FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベスト&ブライテスト 上/栄光と興奮につかれて」 デイヴィット・ハルバースタム/浅野輔

超有名なベトナム戦争史。
内容についてはさすがというより他にない。
むしろどうして俺は今になってようやく読んでるんだ?もっと早くに目を通しておかなきゃダメじゃないか、という気分。

内容としてはベトナム戦争前史。
「中国失陥」とマッカーシズムが米アジア外交にもたらした影響がどんなものだったか、改めてその意味の大きさを思い知らされた。
ダレス流の硬直した反共主義の「共産主義世界は一枚岩」という幻想、反共主義の絶対化による民族主義への無理解などこの時期のアジア外交の特質への記述は非常に参考になる。
ゴー・グエン・ジェムへの幻想とホー・チ・ミンの民族主義的側面への無理解のもと、腐敗した政府軍へずるずると効果のない援助を注ぎこむというベトナムへのコミットメントのあり方はかつての中国国民党へのそれと同じであるという指摘はその通りと言うより他にない。
 
ただ、やや記述が入り組んでいるのと叙述的表現が多いのはたまにきずか。
スポンサーサイト

コメント

>叙述的表現が多いのはたまにきずか

「静かなる戦争」と同じような感じですかね?あちらの方を原書を読んだ時はさすがジャーナリストの文章だけあってスラスラと読める実に読み易い英文だなっと思ったのですが。それが日本語だと叙述的に受け取れるのかも。

  • 2005/05/22(日) 00:06:49 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

だいたい「静かなる戦争」と一緒ですね。
秦郁彦とか江畑謙介あたりの実務一本やりなテキストばかり好む俺の目には叙述的に写るだけで普通の人には特別変なようには写らないかもしれませんが。

  • 2005/05/24(火) 20:56:51 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/134-7c53efba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。