「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークソウル3

パソコンを買い換え、それほど上級モデルではないにせよグラボも新調しメモリも32GBまで強化したので何か良いゲームないかなと思って探すうちに元々興味がありつつもキモいデカイ虫とかに極端に耐性がないばかりに泣く泣く見送っていたこのシリーズ、最新作にはそういうのあまりいないよという話を聞き出したのでさっそく購入。

最初はフリーソフトを使ってPS3コントローラでやってたんですが、画面中の表記指示と実際に押すボタンが違うということに慣れなくて結局XBOXONE/PC用コントローラも購入。結構高くついてしまった。

最初のボスでいきなり詰まって一苦労。
HP50%未満で形態変化する灰の審判者さん、この外見でも常時当たり判定が発生しているわけではないということに気がつくまでが大変だった。

とにかく死んで覚えろゲーなので、俺はまあアーマードコアとずっと付き合ってきて管理局強行偵察とかいろいろ乗り越えてきたから「フロムゲーはそういうもの」という概念がすでに定着してるからいいけど他のそうじゃないユーザーにとってはどういう印象になるんだろう。

現在ロスリックの高壁攻略中、レベル17です。
この間だけでも4000ソウルくらいは無駄にした(殺されたあと拾う前にまた殺された)のでしょんぼりしつつもフロムゲーだからな。死んで覚えろが基本ですし。
ツイッター見てたら「120万ソウル無駄にした」なんて書き込みあって震える。

何度も最初の斧兵・ハルバード兵のところで倒せたり倒せなかったりを繰り返しているうちにいろいろアイテムドロップが。
ハルバードを拾ったのでレベルを上げて必要筋力を満たした後装備して一度使ってみたんですが、RB攻撃の当たり判定がピンポイント過ぎて使いづらい。
当たり判定の広いRTは大振りだし。
結局使い勝手のいい初期装備(騎士で始めたので)のロングソードを鍛えたところ、それまではスタミナ目一杯使って攻撃してもまだHPが残っていた敵を連続攻撃のうちに倒せるようになって実に快感。
まあそのあとでこのエリアで上位のブロードソード拾えるって聞いてしょんぼりするんですがそこはそれ。

しかし、それまで倒してきた雑魚でも入力ミスったり攻撃と回避のタイミング誤るとさくっと殺されるので気が抜けない。すげえ汗かく。

閑話休題。
左に180度曲がる階段降りようとくるっと回転したらまさにグレートアクス兵がジャンプ攻撃で斧振りかぶる瞬間だったのにはビビった。
RB攻撃で割り込めたから良かったけど……
スポンサーサイト

「憲政史家の人」「紛争史研究家の人」「法学的にはクーデターの人」

安保法制もあって色んな論者がいろんなことを主張してますが、俺が今一番注目してるのは紛争史研究家の人と憲政史家の人と『(安保法制は)法学的にはクーデター』の人ですね。
いやまあ単にキチガイ三連発見て面白がってるだけなんですけれども。
紛争史研究家の人は元々閣議決定以降急速に発狂して界隈で話題になってたらついに同業者にまで「あいつと一緒にすんな」と公言され、憲政史家の人は元より誰もまともに取り合わなかったトンデモが虚偽の記述をやらかして裁判で謝罪と賠償を命じられる追い打ち(「これでまともに相手にされなくなるだろう」というコメントがありましたが、そんな今までは誰かが真剣に相手してあげてたみたいな言い方違和感ありあり)食らいですが、法学的にはクーデターの人は失笑を買いつつも真面目に引用する人もちょこちょこいるのが不思議。
ところでこれを「法学的には、っていう留保がついてるから!」という点を強調して擁護しようとする人たち、そもそもただでさえクーデターと呼ぶのがおかしいのに「法学的には」なんて但し書きつけるから「法学的なクーデターの定義ってどうなってるの」とますます意味不明になってるから馬鹿にされてるんだと思ってたんですが。

真面目な話をすると、俺も安保法制は違憲でやるなら改憲してからやれという意見ですが、同じ違憲説だからといってこんなのと一緒にされたくはないですね。
これに同意しないのなら「同じゲームの土俵の上に上がろうとしない」「非立憲・反立憲主義者」扱い、というなら一向にそれで構いませんし、それになんら痛痒を感じたりはしないです。
むしろこういう馬鹿が話をこじらせる元で、百害あって一利なしとしか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。