FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレートメカニクスDX.4

今回はマクロスF特集。VF-25はVF-171の後継機として開発されたけど、技術的にはVF-19系列に属するんだそうな。
で、まだ未公開未発表の機体の中にもうひとつのAVF系列の機体もある様子。

VF-25のスーパーパックは一枚絵で見るのは初めてですが、主翼の上にブースター装着という配置はどちらかといえば従来のFASTパックよりもSv-51のツイン・ジェット・ブースターに近い仕様。アレのジェット・ブースターは物凄い推力を吐き出してましたが(自重や航続距離を無視して単純に推力だけ比べたらSV-51ツインブースター:70000kg>VF-11Bサンダーボルト:56000kg)、VF-25のFASTパックはどのくらいの性能になるんでしょ。

VF-171は元のVF-17をダウングレードしつつもペイロードを生かし戦爆化、整備性や生産性を向上させてマクロスF船団主力機になった、という。

設定考証の千葉昌弘のインタがありますが、興味深かった点をいくつか抜粋。

「VF-1は出力重量比の点から言えば、宇宙戦闘用ではないとすら言えるドン亀。やはり三形態変形という基本的構造に無理があった」

「VF-11の設定をつくるときに河森監督と相談したんですが、最初はVF-1の倍くらいの予定だった。でもこれもフル爆装すると戦艦においていかれる程度の加速しかないので、空重量で6倍、7倍くらいに最低でも設定しておかないとつらい」

「でも宇宙戦闘機としてはそれでいいけど、大気圏内に持ってくると推力8倍なんてマッハ30級の世界になってしまう。もちろん耐熱限界もあるしそんなにスピードは出ないよということでSWAGやPPBにまわせばいいじゃないか、ということになったんのでしょう」

「VFの進歩の上で最大の壁はパイロットのための耐G技術」

「その意味でゴーストは本来強いはずなんだけど、シャロン・アップル事件で主力戦闘機の完全無人電子化に恐れを抱くようになり、そもそもVF自体が単機で地球防衛ラインを突破できるくらい強力なものになってしまった。世界観も移民船でどんどん地球から人間が旅立って行くという世界の中で、そこでは人的資源はとても貴重なはず。だから無人機が主役になるのは道理なんだけど、上記のような理由でゴーストが完全にVFを代替することはない。今後マクロス作品が作られていく中でも重用なのは有人機のままいかに性能を上げていくかという点でしょう」

そして脚本担当の吉野裕行のインタ。
「基本的には(今回は)ファーストと愛おぼの延長線上。熱気バサラもいたし、ミレーヌ・ジーナスもいた。過去には工藤シンたちもいた。ただし、25年経って僕を加えていただいた時には整合性のある年表をつくるのは不可能でした(笑」

「僕は初代から150年くらい経過した世界にしたかったんですが、それだとVFが25にならないからという監督のこだわりで50年後になった。メカ優先というのもマクロスらしいでしょう?
VF-25という機体は、ベースとなるYF-24の設計データが各船団に配られ、それで船団ごとの企業が自分たち用にカスタマイズしてライセンス生産しているという設定です。系統的にはプラスのYF-19の機体につながるんでしょうね。
けど、プラスにはもう1機出てきましたよね?そちらもご期待ください(笑」


要するにYF-24とVF-25っていうのはF-15Cに対するF-15Jみたいなものなのかしら。
でも確かにメカ優先ってのはマクロスらしい。にしても、22系列機はどんな奴なんだろうなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1147-abe884be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。