FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「PEACE MAKER」皆川亮二

●さすがミナガーの画力というべきか、リボルバーでの3点バーストなんていう昨今のバトルアクション漫画だったら主役やライバル・ボスの踏み台やかませにされそうな「常人レベルの凄い技」がまるでトライガンに匹敵するような超とんでもない人外の銃技に見える。この辺は素直にさすがというしか。
タイプムーンで例えるなら、慎二が得意げに披露して大威張りした次あたりにエクスカリバーで今度こそ仰天する、とかそんな扱いじゃなかろうか、これ。それか言峰あたりの通常攻撃の手段とか。

●しかしグレッグがパートナーになって、速攻で死ぬのはカイルのほうかと思ったんですが逆なんですね。
 読者の印象的にあーこういう小悪党はすぐ死ぬんだろうなーというか。
 でもよく読むとグレッグが撃たれて今際の際、カイル号泣してる。

●今度の主役は斑鳩系ですね。普段はとぼけてて得意なこと以外は何やってもうまくいかない人。
ヒゲ剃ると普通に若いイケメンなのにすぐにヒゲ生やしたがるのはなぜなんだろう。妙におっさんくさく、貧乏チックに見えるんだがw
しかししゃべり方が「~なのだ」とか、なんか普通なんだけどどこか変な人です。

まだ何も明らかになってない手前、次巻以降の展開に期待。
今度はどんな「地味」な銃技をとてつもなく描写してくれるかしら。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1088-19ba3b60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。