FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安保3連発

・<自衛隊法>ミサイル迎撃後国会に事後報告規定盛る 防衛庁
>国会との関係が条文に記載されていないことを問題視した公明党に配慮し、
政府原案を修正することに。
実際、事前承認とってるヒマなんかあるか→じゃあなしでも撃墜できるように
しよう、という流れは当然としてもそこで話が終わっちゃって議会は完全
ノータッチになるのはさすがにまずい訳で、これに関しては筋の通った
修正といえる。
で、この件に関してもう1つ。

・ミサイル迎撃、国会承認を要求=自衛隊法改正案で岡田氏
一応この求めている承認てのは事後のことらしい。
岡田に要求されると単に政府攻撃の口実に使いたくて要求してるだけじゃ
ないのかという気がひしひしとするが、まあ法制上はおかしな要求ではない…と
いうかこっちの方が発想として妥当なところ。
報告の義務化も必要ではないという防衛庁の見方はさすがに問題ある。
(もっとも、法学上当然の要求ではあっても一般論として見ると、
承認されないミサイル迎撃て何よ?という疑問を持つ人は多そうだ)

民主主義体制における軍隊の運用に対していかに議会の関与を確保するかと
いう文民統制の観点と、効率的防衛遂行のための軍事的合理性というある種の
相反する2つの点の均衡点としてはこれがベストだろう。
ただ原理的にはあって当然のこの規定、日本の政治環境では本来あるべき
「議会の関与」としてではなく、単なる政府の揚げ足取りや腐った反軍思想に
よる防衛遂行の妨害に使われるだけになりそうなのが問題だ…


・米軍再編日米協議 指針改定3月着手へ 新たな脅威に対応-
8月「新安保宣言」
(触れるのが遅くなりましたが)
>平成九年に策定されたガイドラインを改定するのは、テロやゲリラ、弾道
>ミサイルといった新たな脅威が台頭した安全保障環境の変化に対応できる
>よう、自衛隊と米軍が共同対処する運用方針を見直す必要があるとの認識で
>一致したためだ。
>また新たな日米安保共同宣言は、中国や北朝鮮などアジア・太平洋地域の
>脅威に加え、不安定の弧をはじめ世界的なテロの脅威に対処するため、
>地球的規模での日米の連携強化を盛り込み、八月をメドに策定する。
ガイドライン改定に連携強化の明文化、戦略認識と共同運用体制の調整。
これ全部一度にやるのか…
安保から新安保、最初のガイドライン制定といった過去の同盟関係の歴史からは
考えられないペースでの同盟強化だなぁ。
(まあ、シンガポールやフィリピン、ベトナムの例もあり米国との軍事協力強化と
いうこと自体アジアでは主流の政策なのだが)

自衛隊は新大綱で劇的に弱体化させられかけて実際に弱体化させられたが、
日米安保はより内実に踏み込み大幅に強化されるということで非常にいいことだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/15-58e28d0e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。