止
自分が言われたわけではないですがね、地元紙が選挙で与党現職
が勝ったときや米が新展開したときなんかによく言うんですよ。
正確には「現状追認で思考停止してはならない」だったかな。

アメリカ一国に頼るのが健全ではない、と言うだけなら激しく同意
なんですが、それで出てくるのが「被爆国として核廃絶を」
「憲法九条の精神を広めよう」「在日米軍撤退を」などなので
考え無しはどっちや、と言いたくなるというモノで(^^;

>自民党の体質
蛇足の脱線ですがね、数千年前のどこかの遺跡(日本ではない)で
壁画の文章解読したら「今時の若い者は・・・」な事が書いてあったそうで。
老人がそういうことを言うのは古今東西のお約束だと思って気にしない
ほうがいいと思います。

  • 2005/06/04(土) 04:05:09 |
  • URL |
  • GSK #-
  • [ 編集 ]

A級戦犯たちを東京裁判肯定・否定の二元論でしか扱うことができず、
広田や松岡ら、そして東条を国家戦略・戦争指導の失敗という面での批判があまりされていない日本の現状こそ、
正に「先の大戦を反省していない」ものだと自分は思います。

そういう点で自分は靖国神社はA級戦犯の中でもアレな連中を空気を読んで分祀する(靖国が一宗教法人である以上分祀強制は出来ないだろう)のが一番角が立たない選択肢だとは思いますが・・・
まあそれでも中国やらは満足しないかも分かりませんが。

最近コメント欄に変な人が沸いて困る。

  • 2005/06/05(日) 20:14:27 |
  • URL |
  • KampfGr_Zbv #KGuvDfIQ
  • [ 編集 ]

>GSKさん
単なるルサンチマン丸出しなら現状追従の方がなんぼかマシというのは禁句ですかね。
精神主義や観念論が現実を凌駕することはないといい加減悟って欲しい。

>Zbvさん
まったく同意>二元論でしか~
反省していない、と声高に主張する連中にも、いまだに先の大戦の要因たる反米反欧のアジア主義思想がしっかり残っていますし。
まあ中韓はそれでもうるさいかもしれないけど、本質的にいえば奴らのためにしてあげることでもなし。

コメント欄、エライのが来ましたね。
コラテラル・ダメージとか意味解って使ってたんだろうか。
ちなみに俺も毎月ダカーポの連載読んでますが、斎藤貴男はもはやジャーナリストというよりフィクション専業の作家と言う方が近いです。
「ブッシュによる第三次世界大戦もありうる」とか書いてて吹いた。

  • 2005/06/07(火) 20:03:35 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

この問題の原因は「分祀」っていう宗教的に不可能な行為が、あたかも選択可能な対応策の一つみたいに喧伝されてしまったことにあるような気がします。
「靖国が現に祀ってるか」、「国内法的に罪人か」、「彼ら=A級戦犯がそれぞれ生前に行った行為はどう評価されるべきか」は分けて考えた方がいいと思います。

  • 2007/05/10(木) 01:04:29 |
  • URL |
  • 通りすがり #aJuEtUDU
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/151-692fcdd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。