FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の買い物その2

08-1-2.jpg

●GFF νガンダムHWS
 GFF フルアーマーZZ
フルアーマーが欲しくなったという理由で購入。だからこういう衝動買いやめようよ、俺ってば……
ただそれにしても、微妙に機体とフィットしないブカブカの、ミサイルコンテナと兼用する増加装甲(物凄い本末転倒じゃなかろうか)を装着するフルアーマーZZと、シンプルな無機能装甲を装備するだけのHWSってホントにMS設計思想の変遷を如実に表してるように思える。
というかνガンHWS、脚部は増加装甲ないんだな。大型スラスターを側面に装備するだけで。
極端に分厚い増加装甲を胴体とスカートアーマーに追加し、ヘビービームライフルを装備。その分の重量は大型シールドブースター(これ、そのうちヘイズル→ガンダムMk-5→HWSっていう後付設定が造られそうだよ)と脚部追加スラスターで相殺。
非常にわかりやすい強化コンセプト。
フルアーマーZZはもう総取りを無理やり狙ってなんかすごいものが出来ちゃったというか……
強化型ZZ→フルアーマーの換装作業、普通にプラモ造るくらいの手間かかりましたよ?
だいたいこれ、腕の増加装甲装着のためにシールド取っ払ってるから素体に戻っても変形できないし。いやそもそも変形するのにシールドが必要不可欠という時点で問題ありというかZZの場合どう考えても変形合体機構が欠点ありすぎ(コアファイター2機も余るわ、コアトップのコクピットは合体するとよりによってダブルビームライフルに来るわ)なのに、それをフルアーマー化したりするのであちこちとんでもない。
よくこんなのをネェル・アーガマの環境で運用できたもんだと思う。

まあジュドーに痛罵されまくった挙句ものの数十秒でクイン・マンサに爆砕されたんだけどな!


●コズミックリージョン ストライクフリーダムガンダム
投売り1500円だったので購入。
……なんだかロボ好きとして絶対超えてはならない大切な一線を踏み越えてしまった罪悪感にかられる俺。だって、ストフリなんだぜ?
まあそれはともかく、デザインを実際しげしげと眺めてみるとそんなに悪くもない気がしてくる。
間接の金色は正直未だに理解に苦しむけど……アクセントになってるわけでもなく、設定上意味もなく。

まあストフリの不人気っぷりはパイロット補正と演出のほうが大きいような気はする。あと設定。
これが旧フリーダムの改造機だったら古鉄とかGF天みたいな魔改造メカポジションだって狙えたかもしれないのに、設定だと新規製造の後継機だもんなあ。
どう見ても苦しい焼き直しだろ……感は拭えない。
「旧機体からウイングバインダーをスーパードラグーンに換装し、腹部にカリドゥスを追加したマイナーチェンジ機(ザクⅢ改とか、Ez-8みたいな)」とかだったら良かったのに。
これなら旧型の改造機を操る旧主人公と最新鋭機に乗る新主人公の対決、とかもっと盛り上がりそうな構図になったんじゃねえ?
……いやまあ「ぼくのかんがえたガンダムシード」なんて言い出したらキリないんすけどね。

まあデザインに罪はないと信じたい。
綺麗な左右対称の機械翼から一斉射出するミサイル、という構図は本当だったらもっとカッコよく写りそうなもんだったのに、なんであんなことになったんだろうかね。


●1/48 エアパワーシリ-ズ  スーパーマリン・スピットファイア MK.XIVe
グリフォンスピット見つけたァァァァァァー!

いや、ホント長かった。プラモにしろ完成品にしろ、スピットといえばことごとくMk.V系のマーリンスピットだからな。
ホントは今まで揃えてきた軍用機模型との兼ね合いで1/72がよかったんですが、他にないならこれしかない。
模型にとってでかいのはいいことだしな。引き込み脚が差し替えじゃなくてちゃんと引き込み機構ついてて便利。

しかしすげえな、これ。
強引にグリフォンエンジンねじ込みました!ってのが一目瞭然。
マーリンスピットに比べて機首があからさまにボコンと膨らんでるんだもん。何この四隅の出っ張りw
原型機が1936年初飛行の機体に2000馬力エンジン無理矢理押し込んで700km/h台(実質的なレシプロ戦闘機の限界最大速度)をたたき出すとかね、もうなんなのよエゲレス人はって感じ。
それに比べて零戦ときたら……
まあどっちかというと、結局まともな2000馬力級エンジンを実用化できなかった(中島には悪いけど誉の運用実績は『実用化成功』とは言えんだろ)発動機のほうに問題がある気がするんですが。
マーリン分解してみて「こんなのどうやって量産するんだよできるわけねーよ試作ならなんとか出来るかもだけどよ」な日本の工業技術じゃなー……

しかしホントに、妙に古臭い(しかも強引さ丸出し)のにあんなに洗練されてるP-51と同クラスの戦闘機ってのがすごいよなぁ、グリフォンスピット。

●「とある魔術の禁書目録 15」鎌池和馬
一方通行さん主役ー。
微妙にニアミスする打ち止めには笑った。かわいい奴め!とりあえず一方通行さんは早いとこあの子んとこに帰ってくるべきだと思うんです。

●軍事研究2月号
いつものやつですね。
実は禁書と込みでまだ手をつけてなかったり。

……で、konozamaにつき到着絶賛遅滞中で写真に載せられなかったのがリボルテックの劇場版AV-98イングラム1号機&2号機。
それにしても「AV-98」と「イングラム」だけじゃわかりづらいのはなんとかならんのか。零式なんてそれこそいちいちフルネームで表記しないともはや何の「零式」なのかさっぱりなご時世です。
まあkonozamaでも値段安いし(2個購入して3000円切ったぞ今回)、決済はちゃんと現物発送時にやってくれるし、しかも輸送状況がちゃんとわかるだけマシなんですが。世の中にはもっとひどいネット通販あるわけで。
……魂SPEC黒百合、ぶっちぎりで安いからって前払いの通販サイトで予約しちゃったけど大丈夫かなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1081-f260eb1e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。