FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パンプキン・シザーズ 9」岩永亮太郎

●伍長のシザーマン化が恐ろしすぎる。
ブチン…ブチン…ブチン…ブチン……

●「貴官は真面目なだけに時々スッ飛ばしたくなるな」
真面目すぎるのが我らがヒーローたる少尉殿の欠点であり美点であり。
まあこのシーンはヴィッターに同意ですが(笑

●ついにまわりくどい(いや、彼女の性格が悪いわけじゃないんだけど)フランシアの愛の告白にたどりついたヴィッター。いや、良かったよ……

●「おまえに……公園が……造れるか?」
 「工事の……発注の仕方は?書類の書き方は?予算表の見方や……
  そうだ…おまえ自分の街の人口、ちゃんと知ってるか……?」
 「そのパイプは大隊長の真似か?
  少尉殿の言う通りだ!本物のアーヴィーはどこにいるのやら」

……泣いた。
確かに弱くて責任果たせなかったけど、最期の最期でちゃんと務めを果たしたよ、区長……

●区長の最期の言葉が聴けない、と装甲列車についに罵声を浴びせるカルッセル住人たち。
 お祭り部隊になんか恩を着せられてたまるか、だから絶対生きて帰って来いと叱咤激励して見送る一課の隊員たち。
脇役が泣かせてくれるぜ、畜生!特にあの「区長の声が聞こえんだろうがッ!」はまさにカルッセル編クライマックスにふさわしい名台詞。

いやはや。重苦しい話が続いたカルッセル編でしたが、やっぱり熱く泣ける話でよかったよ。
本当はまだ何も片付いちゃいないんだろうけど、最後の命令違反はかっこよかったよヴィッターめ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1148-2a2ed883
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。