「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

誘うのランチ あのメガネ男子

・陽炎抜錨といい鶴翼といい「戦争は艦娘の顔をしていない」といい、なんでミリオタに艦これ描かせると元のキャラ付け無視してまで戦争モノっぽいディティールを盛り込んだブツが出来るんだろう。物凄い本末転倒感ある。
鶴翼2巻の「私を殺してください」な大和や「戦争は艦娘の顔をしていない」のあれだけ長尺割いて鬱でグロい話を書かれた武蔵のエピソードが武蔵でなければならない必要性、武蔵のキャラクター性を使っている感じが薄すぎるのでまったく憂鬱にならないあの武蔵の話とかが象徴的なんだけど(あれ固有名詞の部分さえ置き換えれば他の文章はそのままでも大和でも長門でも陸奥でも誰の話に取り替えても問題なくお出しできる感じが酷い)俺の中ではこのへんのメディアミックス・二次創作は「爺さん!あんたたちの心意気に打たれたぜ!」「俺は強いやつとしか戦わん」「まあヤツの最期を見られたからよしとするか」と同次元の存在。

・カトキシグネチャーペーネロペー決まったけど、ただでさえ値段の割にのっぺりとした密度の薄い代物を作るあのブランドで25000円はさすがにボリすぎだろう……。
Ξでも確か1万円だったし。ていうか25000円ってメタルビルドとかGFFMC買っても1万円近いお釣りが来るじゃん……

・というかシグネチャー版ガンダムMk-V、アストレイレッドフレーム→M1アストレイばりのディティール密度省エネ仕様で飾る気になれなくてそのまま箱にしまってしまった。
Mk-Vの立体化なんて次いつになるやらわからんとはいえもったいない買い物をしてしまったなあ。
スポンサーサイト

闘将ダイモス その3

最終話まで。

とりあえず三輪長官、原作だとこんなにクズなんだなあっていう。

「ダイモスが来るまでの40分で70万人の市民は皆殺されます!それくらいなら20分避難させて35万の命を助けつつ水爆を投下して敵を倒しましょう!」
「残りの35万はどうせほっといても敵に殺されるので水爆で蒸発するのもやむなしです」
いやいやいやいや。待たんかい。しかもこれ一見苦渋の決断っぽく装っているけど、許可するって言われた時の三輪のおっさんものすごく眼が笑っててお前単に水爆使ってみたいだけなんじゃねーのみたいな。
しかもオチは「ダイモスに手柄取られたくない」というだけ。

他にもバーム星人に人質に取られた市民をなんのためらいもなく敵ごと殺すわ、「戦えない負傷者や民間人などクズだ!」とか言い出すわでもうこのおっさんなんなの。
まあ白旗上げておいて降伏はしない、和平交渉がしたいんだと言い出したバランドーグに対して「そっちが仕掛けた侵略戦争じゃねーか!」って反論するのはそこは筋通ってるけど、「だから死ね!」で本当に撃ち殺すのも非常にアレ。
最後一矢が気絶するまで殴ってくれたからまあいいけど。

ロボ戦はやはりなかなか面白い。ダイモシャフトってスパロボの戦闘アニメは大げさに描いてるんだろうと思ったら本当に脚にしまってあるからオーバーヘッドキックで取り出すのね。
でもフリーザーストーム&ファイヤーブリザードだけでやられた敵いたのにはワロタ。

ハイネルは好きだったんですがリヒテルはいまいち感情移入できなかったかな。とにかく頭が硬い。バルバスは和解できたので余計リヒテルの頑なさが目立つ感じ。

ところでオルバン&ゲロイヤーはリオン大元帥の仇というだけでなく一矢の父の仇でもあるんですが、この二人両方共リヒテルに殺されちゃったのよね。一矢が仇討ちをまったく気にしていなかったとはいえ視聴者としては若干もやっとするものが。

あとキャラについて言えばあんまりエリカが可愛いと思えなかったんですが、これがうまく言語化できない。

まあトータルで見るとロボ戦の力強い殺陣で十分面白かったです。
でも中盤のまかないのおばちゃんのメインヒロイン回は困惑しましたよ正直。エロゲ的な年だけBBAじゃない普通のおばちゃんの惚れた腫れた話って。

冥王計画ゼオライマー

バンダイチャンネルで視聴。

4話しかないのに敵幹部8人いるのはちょっと苦しかったと思う。
オムザックなんて米軍艦隊吹っ飛ばしただけでやられたし。しかも非人型だから止め絵のままプロトンサンダーのエフェクト作画するだけで済むという作画に優しい仕様。
そしてそのまま特にギミックがあるわけでもなくゼオライマーに吹っ飛ばされて退場。

というかOVA版のメイオウ攻撃、一体何を起こして攻撃しているのかよくわからん。

しかしOVAで見るにゼオライマーってバリアとワープはあるけどHP/EN回復までしてるような描写はなかった気がするけどなんであんな事件連結システム超強い特殊能力になってるんだろう。原作漫画版のフィードバック?

ところで沖さん、わざと煽って拉致ってきたマサトを殺伐とした精神状態に追い込んで無理やり戦わせるとかかなり悪どいことしてるのに何をしれっと最終話で善人みたいな顔してんですか。

アイドルマスターシンデレラガールズ 第9話「“Sweet” is a magical word to make you happy!」

幸子かわいい!
部屋間違えてぐぬぬって必死に言い張りながらぐぐっと渋い顔する瞬間の表情とか。
あとマイクアピールするときの表情がなんか妙にエロい。
落ちそうになって必死にしがみつく幸子かわいい。
「負けたらバンジー」と言われた瞬間実況の心がひとつになっててひどいw

あと杏かわいい。何あの営業スマイル。ちゃんと笑うとすごい美少女なんだよなあ杏。
風船膨らませは顔は必死なふりを装ってるのに腕の動きはものすごく遅くて、こいつ手抜きしてやがる!

細かい感情の機微をきっちり描き出してくれるので見応えがありますわ。

闘将ダイモス その2

32話まで。
とにかく三輪長官が目立つのなんの。
「ダイモスが来るまで40分もかかりその間に70万の市民は皆殺されます!ですが20分避難させて水爆を使えば30万は助かります!」
「残りはどうせバーム星人に殺されるんだから一緒です!さあ水爆の使用許可を!」
ここで最初は許可が降りるんですが、瞬間の三輪のおっさんの表情すっごい目が笑っててお前実は核弾頭使いたいだけだろみたいな。
オチはダイモスに手柄独占させたくねーってだけだし。

しかしダイモシャフトってオーバーヘッドキックからスポーンと飛び出してまたアクロバットな戦闘アニメだなあと思っていたら原作でもああやって脚から取り出していたのか。
あと一回フリーザーストーム&ファイヤーブリザードだけで爆発した敵がいたぞ、おい。

衝突に戦々恐々 降り立つ堕天使

倉山満の本を元に歴史を語るのに比べればGジェネ知識やスパロボ知識だけで元の作品語るくらいなんでもないような気がしてきた今日このごろ。

・通院してる心療内科でどっかで聞いたようなBGMかかってるなーと思ったらこれARIAのピアノコレクションじゃねーか!
さすがだなARIA。

・艦これアニメ、あれはつまりまだ出てないうちからボイス集でセリフ聞いた鬼怒や清霜かわいい!ってなって必死こいて探してた俺もああいうキモイ存在ってことなん?
マジでこのアニメ何がしたいんだ。如月提督の端くれとしてあの子を沈めたあたりから株は底値だったけど毎話どんどん最安値更新していく。
6話もなんで公式が行き遅れ足柄ネタ拾うかなー……しかも三女の足柄さんが行き遅れて焦ってるってことは自動的に上二人は既婚もしくは彼氏持ちってことになってそれも大問題じゃんといちいち疑問ばかり増やす公式。
あとエンディング、もう聞けない。「出会う前から分かってたこの想い」とかあの内容見せられた後となっては気色悪さしか感じねえよ!

・ダイモス17話まで視聴。
殺陣は力強く非常に気持ちいい。ダブルブリザードからのトドメ攻撃って手刀とかも使うんだな。
ところでアクエリEVOLの時アマタは何回ミコノさんって言った?みたいなネタあったけど、一矢も負けないくらいエリカエリカ言いまくってる。
あとエリカが脱走を企てて失敗するパターンさすがに引っ張りすぎでは。思えばボルテスも剛博士登場→偽物でしたがやたら何回も繰り返されたけど……

サブタイ、「エリカが三輪に殺される」はもうちょっと捻れっていうかそのまんまじゃねーかというか。
この点は長浜ロマンの欠点かも。ボルテスもこれっていうサブタイなかったし。

「艦隊これくしょん 瑞の空、鳳の海」むらさきゆきや

アニメでハードルが下がりに下がりきってるっていうのもあったと思うけど、とにかく無難に良い出来。
こういうのでいいんだよっていうと微妙な言い方になっちゃうけど。

ただホントドのつく真面目で堅物という好感の持てる提督描写、ふわっとした元の世界観やゲームシステムに突っ込みすぎずふわっとしてるんだよーで流す開発とかのシステムや世界観周りの描写、きちんと原型に忠実なキャラ描写、ほどよいコメディ成分とアニメに求めていたのはこういうものだよと言いたい。

ちゃんとクールビューティとしてのキャラ保ってる加賀さんとかサブキャラでもうまくそつなく処理してるなという感じ。

あと有河サトルのイラスト、やっぱいい。加賀さんや愛宕の本も出してくれないもんか。天津風と榛名と磯風は持ってるんだが。

2015年3月3日衆議院予算委員会答弁について

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=44530&media_type=

1時間20分前後が枝野幸男氏の集団的自衛権解禁についての質問。
枝野の質問は「石油輸入途絶というのは相当の打撃を受ける大変な事態ではあるが、武力攻撃を受けたことと同義ではないのではないか」「我が国に対する未必の故意としての機雷攻撃であれば個別的自衛権で対応できるのではないか」というもの。
輸入途絶イコール武力攻撃とみなせるかといえばそれは枝野氏の言うように同一ではない、武力攻撃を受けるに等しい非常事態ではあっても武力攻撃そのものではないように思う。

そもそも集団的自衛権行使の具体例として持ち出されるのが機雷掃海ということ自体が的外れだろう。
それほど頻出する事例とも思えない上、本来行使されるケースは対米軍事貢献のはず。
なぜ率直に「我が国に対する武力攻撃を招いたり、他国の戦争に巻き込まれるリスクは増えるがそれは日米安保体制の堅持や国際協力の上で払わなければならないリスクだ」と説明できないのか。


枝野氏が「石油が入らなくなっても大したことはない、とか言ってる」と吹聴している方々は論外。

闘将ダイモス

3月東映オンデマンド見放題で視聴開始。6話まで。
ボルテスと逆にドラマパートがいまいちだけどロボ戦パートが面白い。
話を聞けば実際の空手を見学して作ったとかなんとかで、殺陣のひとつひとつ、パンチやキックがやたら力強くキレがいい。
空手で戦うという設定なので殴る蹴るで戦うのに説得力が用意されてるのもいい感じ。
でも烈風正拳突き、正拳突きって言ってるわりにどう見てもほとんど毎回アッパーじゃないか。別にそのくらいは気にならないけど。
第四次で装甲を拳が撃ち抜いていく演出の元と思わしき演出もあって実に気持ちいい技。

ただドラマパートがなー。リヒテル、「妹とはいえ勝手に抜け出して出て行った奴を探すような公私混同は出来ん!」って怒鳴ったかと思えば別の話では普通に心配して部下差し向けて探そうとしてるし。この年代の作品にありがちな各話ごとで変わる性格。

そしてスパロボ名物三輪長官、最初に出てきた時はそれほど他の「防衛軍司令官」ポジキャラと大差ない感じだったのに一矢がエリカに懸想するのを文句言ったりエリカをスパイ扱いし始めたり、挙句エリカが死んだと思われた時は「死んだほうが良かった」とか言い出して京四郎に殴られる。
それでエリカが死んでもバーム星人と戦おうとする一矢を「それでこそ男だ!戦士だ!」とか腐ったマッチョイズムでヨイショしたりと実に感じ悪い。まだ6話だぞ。

ところでアクエリEVOLでアマタがミコノさんと何回言ったか数えるみたいなネタありましたが、一矢がエリカと言った回数も相当多そうだなこれ。