FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「ムーミン谷の冬」トーベ・ヤンソン

中学の時に読んだ本をふと読み返したくなり購入。
当時からなんでムーミンなんか読んでるんだwwwwとかよくからかわれましたが、普通に読み物として面白いのになんでみんな笑うんだろう?と不思議でした。

冬眠する習慣を持つ(ちなみに生物的な要求の産物ではなく、単なる先祖からの慣例としてである様子)ムーミン一家が例によって冬眠している中、たまたまムーミンだけ目が覚めてしまい眠れなくなって……という話。
ムーミントロールという種族はみんな冬はずっと寝ているので冬景色というものを知らず、雪が降る景色を見て「雪ってこういうものなのか。僕はてっきり地面から生えてくるものだと思ってた」と述べるくだりや、フィンランドの冬なので太陽が昇らないので、「こんな真っ暗闇はもうごめんだ」「太陽を返してくれ」とぼやくムーミンが面白い。

児童文学ながらに「そいつの感性、尺度、常識、知識」、「作劇上のリアル」がきっちり掘り下げられているのでこの年になって読み返しても面白かったです。
スポンサーサイト



「はたらく魔王さま!」

友人が面白かった、と言ってたのでニコで配信されてた1話と4話を視聴。

異世界から来たので「カツ・ドゥーン」とか「区役所」「銀行」「警察」という日本語のイントネーションがものすごい不自然になってるのが面白い。
「獣肉に粉をまぶして高温の油にひたし、ぐちゃぐちゃにした卵をかけたもの」という説明台詞とか、魔法を使おうとして手を上にかざしたけど何も起きなくて代わりにタクシーが停まったのを
「……魔王様、これは?」
「いや、たぶん魔力による作用ではあるまい」
とか真剣な顔で語っているのがいかにもい世界の住人っぽさが出てていい。
不動産屋でカタコトの日本語で「通じた!」「これしきのことたやすいことよ」とか言い合いながら身振り手振りで交渉してるのワロス。

4話は避けては通れない問題に触れた回でした。
つまりお前ら元々の世界じゃガチの魔王だったんじゃねーか、という。
「そうやって優しくできるなら、なんで私のお父さんを殺したのよ!」
これに触れずに適当な処理されるとやっぱり萎えるので劇中でもつっこまれたのは一安心。
真奥の返事ものっそい適当でしたが(原作だともっとちゃんと謝ってるらしいですが)、でもこれ逆に真奥は真奥で「なんかすまん。あの頃の俺は人間ってものをよく理解してなかった」としか言い様がないよな。
この適当さが逆にリアルだった。

とりあえず今期は「やっぱネタ濃度薄くなり過ぎだよなー」と不満気にニャル子2期を適当に見るくらいしかなかったのですが、これ今後視聴しようっと。