「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「魔術士オーフェンはぐれ旅 女神未来」

まあ俺はオーフェンという作品には大変な思い入れがあって(具体的に言うとどんな創作を見てもオーフェンと比べてどうかという基準でしか見られないくらい)色々思うことは当然あるんですが、さしあたっていくつか。

・ラッツベインの「最善の選択しか思いつけないキチガイ」という気質について。
確かに言われてみるとそうなんですよね。「約束」冒頭でマヨールを襲撃したエッジを止めるシーン、あの時ラッツがエッジを止めようと思ったら口で言って聞く相手でもないしあの時のラッツにあの距離を擬似転移や重力中和で詰められるはずないから結局熱衝撃波でぶっ飛ばすしかない。
「開戦」のシマス戦なんかマジでコンディションも自分たちの技量も無視してあの時取りうるべき最善の手を取ろうとして本当に取っちゃった。
(おかげでシスタに「おかげで助かりました」と言ってそのシスタが「わたしのおかげ?」と問い返すという変なやりとりに)

・魔術の制御が行き着く果ての果てについて。
言われてみると「魔術とは術者の理想で世界を書き換えること」と無謀編・はぐれ旅を通じてしつこいくらい何度も何度も書かれてきた設定なので、それが成長していくと「やがて術者の制御を離れて勝手に制御されるようになり、術者の無意識の願望も叶えるようになる」というのは後付け設定のわりにすんなり納得できる。
いや、そもそもこれが秋田の中で後付け設定なのかどうかも怪しい気がしますが。

・ベイジットについて。
マヨールは今までの態度を彼女に詫びたりとかそういう特別優しい言葉をかけたわけではなく、ただ単に彼女の今後の希望を尋ねただけなのですが、そのベイジットはそれを聞いて
「兄ちゃんがあたしにどうしたいか聞くなんて思わなかった」
と言って泣き出してる。
一体あの家はこいつにどんな仕打ちしてたんだよ……このシーン、ガチでドン引きだよ、ティッシとフォルテに。

・クレイリーについて。
数少ない、2部以降のキャラの中で本気でオーフェンを支えてくれている人だと思っていたので裏切りは残念な思いを隠せないけど、といって処刑台まであなたと付き合いますよと言われてもそのほうが気持ち悪いなという思いもあり複雑。
しかし人を喰ったようなやつだからマンイーターだとみんな思ってたのにまさか物理的な意味でのマンイーターだったとは……
スポンサーサイト

GJ部◎

ネットではこの作品の最終話を見られない、終わったと信じたくない人々のことを「走りだせないGJ部部員」と呼ぶらしいですが、まあ俺も見事にそんな人の仲間なわけです。

というわけでとても楽しみにしてました。

が、あんまりにもNYに行った意味なさすぎなのと先に原作の「ロスタイム」で普通にキョロと週替りデートを楽しむ部長の姿を見ていたので、ここまで頑なな態度をなかなか崩そうとしない部長が違和感あってあまり楽しめませんでした。

ただ、だからこの作品がもうどうでもよくなったとか愛想が尽きたとか、そういうネガティブな意味ではなく、この「◎」を見てようやく俺もGJ部が完結したことを受け入れられるようになりました。
ああ、この高校3年生の部長や紫音さんがいるGJ部は本当にこうやって終わったんだなあ、って。
あのプールでみんなで手をつなぎながら浮かぶシーン、単純に水に濡れたヒロインたちがエロいというのももちろんありますが、それだけじゃなくてあーこいつらホントにみんな友達なんだなー、卒業してもそれで終わりじゃないんだなあってしみじみ実感できた。
何しろ「もう一度最初に戻ったとして」も、「やっぱり今が良い」んだもん。「広がれパワー」名曲。

正直終わったことは今でも寂しいけど、こうやってきちんと終わらず、特に変わりなくその後もそれまでの日常がずっと続くけど、とりあえず放送上は最終回をやらなけりゃならないからというだけの「なんとなく体裁をそれっぽくしただけの最終回」で終わる作品だったらこんなに愛せなかったと思うので、これで良かったんだろうな。

とりあえず今はようやく聞けるようになった「走りだそう!」をリピートで聞いてます。今頃言うのもなんだけど、これも名曲だよな。

政治?の話

・厚木基地の夜間飛行差し止め判決、そもそも最初から厚木は2200~0600の飛行は緊急時以外自主規制してるのにそこに向かって「2200~0600の間は緊急時以外飛行禁止」って判決下すの、一体何の意味があるんだろう。
でも一番笑えるのは「同じ騒音でも、どうして自衛隊機は差し止められるのに米軍機は差し止められないのか理解できない」とか息巻いてる弁護団。
なんで日本政府に米軍機の差し止め命じようとさせてんだよ。ソニーにXBOXのクレームつけるのと一緒じゃねえか。
しかもこれ基地の騒音公害で国と裁判してる弁護士、みんな同じ意見みたいで。嘉手納で32年裁判やってる池宮城紀夫という弁護士も同じこと言ってたけど、人生の無駄遣いという表現がこれほどぴったりな人間いないと思う。
これが「日米地位協定を改定して、米軍に日本の国内法を『尊重』させるのではなく『適用』させて(=航空法の適用除外規定などの特例廃止)自衛隊と同じ法的扱いになるようにすべき」って要求するならまだ分かる(現在の日米同盟の構造を鑑みると地位協定の対等化要求を正当化できるものが何もないことはさておいて)んだけど、日本政府に向かって米軍機の飛行差し止めを要求しても国家安全保障との兼ね合いがどうとかの問題以前にそんなの筋違いとしか言い様がないじゃん。却下されるに決まってるというか却下する以外物理的に判決下しようがない。


・タモガミの新刊パラ見してきたけど、「政府機関の情報公開ランキングなんてちゃんちゃらおかしい。外務省や防衛省は最下位を競うべきだ」とか言っててクッソワロタ。
タモ神の理想はソ連的秘密主義国家なんかい。


・民主党の議員が憲法9条にノーベル平和賞を、とかいう活動始めたらしいけど、その一方でガッチガチの日米安保マフィアな長島昭久氏みたいな人もいるんであの党はよくわからん。
今度こそ民主党が一人前の政党として出直すためにはそのへんの極端な党内不一致を是正して、一定の政治的凝集性を確保するのが先決だと思う……んだけど、非拘束名簿式比例代表制みたいなむしろ政治的凝集性を阻害する政治制度のもとだとそれも難しい。
それを言ったら先の民主党政権の失敗の最大の要因だった、野党の政治的ガバナンス能力の未熟さだって、要するに資金と候補者数で優位に立つ政党=自民党が強い中選挙区制という政治制度を長く続けた結果野党議員が政治的経験を積む余地がどこにもなくなったのが(それだけではないにせよ)大きな原因だけど。


・安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(安保法制懇)が「最初から集団的自衛権解禁論者だけ揃えて、安倍ちゃんの意に沿う恣意的な結論を引き出すための人選」とか言われてるけど、まあ実際メンツを見ると北岡伸一氏とか田中明彦氏とか佐瀬昌盛氏とかがずらっと並んでるわけでして、確かにそのとおりではある。
ただそれが悪いのかというと微妙で、この期に及んで浅井基文とか前田哲男とか水島朝穂とか、あのへんのドリームランドの住人連中なんか呼んで首相の懇親会で「日米安保か、憲法9条か」みたいなバカみたいな議論をされるほうがよっぽど無意味で無駄だし。


・軍事研究で米QDR2014の解説あったんで買ってきたんだけど、ぱらぱらめくってたら洗堯の「自虐史観によって戦後日本の国民は洗脳されて~」「反日教育が~」のクソみたいな、というかクソそのもののウヨ演説載ってやんの。
頼むからそんな話はSAPIOとかそのへんでやってくんないかな。
軍研ってこういうの時々載るのはほんとなんとかしてほしい。
タモガミとかヒゲの隊長もそうだけど、メディアに出てくる制服組OBってこういうの多いよなあ。
こんな連中でも高級将校が務まる自衛隊って本当に大丈夫なのかわりとちょくちょく不安になる。

あの夢想家の書いたコラムが大学のゼミで真面目な参考資料として出てきた時の絶望感

尼で防衛法の資料でも探そうと思って検索したらジャーナリスト作家の斉藤貴男大先生の本とか出てきてすんごい邪魔なんですけど。
まあ本の題名読むだけで内容をすべて想像できるというのは稀有な才能と呼べなくもないけど。

しかしほんとあの連中は危機感ってものないのかなあ。
中曽根大勲位の時代からぐんくつの響きに警告鳴らし続けてるじゃん。それも一字一句違わぬ文句のままで。
戦争ってのは相手があってやることなのであって自分がやりたくないと言えばそれだけでやらずに済む性質のものじゃないということをいつになったら理解できるのか。
いや、それが理解できないのはもうしょうがないとしても、すでに昔からの反軍反戦非戦アピールだけでは有権者に対する訴求力はもうほぼ皆無ってことくらいは理解してもよさそうなもんだけど。

閑話休題。
魔法科学校の劣等生が2chアニメ板で本スレがアンチスレに抜かされるとかいう事態が起きて爆笑。
しかもまだ1クールの半分過ぎたくらいなのに。
まあ実際それくらい本当にどうしようもない作品だから当然だけど。「こういう作劇したら鼻につくよ」という要素をあれほどフルコンプしてしまっている作品見たことないよ。

微笑みと不安と 優しさと言い訳と

・OO2期で一度終わってた無印1/100がここで復活。
それも第一弾が対になるHi-νばかり出てさっぱり商品化されなかったナイチンゲール!
同時発表もGP04GガーベラにガンダムMk-3と今後に期待がもてそうなラインナップが揃ってますよ。
ガーベラは媒体によって通常のビームライフルだったりロングライフルだったり、あとどっかでビームマシンガン持ってたこともあった記憶があったりと持ってる武器バラバラなんですが、何かついで出てくるんだろ。
しかしMGもターンX出るし、プレバンでMGのSガンBst出るしでバンダイどうした。

このまま商業化に恵まれてない外伝機体・MSV機体とかもガンガン出してほしいところだが。


・デスクトップを模様替えしようと思ってしまってあったおもちゃ箱(プラモの空き箱再利用)をひっくり返したんですが、違うブランドの同じ機体が出るわ出るわ。
ストフリがMGとRGとコズミックリージョンで3つ、ウイングゼロEWがEMIAとロボ魂で2つ、ターンXが旧1/144とロボ魂で2つ、ユニコーンがGFF版フルアーマーにMGアニメ版HDカラーにHGUCチタニウムで3つ、アヴァランチエクシアがHGに1/100にロボ魂で3つ、ストライクがMGソード・ランチャーセット、スウェン用IWSP、ルカス用IWSP、リマスターVer、RG×2、ロボ魂×2で8つとなんで俺こんなにあるんだよと自分でも疑問に思うくらい出てくる。
特にユニコーンがこんなにあるのはそれほど気に入ってるわけでもないだけに自分でもびっくり。いやそれ言ったらシナンジュなんて気が付いたらMGとHGUCで両方チタニウムフィニッシュ持ってるけど……
こういうことやってるからいつもお金に困ってるのね、俺。

そして箱の中で部品がぼろぼろ外れてるし。アルトアイゼン・リーゼのコクピットハッチ(であろう部分)とかソードインパルスの額のV字アンテナ留め(という表現でいいのか自信ないけど)が無くなってたり、ライールフレームがバラバラに四散してたり。

今度はワサワサっ

続いてドラゴンボールの話。

・よくブウ編の悟空が「地球のみんながブウに殺されてもドラゴンボールで生き返るから」と言ってるのが槍玉に上がるけど、これ悟空だけじゃなくて他のキャラも同じようなこと言ってるんだよな。
セル編ラスト、自爆した後復活して戻ってきたセルが不意打ちでトランクス殺して、それに逆上して襲いかかったベジータが返り討ちにされかけたのを悟飯が庇って負傷した時のクリリンの台詞。
「ベジータの馬鹿野郎、トランクスならドラゴンボールで生き返ったのに」
いや息子殺された父親に向かって言う台詞じゃねー。


・ブウ編冒頭でブルマの家を訪れた悟飯がベジータと会って
「あ、こんにちはベジータさん」
「ああ……」
ってベジータが挨拶されて返事してるの今見るとビビる。
このシーンでブルマからベジータも働かないと文句言われてるけど、まあブルマの家は世界一の大金持ちなのでベジータが働かなくても問題ないし、だいたいあのベジータが社会に出て人の下について働くとかどう考えても不可能だからそれでいいか。

・家庭人としての悟空には文句の多かったチチがセル編で悟空死んだと聞かされて崩れ落ちて涙を流していたり、ブウ編で一日だけ戻ってくると聞いて「エステにでも行っておけば良かった」と喜んでるの、ちょっとびっくり。
まあ不満があればダンナは死んでも悲しくないということにはならんってことなんだろうけど。そんなことになったら世の中の夫婦の過半数は配偶者なんか死んでしまえと思ってそうだし。

夢、希望、溢れて 私のすべてを飲み込んだ

・「ブリーチって修行して強くなってもすぐ敵がそれより強くなっちゃうからまた修行するけどそうするとまた敵はすぐ強いのが出てきて、の繰り返しで修行しすぎだよなー」と思ってたんだけどドラゴンボール読み直したらブリーチに負けないくらい修行しすぎだった。

・マスターファイルVF-22、ホントに出るのかなあ。ザブングルのマスターファイルのほうが先に出たりしそうだ。

・「女神未来(下)」に備えてオーフェン4部の既刊を読み返してるけど、戦術騎士団ってびっくりするくらい思惑バラバラだなあ。
微妙にお互いがお互い見下し合ってるようなとこあるし。
しかしマジで生ける屍状態なマジク悲惨すぎてこいつに(死ぬ以外の)救いはないのか、といつも思ってるけど、オーフェンも悲惨だよなあ。
20歳過ぎた娘が休みの日を見たことないっていうのも凄いけど、それだけ必死に働いてても社会的な信用皆無で汚職とかやりまくってるはずと思われてるとか、スウェーデンボリー魔術学校の生徒でさえオーフェンが騎士団売って1人だけ逃げたとかいう噂信じてるとか。
戦術騎士団の魔術戦士でさえオーフェンの殺人技能はアテにしてるけど上司としてのまっとうな信頼はないし。
一番悲惨なのはその信頼のなさがオーフェンの前科から考えて当然としか言えないし当の本人もそう思ってること。
最終巻で死ななきゃいいけどなあ……

・https://twitter.com/kuramoti696/status/465363349002125312
……別にラノベ主人公に限った話じゃない気がするんだけど、これ。
「ラノベにまともな政治情勢が描けるはずないし軽視するだけでいい」とかも見たけど、なんかラノベ以外の創作ならまともな政治情勢描いてると言ってるように聞こえてものっそい違和感ある。
漫画もアニメもドラマも邦画も洋画もまともな政治情勢描いてる作品なんて圧倒的に少数だし、その比率がラノベだけおかしいとも思えないというか。
まあそもそもネットのラノベdisなんてほぼすべてそういう実態に基づかないシャドウボクシングだと思ってますが。

政府、NSC議事録を不開示 「国の安全が害される」

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/86992

政府が昨年12月~今年3月に開かれた国家安全保障会議(NSC)の議事録を不開示とする決定をしたことが8日、情報公開法に基づく開示文書で分かった。理由は「わが国の安全保障上の関心事項、情報収集能力が推察され、国の安全が害される恐れがある」などとした。

 政府はこれまでも特定秘密保護法に関する有識者会議の議事録を大幅に圧縮して公開するなど情報公開に慎重な姿勢を示しており、安倍政権の消極姿勢を印象付ける格好となった。

 不開示決定は5月1日付。理由としてほかに「他国や国際機関との信頼関係が損なわれる恐れ、交渉上不利益を被る恐れがある」と説明した。


中国の軍拡に対して「非公開の不透明な部分が多すぎて問題である、もっと積極的に公開しろ」と求めている国のやることなのかどうか甚だ疑問である。
集団的自衛権解禁への動きを見ていても、どうも安倍政権は有権者からの認知・理解・支持を得るということを軽視しているようにしか見えない。国民から理解も支持もされない防衛行政など張子の虎でしかないと思うのだが。
まして集団的自衛権を解禁すれば実質的に自衛隊の任務拡大となり自衛官の殉職という事態も当然起きうるわけで、その時国民からきちんとそれを受け止めて支持してもらうためには政治的正統性の筋を通して、充分に国民に周知されることが必須なのではないか。
防衛行政を直接動かす政務三役・首相・防衛官僚だけが理解していればいいというものではないだろう。

ただでさえ戦後日本の防衛行政は後から見て政治的な正統性が問われるような形で出発したことが現代に至るまで尾を引いているのに。

scary……Fantasy……all is fantasy……

・魂の夏コレ、今回は個人的にはそんなにおおっと思う目玉商品ないかな。
レイズナーMk2よりザカール待ってる人です。R3といい魂SPECといい頼むからレイズナーと強化型レイズナーだけ出して商品展開終わるパターンやめて。
ブルーディスティニー1号機のロボ魂化は嬉しくないとは言わないけどBDシリーズはすでにHGUCで出来のいいやつ出てるしなあ。
テスタメントガンダム一般販売って聞いた時とかは心の底から「まっじで?」だったけど。
絶対余るだろと思ってたのに結構売れたっぽいのがまたびっくり。

ところでエルドラソウルとフルバーニアンどうなったんだロボ魂。

・バンダイじゃないから今回のイベントには関係ないけど、ブキヤのエグゼクスバインも続報ないなあ。
T-LINKスライダーどうなるのかとかブラックホールバスターキャノンちゃんとつくのかとかいろいろ気になるんだけど。
あとACVIもそろそろ新作出してよ具体的にはブラックグリント(正式名称N-WGIX/vのあれ)。ハングドマンは限定だけどすでにスパ超で出てるんだよ……

1人じゃない 僕ら繋がってるから 未来へと踏み出したくなったんだ

・ばーちゃんが入院して退屈なのでなんか本でも持ってきてくれというリクエストを受けたのですが、生憎と俺の蔵書はあまりパンピーが読んで楽しい本がないのでとっても困っちゃう!
結局長谷川町子の自伝漫画(「サザエさんうちあけ話」)とよつばと持って行きました。

・ディスプレイしてるVF-0Aゴーストブースターの脚部コンフォーマルタンクを落っことして領域離脱させてしまったまま復帰しない……
メーカー潰れたくさいんでパーツ取り寄せもできないし……超カッコいいのになあこれ……

・ゼータプラスのHGUC化ということで嬉しいんだけどどこまでバリエーション出すのかな。
さすがにアムロ専用A1くらいは出すと思うけどC1やC1Bstまで行くかなあ。

・パンプキン・シザーズって設定解説が長いとか話が小難しくなりすぎとか言われてるけど、世界観や設定考証の掘り下げやらずに「なんでこの世界の戦車は車載機関銃ないの?」とかそのへんの疑問をスルーしてただ伍長と少尉が無双するだけのアクション漫画のままだったら間違いなくこんなに熱心なファンつかなかっただろうなあ。
西部編のほうが面白かった、東部篇難しいし暗いしで惰性で読んでたと言われやすいけどコアな信者をゲットしたのは間違いなく東部篇やったからなオーフェンに似てる。

「ローゼンメイデン 10」PEACT-PIT

・色々編集の都合に振り回されて一時はどうなるかと思いましたが無事完結。
おかげで人気は萎んだ感が否めないですが、「銀ちゃんのおっぱい!おっぱい」「真紅不人気wwwww」という層がいなくなってくれたのが嬉しいのでまあいいか。

・もう一度ヒナのジュン上り見られて本当に良かった。

・ちゃんとジュン立ち直れたのも本当に良かった。「二人分の弁当は作りがいがあっていいわあ」って姉ちゃん嬉しそうで良かった……

第三次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その3

無事クリア。
ジン君生存ルート入れました。

・ミケーネ神の皆さん、IM上の扱いは超大物なのに普通に弱い。
あのステータスで2回行動されてももう一回余分に反撃できるだけじゃないか。
逆にEVOLのホモが強かった。まさか全能力半減のバステ持ちとは。

・今回、射撃or格闘値400到達が4人くらい誕生したけどどうなってんだろ。俺が極端に偏った運用したのかな。

・社長は再世篇の時かなり空気だったけど今回シナリオでも目立ちまくったしゲーム的にも使いやすいP属性ALL武器持ちで大活躍してもらいました。クリア時の撃墜数300機超えでダントツのトップエース。

・今回の逆シャアすごい良かった。
今までさんざん言われてきた「ガンバスターや真ゲいるならアクシズくらい余裕で爆砕できるだろwwwww」というツッコミに対して壊してはいけない理由付けがあったし。
シャアvsフロンタルも胸熱。所詮フロンタルは偽物でした。

・フロンタル「行け、アクシズ!忌まわしき記憶とともに!」
声つきでしたがすっげー偽物くさくて面白かった。

・D以上のきれいなシャア爆誕で良かったけどハマーンいい面の皮だよなこれ。

・EVOLのホモは結局不動を受け入れられずに逃げていったけどどうすんだろ。

・しかしギアスは完全に原作消化して、Z3に継続参戦しても何すんの?と思ってたのにまさかこんなにシナリオで目立つとは。天獄編でも出番あるみたいだし。
ピンクロットのトドメカットインや蜃気楼のゼロビームのオサレタイピングカットインとか嬉しかったし。
それだけに新規台詞なしが寂しい。

・多元宇宙迷宮、蓮葉な口調でルルを「兄貴」と呼ぶナナリー吹いた。
でも「兄貴は自由に生きていいんだよ」ってそれ間違いなくルルが一番欲しいものだよなあ。再世篇でもバサラ見てお前みたいに自由に生きたかったと言ってたけど、ルルの人生っていつも理不尽を強いてくる状況に対するカウンターとしてリアクションを取るというパターンで、自分の自由意志がほとんどない人生だったし。

・アムロやカミーユが見たのが原作のシャアとわかりあえないままアクシズとともに行方不明になる展開だったりシロッコに精神崩壊させられる展開というのが面白い。
特に今回ちゃんとシャアとわかりあえた展開の後に来るのがポイント。

・しかしクロスオーバーやIF展開はすごく気合入ってたけど、オリがイマイチどころかイマニイマサンくらい。
成長型主人公にも厨二病主人公にもなりきれない半端な主人公のまま終わったヒビキといい、さんざん舐めプとせこい陰謀しておきながら誇りがどうのと言い出すアンナロッタ&ガドライトといい……
特にガドライトは結局フタ開けたら単なる逆恨みと八つ当たりでわめきちらすだけのクズだったし。

・天獄編はどうするんだろうな、特にエヴァ。
正直Qはいらない。
トップ2はちゃんと来るかなあ。ここで来ないと1との共演なんてなかなかできないぞ。

乾きに耐えられずに ひび割れてる大地はあなたの心と同じね

・フロム・ソフトウェアが角川に吸収されたわけでレイヴン・リンクス・ミグラントの間に動揺が走っている今日このごろです。
個人的にはどう影響してくるのかまったく分からんので今の段階じゃなんとも言えない。
ACVIのペースダウンはなんとかして欲しいけど……

・南瓜鋏、ついにあのクソむかつく覆面ヒャッハー共に我らがヒロインによる天誅が下る日が来た!よおし伍長存分にやれ!
……と思ってページをめくったんですが、読み終わると「さすがにあそこまで残虐な殺し方しなくてもよかったんじゃあ……」という気になってしまう。
自決も許さないまま装甲車ごと蒸し焼きにされて「外に出て涼むかー」とか完全に壊れちゃってるじゃないか……

・休日なのでカラオケ行ってきました。
ついにエルドラVのテーマソング「虹の彼方」が入ってましたが、いつまで経ってもブラスターブレードvsブラスターエビルの「マスカレード」が入らない。
あと「All I need is love」もずっと待ってるのに入らない。
「Beyond the bound」はまあ収録されても誰も歌えなさそうだから……あーでもやっぱり欲しいかも。

・アイマス系フィギュアってなんで私服Verが少ないんだろう?
個人的にあんまりアイドル衣装Verは好きじゃないんですよね。私服もそのキャラの個性だと思うので、アイドル服だとみんな同じ服装だからおもしろみがなくて……
似たような理由でアイマスキャラに限らず水着フィギュアも好きじゃない。
しぶりんの制服Verすっげー欲しいんだけどなあ。あの黒い上着にネクタイ締めたかっちりした感じがすごくあの子らしくて好き……って原作のゲームやってない奴が言うのもなんですが。
でも俺、携帯をパケホーダイにしてないこともあってモバゲーやるのハードル高いんだよなー……
CDとかコミカライズとか同人とかガンガン買い込んでいってるのに肝心の原作やらないままっていうのもどうなんだ。

第三次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 その2

・ベヘモス戦で大活躍したのがまさかの広報2課。
こういうクロスオーバー嬉しいですね。
クリア後にソースケが赤木に礼を言うんだけど、「赤木さん、ありがとうございました」ってやけに丁寧な呼び方してて吹いてしまう。

・A21が黒の騎士団の下部組織っていうの面白いなあ。
でもアシバースト=黒の騎士団という認識になってるのはやはり笑う。いや、原作でもフジバースト食らわされた藤堂さんが「しまった、ルルーシュの得意技か!」とか言ってたけどさ。

・ダナンでのビンゴ大会、1位の商品聞いてテンション上がる奴がシン・バナージ・タケルって明らかに人選おかしいだろ……
あの商品で興奮するような奴か?特にタケル。

・クロスオーバーは積極的ですが、戦闘アニメは全体的に残念。フルメタとEWの妙なあっさり具合がよく話題になるけど、既存参戦組もなぜかピンク色のビームになった蜃気楼のゼロビームとか、フライホイール始動→ノッパ本体に接続→ロッド部分スライドという流れが物凄いテンポ悪いダイガードのグレートノッパとかこれだったらZ2の使い回しで良かったとしか……
個人的に紅蓮に縦回転キック採用してもらえないままなのと、アルビオンのスザクキックでエナジーウイング開いたまま蹴るミスが治ってないのが不満。
全体的にメリハリがなくてものすごいダラダラ動いてるのが多い(特にフルメタ・EW系)上に機体ごとの固有のギミックを活かしたアクションも少なくなってる(個人的にこれで今でも凄いと思ってるのがサルファのVF-1のガンポッド)ので見てて非常に退屈。

・あとフルウェポンコンビネーション→全武装一斉攻撃とか、ドラグーンフルバースト→一斉射撃とかやけにセンスのない日本語訳化した武器名もなんかすごく残念。

・主人公のヒビキもなんというか嫌いではないけど好きにもなれない。
「一見中二病的スカしたカッコつけだけど実は結構泥臭い」というキャラ付けなんだけど、スタイリッシュでカッコイイと呼ぶにはパイロット能力が低かったり内心は感情的にも弱かったりで泥臭い成長型主人公タイプなんだけど、泥臭くて良いと言うには戦闘台詞で変な横文字叫んだりスカしたビジュアルや表面的言動だったりで親近感持てるほどでもなく。
どっちつかずでいまいち。さすがにミストさんよりかはマシだけど、逆に言うと「ミストさんよりはマシ」という擁護しか出来ない。