FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

OVA版「リーンの翼」1・2話

・状況推移が唐突過ぎて大混乱だけど、「父親にやっと認知してもらえて」とか、とりあえずエイサップが複雑な家庭環境で育ったことはすぐ分かる。
こういうとこは禿のうまいとこなんだよなあ。逆シャアの冒頭で
「なんでこんなものを地球に落とす!これでは寒くなって人が住めなくなる!」
「私、シャア・アズナブルが粛清すると宣言した!」
「エゴだよ、それは!」
というたったこれだけのやりとりで、シャアは一体何をしようとしていて、アムロはそれをどう思っているのか明確に示しちゃったセンスは健在。

・ただ話はわけわからなすぎでしょこれ。エイサップがリュクスに気を許すまでが異様に早くて意味わからん。
よく会話になってない会話とネタにされる
「ナナジンと名づけたか!七福神の!」

「そうでもあるがぁぁぁぁっ!」
もあれだけと、
「エイサップ、私の脚に靴があるんだよ?ならエイサップは私なんだ」
のほうが意味不明な台詞としてインパクト強い。ブレンパワード思い出す。
でも今回に関してはこういう類の会話をよく演出してきた禿の作品にしても、いつにもまして会話になってなさすぎ意味不明すぎでちとついていけないものあるな。

・OVAなのにF-35のっぺりしすぎじゃないですかね。ファフナーTV版最終話の恐ろしく作画が手抜きされてる新国連軍水上艦艇思い出した。

・まあそれはただの瑣末なことなんで(モブメカ作画が手抜きな分メインのロボ作画はちゃんとしっかりしてるんで何も問題ない)さておき、メカ描写いいなこれ。
すっげえガニ股で生物的に歩いてくるオーラバトラー、いい。「亡国のアキト」のアレクサンダの、機械が無理やり生物を模した異様な気色悪さとはまた別質の異様な気色悪さがあって面白い。なんとなく上半身と下半身で本来別の生き物をくっつけちゃってるように見えるキメラ感も好き。
ころんと産み落とされるかのように落っこちた後飛び始めるAB発艦シーンも実に個性的。この作品におけるオーラバトラーの生物的イメージにもマッチしてるし。
スポンサーサイト