「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「ドラゴンクエスト4」久美沙織

ドラクエブームが俺の中で起きている関係で何度か立ち読みしたことはあるけど買ってはいなかったものを購入。

Vノベライズでも思ったけど情景描写が綺麗ですよね、この作者は。詩的表現もうまい。

中身について言えばアリーナのボクっ子キャラ化はちょっと好みが別れそうな点。個人的には好きですが嫌いな人がいてもしょうがないかなというところ。ライアンとマーニャの関係も以下同文。

というかVノベライズに比べるとゲームの出来事をうまくノベルに落とし込めてない感じ。「ルカニで守備力を下げる敵が出てくる」というゲームそのままの表現が使われていたりするし。

個人的には3章の「です、ます」調の童話風仕立てが面白かったですね。4コマ劇場とかで役立たずのデブという印象を植え付けられがちなトルネコを「呑気でどこか頼りないが義理堅く人情に厚い、親切で誰からも好かれる好人物」というキャラとしてきっちり描けてた。


余談ですが「はたらく魔王さま!」の和ヶ原聡司が作品の執筆にあたってこの作品の影響を受けた、と述べていて妙なタイミングで読んだなと思ったり。
スポンサーサイト

異国迷路のクロワーゼ

記事検索したらまとまった単独記事での感想がなかったので急遽追加。

基本的には日常系まったりアニメですが、日常系は日常系でもパリの日常なのが面白いところ。
女好きだけど気のいいオスカー爺さんと、偏屈で気難しいいかにも職人気質だけど決して根は悪くない、むしろいいやつなクロードと湯音の交流を見るのが個人的な楽しみ方でしょうか。
あと最大の楽しみは「空気を楽しむ」。特にOPのパリの雑踏を描く映像、すごい人間の生活感あって好きです。

1クールとはいえ原作2巻しかストックないのにアニメにしたわりには無理の無い内容だったと思います。
オリジナル回や特典のピクチャードラマも妙なキャラ崩壊遊びとかなくて好感が持てる。

ただ商業的には大苦戦したのがつくづく惜しいなあ。あと原作は早く続き描いてください。

ガンダムビルドファイターズ 第15話「戦士のかがやき」

・W本編よりウイングガンダム愛されてるだろこれ。

・「俺の作ったガンプラが… ウィングガンダムフェニーチェが… 一番強いんだと世界向かって叫ぶ為だ!
 だからもう少し付き合ってもらうぜ ――相棒!!」
熱い。

・上級プレイヤーには毎回あっさり機能を見切られて速攻で破壊されるアブゾーブシールド。

・ニルスのNINJA姿お披露目。でも彼にはガンプラ愛は足りないらしい。

・Cパートでは仲良くスタビルとフェニーチェの修理に励むセイとフェリーニの姿が。
ホビーバトルなので戦っても遺恨とかは基本的に発生しないからこういう爽やかな光景を拝めるのもいいところだと思う。
地味にここであれこれと修理に勤しむ姿も戦ってる時と同じくらい燃えた……っていうとちょっと違いますが、少なくともフェリーニのウイングガンダムへの愛は感じた。

・今回のVガン枠はザンネック。だからなんでVガンこんなに優遇されてんの。

・途中出てきたヤクト・ドーガっぽいものはなんだろう。クェス機をギラ・ドーガカラーにしたのかギラ・ドーガにヤクトの肩アーマーを付けたのか。

「お嬢様はご機嫌ナナメ」

体験版で七波お嬢様の無気力トークが妙に気に入って製品版を購入。
「まっじで?」とか「ひどくね?ひどくね?」とかしゃべり方が妙に面白い&カワイイ。

あいにく文系で経済とかはさっぱりなんで経済要素に対する指摘は他のレビュアーの方々に任すとして、確かに国が傾くか傾かないかというレベルで争っていたはずなのに気がついたらいち学校のゲームの争いになってるというスケールの収縮っぷりは気になった。

ただお嬢様である七波は貧乏生活もほとんど気にせずマイペースなのに、執事の元のほうが馴染めてないっていうのは新鮮なパターン。

しかし七波さん、元との関係以心伝心ってレベルじゃねーぞ!

政略結婚も元がこれ以上ひどい目に合わされるのは嫌って理由で引き受けちゃうし、貧乏生活に陥っても金満時代を懐かしんでワガママ言って元を困らせたりしないし、むしろ実は元が自分の食べる分を削ってまで七波に回している(結果痩せてる)ことにもちゃんと気づいてるし。
しかも元が違う女とくっついてるとしっかり嫉妬もするし。元が一緒に食事してくれないって理由で拗ねるとかカワイイ。無気力系のはずなのにヒロイン力はかなり高い感じが。

元は元でお気に入りの茶器を七波に割られて最初に考えたのが
「高価な陶器は堅いから割れて破片になったら怪我しやすい」
だし。
主従の絆堅すぎてちょっと他のヒロイン落としにかかる気になれねーよこれ。いや最初から七波お嬢様だけやるつもりではあったんですが。

強いて言えばショウエイ攻略するルート欲しかったかなーっていうくらい。
七波もある意味それなんですが、ああいう「気の置けない関係」がすごく個人的な萌えポイントなので。


メーカーは次の新作発表してて、FDはどうやら出ないようで。
ちょっともったいなかったなー。

wii版ドラゴンクエスト1・2・3 その4

今度は2。

・経験値に差がつくのが嫌でクイックセーブロードを駆使してひたすらムーンブルク王女を仲間にするまで逃げまくり。
結構たいへんでした。ラーの鏡のある毒の沼地を目指していたのに風の塔に着いたりしたし。

・昔やった時はサマルトリアの王子を仲間にするまではできたけどそれ以降ができなかった(王女を仲間に出来なかった)ことが多くて、ドラゴンの角以降をプレイするのがスゴイ新鮮だったなあ。
久々にやってもやっぱり感じる。

・船を手に入れてからは意外とボリューム少なく感じました。あっという間にロンダルキアへの洞窟まで行っちゃった。
攻略サイト見ながらで非常に効率のいい紋章集めができたっていうのもでかいですが。

・でもロンダルキアへの洞窟についてからそこを抜けるのに充分なレベリングが大変だった。
てか攻略サイト+クイックセーブロードを駆使して稲妻の剣とロトの鎧だけ先に回収したけどこれ自力で見つけるの不可能なんじゃねえか……?

・しかし悔しいので洞窟最上階、9連続分岐&間違ったら最初からやり直し!は自力で踏破したぜ。

・幼少時代のプレイでは洞窟踏破のためのレベリングで放り出したので初のロンダルキア散策。
……したはいいけどさっそくサマルがぬっころされてクイックセーブロード。我ながら卑怯くせえ。

・あとデビルロードのメガンテ喰らいました。まさかザコ敵が普通にメガンテ使うとは。

・幸いほとんど被害なかったけどブリザードこわっ!ルカナンとザラキしかしないってどんなルーチンだよ……

・ハーゴンのベホマに大苦戦。先にマホトーンかけるのね。

・シドー戦もかなりクイックセーブロードを繰り返しちゃいました。っていうかラスボスがベホマ使うのは反則でしょ、噂には聞いてたけどさ。
ぶっちゃけサマルがこの戦闘でやることないんだよなあ。スクルト使うくらいか。

・弱い弱いと言われるサマル、そんなに弱い感じはしなかったけど確かにいつも真っ先に死ぬのはサマルだったな、振り返ると。
てか最強呪文のベギラマがバグでバギと同威力っていうのが厳しい。

・ローレシア城地下のあくましんかんの稲妻の杖売却で資金繰りには全然困りませんでした。その都度復活の呪文記録して入力し直すのが面倒くさかっただけで。

・あ、途中一度復活の呪文が間違っててクイックセーブロードで済ませちゃったのも告白しておきます。

・クリア後に竜王のひ孫に会いに行ったけど「昔のことはともかくいい友達になれそう」とか言っててウケる。


真にDQ2を味わったとは言えない気はするけどロンダルキアの理不尽難易度はよくわかりましたまる。

戦姫絶唱シンフォギア

バトルヒロインものにあまり相性が良くないのであんまり期待していなかったんですが、案の定でした。

・キビキビ動けない。ピッと動いてピッと止まるっていう緩急がつけられなくてすごいだらだら動いてる。

・女の子なので大股踏ん張って力強いポーズで構えるっていうのができなくてなんとも腰の入ってない構えになりがち。

・特徴的ではあっても印象的ではない台詞回し。特に翼さんはともかく他のキャラは普段からああいうふうに喋っているとは感じられない。

あとはイチイバルや天羽々斬のデザイン上のディティールの薄さもすごい気になる。特に天羽々斬は大きくなってもディティールはそのままなのでますますのっぺりして見える。
それとイチイバルは脈絡ないモーフィング変形多用しすぎ。
このへんに比べれば百合臭がきつくて肌に合わないなんてのは些事。

離島防衛へ船舶業界と有事協定 機動展開構想の概要判明

http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014010501001030.html

 政府が策定した新たな防衛計画大綱のたたき台となった防衛省の内部文書「機動展開構想」の概要が5日、判明した。沖縄県の尖閣諸島を含む南西諸島地域の離島防衛を想定し、船舶業界と輸送協力の事前協定を結ぶ必要性を明記。有事の際は予備自衛官が民間船舶の全乗組員を務めることができるよう雇用を促す計画も盛り込まれた。南西諸島の有事に即応するため人的側面を強化する方向が明確になった。

 有事の際、民間船の乗組員は活用できない。予備自衛官を活用する必要があると判断したが、戦時体制を前提とした姿勢には批判も出そうだ。


東日本大震災で自前の輸送船は手一杯なので民間に頼ろうとしたらすでに民需でかつかつでとうてい自衛隊の需要を満たせる余地がなかった、ということへの反省か。
危険物輸送などの法律上の問題もあったし、それも含めて念入りに法律上の手続きをきちんと整えておいてもらいたい。

ただ海運業界は太平洋戦争のおかげで防衛協力に特に消極的な業界なので簡単にはいかないか。

ガンダムビルドファイターズ 第13話「バトルウェポン」

・順調にアイラちゃんデレてきてる。何あの笑顔。
ラルさんでなくてもかゆくなるわ!

・実はガンプラなんか興味ないのね、アイラ。確かにガンプラバトルしてる時はやる気なさそうな無表情で通してたけど。
今回ようやくレイジがファイターだと知ったけど(まあ今までやたらとガンプラバトル会場近辺でエンカウントしてたのを何も疑問に思わなかったのかとは思うけど)どう出る?

・地味にキララに手を振って挨拶して通っていくレイジと笑顔を向けているセイ。もう二人の中では遺恨と呼べるものはないらしい。いやキララもキララで何事もなかったかのように同じく笑顔を向けているのでこの女いい根性してると思わざるをえないがw

・スコタコっぽいカラーリングのザクフリッパー。

・キワモノを使っているわりに正統派のさわやかな気持ちいいタイ代表でした。

・ところでこれガンプラバトルアニメだったはずなのになんで野球になってんの。しかも次回レースっぽいし。

謹賀新年2014

あけましておめでとうございます。

なかなか更新頻度を上げられないおかげでヒット数も上がってこないという悪循環ですが、そんな中でも見ていただける皆様に改めて感謝の意を。

それでは本年もよろしくお願い致します。