FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOS ラタトスクの騎士 その1

●結局前作ラストからの世界統合後もそううまくはいきませんでしたよ、というところからスタート。
 一章副題の「響き、届かぬ世界」というのはシンフォニアの「君と響きあうRPG」つーフレーズにかけてあってうまい感じですな。

●気弱で天然ボケ気味の下野鉱ボイスな主人公ことエミル君はもういろんな意味で反則です。
 「……あれ?今僕怒ってもいいところだったのかな?」
 いやこれはないよ!たまらんよ!そそるよ!

●好感度がすでに最大値というかむしろゲージ振り切ってるヒロインことマルタ。最初からクライマックスとはまさにこのことか。
 「ツンデレ声優の釘宮にデレデレキャラを演じてもらうギャップを楽しめ」というのがスタッフの弁でしたが、そんなギャップとかなくてもこの娘は普通に強力な釘宮病ウィルス源です。
 初対面でそのまま両親に挨拶にいって公認カップルに!とか凄すぎ。
 アスガードで風に吹っ飛ばされそうになって手をつなぐイベントとか、この甘さはもう一時間以上の継続プレイは不可能なレベル。
 テネブラエじゃなくてもごちそうさまって言わざるを得ない。

いやホント、ショタっけ溢れる下野ボイスの押しの弱い主人公と、デレ全開の釘宮ボイスの押せ押せヒロインのこの組み合わせはマジ反則。釘宮ばっかに目が行きがちだけど、カップリング的には相方が下野鉱じゃなかったらここまでの萌えは引き出せなかったと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1264-c08dee9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。