「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「巡ル結魂者 2」秋田禎信

・表紙はテイカですが中身はハナちゃん回でした。

・まんまコミクロンと同じ単なるギャグキャラだと思ってたから婆ちゃんとの確執あれこれはかなり意外な掘り下げでした。
ベイジットもそうだけど普段こういうおちゃらけたしゃべり方で話す奴がいざという時きりっとした話し方になるとすごくグッと来る。

・てかハナちゃんは一人称「ハナちゃん」というすごいあざといしゃべり方をするはずなのに妙にフレンドリーというか馴れ馴れしいというか、まあとにかくあざとさはまったく感じないのに感心する。

・俺もついついハイメガメガカッパの話に気を取られちゃった。ごめんよメイゴリ。

・ライガとトアコ先生の関係はなんとなくパトレイバーのおたけさんと内海課長思い出した。

・でもトアコ先生、不明ゴミ騒動でしれっとハナちゃんぶっ殺す算段を頭の中でしてるあたりやっぱこいつコルゴンだわ。

・それにしても80度のお湯を入れて速やかに飲み込むと胃の中で消しゴムになるマグカップって意味不明すぎる。どうやったらそんなもの思いつくんだ。

・なんでも願いを叶える箱に、正しい願いをかけるには?
秋田的オーガニック要素はこの作品でも健在。

・カズトは相変わらず頭回るなあ。
ズイケンにハナちゃんが前触れなくいつでも帰省してもいいように準備していたことをさりげなく指摘したり。

・しかし挿絵にまったく背景がないの、そろそろ気になってくる。
スポンサーサイト

wii版ドラゴンクエスト1・2・3 その3

レベル23で無事りゅうおう撃破。
ようやくダメージ10前後与えられるようになり、HPも上がっているので攻撃にターンを費やせたおかげでMP残り60ほどの状態で撃破に成功しました。

レミーラ二回使った以外呪文は一度も使わず逃げまくってりゅうおうのところまで辿り着いたのでだいぶ消耗は抑えられた。

しかしエンカウント率偏ってないか、DQ1。何歩歩いても敵と出くわさないかと思えば一歩歩いたら戦闘、また一歩歩いたら戦闘、二歩歩いてまた戦闘。
レベリング中は出てきてくれる方がありがたいけど竜王の城で出まくるのは辟易。

惜しかったのはクリア後の町の住民の台詞が2パターンしかなかったことか。

というわけで次は2。ロンダルキアへの洞窟まで行って飽きてやめた幼少の頃のリベンジをば。

スパロボZ3 時獄編

・新規が実質EVOLとユニコーンだけってのはいかにも寂しい。
明らかに後編でトップ2来るだろうとはいえ。

・てかここでトップ2来ないと1・2同時参戦なんてそうそう出来る設定じゃないんだし頼むよマジで。

・新劇エヴァもここで参戦ってどうなの。Z3後編までにシン間に合うならいいけどさ……
てか破の盛り上がりどころ(燃え的な意味でも萌え的な意味でも)がどうせ後に控えてるQのおかげで全部台無しになるって分かり切ってるだけにいまいち盛り上がれそうにない。

・PS3マルチ展開は嬉しい所。これでアニメBD再生以外のゲームハードとしてはアーマードコア専用機だったうちのPS3もお役に立てるというもの。

・ところで地味にGXや∀、ザブングル、キングゲイナーとかリストラされてるのね。
まあ仕方ないというかむしろなんでZ2の時点でさっさとやっておかなかったのか。
Z2再世篇とか主人公機に限定してもまだ全然出撃枠足りねえってレベルで完全に持て余してただろ。

・フルメタ声付きに昇格。原作フル再現らしいけどダナンはまたスポットかな。

・結局赤い人は逆襲するのかどうか。あれだけ期待をかけられ釘を刺されておきながら本当にのこのこと逆襲したらアムロはシャア登場ステージ毎ターン魂かかっていい。
「クワトロは出ない」としか寺田は言ってないのでD以来のオールバックシャア味方+ネオジオンは全裸が率いているという可能性もあるしなあ。

・トライダーとダイ・ガード生き残って良かった……ぶっちゃけシナリオ的には終了してるし(そもそもトライダーに至っては最初から原作再現放り出してる)Zシリーズの根幹に食い込んでるってほどでもないからリストラも充分ありえたので一安心。

・ゴッドマーズも続投で嬉しいですが、ズール皇帝の特殊セリフが半端になりそうだ。こればっかはどうしようもねえ。

Wii版ドラゴンクエスト1 その2

・レベリングのためにもドムドーラでロトの鎧をさっさと取りたいけどあくまのきしと正面から戦って勝つのは到底無理ぽ、ということでwii版の特権たるクイックセーブを使いマホトーン中にラリホーでターンを無駄に使うのを狙ってセーブリセットを繰り返して無理やりロトの鎧ゲットという卑怯な手法を取ったことをここに懺悔とともに告白いたします。

・リムルダールとか複数の町で「お前がロトの血を引くもの?証拠があるのか?」と聞かれるのでロトのしるしを持ってもう一度話しかけてみたけどメッセージ変わらないのね。

・とりあえずさっさとロトの剣だけ回収してレベルを上げ、19まであげてりゅうおうに挑戦。
見事第二形態に惨敗でござるの巻。ダメージ一桁しか出ねえ。
もう2から4は欲しいというアドバイスをもらったのでメルキドをホームベースにベギラマ連射マシンと化して敵を蹴散らしつつレベリング中。
しかし思うようにステータスあがんねー。

・それにしても「敵が使ってくるラリホーは必中」ってこえーよこれ。何回かダースドラゴンやまどうしにやられたし。(その都度クイックセーブロードしてますけど……)

・そして使い道もないまま無駄にたまっていくゴールド。

「民主党政権 失敗の検証」日本再建イニシアティブ

民主党政権3年3ヶ月の総括本。
やはりというか、全体的に厳しい記述が多いものの、ネットでありがちな「民主党=無能」という安易なイメージに頼ることなく、「民主党のどんな政策がどのように失敗し、それは誰のどんな言動が原因だったのか」という点をきっちり掘り下げた良著。

「政治主導」は参院対策とスキャンダル抑制のために民主党自らが後回しにせざるを得ず、また国家戦略室は人員不足で有効に機能せず。また相次ぐ政務三役の交代に政策の継続性が保てなくなり、よく言われるように与党・政府三役の経験のない民主党議員は過度な官僚敵視で政策を停滞させた側面もあり、これも失敗と言わざるを得ない。

子ども手当はなぜ所得制限をつけるべきではないのか?という点を評者は理解していなかったので「手当をもらっている人=貧しい家庭、というイメージを植え付けるし、もらっていない人は自分の税金が正当に使われていないと不満を抱き社会内対立を加速する」という説明は非常に端的で分かりやすかったが、それはそれとしてやはり財源をきちんと考えていなかったことは本書でも厳しく批判されている点。

外交・安保は当然鳩山政権による普天間問題の迷走と対米関係の悪化への言及は避けられないとして、それでも野田政権で東アジア海洋フォーラムの提案がなされたことを本書は民主党政権下の成果として述べている。

また選挙対策では小沢が従来蓄積してきたデータとノウハウが継承されなかったこと、確固たる支持基盤のない追い風で生まれた政権が基板堅めをすることができず、支持基盤を固めようとすればマニフェストから離れ、マニフェストを維持しようとすると支持基盤を破壊するというジレンマに悩まされたままそれを解決できずに支持基盤が貧弱なままであった点を指摘している。

またマニフェスト自体についても「厳守しようとすれば原理主義と言われ、修正しようとすれば公約違反を問われる」というジレンマに「どこまでマニフェストに具体的な数字を盛り込むべきか」は民主党議員の中でも明確な答えは見いだせていないし、評者もそれは難しい問題だと考える。

民主党と聞けば何かと安易なバッシングに流れがちで、実際アマゾンでこの本を注文した時も「他にこの本を買っている人が買った本」でなんともしょうもないネトウヨ向けの頭の悪そうな本が出てきて辟易したが、この本はきちんと実務的な問題を論じており非常に参考になる。

ガンダムビルドファイターズ 第11話「ロワイヤル」

・まさかのNダガーNとM1アストレイシュライクというMSV組の映像作品登場で仰天。
しかもあのアストレイ、普通のM1じゃなくてM1Aに見えるぞ、足首細いしビームライフルがロングバレルだし。
こうなったらTR-6インレやアストレイミラージュフレームも登場してくれないものか。

・アビゴルバイン以外にもコンティオとゲンガオゾがいるんですが、やっぱりVガン優遇されてないか。

・またしても買い食いで抜けだしているアイラさん。「お前には金がかかってる」って食費のことなんじゃないのか。

・CEOがレイジを見てビビっていたのはなんなんだろ。そもそもレイジの「異世界人」っていう話がどこまで本当なのかも定かじゃないですが。

・まさかのガウ。しかも中身入り。

・あれでユウキじゃないって言い張る三代目メイジンカワグチw

毎回モブで出るMSを見分けるのが楽しい。ストーリー自体も面白いですし。

wii版ドラゴンクエスト1・2・3

DQ1を一度もやったことがない&DQ2をロンダルキアへの洞窟まで&DQ3はイシスに着くか着かないかという非常に半端なレジェンドゲープレイ履歴を結構情けなく思っていたのでwii版でFC版仕様のママプレイできると聞いて結局購入。

まずはドラクエ1からプレイ。

レベル1で装備こんぼうだとドラキーにも苦戦するのな、勇者。
ホイミの回復量が15くらいで後のシリーズほど回復しないとか、はなす方向を指定する必要があるとか、かいだんの昇り降りや宝箱開けるのも専用コマンド入力が必要だったりと何かと不便。
でもレベルアップで最大MPが11も上がった時はビビった。

最初は盾のないグラフィックだったのがかわのたて装備したら盾つきグラに変わったのに感動。

中断セーブも可能ですがせっかくFC版なんだからということでふっかつのじゅもんでセーブをとる……のはいいんだけどいちいちラダトームに戻らないとならんのがめんどくせえ。
これだけはほんとやりづらいな。

とりあえず現在はリムルダール目指してマイラでレベリング+装備強化。

ガンダムビルドファイターズ第10話「開幕!世界大会」

・本当にキララ再登場。あおちゃんのファンとしては嬉しいんだけどこれで終わっちゃいそうな気も。

・08小隊のBOX映像特典について熱弁するリカルド。典型的な駄目なガノタじゃねーか!(自分のことは棚に上げて

・そしてアイラ。綾波系とばかり思ってただけに肉まんを見て満面の笑みで頬張ろうとしたり、レイジとそれを巡って争った挙句海に落ちたのを見て半泣きでレイジを怒鳴ったりと非常に豊かな感情表現でとても可愛い。やはり早見沙織声はいい。

・なんかこの予想の裏切り方はギアスのC.C.思い出すなあ。あれも綾波系だとばかり思ってた。

・ゲルググがスモー用ブースターつけてる?!

・シグーなのかゲイツなのかいまいち判然としない(個人的にはゲイツに見えた)けどとにかくザフト機も出てきてくれて嬉しい。

・しかも予告にハイペリオンいるし。

・ジ・Oやヴァサーゴ、スローネツヴァイの悪役人気機体をまとめて瞬殺するアイラ。

・ところでゲーマルクがこんなに動いたの初めてなんじゃないか。ZZの時はメガ粒子砲しか使わなかったような。

・スタービルドストライクTUEEEEEE!!!!でもあれは何をどうしたんだ。

秘密保護法案関連その6

脱原発グループが「情報開示請求だけで罰せられる可能性が」と言い出していたり、なぜか医師や反ダムグループまで動き出してるのは本当に石破茂の言う通り「被害妄想」「ヒステリー」としか言い様がないのでやめてくれないか、と思いつつ。


http://www.asahi.com/articles/TKY201312060099.html
特定秘密「保存期間中に破棄も」 答弁書を閣議決定

安倍内閣は6日の閣議で、特定秘密の廃棄について「秘密の保全上やむを得ない場合、政令などで(公文書管理法に基づく)保存期間前の廃棄を定めることは否定されない」とする答弁書を決定した。長妻昭衆院議員(民主)の質問主意書に答えた。



これは非常にまずい気がする。
これだと公文書管理法に基づく機密指定解除文書の保管規定が死文化する恐れが出てくる。
「闇から闇へ」が被害妄想でなくなる可能性が出てくることになる。

例によってこちらも参照。

またアメリカと違い機密指定中の情報に対する開示請求の規定がない、という指摘も見られる。(PDF注意)

こうなると原則賛成ではあっても今回のこの法案には賛成しづらいということになる(これを書いている時点ではすでに成立しているが)。
機密保護法自体の改正か公文書管理法と情報公開法の抜本的強化が必要だろう。

長谷川町子物語

・先日の手塚治虫物語が実にひどいというか原作は狂気スレスレの熱気を描いた作品だったのに、単なるブラック企業賛美にしか見えない駄目な実写化の典型例(いい加減な細部ディティール、余計なオリジナルキャラ)だっただけにこれ大丈夫かなと思ってたんですが、そこまではひどくなかったです。

・さすがにセットの作りこみとかはそんなに金も手間もかけてはいなかったけど気になるほどひどくもなかった。というか手塚治虫物語が酷すぎた。原作だとみんな汗ダラダラで垢まみれなのになんであんな小奇麗なの。

・ただ原作(「サザエさんうちあけ話」)に忠実すぎて読んでると先の展開全部もろバレなのはあれだったけどまあ余計なオリジナル要素入れられるよりは数百倍マシ。

・ただ原作はほぼ全部漫画なので表現がコミカルで、義兄の出征と玉砕のくだりとかもそんなに悲壮感無かったんですが、さすがにドラマでやられると結構そういうのありますね。
インパールで戦死ってほんとこういうとこで牟田口はいらない存在感を発揮する……
この長谷川町子物語での戦争に関する話もそうですが、日本プロ野球史でも戦争のおかげでほんと多大な迷惑(いや、迷惑という軽い表現で済むもんじゃないですけど)を受けてるだけにこういうときは反戦平和の気分がわかる。

・完全に余談になる関係でしゃあないかなとは思うけどペットネタや別荘ネタ全カットはちょっともったいなかった。
田河水泡とのエピソードは結構念入りに再現されてましたが。
でも「先生が『原稿が上がらない時はクビ釣りたくなって天井の梁を見上げるんだ』としんみり打ち明けられても、後年同じ憂き目を見るとも知らない弟子はヘイヘイと聞き流したのであります」という一文がすごい何回読んでも笑える表現で妙に印象に残ってます。

ガンダムビルドファイターズ 第9話「想像の翼」

先週はよりにもよってジェガンがデビガン倒すとかいうおそらく今後どれだけガンダムというコンテンツが続いても公式で見ることは絶対できないであろう光景が。
そしてまたも強化人間ヒロインをやるはやみん。いや、ガンプラアニメに強化人間ってなんやねんって感じなんですが。

・背景にいるキザキは何をしに女子限定大会に来ているのか。

・予告のバズーカ持ちデュエルが素デュエルなのかレーゲンデュエルなのか区別できねー。

・ラルさん相変わらずおいしいとこ持ってきすぎ。

・なんでEDアニメ未だにキララいるんだろ。いや、再登場希望してるけどさ。

・まさかのナイトガンダム登場。前回サタンガンダムがちらっと出てきたけどここまで堂々と映るとは。

・ベアッガイ3結構カワイイ。でもプラモだと表情一種類しか選べないっぽいなー。ていうかこいつにエールストライカー装着ギミックつけてもしょうがないだろ。

・そんなベアッガイⅢ、アルペジオのキリクマカラーにした人も結構いるとかいないとか。

アウトブレイク・カンパニー

あんまり注目してなかったんですが内田真礼+三森すずこが出ることもあって流し見してるうちにそれなりに気に入りました。
とにかくミュセルかわいい。
男オタの理想の権化というか。雪さん思い出す。
これが半端に男ヲタの理想を体現してるキャラというか男オタにとって都合がいいキャラだとそういうのがあざとく感じちゃうんだけどミュセルは完全に100%男オタにとって都合のいい理想像の産物なのでそういうもんだと割り切って見られる。

ただ話は榊作品を見ているといつも感じる
「つまらなくはないけどもう一捻り欲しい」
というのはやはりこの作品にもあるなぁ。

この作品もオタ文化による文化交流っていうネタ自体は結構面白いのに、それを良く言えば手堅い、悪く言うとベタなお約束で進めちゃってるのでなんかこう、惜しいというか。
もちっとガチの文化交流を、というか実際に中世ヨーロッパ世界にオタ文化を輸出したらどうなるだろう?っていうのを深く考察して描けばもっと面白いのになぁ。

なんか(テーマの掘り下げよりもわかりやすいアクション重視だった)初期のパンプキンシザーズのノリがずっと続いてる感じ。

まあミュセルは可愛いけど。

でもそんなこと本気で言ってんの?


中島愛歌手活動無期限休業と聞いて。
この曲いつも寝る時聞くくらい好きなんだけどなあ。地上波未放送なのが惜しい。

・AOZがまたなんかやるそうで。
0090年台に火星でTR-6インレ動かすっていうけど、あまり人気ある感じもしないインレを主役に据えて大丈夫なのか。
あと劇中視点で言えば0090年台の火星圏なんて全然開発されてないはずだけどそんなところでインレなんて運用できるんか?

・艦これの薄い本(愛宕と榛名による)を集めているうちにガンガン溜まってきてヤバイことに。
そろそろ本を収納するスペースが無くなる……なんか本を処分することも考えないといかんのかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。