FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラク派遣違憲判決

治安不安定でインフラのない場所だから軍隊を送る、というのが本来の筋なのに、永田町を通過させるために「戦闘がない安全が保障された地域でのみ活動する」という本末転倒の限定条件をつけて派遣した政府。

「空自の活動のうち少なくとも兵員の輸送は武力行使にあたり、特措法/憲法に違反する」、つまり水や弾薬ならいいが兵員の輸送は駄目だ、という(政府答弁に充分匹敵する)奇怪な理屈の判決を下した高裁。

カンボジアPKOに際して「機関銃は何丁持っていくか」と議論とも呼べない議論をしていた時代から何の進歩もない。
「政府が充分な説明をしないからこんな判決が下るのを許してしまう」という空自幹部の憤りもよくわかる。


付け加えると、法的拘束力もなく、政策への影響力もない(この判決に対する総理のコメントはたった一行)傍論で違憲としつつ、判決では国側勝訴です、などという一言で言えば支離滅裂な判決を下すのは、単に司法が自分で自らの権威を貶める自殺行為にしかなっていない。


以下雑感。
訴訟側証人の山田朗(「護憲派のための軍事学入門」の人)は「現代戦では輸送等の補給活動も戦闘行為の重要な要素である」という趣旨を話したと報道にはあるが、「水や弾薬なら武力行使にあたらない」という高裁判決を見るとその証言もまったく理解されていないようにしか見えない点、どう思っているのか。

原告として天木直人の名前を目にした。
退官当時はあれほど話題を集めたのに、気がつけばあっという間に黄色も黄色、真ッ黄色の紙専門のコメンテーター(そのあたりは本人のブログを見ると一目瞭然である)に成り下がって、メディアでなかなか名前を見る機会がなかったので随分久しぶりに感じた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1168-787a7706
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。