FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「吉田茂と安全保障政策の形成―日米の構想とその相互作用 1943~1952年」楠綾子

興味深い記述が多かったため、箇条書きでそれを書いていく。

・ソ連の千島列島への行動は必ずしも日露戦争・シベリア出兵への報復というナショナリスティックな欲求だけではなく、地政学的な安全保障上の問題でもあったという指摘。

・マッカーサーによる日本の非武装化案はアリューシャン・ミッドウェー・フィリピン・沖縄などの周辺地帯への米軍基地設定が前提であること。

・この時期の米国、少なくとも国務省では域内諸国の政治・経済の自立安定を確立することが共産主義の浸透防止に有効であると考えられていたこと。現在の米国の中東政策に比して先見の明があると言わざるをえない。

・憲法第九条二項による非武装での安全保障はGHQからその意向を受け取った直後の外務省においてすらその非現実性は明確であったこと。

・アメリカと安全保障上の協定を結ぶ上で起こることが予想されるソ連の反発について、日本政府が無関心であったわけではないこと。

・吉田茂が再軍備を急がなかった理由として、経済的な理由の他に「急速な再軍備はそれだけ旧軍軍人に頼ることになり、吉田の考える新国軍への理想からは離れてしまう。そのためには占領改革の下で民主主義・自由主義の空気を吸った層の比重が増えることが望ましい」とする見解。

・「朝鮮半島における国連軍の活動に対して基地を提供する」が吉田・アチソン追加公文によって極東条項に変化していく過程。

吉田茂の「再軍備は避けられずむしろ当然であるが、現在の国力では軍備を持つより経済復興に専念すべき」といういわゆる「吉田ドクトリン」が実際にはどのように政策化されていったのかという過程は評者が知っていた以上にさらに複雑で難解な道であることは非常に興味深い記述である。

ところで気になるのは、吉田の軍事問題へのブレーンたちによる再軍備計画が陸上兵力15万人で落ち着いたことと、後の鳩山一郎内閣における6ヶ年防衛計画での陸上兵力整備計画も15から18万人という数字に落ち着いているという別の先行研究での指摘(「戦後日本の防衛政策―「吉田路線」をめぐる政治・外交・軍事」中島信吾)が存在することの奇妙な一致である。
吉田茂と鳩山一郎の間で予備研究の内容をやり取りすることがあったとは思えないし、この数字を算出した吉田の軍事問題へのブレーンたちもその後自衛隊・政府に加わったというような形跡は見られない。
純粋に軍事的に日本の防衛に必要になる兵力を見積もると、立場とは関係なく15万から18万人程度という数字に集束するということであろうか?
スポンサーサイト

「下ネタという概念のない退屈な世界 11」赤城大空

無事完結。
アニメも商業的には振るわず、原作もAmazonレビュー数は少ないものの、逆にそのおかげで読者人気が出すぎて作者がそれに振り回されずにうまく終われたように思う。
具体的に言うとアンナ先輩周り、これなまじっか知名度の高い作品だったら多分彼女を巡るヒロイン論争やらなんやらで酷いことになって最終的に作品自体の評判まで下がるオチだったんじゃないかなあ。
というかまあ文字通り下ネタメインの作品なんで下手な萌えイラスト表紙作品より敷居は高いんだろうが。

・こういう展開で来たけど、特定の誰か一人をサンドバッグ要員にすることなく、前巻レビューの時書いた多様性を保ったままうまく決着をつけたことは非常によく出来てて、ここはホント凄い。20代の大学を出たか出ないかという若い作者が書いたとは思えないセンス。藻女に「あなたがすべての元凶として吊るしあげられることはないよ」「そんな終わりは僕も嫌です」と狸吉が言ってくれて、こういうところを見て「いい作品だったなあ……アニメから入ったにわかだけどこの作品を今まで全部読んで最後まで付き合ってきてよかった……」と思えました。。

・アンナ先輩も一時はどうなることかと思われたけど、人間として救われたし卑猥とはなんであるかをきちんと学んで、文字通りのセックスモンスターからちゃんと分別あるひとりの人間として成長もしたし、狸吉・華城先輩とも和解できて、これ以上なく綺麗にオチた。本当に良かった。

・後は残る不安点はハーレムエンドはちょっとなーと思っていたんですが、基本的に華城先輩エンドだけど他のヒロインはまだ諦めないかんな!というサブヒロインのファンにも配慮してうまく終われたな。
特にあのアンナ先輩が「いつか奥間君の気が変わってわたしをベッドに誘ってくれるのを待つ」なんて悠長な発言をしたのは本当にこの人に救いと成長が来て良かった……としみじみ思いました。

・「え?しないの?」

・二代目雪原の青として顔が知られた狸吉、新ヒロインのらら子に即顔バレして変装の必要性を検討するシーン。
「やはり変装は女装をデフォにすべきか……いやでも癖になるとまずいし。あれ、でもそうなったらその時は華城先輩に男装してもらえばすべての秩序は保たれるのでは……?」
駄目だこいつ早く何とかしないと……

・「走る壁」って酷すぎる(笑

・鼓修理が成長して泣くゆとり。

・下ネタ大好きのくせに自分の異性関係は乙女なんだよなあ華城先輩。
「そんなに下ネタばっかり言ってると狸吉に女扱いされなくなっちゃうっすよ」
「だ、大丈夫!狸吉は今更そんなことで私に引いたりしないもん!」

・ところで狸吉、鼓修理が相変わらずムカつくからって「お前にスポーツドリンクが全て薄めた精液に見える呪いをかけてあげよう」とかマジやめてくれ。本当にそうとしか思えなくなるだろ。

とにかく、最終巻として色々な意味で綺麗に終われたと思います。
この作者の次回作にも期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。