「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の安全保障法制入門」鈴木和之

文字通りの防衛法制に対する入門書。
同じ内外出版の「日本の防衛法制 第二版」に比べると薄く、またテキスト量も短くなっているが逆にその分手軽でもある。
またこちらは4ヶ月前の出版と非常に新しく、2015年の一連の安保法制への解説も載っているので最新版の解説書として有用。
安保法制については是非については論じておらず、あくまでその法的構造を解説するというスタンス。
評者は恥ずかしながらこの本でようやく周辺事態法が重要影響事態法に改正されていたことを知った。

またいまいち明瞭に理解していなかった武力攻撃事態対処法と自衛隊法第76条の法的な接続について把握することが出来た。

ただ全体的に分量が薄いのでしっかり掘り下げられていない部分があり、「自衛隊は国際法的には軍隊」とする政府答弁を第2次安倍内閣の答弁から引用しているが同様の答弁は小泉政権や海部政権ですでに出ている点が挙げられる。
それとよく誤解されやすい領空侵犯対処については「日本の防衛法制 第二版」のほうがより詳しい。
「日本の防衛法制 第二版」と合わせて読むのがもっとも効果的であると思われる。
スポンサーサイト

アイドルマスターシンデレラガールズ(アニメ) 26話

26話というかシン選組について。

・きらりカッコいい!でも幕末に身長180cm越えはでかいなあ。
というかきらりが持ってもまだあの大きさに映る太刀って。

・あんなのと対峙させられたら小学生の橘が腰抜かすのは当然として、文香はそれでいいのか。

・これでアブ9かっこいいな!って思って買ったんですけど、実際買って聞いてみるとなんでこの曲が新選組ものの主題歌に……?

・人斬っていつもの笑顔で大丈夫です!の沖田卯月、サイコ感ありすぎ。

・なんでこんなのにクローネが出演することを専務は認めたの?って思ってたら「最終的にクローネ(志士)がCP(新選組)に勝つからだろ」と言われてなるほどと思うなど。

・他のキャラは全部役名で呼ばれているのに一人だけ劇中でも「安部菜々」扱いのウサミンについて。

・最大のツッコミどころはやはりアスタリスク。ヘッドホンと猫耳は外せよ!時代劇だぞ一応!

・杏めっちゃ動いてる……

・幕末は知識ゼロなので軽くwikiで見ただけですが、藤堂杏が額を斬られて流血とか土方凛の突入先はハズレとか無駄に史実に凝ってるっぽくてウケる。

・土方にしぶりんはイメージ的に確かに近い。でも松平容保が蘭子なのは余った役に余った子を配役した感がある。

・ところで姉ヶ崎はCPじゃないのになんでさらっとCPの子に混じってんの。

・莉嘉はまだしもみりあちゃんは自分がどういう職業の人を演じているのか分かっているんですかね……っていうか小学生にこういう役やらせて大丈夫か。
でもこのシーンで酒煽る女好きしぶりん、なんか妙にサマになってていい。

選んだ色で塗った 世界に囲まれて

・ドラえもんがロボ魂で出るのは別に異論はない(少なくともテッカマンブレードがスパロボに参戦、よりかはよほど直感的に頷ける)けど、仮にいつかバスターマシン7号をバンダイから出すよってなった時、フィギュアーツになるのかロボ魂になるのかどっちになるか。
てか2バスターマシンってあんまり立体化されないからなあ。それ言ったら1だってガンバスターばかりでRX-7やシズラーは出ないし、そもそも2バスターマシンはちょっとデザインに癖ありすぎるが。

・禁書とチャロンのコラボ、かなり意表突かれたけど何するんだろう。
無難にカミやんがOMG参戦かなあ。
その時乗るのはこれまた無難にテムジンかな。ライデンは設定上の空き機体ないはずだし、バイパー2やアファームド、バルバスバウでは尖り過ぎ、ベルグドルでは渋すぎる、フェイ・イェンはまずこいつの存在が特殊すぎる。
でもカミやんOMG参戦したとして、SHBVDと共闘とかまでやられると逆にチャロナーが荒れそう。

・セールのたびにちょびちょびとかりあげクンを集めてるんですが、ほんとこいつ無駄に高度な技術力の持ち主だよなあ。
紐を引いたら送風口から音が出るようにエアコンを改造したラジカセとか、巻き戻しを押すとコードが巻き戻されるラジカセとか。新しく読んだ巻では釣りで針を岩に引っ掛けて糸をピンと張った状態にすれば指で弾いてドレミくらいの音は出せるとかやってたし。
特に有用性はなくてなんの役にも立たないのにやたら難易度は高いものが多い。

・日頃法的・民主主義的な安定性や正統性を踏みにじってでも軍事的合理性を追求しようとするインターネットの「現実主義」者が防衛出動を発令するまでに武力攻撃事態対処専門委員会にかけた後、それをさらに閣議にかけてようやく首相が命令できるなんていう悠長な規定を問題視しないのはどういう理由があるのか。
てかこれホントなんとかしろよ。そこまで慎重にするわりに、どんなケースであれほぼ例外なく一度自衛隊の出動を承認したら後は国会が関与できなくなってるし。
自民党の改憲私案や民主党の安保法制対案を見ると国会の関与強化はわりと意識されてるみたいだけど、防衛出動発令の迅速化はまったく意識されてる気配がない。
テロ対策で作った「緊急対処事態」でもやっぱり閣議にかけないとならないし。アメリカの戦争権限法と同じように初動は首相の指揮権に一任、でいいんじゃないの?事後に民主的統制の余地を設けて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。