「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF 14話「マザーズ・ララバイ」

●VF-25用アーマードパーツは今までのアーマードと違って部位単位でのパージが可能な様子。
 描写で見る限りでは従来のアーマードは一括コンポーネントっぽかったのですが、今回は不用になっていった部分から順々にパージしていってますね。
 
 ということはFASTパックとアーマードパーツで、F90みたいな美味しいとこ取りのパッチワーク混装も可能なのかしら?
 胸部と脚部だけアーマードパックにして、主翼はFASTパックのコンフォーマルタンク/ブースターにする、とか。

 しかし仮にそうなると名前がどうなるのやら。そういやS型A型D型で混載したF90一号機(赤くなったF90ニ号機出すならこっちも出して欲しかったよ、Gジェネ)も正式名称なかったなぁ。勝手にフル武装型とか仮称で呼ばれてるだけで。

●VF-171のガンポッド、あれ多銃身のガトリングガンだったのね。いつもガンポッド、としか書いてなかったからつい勝手に単砲身だとばかり……ってよく考えたらVF-1のガンポッドもしっかり多銃身なんだっけか。
 それ以外にも普通に反応弾を翼下に懸架装備してたのが面白かったですね。
 旧VF-17の時はRCS最優先で全部機内装備だったのに、ピンポイントバリアパンチまで披露したあたりアクティブ・ステルス機能も追加されてると見るべきか。
 本当に随分マイルドに使い易くなったもんだ。
 
●ルカは柿崎ィィィするかと思いきやなんとか生き延びている様子。スカル小隊の緑というポジション的に死にそうなんですが、ゴースト随伴機という面白いメカニックを持ってるものをそう簡単に河森が退場させちゃうとは思えんしなぁ。

●しかしあっさりとミハエル機を壊しちゃったシェリル、なんかお咎めとかないんでしょうか。ギャラクシー船団じゃさらに先進性のある可変戦闘機がすでに実用化済み(VF-27はすでに『V』F-27で、試作機のYナンバーではない)とはいえ、VF-25は統合軍期待のVF-19直系最新鋭機なんですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1262-78fda308

(アニメ感想) マクロスF(フロンティア) 第14話 「マザーズ・ララバイ」

マクロスF(フロンティア) 2 アルト、ミシェルに続きルカも戦場に向かうことに。ルカはナナセに気持ちを打ち明けようとするが・・・。そして母の子守唄に秘められたランカの記憶。その記憶が指し示す真実とは?バジュラやブレラとランカの関係は?謎が謎を呼ぶ。

  • 2008/07/17(木) 17:24:00 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。