「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

中国、空母建造を明言 国防相浜田氏に 北『衛星』発射望まず

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009032102000084.html

 【北京=朝田憲祐】北京を訪問した浜田靖一防衛相は二十日、中国の梁光烈国防相と会談した。北朝鮮が長距離弾道ミサイルとみられる「人工衛星」の発射準備を進めていることについて梁氏は「北朝鮮が発射しないことが一番いい」と述べ、中国側も北朝鮮に自制を望む考えを明らかにした。また、中国国防当局トップとして初めて、海外の閣僚クラスに空母保有の意思を表明した。

 ミサイル発射問題で浜田氏が「北朝鮮に自制を促してほしい」と伝えたのに対し、梁氏は「日本の認識はよく理解している」と応じる一方、「(関係諸国が)冷静な態度を取った方がよい」とも述べた。ミサイル迎撃論や北朝鮮への追加制裁論を展開する日米韓に慎重な対応を求めたとみられる。

 空母保有について梁氏は「中国には広い海域があり、海を守る責任は重い」とし「大国で空母を持っていないのは中国だけだ。永遠に空母を持たないわけにはいかない」と強調。空母建造に強い意欲を示した。

 また、ソマリア沖の海賊対策では、梁氏が「日本と事務レベルで協議できる」と話し、船舶の護衛活動に関し、日中が情報交換することで合意した。


 いずれは中国も空母を保有するだろうし、中国の安全保障環境からしてその方向へ流れるのは必須という見方は今までも当然あったし、中国海軍としてもそれを志向する動きはいくつかあったが、この首脳会談に次ぐ高いレベルでの公式の場における表明は、「この先極東アジアの海を米国のシーパワーの独壇場にしておくつもりはない」という意味合いを含めた安保政策上の公式な意思表示なのか、不透明な軍体制という内外からの批判をかわすための意味を持つ公式の場での明言なのか、その両方なのか、それともまた別の何かか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1445-8a3d30a5