「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密保護法について

国家安全保障及び公共の安全に係る情報と情報公開
ドイツとフランスの情報公開法について
(PDFファイルにつき注意)

秘密保護法が話題になっている昨今だが、この種の法律は実際に諸外国では同じような法律はどのような規定があってどう運用されているのか、防衛機密と知る権利をどうやって両立させているのかを解説している本というのを探しているのだけれど見つからない、という話題を振ったところ解説する論文をAT教団氏からご教授いただいたもの。

このネタはいつも
十年一昔な「いつかきた道」「戦前回帰」論
vs
「軍事的必要性」と言えば民主主義上の法的・政治的正統性はいくらでも踏みにじって構わないって思ってる連中

の不毛な争いなので実際の規定が知りたいというのは長年の欲求だったのでとてもありがたかった。この場を借りてAT教団氏に感謝の意を改めて。


ドイツの規定では秘密保護指定は「共和国の存立」の利益のためであると同時に「自由で民主的な基本秩序」「憲法上の諸原則」の利益のためでもあり、これらは優先順位がなく同じ次元で追求されるべき目標と規定されている。
また連邦諜報局に対しては包括的に情報不開示の対象となっている。
ただし情報の不開示が利益とならなくなった場合は情報を開示しなければならない旨が明文で規定されている。

アメリカでも中央情報局及び国家安全保障局に対しては組織、機能、人員、予算、活動等包括的に機密指定の対象になる旨が定められている。
ただし「法令違反、非効率性の助長又は行政上の過誤の秘匿、特定の個人、組織又は行政機関に問題が生じる事態の予防、競争の制限、国家安全保障上の利益の保護に必要のない情報を妨げ、または遅延させることを目的とする場合や、国家安全保障上の利益と明白に関係性のない基礎科学研究情報」の機密指定は禁止されている。


これらに比べた場合日本の機密保全法案は最長30年制限があるので最低限の民主的な配慮はあるが、機密指定にならないケースの指定がなく、目的も単に「国家安全保障のため」になっているのでその点米・独に比べて民主主義的配慮が薄い印象はある。

機密保護法というのは「特定の条件を備えた重要な情報を機密指定できる」法であると同時に「特定の条件を持っていない情報は機密指定してはならず公開しなければならない」ことを定めた法であるのだが、日本では前者ばかりが語られて後者はほとんど意識されていないように感じる。
スポンサーサイト

「ガンダムビルドファイターズ」3話

・ジオンバー、ただの痛いマニアの集いじゃねーか!
(俺も同類だけど……)

・オクトエイプ、サイコミュ試験型ザク、マヒロー、量産型バウ、旧ザク、ゲルググキャノン、シャイターン、ガナーザクウォーリア、BD1号機・3号機、ギャン、ハンブラビまでは分かった。
(シャイターンの名前が思い出せなくてググったけど)
後は分からん

・ジオンバーにいたのは全部禿作品機?ドライセンとか

・ラルさんこれじゃ普通に負け惜しみじゃないですか。

・BD1VSBD3ってどういう組み合わせ……
てかなんでこいつらが殴り合ってんだ。
あんまり殴るイメージないけどなあ、ブルーディスティニー。

・いよいよイオリ&レイジコンビで本格発進ktkr!

しかしこれガノタ的には毎回モブMS特定が面白いけど子供にはどうなんだろ。

ところでシルバースモーって誰が買ってんの?

あ……ありのまま 今 起こったことを話すぜ!
「おれはソフマップへヘッドホンを見に行ったと思ったら
いつの間にかゴールドスモーを買っていた」
な……なにを言っているのかわからねーと思うが、
おれも何をされたのかわからなかった……
頭がどうにかなりそうだった……ビルドファイターズでの販促とかCMとか
そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ
もっと恐ろしい物の片鱗を味わったぜ……

涙で渡る血の大河 夢見て走る死の荒野

ツイで流れてきたネタ。

何度も言うけど、「お客様は神様です」と「働かざる者食うべからず」は、日本を駄目にした二大格言だと思う。正確には、格言そのものよりも、この格言の出典をよく知らず自己に都合良く曲解して使用してる人々と言った方がいいか。

「お客様は神様です」は店員が自分の仕事のクオリティを高めるための台詞で、客が好き放題するための台詞ではないというのはそこそこ知られるようになってきましたが、「働かざるもの食うべからず」も正確な引用ではないのか?と思ってグーグル先生に聞いてみたところwikiさんの解説が出てきて

>新約聖書の一書でテサロニケの信徒への手紙二という使徒パウロの書簡といわれるもののなかの3章10節にある>「働きたくない者は、食べてはならない」が元になった慣用句である。これは「働きたいが働けない人は
>食べてもよい」との条件下での言葉である

とのことで。
で、これが日本国憲法の国民の三大義務「勤労の義務」との関わりに簡単に言及してるんですが、

>勤勉の精神とは無関係で、スターリン憲法第12条に規定されている社会主義イデオロギーが元になっていると指摘している法学者もいる[3]。

という付記があって「誰だそのしょうもない法学者、どうせ八木秀次とか渡部昇一とかあのへんじゃねぇの?」って思ってマウス滑らせたら本当に八木でワロタ。
ところでよく考えたら渡部昇一は歴史学者……でもなくて実は言語学者やった。
門外漢のはずの文学系や哲学系の学者が嬉々として反戦反米コラム書きたがるのと同じパターンだよなあ渡部昇一。

しかしホント保守界隈の論壇10年前からまったく進歩してなくて同じことばっか言ってて笑う。
こいつらの日米関係史、ほとんど実質オレンジ計画とカリフォルニア排日移民法とハルノートだけで出来てるのはある意味感心する。

「ガンダムビルドファイターズ 1話」

・1話から背景で平然とSガンダムだのクロボンX-1だの非映像媒体機がガンガン出まくっててこれは期待大。

・というか冒頭のアルビオンの作画気合い入りまくり。しかもあのカタパルトちゃんと0083再現してるし、奥にはちゃっかりバーミンガムいるし。
そしてパイスーはキラ仕様。

・タイヤ+デナン・ゾン&デナン・ゲーという異色の組み合わせ。

・ティターンズカラーのリガズィが出てきたり赤いウイングが出てきたり白いディジェが出たりでオリジナルカラーでとっさにどのMSか分からない!ニクい!だがそれがいい!
宇宙にアッシマーやディジェが普通に出てきているのでガンプラバトルの作劇上邪魔になりそうな地形適応設定とかはオミットの模様。
他にもウイングとギャンが互角に戦ってたりとあまり性能差を再現はしないっぽい。
まあ再現すると全員ライザークアンタ∀あたりで埋め尽くされそうだから当然として、どこまでオミットするのかが気になる。
話ではBD1号機すでに出演確定とのことですが、EXAM無くされたらBDシリーズただの青い陸ガンですし。
強すぎるからってトランザムもライザーソードも量子化も取り上げられたらダブルオーライザー特徴なくなってしまう。そのあたりどうなるか。

・サザキは単なるイヤミ言いに来てるんかと思ったら主人公の勧誘でした。うざいけどちょっといい奴かも。

・種死の1stオマージュはあんまり面白いもんでもなかったんですが、ラルさんはワロタ。
明確にガンダムというアニメが存在する世界観の中なのでガンダムネタやられても普通に笑える。てか大尉と呼ばれているってリアルではお近づきになりたくないな!アニメだから面白いけど!
他のガンダムキャラも色々是非出て欲しいところ。

・次回予告でアスクレピオスなんていうマニアックな機体が写っているかと思えば伝説のガンダムタンクさん!そしてゴールドスモー!
こっそりティエレン見切れてるし次回以降も背景にこっそり写ってるMS探すのが楽しみ。
ストーリーも変に捻ったところはないけどしっかりマニアでも楽しめる正しい子供向けという感じでなかなか期待が持てそう。今期のアニメで急浮上ですわ。

「機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画」Ark-Performance

宇宙世紀で後世になって描かれたドキュメンタリーという体裁での1st裏話的ガンダム漫画。
帯ではサスペンスとなっていますが、個人的な印象としては「ワルキューレ作戦」を下敷きにした政治劇といった感。

既存公式作品からのネタ拾いがとにかく上手い。
「サハリン家はオペラのボックス席を失ったよ」という台詞がありますがこの物語が描かれている12月時点ではすでに08小隊完結済みで、ギニアス戦死&アイナはシローと逃げているのでサハリン家は没落済み。
また同じシーンの中でラル家も長男の戦死で直系が途絶え傍流が後を継いだ旨が述べられていますが、このシーンのドズル評「彼に悪意はない。悪意はないまま人を不幸にする」というのは彼に直接間接関わったハマーンやミネバの後の運命を考えると「剛毅な武人」としてお手軽ないい人キャラ(オリジンではブリティッシュ作戦が終わった後自責に取り憑かれて号泣するシーンもありましたが)扱いされてきた中でそれとは違う見方をしていますが、結構的を得た評価ではないかと。

この他にグレミー=ギレンの落胤説に劇中で触れたり(俺が知るかぎりでは設定解説でそう述べている資料は多くありますが、劇中でそれに触れたのは初めてのはず)、サイクロプス隊がちらっと出てきたりとネタのつぎはぎが上手い。
特に見事な使い方をしたと思ったのが0080で描かれたキリングの暴走。
0080製作当時は単にバーニィを追い込むための舞台装置以上の意味はなかったものをギレン派とキシリア派の政治暗闘というテーマに効果的に再利用している。

中でも感心を通り越して唖然としたのは最初にギレンの暗殺計画をやって逮捕された面々、最初はこの作品のオリジナルかと思ってたんですが、実は「MS ERA」で出ていた面子という。
脅威のネタ拾い力。

またArkのガンダム漫画お得意の「架空世界の掘り下げ」もこの漫画でもバッチリ拘っていて、「コロニーの擬似重力下では狙撃は地球上とは違う弾道を飛ぶ」という物理の話もありますが、特に興味深かったのが「官公庁の集まりであるズムシティでは定時がすぎれば人がいなくなり明かりが消える→これは戦意高揚の観点からいってまずいので、人がいなくても明かりだけはつけておく」という通常の灯火管制とは逆の「灯火管制」を行っているという話。またザビ家独裁という政治体制の中にあるジオン議会の虚実も面白いところ。
ミリタリー描写も「作劇におけるリアリティ」「その作品世界の中におけるリアリティ」を追求していて好感が持てるし面白い。
架空世界に現実の法則をそのまま持ち込むだけの山根や押井的な「リアル」ではなく、「ミノフスキー粒子があり、MSが戦場の主役になっているというガンダム世界における『現実的な描写』とは何か」をちゃんと考えた「リアリティ」がある。説得力と呼ぶほうが誤解を招かないかしら。

地味な政治劇とサスペンスが続く中で最終巻、ついに決起する首都防衛大隊と親衛隊の戦い、わけでもグフカスvsガルバルディは非常に迫力あるバトル。
思わずグフカスもう1個買って白く塗っちゃいましたよ。ヒートサーベル二刀流で。

そしてこういう作品に似つかわない、主人公をお兄ちゃんと呼ぶ幼なじみなエリースも実はこの作品に出るだけの策士だったという。
レオの前ではダダ甘なのにいないとこではころっと表情を変えて、いかにもギレンの部下(正確には部下の部下だけど)らしい怜悧な官僚の顔になるのが怖い。

全体的に「負けが混んでるファシズム体制国家の息苦しさ」というものもあり、ガンダム漫画としては抜群に面白い作品だと思います。(ある程度のガンダム知識がないと十二分には楽しめないですが……)


……買った時に感想書いたつもりでいたんですが、検索で出てこなくて焦って調べたら下書きだけして忘れてたという。Ark先生ごめんなさい。

「アーマード・コア ヴァーディクトデイ」

色々物議をかもしたVの続編なVDさん。
まあ正直4系が色々シリーズ異端だっただけで(不満がないわけではないけど)V自体はよくも悪くもいつものACだったと思いますが。

結局マギー敵になるんだけどあまり悲壮感とかはなくてサバサバしたまま戦って殺すのがACらしい。
ところでマギーって前作のフランの子孫だったんかい。ウェブ百科見て初めて知った。

アーカイブでVとのつながりとか色々解説されてて、マザーウィルがいるとかラスボスがアレとかで4系とのつながりもプンプン匂わせてますがアーカイブ見るとズバリ書いてあるらしいけど俺には全ミッションランクS+サブクエコンプとか無理や……

てか俺がV系の操作に馴染めてないことを差し引いても今回やけに難易度高かった気がする。
死神部隊AC1機出現→撃破でUNAC3機+死神AC1機増援→さらに撃破でマグノリア登場は両手1500発オートキャノンだったのに弾無くなるかと思ったよ……最後のマグノリアがイベント戦じゃなかったらどうなってたか。
てか久々にガチタン頼みでゴリ押し+傭兵ヘルプでクリアしました。

ところでラスボス、Jであの声だったらお前が乗ってくるのは4版グリントのほうが正しいんでないかね。

「変なの」は本当に変なので笑った。
というか肩キャノンで砲撃してくるのかと思ったら縦方向に高速回転キックで襲ってくるとかゲーム間違えてるだろ。お前は連ザ2のデストロイか。

結局アーカイブの記述は設定資料集待ちになりそう。

なんとなく通り過ぎた日々に吠えて

・劣等生アニメ化ってんで適当に検索してたらこんなの出てきたけど 
『魔法科高校の劣等生』は百年後の『スプリガン』 - Togetter  
御神苗は無意味に他人見下したりしないしいちいちジャンや染井がことあるごとに持ち上げてくれるわけでもないし、無傷で敵を完封するわけでもないし(っていうかむしろ毎回毎回オリハルコンで出来たAMスーツ?何それ?でやたらボコボコにされてる印象のほうが強い)、なんでスプリガンと劣等生が似てるなんて思ったんだろう。
たしかに大雑把に「能ある鷹は爪を隠す」型としては同じカテゴリーと呼べなくもないけど、大雑把なくくりすぎてYF-19とコアファイターを一応同じ戦闘機って呼ぶくらいの共通性しかない。

・ひたすら艦これ同人つーか愛宕と榛名の本を集め続ける日々。おっぱい+大人びた性格がアカンのや……

・物語シリーズは撫子がブチ切れて説教かます回まで来たけど、うん、花澤香菜にブチ切れ演技無理やて。
てか囮物語自体が俺にはハンタのビスケの真の姿みたいな単なる読者への嫌がらせ以上のものを感じない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。