「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田岩窟王事件・雑感

とりあえず関連書籍を何冊か読んで、感情的に思ったことをつらつらと。

半世紀もの間、何度拷問を受けようが再審を却下されようが決して諦めなかった不屈の精神はやはりすごいが、吉田老人を見ていて自分がすごいなと思ったのは行動力である。
刑務所から出た後東京に来て最初に行ったのが新聞社に行って「強盗殺人で22年服役してきたがわしは無実や」。
新聞社もこの手のタレコミだか陳情だかはよくあるので1日目は適当に扱って追い返すんだけど、吉田老人は翌日また来る。
そして「とにかく話だけでも聞いておけ」となり、実際に彼の話を聞いてみると「どうやら本物ではないか?真実冤罪ではないか?」となり、雪冤の戦いが始まっていく。

しかし行動力も凄いが、ここで「この老人は真実冤罪ではないか」と思わせるのが吉田老人の真に凄いところだと思う。
その後寄食していた弟の家を出て仕事を始めた時も「あんたのような人が強盗殺人なんて恐ろしいことをやったとは私は信じぬ」と近所の古物商仲間に慕われる老婆に見込まれ、彼女は古物商の許可証が吉田老人に下りるよう陳情に通い、商売を教え、300人からのお得意様をみんな吉田老人に譲ってくれた。
出所した時すでに55歳だったが、これまた「吉田のおじいさんのような人が強盗殺人なんてするわけない」と古物商をやるうちに知り合った女性と結婚もした。
古物商仕事ではやはり「あのじじいは強盗殺人の前科者だ」と言いふらす同業者がいて苦労もあったが、客は吉田夫婦を信用し、わざわざ夫婦が買取に来るのを待って売らずにいてくれる。
そのうちに吉田老人、古物商仲間と相談して集めた金物をお国に奉納し(時ちょうど太平洋戦争の頃である)、陸軍大臣から感状をもらったりもしている。

やがて老人の話を信用して協力を申し出た前述の新聞記者達が、真犯人である海田庄太郎と北川芳平を探し当ててくれる。
吉田老人の顔を見るなり脱兎のごとく逃げ出した挙句、結局土下座し詫び状まで書いたという海田との対面のシーンはきわめて印象的である。
(だが海田は後に「詫び状は吉田の暴力が怖くて書かされた」「検事の言うことに従っていたらなんか吉田が主犯ってことになってた」とこの時真実を言う、と約束したにも関わらずその約束を無碍にする)

そして戦争で家が焼け、栃木に疎開する吉田夫妻。
再審裁判でも言われているが、そこでは吉田老人が前科者であることなど誰も知らず、黙っていればそのまま誰も知らなかったが、吉田老人は「わしは強盗殺人の罪で前科を背負わされておるが無実や」と会う人会う人に言ううちにその話を知らない人間が村中からいなくなるほど、やはり雪冤への意思は固かった。
それを聞いた疎開先の村では「わが村でそのような苦しみを受けている人がいるとは放ってはおけぬ」と村長たちが署名に立ち上がる。


凄いなと思うのは、要所要所で会う人がみんな「この人が言っていることは本当だ、この人が強盗殺人などするはずない」と思うことである。
これは幸運などという話で片付けるには吉田老人にあまりに無礼であろう。
それだけ吉田老人が真面目に、正直に生きてきた何よりの証しなのだと思う。
その結果、吉田老人は妻もおり、義理だが娘もいて、その娘も結婚し子供を産んで孫にも恵まれた。

ガラス工時代の雇い主も「石松は男でありながら女のような気質で、真面目で腕もよく、暴力を振るったり身持ちの悪かったようなことは決してなかった」と裁判で証言し、再審裁判ではすでに病床の身だったが吉田老人に「おれはあんたが逮捕された時からあんたがあんな犯罪を犯すはずがないと信じておった、どうかおれが生きている内に無罪になってくれ」とも言っている。
秋田刑務所では所長に「君は真実冤罪のようだが、ここは刑務所で刑を執行するところなのだから無罪を訴えられてもどうしてやることもできぬ。それより本当に雪冤を晴らしたいなら一刻も早くここを出ることだ。あらゆる懲罰を受けた君には本来認められないのだが、どうだ、僕の気持ちに答えてこれからは真面目にやってみないか」と声をかけられ、感激した吉田老人はそれまで罪を認めないがゆえに刑務につくことも拒否してきたのが一転真面目に務めるようになり、やがて改悛の情を示していない殺人犯であるにも関わらず仮出所を勝ち取る(この際出所前日に所長に呼び出され「長年苦労したと思う。出所後はぜひとも雪冤を晴らせよ」と訓示を受けている)。

そして見事無罪判決を勝ち取る吉田老人。
それをみんなが祝う。杖がないとうまく歩けない吉田老人には家に入るのも難しいほどの客が来る。近所の衆も親戚衆もどっと押し寄せ、家の前の田んぼ道が延々客で連なる。
村で祝賀会が開かれる。
日に50通、60通も日本中から吉田老人を励まし、いたわり、同情し、無罪判決を祝ってくれるはがきや手紙が届く。
足が悪くなり寝たきりになり、「故郷に一度帰って先祖や母の墓に詣でたいがそれもできない」と嘆く吉田老人の話を聞いて、故郷の風景をフィルムに収め、それを栃木の吉田老人の家で見せてくれる有志が現れる。
吉田老人を招待する熱海の温泉宿も現れる。

対して海田の晩年はどうか。
元々私生児で身寄りもなかったが、その後も結局家族を作ることもなく、財産もなく(上述の海田と吉田老人の対面の時も、海田の家は戸もない一畳4間の、ござと七輪があるだけの掘っ立て小屋だった)、施設で看護婦に相手をしてもらうだけの日々。

フィクションではないか、できすぎではないかと思うほどの絵に描いたような因果応報である。
自分は非常にこの一連の話を読んでいて感銘を受けた。
真面目に生きるとはこういうことか、嘘ばかりついて生きていくとこうなるのか……と言うのだろうか。そういう言葉に変えてしまうと急に陳腐になってしまうが、ともあれ読んでいてそんな思いだった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。