「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

今年一年

12月31日の夜7時をまわってから始める部屋の大掃除。
まあこの一年には相応しかったと個人的には思ってます。

で、今更今年を振り返ってみようかと。

・江畑謙介氏逝去
やっぱり今年いちばん驚いたのはこれだよなぁ。ニュース見たとき絶叫したわ。そんなバカな!と。
迷走きわまる普天間問題とか、この人の解説がもう読めなくなるのはあまりにも惜しい、っていうか惜しいで済む話じゃねえな。まだそんな年齢でもなかったはずなのに……

・秋田禎信BOX商業化
うひょおおおおおおおお
実物もうひょおおおおおおお

・自民党大敗
まあ選挙の最終日に2chのコピペをそのまま印刷したのかと思うような宣伝を新聞の一面ぶち抜きで掲載したりしたからなあ。
新綱領の策定でも葉隠の武士道がどうたらこうたらとか得体の知れない議論に汲々としてる体たらくだし……
まあ自民党政権での防衛・日米安保政策の行き詰まりは政権交代でどう変わるのかと思ったら(少なくとも現状、後者は)さらに悲惨なことになったというオチだったけど。

・ACVI快進撃
ノブリス、ホワイト・グリント、VOB、アンサング、さらにステイシスと気味悪いくらい空気読みすぎのラインナップでファン感動の嵐。ACVIって、なーんて気が利いてるんざんしょ!
あとは雷電とサンシャインが出ればパーペキだ。

来年はどうなるかなあ。
スポンサーサイト

秋田BOX

とりあえず気になった点をかたっぱしから箇条書き。

・相変わらず架空世界の中の政治とか社会とか文化とか歴史とかそういうのをきっちり作り込んでくるな。まさに設定魔。
・「あれは髭ではない。墨だ。立体感……なかった」
 「お前は黙ってろ」
 「分かった」
コルゴンがコミクロンとつるんでいる理由がようやくわかった気がする。正直一方的にコミクロンが絡んでるだけだと思ってたがコルゴン→コミクロンがちゃんと相棒になってたな。しかしあのコルゴンがわざわざ相棒とまで呼ぶとは……
・ひとつの構成で同時に複数の効果を出す変換鎖状構成、壁抜け可能になった擬似空間転移、ジグザグに飛ぶ熱衝撃波、声を消す現象相殺術。音声魔術進化しすぎだろ。
・コルゴンを差し置いて最強と呼ばれるマジク。
・反逆罪を食らった前科のせいで冷遇されているプルートー。落ちぶれた上に年をとってすでに老人になってるはずなのに、重荷がなくなったせいか逆に溌剌としてるように見えなくもない。
・凄まじい言われ様のティッシ。「母の凶暴な遺伝子が父のそれを全部食い殺した」「家庭の暴神」
・マジク母のものすごい正体
・伝説化して神人説が浮上しているキース。離岸するなり逃げたんじゃなかったのかというか「キャプテン・キース・ロイヤルの尽力が大きかった」ってこいつがなにかに尽力するところが想像できない
・相変わらず安息のないグロ魔術士の人生。まあトトカンタ時代よりは確実に幸せに見えるけど
・行方不明になってるキース。神人説まで出るも「考えるな。アホらしい」と一蹴するグロ
・フォルテとティッシはキリランシェロ=魔王オーフェンということを子供に話していない。それこそ秋田風に言えば「意外といえば意外だし、さもありなんといえばそんな気もする」
・「頭の固いレティシャから頭のおかしいコルゴンまで」
・しょーもないところでシンクロするコルゴンとチャイルドマン、それを自慢げに思ってコミクロンを殴り返すコルゴン、そしてそれをガン無視するコミクロン。
・コルゴンがマジク母を狙撃するための囮になるコミクロン。……普通に囮をやれ、お前は。
・「奇妙だな。人間の性能ではない」
 「マジパイアか」
 「ああ、マジパイアかもしれない。どうやら勝てないのは本当だな」
そのままコルゴンの一人称部分はずっとマジパイア呼ばわり。
・戦闘服の装甲をすれ違いざまの肘打ちでひしゃげさせるマジク母。
・Q,人質を取った暴動の鎮圧に対して解決法をシミュレートせよ。
 アザリー「油まいてマッチ摺ったら」
 コルゴン「遺族から先に処分しておけばうるさくありません」
 コミクロン「実は人質は魔界の帝王で死なない」
こいつら本当に最エリートなんだろうか……
・マヨールはヴァンパイア化した御者との戦いでさりげなく擬似転移を使おうとしている。でも物質崩壊は使おうとしてない。どういうことだ?現世離脱は間違いなく母親に教わったんだろうが。
・トトカンタ市民の復興技能を大きく鍛え上げたグロ。このマジクの実家に寄生していた時代の話はエッジ聞いたことないんかな?
・ハーティアは「戦争を食い物にした悪魔」呼ばわりされる程度には一山当てた様子。苗字もゲットしてるし。
・コルゴンがエドを名乗ってるのはいかなる心境の変化か。てかオーフェンとは和解したのか?年に3語しかしゃべらないお隣さんって……
・「ウオーカー=ガンディ・ワンスロウン」またどっかで聞いたことがあるよーなないよーな名前が……
・「いいや。お前はひとつの可能性でしかないから、もっと高い可能性を選択した。それだけだ」
 「別の?どんな」
 「人間を組織するということだ」
 そっちのほうがヴァンパイアライズより強いと信じる先生かっけえ。しかしほんとに徹頭徹尾安易な超人を許さない世界。
・オリジナルのほんの残りカスでさえチャイルドマンをも一蹴できるってケシオン・ヴァンパイア本人はどんだけ強かったの。
・コルゴンはコルゴンなりにロッテーシャに愛情があったんだな、と今更思う。確かにこの男が任務のために必要だからというだけで結婚とかするとは到底思えないけど。ハーティアも嫌いなことは絶対しないと言ってたっけ。しかし結婚生活はまったく想像できない。ロッテは最後に「楽しかったときも覚えている」と言っていたので一応それなりに幸せだったときもあったっぽいけど……

この書下ろしのためにどんだけ新設定出してるんだか。
普通に長編書けそうな勢い。

秋田禎信BOX

購入。
7500円も取られましたがこの内容なら50%アップでも払う価値あったな。
てか書き下ろしに登場した新設定で普通に新しい長編が書けそうな……
音声魔術ものすごい進化したなオイ。

あーバレ解禁まだかなー

12月までの買い物まとめて

kaidasi-09-12-2a.jpg
kaidasi-09-12-2b.jpg
kaidasi-09-12-2c.jpg


なんとなくあげるのをサボった分もまとめて。

●「よつばと! 9」あずまきよひこ
 よつばが車で買い物に行くシーンでとーちゃんがチャイルドシート使ってないのが気になる。とーちゃんらしくないというか。

●「マテリアル・パズル ゼロクロイツ 3」土塚理弘/吉岡公蔵
 土塚漫画でかわいい女の子と出くわすとは……ッ……!
焦天回廊と7thボルトはまだ本編には出てないような。しかし土塚の独特のネーミングセンスは相変わらず健在で嬉しい。

●「パンプキン・シザーズ 11/12」岩永亮太郎
11巻は買うのを忘れてました。

 ウェブナー中尉のおっぱい!おっぱい!
髪が長かったころのほうが美人ではあるな。
ようやくゲシュペンスト・イェーガー時代の上官が登場したり、名前だけの登場だったカウプランが薄ぼんやりと影を見せてきたりと後に続くための助走といった感じか。
合同会議で何が起こるのか楽しみ。

●R&M 仮面ライダー王蛇&ジェノサイダー
 ジェノサイダーのデザイン見て一発で気に入って購入。

●「アジアの安全保障 2009-2010」平和・安全保障研究所編
●「NATO 北大西洋条約機構の研究」金子譲
 やっぱり基礎知識の蓄積は大事というかそれなしには始まらないというか。
特にNATO史なんて日本語での文献はなかなか無いしなぁ。

●ハイコンプロSP「シャア専用リックドム」
 近所の模型店で投げ売られていたのを購入。
SPは出来がいいんだよなー。メタリック塗装も決まってるし。

●MG「ジムカスタム」「ジム改(スタンダートカラー)」
 いつまで待ってもHG化される気配が無く、とうとうしびれを切らしてMG購入しました。

●「空の境界 コミックアンソロジー第七章(殺人考察/下)」
 さすがにここまで来るとストレートに式がデレる話が増える(笑
 やっべ、絵にされると破壊力倍増だぜ。
「鮮花が義妹になるのか……?まあお前なら我慢するか」
 もう確定事項のように話すんですね、式さん。

●wii「テイルズ オブ グレイセス」
 さんざん迷ったものの植田佳奈につられて結局購入を決断。

●ハイコンプロSp「RX-79G」
 ウェザリング塗装済みの陸ガン。1500円の投売りを見てゲット。
 HG買うかなと思ったことは何度かあるけど、やっぱり陸ガンは汚れてないとなあ。

●HG「セルゲイ専用ティエレンタオツー」
 実はソーマ専用のピンクティエレンのカラバリだというのは後で知ったよ。

●ACVI「レイレナード・アリシア アンサング」
 あらあらうふふの人とは関係ありません。
ORCA旅団長、マクシミリアン・テルミドールのネクストが立体化。シリーズ初の逆間接機体ですぜダンナ。
つぶやきが相変わらずぶっとんでやがるw
「もっと広いアセンブル実現のため脚部パーツカテゴリーのラインナップをだしてくれコトブキヤ!
 足りんだろうが!ガチガチのアレが!!
 
 すまない、興奮してしまって、はからずともAMSから諸君の気持ちが逆流してしまったようだ」
こここ、これはもしや雷電へのフラグか?!


●「Light Infection」Prague
 銀魂の……えーと第何期OPだったか。
スローテンポなのに荒々しい歌詞で、「修羅」にも通じる乾いた感じがいい。

なんじゃこりゃあ

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1034283685

>性欲と戦わなければ生き残れない。

>また広告で股間がリュウキしてしまいアクセルフォームでトイレに駆け込むも、
>ターンアップした股間のエンペラーがライナーを引き裂きながら飛び出し、
>先端がバーニングして鬼の角のようなそれをどうにかしようと廊下に飛び出ると、
>通りかかった庶務課のAちゃんを無理矢理キャストオフ!!犯罪者に超変身!
>刑務所で本当の終わりと本当の始まりを迎える・・・とならないように気をつけます

ニャル子さんの作者とかじゃねーだろーなこれ(笑

メインブースターがイカれただと?!

ttp://www.1999.co.jp/10105590

ステイシスきたーーーー?!
しかもいつの間にかアンサングもう出てるし!

……ところで、

>ブースター「CB-LAHIRE」はキャップを外すことができ、
>内部構造も精密に再現されております。
水没させろってのかwwwww

普天間問題雑感その2

●安保協議先送りで新安保宣言の策定も不透明に。
 まあ現政権に新安保宣言を出せるほどのビジョンも何もあったもんではなさそうなので、それなら何も決めないで次政権にまわしたほうが正解かも。

●今頃になってようやく「方針を決めて、米側に伝える。だいぶ煮詰まってきた」とコメント。
 今まであれこれ言ってきたけど何も決めずにただその場その場の相手に都合がいいことを言ってきただけ、と公式に認める。

●「日本側もまだ(米軍普天間飛行場の移設問題で)政府の方針を決めている段階ではない。早晩、年内にどういう方針でいくか決めていきたい。会談をやるやらないの段階でもない」
 方針を決めている段階ではないってじゃあ今何してんだ。

●「基地のコストを減らしてくれという人たちは、日本が有事のリスクをどれくらい米国と分担するのかという議論を全くしない。とにかく迷惑施設だからどこかに行ってくれという議論が横行している」
長島昭久氏の発言。
まったくの正論だが、現職の人間が言うにしては多少挑戦的というか、そもそも言ったところで通じる相手でもないんじゃないのというか……これで沖縄の人間に逆恨みとかされなければいいんだが。

●そもそも民主党の言う「対等な日米同盟」ってのは具体的になにを指してるんだろう。
 マイケル・グリーンは「最初にそのフレーズを聞いたときは積極的に同盟負担を引き受けていこうという意味かと思った」と言ってたけど全然そういうわけじゃないしなあ。
 米側にだけ一方的に負担が重いという現状の同盟の基礎構造をなんとかしない限り、政治的にも法的にも対等性を主張できる根拠なんてないんだが……
もともと同盟負担を負えないから金だけでも出そうというきっかけで始まった思いやり予算とか、口先の交渉だけで減額できるものではないということを理解しているんだろうか。

仮面ライダー龍騎その3

浅倉登場~オーディン登場まで。

●ガイはひたすら小物。
 弱そうと言った蓮にはフルボッコにされ、とどめをさせなかったことを「俺はとどめをためらわないからwww」と嘲笑するも自分はそもそもとどめをさすささないの選択肢にたどり着くことが出来ず、ファイナルベントは龍騎のガードベントに弾き返されでいいとこねえ。コンファインベント持ってたくらいか。

●蓮がとどめをさせなかったことを(後の展開から見ると)安易に喜ぶ真司、そう言われて絶叫する蓮。

●未だに根強い人気を誇る浅倉。
 キレまくりの凶暴キャラですが、この手のキャラとしては珍しく「殺してやる」といった類の過激発言や顔芸の類がなく、表情はほとんどイライラしている時の不機嫌顔か得体の知れない半笑い顔だけというのが底知れなさを引き立てる。ただのチンピラとは違う的な。
ガイが使ったヘビープレッシャーはドラグシールドに跳ね返されたのに、王蛇のヘビープレッシャーはナイトと龍騎を二人まとめてガードベントごと吹っ飛ばしたのが印象的。

●ついに蓮の戦う動機を知り、本当にただ戦いをとめることが正しいのか悩み始める真司。
 「お前の戦いの重さを受け止めるには今は戦うしかない」
 安易な結論を急がずに、少なくとも自分の決意を尊重してくれた真司の心意気が嬉しかったのかわずかに笑みを見せる蓮。手塚にも「憑き物が落ちたような顔をしているな」と言われ、「お前に見透かされるのももう慣れた」と穏やかに切り返す。

●「やっと……俺の占いが、外れる……」
 最期の最期でついにライアーになれた手塚。

●腕を怪我した北岡にいいように使われてしまう真司。
 戦闘でも代理でベントインしたら自分じゃなくてゾルダに装着されてしまい、意気揚々とガードベントを出そうとしたら自分だけ撃たれるはめに(笑

●真司のギョーザがうまかったのでレシピを教えてもらおうと花鶏を訪れるゴローちゃん。だからどうしていちいちガン睨みしながらながら言うのだ(笑
 真司は料理が得意なんだろうか。朝食のフレンチトーストも旨いって言ってたしなあ。

●タイムベントで時間を逆行させられる真司。必死に流れを変えようとするものの逆らうことができず、手塚の死をもう一度体験するはめに。
 浅倉の脱走を北岡に伝えるものの、自分の願いを適えるために13人揃わないと困る北岡はそれを聞き流してしまう。
結局なにひとつ変えられず、時間はそのまま戻るも……
「ほう、何故私の現われる場所が分かった?記憶が消えなかったのか。」
「さあね?……お前を一発殴りたかった。」
一矢報いたこのシーンは好き。

●蓮のメモ。
「ガラス代    :\30,000
利子       :\ 5,000
迷惑料     :\15,000
「いびき」による
 睡眠妨害代 :\25,000
日頃のうらみ  :\25,000
バカがうつる  :\20,000
うるさい!   :\30,000」
いびきがうるさいのとは別枠で用意されている「日ごろのうらみ」「うるさい!」が気になります。
というかこんなメモ作ってわざわざ持ち歩くなよ、蓮。

ワンピ映画

昨日の夜の時点ですでに「(当日の)昼までは満席だ」と言われたので昼過ぎに行ったんですが、アホのような行列が。
ぎりぎり座席が残ってたレイトショーに滑り込むことができましたが、見ていると翌日まで猛烈な勢いで埋まってる。

てか、ものの話では全上映188館中68館が全上映回満席だとか……


込みすぎ込みすぎ込みすぎ

仮面ライダー龍騎

16話まで。ライア&ガイ登場。

・手塚の言葉通り、本人の言葉ほど酷薄にはなれない蓮。
 一度は真司と馴れ合うことを避けようとするものの最後まで拒絶し通すことができなかったり、口でどう言っても結局アドベンドカードを奪われた真司を見捨てられず、芝浦から取り返すのに助力していたり。始は本気でクールでニヒルでしたが、蓮はクールでニヒルを貫こうとしているけど最後あるいは最初の一線でどうしてもなりきれないという感じ。
 恋人に「俺は勝つ。他の誰にも、自分自身にも」と語っているのが象徴的。
 戦闘でもナイトはダメージを受けてよろよろしているシーンが多いのですが、それでも必死で食らいついていって最後は必ず立っているのはひとえに蓮の執念か。

・占い師としての才能なのか、超越的な視線で蓮の胸中を見抜いていく手塚。喋らない蓮の心情を描写していく上で見逃せない会話が続きます。
 ただ蓮がライダーバトルに参加する動機を知る展開として、恋人の病室までストーキングしたあげく覗き見でそれを知るというのはもうちょっと上手な流れにできなかったのかと。

・人を殺してしまったと勘違いして絶望する真司。北岡先生マジ性悪。生きててよかった、と繰り返すシーンでは芝居に加わったゴローちゃんのほうが困惑するほど素朴に感情を表現していたのが真司らしい(笑
 こういうところが真司はホントに一般人なんだな、と。

・エレベータで真司と一緒になって、「口笛うまいですね……」と呟くシーンのゴローちゃんの目つき怖すぎ。あれは真司じゃなくても何事かと思う。

・芝浦は本気で憎たらしい小悪党だのう。しかも大して強くないし。

koeeeeee

ぶっ壊れやがったパソコンの新品を注文したんですよ。
二代前のパソコン買った時に使ったんですが、その時4年前くらいに購入して2年前に引退したもののそれ以来親父が未だに現役で使用中とかなり物持ちがよかったので今回もDELLで買ったんです。特急配送使いました。

で、ふと気になって調べたら悪評の山山山。
一ヶ月経っても届かないとかいう話がゴロゴロしてやんの。

……大丈夫かなぁ。
250GBのHDDで注文したのに届いたのを見たら160GBだった、とかいう体験談もあるし……

「民主党にだまされた」 沖縄県民に広がる鳩山政権不信

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091129/plc0911292214015-n1.htm

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、鳩山政権の言動が二転三転し、方針を決まらないことに、沖縄県民の不信感が高まっている。「県民の心をもてあそぶことは許せない」「閣僚の一人や二人が首を差し出しても収拾がつかない」。こんな過激な声も出始めた。


 普天満宮近くの商店街でも同様の声が強い。

 昭和30年から商店街に住んでいる80代女性はこう言って声を荒らげた。

 「新聞で鳩山さんや閣僚の発言を読むたび、バカ野郎と怒鳴ってしまう。民主党にだまされた」。居合わせた40代の高校教諭も「ヤマトンチュ(大和人=本土側)は真剣に考えていないことがよく分かった。民主党も選挙の時は『早く撤去して危険を排除する』と言い張ってきたのに」。

 70歳の男性も「いつ事故が起きるか不安で仕方がない。辺野古で決まったのだからそれでいいじゃないか」と、爆音をあげる戦闘機を見上げた。

 県内の自治体首長経験者は「民主党は衆院選で『県外』を訴えたが、具体的な構想が全くなかったわけだ。あてもなく、ただ『県外』を強調し、反自民を印象づけることしか頭になかった。沖縄県民に過度な期待感を持たせた罪は大きい。沖縄はかわいそうだとか、口先だけの同情の声は出るが具体的な考えは全くない」と語った。




 他党による政権の合意としても二国間の取り決めである以上、合意は合意として尊重されるべきであるし、仮にそれを覆そうというなら先の合意を履行しない理由を論理的に説明し、かつ新たに取って代わるに足るだけの現実性のある代案を用意しそれを積極的に進めていくべきだが、現在の鳩山政権はそのすべてを欠いている。
合意を履行しない理由の説明も、代案の用意もなく、ただただ選択肢をダラダラと列挙して言説を二転三転させ時間を空費することに徹し、それどころか政府内の食い違いを修正・統一しようという努力すら見えない。

要するに総合的には「とくに理由はないが合意は尊重しない。代案は出さない。ゴールも設定しないし、早期の決着も考えていない」となり、ただ純粋に無為無策であり怠慢な態度に終始している。


一体鳩山政権は日米安保をどうしたいのか。