「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「信長のシェフ 11」梶川卓郎/西村ミツル

ついに朝倉・浅井滅亡。

この漫画の面白いのは、確かにケンさんは異様に万能で料理ならなんでもできて知恵と機転と度胸のたつチートで料理させればなんでもできるけど、「もうケンさんひとりでいいんじゃないかな」とか「ケンさんが料理を作れば史実なんていくらでも改変できる」という展開には決してしないことだと思うんですよね。

構図としては主人公だけが有する優れた知識と技術で無双する俺TUEEEE系というか周りYOEEEEE系なんですが、普通なら長政もケンさんが料理を作ればこっそりお市と二人で仲良く生かすような改変がされそうなもんなのに、実際のこの漫画だとケンさんの料理は史実通り死ぬ長政がお市に別れを告げる決意をさせるための役割を果たすという。

印象に残ってるのは三方ヶ原の戦いでのケンさんの役割で、動転した家康を落ち着かせるというものなんですが「家康も結構しょうがねえな俺が手助けしてやんよ」みたいな態度ではなく「お前はこの後この世を改める男なんだよ落ち着いて本気出せよ」という、あくまで家康が主でケンさんは従、という流れなんですよね。

あと史実人物を踏み台にしないでちゃんとリスペクトしてるとこ。ケンさんの信長リスペクトやたら厚いな!っていうのもそうだし、あれだけ醜態ばかり描かれた足利義昭や武田勝頼も最後はきちんと十分かっこいい見せ場が回ってきたし。

気になるのは劇中での経過年数がわかりにくいことくらい……と思ったけどこれ戦国年表見れば主要イベントで簡単に逆算できるか。
スポンサーサイト

しばらく更新頻度が大きく下がると思います。ごめんなさい。

最近心身ともにくたびれてて何を書いたらいいものかも思いつかないや。

海自いじめ事件

まず一般的な倫理の話として「いじめ、かっこわるい」としか言えないし、30人以上が目撃している上に被害者が異動願も出しているのに歯止めにならずに被害者の自殺という最悪の結末にまで至るとはどういうことか、しかも海自のいじめ自殺は1度や2度ではない、とそれだけでも大問題なのだが、兵員の充足問題という狭義の軍事的合理性から言っても非常にマイナスな事件と言わざるをえない。

我が国において自衛隊は兵役制度に志願制を採用しているのだが、それはつまり日本の社会において軍隊が数ある職業の中から任意に選ばれるものであり、三自衛隊は日本国民の職場として存在しているという側面があることを意味する。
その自衛官は生活時間や居住地、果ては個人の生命といった基本的な人権に他の職業にはないレベルで制約を受ける職業である。

それでもなお自衛隊を職場として選ぶためには、当然それ相応に自衛隊が魅力的な職場でなければ安定的な隊員充足もおぼつかなくなる。
その意味からいってこういう事件が起きるのは非常にマイナスであり、防衛省としてもかなり重く受け止めてはいるようだがかなり深刻に改善を要する事態と言える。

北斗の拳イチゴ味 第29話「檄!帝国華撃団の巻」

まさかの檄帝国華撃団コラボ。
いや、3巻あらすじにやるよーって書かれてて「北斗の拳とサクラ大戦?なんでや?」とは思ってたけどまさかこう来るとは予想外過ぎた。
ていうか帝都つながりっていうだけじゃねーか!




・さわやかにカメラ目線で手を振るシュウ。それ自体なんでそんな爽やかな顔してんのって話だけど、この動画のコメントで「なんでお前がカメラ目線できるんだよ」ってツッコミ見て、言われてみるとカメラ目線してるのも変だよなシュウ。

・レイもなんか妙に乗り気というかこんな本のイケメン顔してるレイ、イチゴ味で見られるの珍しい気が。

・「悪を蹴散らして正義を示すのだ」ってイチゴ味読んでると忘れそうになるけどサウザーって蹴散らされる側の悪やんか。

・「心まで鋼鉄に武装する」フルプレートアーマーの南斗最後の将?登場
 「乙女」中身はサウザー!
これだけでもかなりのインパクトある。

・真面目に見ると結構盛り上がる熱いバトルなんですよねこれ。図式は南斗聖拳vs元斗皇拳だし。
飛び蹴りするシンとか飛翔白麗を繰り出すレイとそれをガードするファルコとかえらくかっこいい。レイとユダのコンビネーションアタックなんて読む日が来るとは誰が思ったか。

・デンデゴデンデゴデデデデーという妙にやる気のない擬音。まあ確かにそう聞こえるけど。
でもカモカモペテーには聞こえねぇよ!

・あんなに嫌がってた聖帝タンクトップを気がついたら全員着用してる南斗六聖拳の4人について。

・結局ジャコウぶちのめしてホントに帝都陥落させてるじゃねーか!
しかも例のジャンプにファルコしれっと混じってるし。

・しかしさすがにこの歌の中ではリンの妹(天帝)の件は盛り込めなかったか。

「マスターファイル VF-22シュトゥルム・フォーゲル2」

・キメリコラ特殊慣性制御システムが高性能の秘訣はいいけどそれが月産10基で精一杯、その中でVF-22の他にもクァドランも作らないとならんからVF-22は月産2機で限界ってすげーなおい。それでよくGGは主力機コンペに出す気になったもんだ。
しかもBDIの都合で操縦する資格を得るのに200時間専門の訓練がいるし。それだってあくまでBDIへの慣熟訓練だから実際にYF-21/VF-22という飛行機を飛ばすための慣熟訓練はまた別個にする必要があるはずだしなあ……

・総生産数176機ってこの時代の人類の活動域から考えると恐ろしいレア機だったのでは……
案の定巻末のスコードロンカラーも2p分で終わってるし。

・FASTパックのNP-BAP-24、主翼の上に乗せる懸架方式すっごいSv-51ツインブースター思い出すんですけど。
実際Sv-51を作ったクラーキンが興したGG社製品なんだから何がしかの関係はあるんだろうし、そのあたりにも触れて欲しかった。

・GCA-27Rは珍しくストレートなアニメ的デザインの武装。Fに入ってからトルネードパックとかそういうのも増えてきた影響かな。
でもこれに該当する武装が他のVFには用意されてないのって考えると謎だな。

・ところで腕の半固定ビーム砲をレーザーという設定に変えた意味はなんだろ。

「クロスアンジュ」第1話

・これ思い切り隠者のシャイニングエッジやんとかこれ思い切りフォースインパのエクスカリバー突撃やんとかこれ思いっきり運命のパルマやんとか見覚えのある演出がちらほら。
まあ同じ人間が演出してりゃ似て当然ですが。
特にブーメランの投げ方なんてそうバリエーション用意できるもんでもないだろうしなぁ。

・アンジェ、わりとというかかなり差別意識の塊で我が子を取り上げられるのに必死で抵抗する母親に向かって「こんなカスを産んでしまったことなんかさっさと忘れて次の子産めよ」とか言ってしまうくらいにはかなりのクズだし、同情心よりざまぁっていう感じになるなあ。実際そういう印象を与えることを狙ってるらしいけど。

・無駄に明るくメタ発言の嵐な予告。

・パラメイルってむき出しだけどスロットルとペダルとバイク型筐体で体をある程度がっちり固定できる分、レバー一本を握る以外何も体を固定できずに飛行機体の頭部に吹き曝しのまま直立して操縦しなくてはならない新星邪虎丸タイガーモードよりははるかに安全だと思う。

「僕たちの『仮面ライダー』怪人ランキング」

・管理人は平成ライダーを半分くらい見ただけです。念のため。

内容のいい加減さに定評のある(ガンダムムック、いい加減一年戦争縛りやめろよ……たまにそれが解けても宇宙世紀縛りは健在だし……)別冊宝島のムック。
ライダー怪人のランキング本というタイトルそのままの内容。
掲載されてるのは60位までですが、とりあえず1位から10位まで順に

シャドームーン
ショッカー戦闘員
ダグバ
蜘蛛男
ナスカ・ドーパント
イカデビル
アポロガイスト
ホースオルフェノク
カメバズーカ
モモタロス

の順。
ベスト20まで見ると12位にアンク、14位ジョーカー(始)、19位ウェザー・ドーパントなどなど。
大筋としてはまあこんなもんだろうと思えますが、シャドームーンが1位でダグバやウェザーが入る「怪人ランキング」にアンクやモモタロス入ってるの結構違和感が……下の方には24位ウルフオルフェノクだし。主人公じゃねーかよ。
始や木場さんは「最終的に味方になった、もしくは一時的に味方になったこともある純粋悪役ではない存在」「だけどれっきとした悪役怪人」という出自が物語的に重要な意味を持っていたのでギリギリ譲歩できるとして(でもこれ単に俺がブレイド信者だからなんか許せるだけなのをごまかしてるだけな気もするけど)アンクやモモタロスがこの面子と並ぶのはなんかなあ。

ただこの本はランキングそのものよりどの怪人にどの年齢層が投票してるかってところが面白いとこです。
シャドームーンは10代が4.2%と極端に少ないものの20代が30%、30代41%、40代25%とそこそこバラけてる。
一方ナスカは10代と20代だけで95%と極端な分布。
そうかと思うとウェザーが20代60%とやはり若い層が多数を占めつつも30代が30%。
ドーパント以外の平成怪人でも始が10代と40代が16%、20代と30代が30%とやたらバラけてるし。

しかしドーパントのランキング、ナスカ5位>ウェザー19位>スミロドン46位=ルナ46位>テラー56位って仮にもボス格としてテラー情けなさすぎる……
でも言われてみると確かに「園咲琉兵衛」としては出ずっぱりで存在感大きかったけど、「テラー・ドーパント」としては確かにそう出番あったわけでなし、ボスとしての存在感も2話構成の都合であっという間に翔太郎にテラーの能力を克服されるわ半死半生の状態の照井にテラードラゴン撃墜されるわであんまりいいとこなかったかも。
少なくともナスカやウェザーに比べるとずいぶん出番は少なかった気はする。

でも40位がワームサナギ体なんでそれ以下かと思うとやっぱり悲惨かも。
いやそのワーム以下ってリブラとサジタリウス・ゾディアーツとかゴ・ジャラジ・ダ(クウガライジングタイタンにボッコボコに惨殺された例のヤマアラシグロンギ)とかもいますが。

ところで60位まで見てもミラーモンスターとファンガイアは全員ランキング選外。
確かに雑魚は通り魔役でしかなくてドラゴンライダーキックでぶっ飛ばされて終わり、契約モンスターも別に個々のパーソナリティとかなかったミラーモンスターが印象に残りづらいのはわかるけどまさかファンガイアが誰もランキング入りできないとは。
寝取られ親父のバットファンガイアさんとか深央・真夜ともにメインヒロインだったパールシェルファンガイアくらいは入っても良かったんじゃないの。
カッシスワームですら一応入ってるんだし……でもホースオルフェノクやウルフオルフェノクがランキング入りしてるのに選外になってしまったスコルピオワームも悲惨か。

まあ読み物としては十分面白い一冊。
ところでそうやって考えてみると人間だったのに怪人化して結局最後は闇堕ちして主人公に倒されて死ぬ木場さんと、怪人だったのに(精神的には)人間化して最後は善玉化し黒幕を主人公と共同で撃破した後人間として生きていくことになった始って対照的な二人だなぁ。

二次創作

球磨メインの艦これSS
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4429246

ぶちょーとキョロメインのGJ部SS
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4393453

をそれぞれ渋にうp。

「ガンダムビルドファイターズトライ」第1話

・冒頭からアッシマーと見せかけて実はアンクシャでしたとかこのやろうガノタに対する挑戦状だな!喜んで受けて立つわ!

・ ていうかなんで真っ先に映るのがジャムルフィンなんだ。

・ザク3改とパワードジムカーディガンがアクシズ内部に突っ込んでくシーン、バーザムいやがるのについ注目する。

・あとリゼルの奥にいるの、リグ・シャッコー近衛師団機であってるよねこの盾とメタルウィップ?なんでリゼルとかジェスタとかビルゴとかのメジャー量産機の中に混じってこんなマイナー機が。ていうかしょっぱなからまたVガン枠とはやりよる。

・相変わらず神出鬼没の不審者ラルさん。でも今回は部のコーチなので堂々と学校にいられるな。

・それにしても広瀬正志氏の病気が気になる。ラルさんの声も代役になるらしいが、避けられないとはいえそれでは単なるバッタモンではないか。ランバ・ラルそっくりの見た目で声も本物だから面白いキャラなのに。

・やけにこのドム格闘戦得意だな?と思ったら中身はゴッドガンダムでしたというギミック、ガンプラという特性を最大限に生かしてて実にいい。
本物の機械としてのMSだとせいぜいナドレやアストレイレッドフレームマーズジャケットみたいなガワ換装くらいしかできんし。

・ストーリーは前作キャラの扱いがやっぱり気になる所。出し過ぎるとgdgdになるしなぁこういうの。
でもレイジ再登場は期待してます。
トライからの新キャラについては、まあ1期がああだったし現段階ではあんまり言えることないけどまったく心配していません。

「機動戦士ガンダム ジョニー・ライデンの帰還 9」Ark-performance

ちょうどMGゲルググVer2.0作った矢先だったので、背面から描かれるゲルググのスラスター噴射光が「そうそうまさにここにスラスターがあるんだよゲルググってさ!」という感じでそれだけでももうこの作者分かってる、感あって面白いですわ。

登場キャラが争うギミックがアスタロスっていうのもほんとうまい。
どうしても外伝作品は気が付くと本編より技術や規模で上回るものを出しちゃうことになりがちな弊害をうまく避けつつ、きちんと「いやこれは確かに争奪戦する価値あるわ、乱用されるとヤバいわ」という印象も成立させてる。

あとゴップ、確かに前巻までの描写見ると「あれ?こいつ普通に養父としてもちゃんと仕事してるんじゃね?」って感じではあったけど、ジョニ子のあの別にウソをついたり見栄を張ったりしなければならない理由が何もないタイミングでの「養父はいい人だが」という台詞を見ると、ホントにいい養父殿っぽい。

ところで本編は相変わらずクソ面白いのに、この「美少女ジョニー・ライデン専用ガンダムで出撃」ってセンスなさすぎるだろ帯……
前も本編で丁重に隠していたのに平然と「ヤザン出撃!」とかしれっと書いちゃって台無し極まると思ってたけどダムAの編集何やってんだよ……

「中央公論 2014年10月号」

細野豪志の民主党改革論は面白かった。「民主党のアキレス腱は安全保障政策」というのはもう仮にそこを認識してもらえなかったらどうしようもない、というレベルの話として、「鳩山政権において米国かアジアかの二者択一を迫ったかのような印象を国際社会にも国民にも与えたことは深刻な反省が必要」というのは民主党が立ち直るために何が必要かをきちんと把握している。
「フォロワーシップの確立、党内ガバナンスの確保が必要、これがなかったのが先の政権の失態の原因だった」も同じくそれは分かってもらわないとこの先どうしようもない、ということだがその通り。
ただこれについてはなかなかどう解決するかは難しいように思う。
単純に日本的フォロワーシップを目指すことが正解とは思えない(民主党はそういう日本的・自民党的な妥協ベースのフォロワーシップを嫌って生まれた政党)し、また実際に民主党の議員はそれを望まないだろう。

その点期待はずれだったのはマイケル・グリーン。
「安倍政権の集団的自衛権解禁が批判を集めたが、むしろ安倍政権の意思決定過程はきわめて透明性は高い」という擁護をしているが、透明性のなさを批判する議論を見かけた記憶が無い。
どうして解禁しなくてはならないのかの説明が足りない、っていう批判ではなかったか。

Solar wind こころの帆に受けて今 旅立ちの時

・倉山満の新刊を読んでたけど、本人は従来のネトウヨとは一線を画しているつもりらしいけど「ノモンハンは日ソ両方の大敗というのが正しい。スターリンはその後日本軍を非常に怖れるようになっている。機械化部隊に日本軍惨敗という司馬・半藤史観はもう通用しない」とか、反論に使うのは小林よしのり以来の酷使へのテンプレだけで済むあたり結局目新しさはなんもないという。
ていうかその「司馬・半藤史観はもう通用しない」と言われて10年以上経過してるけどいっこうにその史観が通用しなくなった感ないんすけど、自由主義史観系の学者の皆さんは何をなさってるんですかね。
でも信者はすごい。尼レビューとか見てると2012年か2013年のこいつの本でコミンテルン陰謀説を初めて知ったみたいな感想書いてる奴とか、「日中戦争は一貫した侵略のための戦略がなかったことが問題だったという逆転の発想を強いられる本」という感想とか。しかも内容にツッコミを入れる星1つのレビューに「こいつコミンテルンの工作員じゃねえの」というコメントつけてるし。
AT教団さんと会った時、この手のこみん☆てるん陰謀説に「あの人らもうコミンテルンはとっくに解散してることも知らないんじゃないの」ってネタにしてたらまさか本当に知らなかったとは。


・北斗の拳イチゴ味、ターバンのガキの新種でボーガンのガキ出てるゥ?!
いやほんとにあのサウザーの「この世界はターバンのガキに支配されている」という妄想も実は本当なんじゃという気がしてくるなこれ。


・プレバンからラウズカードアーカイブス到着。
追加カードのキック(スペード2)、サンダー(スペード6)、マッハ(スペード9)、光の当たる角度で番組内でライトニングソニック発動時の描かれているアンデッドのイラストが動くのを再現してるとかバンダイ驚異の技術力にもほどがある。
あとカテゴリーエース4枚もすごい。同じく光の当たる角度でイラスト変わるんだけど、通常のエースのイラストとブランクの内容に変わるというどういう技術だよこれすげーよ。
ちゃんと文字も「CHANGE Beetle」からブランクに変わってるし。
カードホルダーもありがたい。
ただやっぱりブランクは使い道に困るなあ……