「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

昨今の政治事情あれこれ

・共謀罪に関する議論、「パヨクのいつものオオカミ少年」という属人的で党派性にもとづく法案擁護(?)はあっても、「構成要件該当性があいまい、などという批判はあてはまらない」という法律論からの擁護はついぞ見かけなかったなぁ。
まあオオカミ少年っていう批判そのものはその通りだとは思うけど、それとこれとは別というか、それはそれとして本当にこの法律に問題はないのか?それこそ構成要件該当性のあやふやさは見過ごしていいのか?みたいな。
まあそのへんの底辺ネトウヨの妄言はさておき、破防法第4条の「教唆」「せん動」って結局これの具体的な定義はなんだ?責任主義にもとるのでは?という話をもう一回繰り返して読んでいるような印象があったなあ共謀罪の審議。

・憲法改正案を秋国会に提出ってなんでそんなに焦ってるんだろう。
無理な解釈改憲してまで集団的自衛権解禁したし、そうなるともう九条は何を禁じているのか状態だというのに。
いや防衛法の解釈や法理論の整理という意味では自衛隊の憲法への明記ってのは小さくない意味がある(九条がある中で自衛隊を正当化するためにどれほどの政治的コストが費やされてきたやら)けど、枝野たちが言うように圧倒的大差で改憲されるべきで、賛否が僅差の状態で改憲したら憲法と自衛隊の亀裂を埋めるための改正で社会に亀裂を残すという本末転倒な事態に陥るのでは。
「九条と自衛隊の両立は本来は不可能で、今までなあなあでやってきたけど、九条を取るのか自衛隊を取るのか一本化するのが立憲主義だ」という意識が国民に根付くまでは待つしかないと思う。

・公文書管理の問題が次から次へと湧いて出てきて笑ういや笑えない。
南スーダン日報問題みたいな重要ごとが森友・加計みたいなどうでもいいスキャンダルでかき消されたみたいな意見ちょくちょく見るけど、この3つは全部同じ根から生えた問題だからな?
というよりむしろ日報問題だけだったら「公文書管理の不祥事のメッカがまたやりました」で終わってたかも。
日報(防衛省)・森友(財務省)・加計(文科省)と複数の省をまたいで公文書管理法が遵守されていなかったという事実が発覚したからこそ(どこまで本腰かはともかくとしても)行政文書ガイドラインの見直しって話に繋がったんだろうし。
スポンサーサイト

被爆者が国連大使と面会 核兵器禁止条約不参加に失望伝える

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170617/k10011021061000.html

ニューヨークの国連本部で開かれている、核兵器を法的に禁止する初めての条約の制定を目指す交渉会議に長崎市から派遣されている被爆者が、日本の別所国連大使と面会し、日本が交渉に参加しないことへの失望感を伝えました。
面会したのは、長崎の被爆者で長崎原爆病院名誉院長の朝長万左男さんです。朝長さんは長崎市の代表として、ニューヨークの国連本部で開かれている核兵器禁止条約の交渉会議に派遣されていて、16日、日本の国連代表部に別所国連大使を訪ねました。
面会の様子は冒頭のみ公開され、朝長さんによりますと、長崎市の田上市長からのメッセージとして、「日本が核兵器禁止条約の交渉に参加していないことへの失望感が広がっている」と伝えたということです。
これに対し、別所大使は「失望感はわかるが、北朝鮮の脅威がある状況で、核の傘から出る決断はできない。悩んだ末に今回交渉に参加しない決定をした」と説明したということです。

朝長さんは面会のあと、「日本政府として苦しい判断だったことはわかるが、核兵器のない世界の実現のためには、核兵器禁止条約は必要なので、日本も将来的に加わるかどうか、考えないといけない」と話していました。

朝長さんは20日に核兵器禁止条約の交渉会議で核兵器の非人道性を伝えるスピーチを行うということです。


「安倍政権は立場・意見が異なる相手との対話をまったく軽視していて、形だけでも対話を試みましたと取り繕うことすらしない」という批判を見かけて、まったくその通りだと強く同意したのですが(特に沖縄基地問題における翁長知事ら沖縄県サイドとのやり取りは徹頭徹尾沖縄県を無視してものごとをゴリ推しているようにしか見えない)、こちらの国連大使はきちんと自らの立場を説明し理解を求めるということをしていて非常に感心した。

そうであれば記事中の朝長氏もこのようにある程度の日本政府の立場への理解を示しつつもより建設的な将来の話を述べることができるし、評者もこれに対して「予見できる未来、10年20年の範囲内では実現しないだろうけれども、しかしいつか東アジアの安全保障環境を改善し、米国の核の傘に頼らなくとも良い(≠日米同盟に頼らなくとも良い)時代を作り、堂々と核兵器禁止条約に参加すべきだ」と考える。
何がなんでもとにかく核兵器の全面即時撤廃だ!と言われたらそういうことは言えないし、またそんなコメントを引き出すような政府の言葉や見解を打ち出すべきではない。

残念ながら安倍政権は沖縄基地問題では全米軍基地の全面即時撤退を要求するような強硬派を扶植するようなことばかり言っているが……

映画「日本のいちばん長い日」岡本喜八版

キリコが酒を飲んだ時に言った感想を持って俺のこの映画に対する意見・感想とさせていただきます。