FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日米の戦略対話が始まった」 秋山昌広

冷戦終結後の日本の安全保障政策史。
本文中一番驚いたのは陸自11万人説を提唱した防衛事務次官がということだが、それはともかくとして94年の朝鮮半島危機の時の危機感がいかに日米の当局関係者にとって大きな影響を与えたかという点がよく伝わってくる。
(その衝撃の大きさの割によほど気合いが入った人間でない限りこの朝鮮半島危機の裏側で起こっていたことについては知らないが…)
 
その他にも2代目防衛大綱で限定侵略独自対処方針が取り下げられたことについての是非、ナイ・イニシアティブに至る道、新ガイドライン制定、沖縄基地問題など元防衛庁高官が書いただけあって押さえるべき点はしっかり押さえられている。
 
この時代の政策史の本は貴重でもあり、お勧めの1冊。
スポンサーサイト

コメント

怒涛の更新ラッシュですね。お疲れさまです。

>陸自11万人説を提唱した防衛政務次官

誰ですかこれ?細川政権の人間?

  • 2005/05/21(土) 23:52:13 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

政務次官は間違いでした。
西廣整輝防衛「事務」次官ですね、すみません。

  • 2005/05/24(火) 21:02:25 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/132-3eb33f56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。