FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米防衛協力、3分野で…来月にも共同文書

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050517it01.htm

日米両政府は16日、在日米軍再編協議に関連し、自衛隊と米軍の新たな役割分担を明記した共同文書を6月にも策定、公表する方向で調整に入った。

 〈1〉国の防衛〈2〉新たな脅威への対応〈3〉国際安全保障環境の改善――の3分野での具体的な日米防衛協力を定める。日本周辺有事における民間空港・港湾の米軍の優先使用や自衛隊の対米後方支援、国際テロや弾道ミサイルへの共同対処、大量破壊兵器拡散阻止構想(PSI)での連携強化などを盛り込み、「日米防衛協力の指針」(ガイドライン)の見直しに反映させる方針だ。

 共同文書には、日米が大筋で合意した在日米軍基地の具体的な配置見直し案の一部も盛り込む方向で検討している。その後、関係自治体との調整を進め、年内に最終的な基地見直し計画を決定したい考えだ。

 1997年に策定された現在の防衛協力指針は、〈1〉平素から行う協力〈2〉日本有事における対処行動〈3〉周辺有事の協力――の3分野の協力を定めている。今回は、「国の防衛」に現指針の〈2〉と〈3〉を含め、有事関連法や周辺事態法の制定で可能になった米軍の民間空港・港湾の優先使用や、自衛隊による燃料・食料の提供・輸送、基地警備などの後方支援を明記する。一連の後方支援により在日米軍の任務の一部を肩代わりし、米軍基地の削減につなげる狙いがある。

 「新たな脅威への対応」では、ミサイル防衛(MD)での情報共有、共同研究の加速や、国際テロ・ゲリラ攻撃を防ぐための情報交換などが浮上している。

 「国際安全保障環境の改善」では、自衛隊がイラクなどで行ってきた国際協力活動の実績を評価し、こうした分野で日米協力を強化する方針を打ち出す。インドネシア・スマトラ島沖地震・津波のような大規模災害の救援活動のための現地調査を日米共同で行うことなども盛り込む。

 両国は、6月4、5の両日にシンガポールで開かれる「アジア安全保障会議」(英国際戦略問題研究所主催)の際に大野防衛長官とラムズフェルド米国防長官が会談する方向で調整している。その前後にラムズフェルド長官が日本に立ち寄り、外務・防衛担当閣僚級の「日米安保協議委員会」(2プラス2)開催も検討しており、こうした際に共同文書を発表する考えだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

「後方支援の明記」ということだが、文書が纏まった後イデオロギッシュな反発などさまざまな妨害要因を乗り越えてきちんと文書を実現できるのか。
二国間合意事項となると、周辺事態法のように制定から6年も経過してようやく有事の際の使用空港の指定が始まるといったようなことをやっているわけにはいかなくなる。
文書になった後、どこまで話を詰められるかがポイントか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/141-609dca39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。