FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシア、中国からの技術供与でミサイル開発へ

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050519i111.htm

【ジャカルタ=黒瀬悦成】インドネシアが中国からミサイル技術の供与を受ける見通しとなった。ユドヨノ大統領が今年6月または7月に訪中し、合意文書に署名する予定。

 インドネシアは米国からの軍事協力凍結などで兵器の老朽化が目立ち、中国やロシアなどから装備調達を図っているが、ミサイル開発にまで乗り出したことで、東南アジア諸国の間で新たな軍拡競争を招く可能性もある。

 国営アンタラ通信などがクスマヤント研究技術担当国務相の話として伝えたところでは、中国は研究用ミサイルを提供。インドネシアは中国人技術者の指導の下でミサイルを解体・分析して技術を吸収した後、当面は射程15―30キロの短距離ミサイルの自主開発を目指す。

 インドネシアは今年2月、スラウェシ海のアンバラット石油ガス鉱区の管轄権を巡り隣国マレーシアと緊張が高まり、互いに海軍艦艇を出動させた。しかし、当時のインドネシア国軍の分析ではマレーシア軍が総合戦力で圧倒的に優位であることが判明。このため国内では「外交交渉の裏付けとなる軍事力について、周辺国との格差解消を急ぐべきだ」との声が強まっていた。

(2005年5月19日19時8分 読売新聞)

――――――――――――――――――――――――――――――――――

アジア海域をめぐる問題でインドネシアがミサイル導入をはかろうとする理由は(納得はしないが)理解できる。
しかしこれだけ世界がWMD技術拡散について真剣になっている時に、インドネシアのような国内政情不安定かつ対外的にも紛争要因を抱えている国に対してこうも容易にミサイル技術提供を決めてしまう北京は一体どういうつもりなのか。
日本にとってもアジア海域有事の可能性を高める上、その有事の規模の拡大に大きな役割を担うであろうこの件は決して良いニュースとは言いがたい。
スポンサーサイト

コメント

反共のスハルト政権が長かったせいで忘れられがちですが、インドネシアって当初スカルノ政権の頃はベタベタの親中だったんですよね。あまりにも政権が容共的過ぎるというんでスハルトがクーデターを起こした訳ですし。そういう歴史に照らすと上の記事のようなインドネシアの対中接近って実は何も不思議ではないのかもしれません。

  • 2005/05/22(日) 00:03:26 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/142-31bfa664
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。