FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海賊対策でアジア地域協力協定締結へ

http://www.asahi.com/international/update/0426/007.html
 政府は26日午前の閣議で、マラッカ海峡などで頻発する海賊事件への対応策として「アジア海賊対策地域協力協定」に署名することを決めた。01年に小泉首相が海賊対策の法的枠組みを提唱し、インドネシアやマレーシアなど関係国に締結を呼びかけてきたもので、外務省の逢沢一郎副大臣が29日にもシンガポールで署名する方向で調整している。

 同省によると、シンガポールに同協定の事務局と「情報共有センター」を新設。各国間で協力して海賊の逮捕、船の拿捕(だほ)などにあたり、研修も実施する。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

外務省公式サイト:アジア海賊対策地域協力協定について
 今までは二国間でのアドホック形式な援助として行われてきた「キャパシティ・ビルディング」や各国海上警備機関の協力が多国間協定によって正式に制度化される、という点は高く評価したい。
(4/27作成)
4/28追記
海賊対策、米も参加の方針 日本主導の協定署名へ
日本人船長の拉致事件など凶悪化が進むマラッカ海峡の海賊対策で関係国が情報共有を目指す初めての法的枠組みとして日本が提唱し、28日にも署名する「アジア海賊対策地域協力協定」について、別の海洋安保構想を掲げてきた米国が参加する方針を固めたことが26日、明らかになった。インドネシアなどが米構想に警戒感を示し、実現のめどが立たないことから海賊対策で主導権を取ることを事実上断念したものとみられる。

 同協定は、シンガポールに「情報共有センター」を置き、海賊被害を受けたり容疑をかけられたりした船舶の情報を各国が通報、加盟国間で共有する。東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国、中国、韓国、インド、バングラデシュ、スリランカ、日本の16カ国が昨年11月に採択。署名による締結が10カ国以上に達した段階で発効し、ほかの国の参加も認める。米政府当局者は「発効後に米国も加盟したい」と語った。シンガポールでの署名式では、日本を含む数カ国の締結にとどまる見通しだ。

 米国は、海賊のほかテロ対策や密輸、不法入国対策も兼ねた情報共有や取り締まり能力の強化を目指す「地域海洋安全保障構想」を昨年春に米太平洋軍のファーゴ司令官(当時)が提唱。同海峡の海賊対策で主導権を握ろうとしたが、インドネシアやマレーシアが米軍の介入とみて反発している。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

 米国の協力が得られるならこれ以上言うことはない、といったところ。
アメリカの海軍プレゼンスの減少した後海賊の横行が起こった以上、再びアメリカのコミットメントを求めるのはきわめて自然な選択でもある。
ただ発効がいつになるかが不透明なのは気がかりだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/100-68823bc7

国際間の指導力とはこうあるべきでは。

  ここ数年来、京都議定書を除けば国際的な大舞台では殆ど目立たなかった日本ですが、珍しく(!?)外交的に非常に誇れる成果を残してくれました。その成果とは、アジア海賊対策地域協力協定 です。先月に起きたマラッカ海峡拉致事件 もまだ記憶に新しいところですが、マ

  • 2005/04/29(金) 23:23:45 |
  • Joy of Tea Light Edition
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。