「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

コトブキヤ1/144 「アルトアイゼン・リーゼ」

今頃アルトアイゼン・リーゼのレビュー。もう一年弱は経過してるのにな!

artasi.jog
下半身を旧アルトと比較してみる。
大雑把なシルエットっつーか大腿部のふくらみは一緒ですが、リーゼはより細かいディティールパーツが増えてますね。


artbanker.jpg
ステークとバンカーの比較。
さりげなくどういう仕掛けで敵を破壊するのか原理がよくわかってない(刺した状態から弾丸を撃つわけでもなく、杭を火薬で加速させて打つわけでもなく)武器なんですが、まあ素敵性能が高いからよしとしよう。
シリンダー径・全長ともにリーゼのほうが一回り大きくなってます。
リーゼタイプバンカーの全長は旧アルトから二倍弱、といったところか。


artback.jpg
背面図比較。
アルト自体やたらめったらノズルが多かったんですが、リーゼになるとそれに輪をかけて増量。
これに加えて反重力推進システムもついてるんですが、それでも飛行することができないアルト・リーゼ。まさに鉄の巨人。


arthead.jpg
頭部比較。
ホーン部が長くなったというのありますが、そもそもフレームの形自体が変わってますね。改造というより新造した感じ。
まあOGだとソウルゲインに首持ってかれてるので実際新造してるんだと思うけど。


art.jpg
全体比較。
やはりリーゼのほうが細かく、かつ重たそう。
ちなみに背部と肩部のテスラ・ドライブを展開するとものすごいスペースをとる事に……


やや値段高めでパーツもギッシリ詰まっておりますが、気力があればチャレンジするのオススメ。
スポンサーサイト

コメント

比較するとごつさが増しているのが良くわかりますね。
八房氏の漫画がもしリーゼの所までいったのなら、どれほどまでピーキーな扱いをされるのやら。
アルトアイゼン1/100を組んだ時、あまりにパーツが柔くてすぐに割れたので一瞬で仕舞ってしまった記憶があるのですが、今のコトブキヤのパーツの精度はどんなもんなんでしょうかね。
00関係のプラモもパーツが薄いというか柔いというか……最近のプラモは皆そうなのかしら。

  • 2009/02/22(日) 00:21:26 |
  • URL |
  • 男爵平野 #-
  • [ 編集 ]

>八房漫画でリーゼ
旧アルトのメカ描写がものすごく良かっただけに期待しちゃいますね。
ほんとあの漫画はメカ好きにとってたまりませんわ。
「たとえ頭上でも一直線に進むだけならアルトに捕まえられない敵はいない!」とか。

>ブキヤ系キット
初期はパーツのかみ合わせが悪かったりポリキャップが割れたりとかいろいろ問題がありましたが、最近は改善されてきました。
1/100は一度も触ったことがないのでなんとも言えませんが、ブキヤはサイズや厚み的に分割しなくてもいいんじゃないのというパーツでも平気で分割するからなぁ。その関係でしょうか。

>OO系
基本的にどれも細い線で出来てる(除くヴァーチェ・セラフィム)ので、最近のプラモでも厚みは薄めな感じがします。
ナドレ・エクシアなんてランナー3枚しかないし(笑

  • 2009/02/22(日) 01:06:37 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1418-1ed21c1d