FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の買い物その3

kaidasi-08-5-3.jpg

●「ローゼンメイデントロイメント キャラクタードラマ vol.5 真紅
                    キャラクタードラマ vol.6 雛苺」
 「ローゼンメイデン ヴィジュアルブック」
 再開したローゼンで真紅が目覚めるのを見てなぜかローゼン熱が再燃した結果こうなりましたとさ。
 JUM―真紅の間のつながりはトロイメントCDドラマの最後、風邪ひいた翌日元気になったJUM君を見て「そう。……でも、元気になってよかったわ」としれっと言ってのけたくだりも好きなんですが、これの落胆する真紅を慰めようとするんだけど、慰めるための語彙が貧弱で苦労するJUMってのも好きですね。ま、あほみたいな理由で落ち込んでるわけですが(笑
 
 真紅は不人気不人気言われるけど、翠と銀が異様なまでに強力すぎるから相対的にそう見えるだけで真紅自体は普通に人気あると思うんだ。

 しかしくんくんの声は何回聞いてもいつ「そう速さは力なんだ!」って言い出しやしないかと不安になるね。

 ヒナ編はスラップスティックなコメディ色の強い真紅編や、ツンデレラブコメ全開の翠星石編と違ってゆったりした話ですが、ヒナの孤独へのトラウマという設定を扱ったこの話が一番原作のカラーに準拠した話かも。
 それにしてもヒナの描いたへたっぴな絵を一生懸命ちゃんと解説してあげるJUM君萌え。
 この作品で一番のツンデレはJUMだと思う。ヒナに抱っこしてーってせがまれても、面倒だなんだと言いつつ結局断らないし。
 しかしヒナかわいいよヒナ。

●「Hcm-pro ガンダムデスサイズ」
 CCAの次がなぜかいきなりW。そもそもZからZZ飛ばしてCCAに行ったわけですが……だからドーベンウルフとかゲーマルクとか、あのあたりの進化の袋小路感溢れる第四世代重MSが欲しいよー。HGでもGFF/ジオノでもMIAでもなんでもいいから出してくれー。
 F91とVとGはなんで飛ばされたのやら。CCA以降のUC第五世代MSもG・WのMSも同じ15m級小型MSなんだけどなぁ。
 
 最初は無印デスサイズには興味なかったのでスルーしてた(デスサイズヘルかEW版ヘルまで待つつもりだった)んですが、オプションのノーマルビーム刃とは別に付属する大出力ビーム刃の迫力に惚れ込んでしまい購入。
 この大型ビーム刃というのが、1/144に持たせても(ハイコンプロは1/200)普通に通用するくらいデカいんだ、これがな。おかげですごい迫力。
 アクションベースも付属するけど単に脚を固定するだけなんですが、それだけで意外にポージングの幅が広がるので、立ち絵のデザインよりもアクションポーズがナンボのW系MSにとっては重宝します。
 
●「バカとテストと召喚獣 4」井上堅二
 美春が吉久の皮を剥いで吉久になりすましてやるっていうくだりで、「誰しもそうだけど、俺たちは就職しないとならない」(何度打っても長い上にイヤなタイトルだ)の田代を思い出した。「鋏じゃあ、無理だ」。
 こんな俺は果たして嘘同盟員に向いていないのか、はたまたひどく向いているのか、そんなことが気になった。
  あと吉久が美波の髪を触って「ヅラか」と勘違いするくだりを見て反射的に「ヅラじゃない」っていう石田声が脳内再生されました。
 こうしてみると確かに俺もコジマ汚染が深刻なのかもしれぬ。

●アーマードコア V.I.シリーズ ウェポンユニット7(2個)  
                   ユニット11
                   ヘッドユニット1
 集めたV.I.と他プラモのオプションパーツ用に購入。
 07のスナイパーライフル・実盾と11のアサルトライフルは実に素敵性能の高いデザインがグッド。
 アサルトライフルは来月のヴィンセント指揮官色に流用しようかな。

●ハセガワ1/72 エアクラフトウェポン1 アメリカ通常爆弾セット
           エアクラフトウェポン2 特殊爆弾セット
 Mk82通常爆弾やロケット弾ポッドとそれを懸架するためのラックのセットと、GBU-12レーザー誘導爆弾やらGBU-8テレビ誘導爆弾、SUU-23A20mmガンポッド+ラックセット。
 モスキート風ヴィンセントをやるため購入。それ以外にも今後使う機会がどこかであるだろうしな。

●バンダイ1/35「コードギアスメカニックコレクション ヴィンセント」 
 ロロ雑巾3枚目。来月の指揮官用ヴィンセントも2つ買う予定なので合計5機来るのか、ヴィンセント。こんなに集めたのはMIAのダガーL以来(5機+ダークダガーL2機で合計7機)か。
 ダガーLは本編でまったくいいところなかったにもかかわらず、同じくらい活躍しなかったグフイグナイテッドやウィンダムを差し置いてひとりだけ妙に希少価値が高くなってるんだよな。今じゃどこもかしこもダガーLだけは売り切れです。
 プレイバリューの高さと元の量産機としてのデザインの良さ(ウィンダムは量産機的にあんまり評価高くない)が勝因かしら。
 俺は今度のはモスキート(戦闘爆撃機型)風をやるために買ったわけですが、世間的には果たしてヴィンセントは売れるかしら。紅蓮弐式はかなり売れたようですが……

 そういや相互リンク先のQさんと「ロロ雑巾・黒の騎士団仕様の飛翔滑走翼はどうすればいいんだろう」という話をしたことがありましたが、電ホ(HJだったかな)の設定によると紅蓮可翔式と同型とのこと。
 可翔式リリースの暁にはそっちをもう1個買えってことか?

●バンダイ HG1/144「ガンダムアストレイ ブルーフレーム」
 色々動かしてるうちにあちこち疲労して寿命を迎えちゃったので買いなおし。
 ケンプファーの227mmショットガンを握れるからと無理やりジオノグラフィの握り手(HGやGFF・CRの握り手よりひとまわり大きい)を捻じ込んだのが特に効いた。手首のポリキャップが大きくなっちゃって普通の握り手入れても固定できなくなっちゃったよ……
 それにしてもアウトフレームやテスタメントやドレッドノートイータやパワードレッドの立体化は諦めねばならないのだろうか。 
 ディバインストライカーも今のバンダイの技術力なら不可能じゃないだろうし、パワードレッドやイータなら一部金型変更だけで済むのに……
 だいたいなんでMGフォースインパルスにマルチパックつけてるのか。どういう縁なんだよ。

●コトブキヤ ACV.I.シリーズ「1/72 クレストCR-C06U5 ファシネイターVer.」
 ACLRプレイしたレイヴンにはお馴染み、ファシネイターです。最終決戦の「中枢突入」時仕様(通称ラスジナ)じゃなかったのでスルーしていましたが、ちょうど朝方カスケードレインジが事故ってバラバラになったのを思い出して「じゃあハンドレールガン流用して亜ラスジナにすっか」ということでゲッツ。
 相変わらずの凄まじいブキヤクオリティですが、ネクストAC(インテリオル・テルス)全塗装を経た今の俺には怖くもなんともないぜ!
 現にアルトアイゼン・リーゼも余裕で完成したしな。「あれ、もう出来ちゃった?」みたいな。
 ホント、ネクスト(レイレナード・アリーヤでパーツ数530だそうで)作った後だとビックリするくらい他のキットが簡単に見えます。
 あれは模型に興味があるレイヴン・リンクスの諸氏ならぜひ一度作っていただきたい。俺も今度アリーヤに挑もうかなあ。
 4シリーズをやりこむうちにあの鋭角的シルエットを手元に置いておきたくなってきたし。
 今度出るローゼンタール・オーギルは破壊天使ことノブリス・オブリージュ仕様だったら迷い無く買うんだがなぁ。

●「歴史群像シリーズ 図説第一次世界大戦(上)」学研
 実はWW1はとんと勉強してないので、WW1によって起こった軍事学上の大転回の推移を微妙にきちんと把握してなかったりと色々理解してないところが多かった矢先(実はそんなんばっかなんだけど)に学研が図説シリーズでWW1を出してくれたのでこれ幸いと購入。
 学研は小学生向けの図鑑ならぬずかんとかのイメージが強いので意外に思われそうですが、実はこういう時ありがたい出版社であります。
 かの伝説にして必読、知らない奴はモグリな名著(とまで言っても過言じゃないよね?)である「海上護衛戦」を再販したのも学研のM文庫シリーズだしな。俺もその再販の恩恵にあずかったクチです。

●「歴史群像アーカイブ1 知られざる特殊兵器」
 伝説のパンジャンドラムみたいな「軍事の小噺」的記事から、デコイの歴史とか八木アンテナと日本のレーダー開発というごく真面目な記事まで。像や自転車の軍事的観点から見た歴史、なんてのも。
 列車砲の特集もありますが、口径30cmオーバーの超重砲を自走させようと思ったらまあデストロイド・モンスターみたいなのにならざるを得んよなとロボ好き的には思ったり。
 モンスターMk1(マクロスゼロに出た奴)なんて「かろうじて自走できるだけで不整地走行は不可能」という物凄い設定だし。
 mk2(無印マクロスに登場したほう。Mk1の腕をロケットランチャーに代えた奴で、これが俗に「デストロイドモンスター」と呼ばれるマシン)でも機動能力はほとんど変わってない。これを可変爆撃機にしようと最初に言い出した奴は間違いなく「おまえ急にどうした、頭大丈夫か?なんか悪いもんでも食べたか」と真面目な顔で聞かれたんじゃなかろうか。

●「羊でおやすみシリーズ vol.6 ねないとプンプン」
 眠れない人のために、いろんな声優さんたちが羊を数えてくれるというシリーズ。ヘッドホン推奨マーク入りなあたり、一応まじめにそういうのを目指してる様子。番外編で「俺は眠くな~い」という副題の元に若本をチョイスしたりもしてますが。
 vol.6は田村ゆかりと斉藤千和。色々シチュエーションの設定があって、これは妹が眠れないお兄ちゃんのために羊を数えてくれるというもの。
 ここ数年あまりよく眠れないので(こんな時間に日記を更新するような生活してるからなんだけどな!)、まあ話の種にでもなればと買ってみた。
 チワが数えてくれるってのが俺的に重要。

 で、実際に聞いてみましたがホントに声優さんが羊を数える。そんだけ。
 シチュエーションに沿った台詞が間に挟まったりするので逆に興奮しかねませんが、まあとりあえずほんとに羊の数を数えるだけ。
 寝る分にはそれなりに効果有るといえばある。いや、あるのかもしれない。
 ただ田村ゆかりはちょっとアレだ。今般若の妹的ボイスを聞いても梨花ちゃまが思い出されてならない。実はこの声にも裏が……とかつい考えちまうぜ。

 本当は姉に数えてもらいたかった(一応じゅうななさいのCDもあるんですが、じゅうななさいは最近いろんな役やってるからもうお姉ちゃんってイメージじゃないんですよね個人的に)が、このシリーズって女性向けらしくてほとんど男性声優なんですよね。さすがに男に数えてもらっても嬉しくないのでこっちにしました。

 今度はサトリナとか大原さやかとか岩男潤子とかに数えてもらうCD欲しいなー。 
 ……俺の沽券にかけて断っておくと、ハルカ姉さまじゃないからな!草壁さんだからな!
スポンサーサイト

コメント

>ヴィンセント
紅蓮と同型だと、ヴィンセント(飛翔滑走翼付き)発売の方が怖い気も。
コクピットユニットの形状が違うので、単純な流用は出来そうにないですし。
そして紅蓮可翔式の発売予定の噂をとんと聞かないのは渡邉の陰謀に違いない。

>フォースインパルス
ブラストとソードを出す予定がないので、L/Sストライクのバックパックで気分だけでも味わってね!
と予想。
プレイバリュー的には歓迎なんですけどねー

  • 2008/05/31(土) 20:30:41 |
  • URL |
  • Q #dxh2Uhv6
  • [ 編集 ]

>滑走翼関連
それもありそうで怖いですね。実際。翼つけただけで出すっていうのは現にエアキャヴァルリーでやってるし。

8月のコンクエスター以降の予定がないんですよね……ギアスプラモ。
R2終了までに可翔式出るのか?
1/100オバフラとか、ooにだけ気合入れてもしょうがないじゃないかバンダイ……アストレイも実質放置状態だし。

>マルチパック
本当はアウトフレームの装備なのになあ……とアストレイファンとしてはちょっと複雑ではあります。
プレイバリューが増えるのはいいことなんですが。

  • 2008/06/02(月) 02:55:46 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1211-775399c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。