FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はやて×ブレード 11」林家志弦

物語上の役割を終えた連中でもちゃんと出番を回しているのはなかなか上手いと思う。
炎雪がこんなギャクキャラなポジ回されるとは思ってなかった。
とうとう綾那に名前を覚えさせるのを諦めて「初めまして」と自己紹介するおかみさん、空挺降下が出来ずに蹴り落とされるシド、人を呪わば穴二つを地で行く氷室、本格的に実力の片鱗を見せ付け始めた祈、直進しかできない綾那などなどバラエティ豊かな展開で面白い。
はやてとナギの関係はなかなか明確に描かれないのう。

……しかし会長、新刊読むたびにいつも同じこと書いてる気がするが今回ほど真剣に思わされたことはない。

 あ ん た は 普 通 に 登 場 で き ん の か

黒騎士はねーよ黒騎士は(笑
スポンサーサイト

寺田インタ

http://webmagazine.gentosha.co.jp/B-TEAM/vol213_special.html

・いずれαのリメイクもやらなきゃならない
・スパロボ以外のコンパチ復活も視野
・乳揺れは嫌いじゃない!(キリッ

この3つだけでも大いに価値あるインタと言うべきか。
αはバンプレオリ勢の大暴れとか欠点もありましたが、作品超え掛け合いのDVE化、「プロトカルチャーが宇宙怪獣から逃れるために人類保管計画を発動させたのが現α世界の源流」「ダカール演説で凋落したティターンズがゼーレに再編されロームフェラ財団から提供されたMDシステムをガンダムMk2に搭載してネルフ本部襲撃」というくだりに見られる、設定レベルでの大胆なクロスオーバーなど、ウインキー時代のコンパチゲーの域を出ていなかったものが本格的クロスオーバーゲーへシフトしていくきっかけになった作品でもありますし、リメイクはやって欲しいな。

そのほか気になった点をいくつか。

>気を付けてるのはゲームの情報の出し方ですね。
>加減を間違えると過大期待をされ、蓋をあけてみたらアレ? っていうのになるとガックリされますし。
>かと言って、情報を過度に出し惜しみすると宣伝効果が薄まるし。難しいです。
PV2で運命両断剣とかデータウェポンスパイラルアタックとか真聖ラーゼフォンまで見せてしまったMXのことかー!
……オリ後継機の必殺技以外はほぼ全て出てたような記憶が。それこそシャッフル同盟拳もあったし。

(ロボットアニメ玩具、プラモデルについて)
>基本積んでますが、自室にはロボットのおもちゃがいっぱい並んでます。
>でも、「スパロボ」の仕事をしていると、いつ何が必要になるかわからないんですよ。
>かつて「ブレンパワード」を「スパロボ」に出した時、参考資料としてウチにあったプラモがもらわれていきました。
>ガンプラならともかく、レアなキットは最低2個購入しますね。自分用と資料用で(笑)。

(ネットの掲示板などについて)
>個人的にはほとんど見ませんね。掲示板での意見を否定するつもりはありませんが、どこの誰がどういう意図で書いたかわからない文章に振り回されても仕方がないし。
>まあ、僕自身が褒められてることは少ないでしょうから、自分で見ても辛いだけだし。
>ただ、ネットをチェックした部下から報告を受けることはあります。
>匿名の掲示板だからこそ、書ける意見もあるでしょうしね。
>だから、ネットでの意見を無視したり、軽視しているわけではありません。

(次は何を参戦させたいですかと聞かれて)
>言えないです(笑)
>そこが一番のサプライズやっちゅーねん! って話ですよ。
>よく聞かれるんですけど今どんなロボットアニメがお好きですかとか、次にどんなの出したいですかとか、そんな誘導尋問には引っ掛かりません(笑)。
>そりゃもちろん、参戦させたい作品や個人的にハマってる作品はいろいろありますよ、ありますけど言えないです。

趣味でプラモデル買う時まで仕事のことがついて回ったり、自分の好きな作品ひとつ語ることもおちおち出来なかったり、寺田Pってほんと大変な仕事してるなあとしみじみ感じる。
しかし寺田P、今でこそわりと同情的・好意的な意見も見られますが、α~α外伝のころのバッシングは凄まじかったなあ……
バンプレオリ自体、ネガティブな意見が主流だった頃だったからOG1発表もなかなか盛り上がらなかったり。

いや、今ならもう理不尽な寺田Pバッシング無くなったのかといえばそんなことはないですが。
相変わらず参戦ラインナップ中の特定作品しか好きじゃない奴からの偏狭なバッシングは絶えませんし。NEOならエルドランとかも出てるのにアイアンリーガーだけに目をつけて「スパロボ参戦ってあいつらに人殺しさせんなボケ」とか言っちゃう人とか、Jの時に「リルル(バルザックの彼女)がいないなんて正気とは思えない」なんて言ってたブレードの信者とか。プレイもしないどころか、参戦作品リスト発表するだけで氏ねとまで言われるPって寺田くらいだと思う。プレイヤーの絶対人口が多いから頭のおめでたい人も沢山いるもんなー。

特に種関係はかなりバカバカしいことになってた。
初参戦の三次α当時は種アンチにされたり種信者にされたりで寺田めちゃめちゃ忙しかったしなあ(笑

10月の買い物その3

kaidasi-09-10-3.jpg

●メガハウスアートワークス「ピーコックアンデッド」
 誌上通販限定とはいえやけに高かった(ギラファの倍)んですが、後で調べてみたら定価の時点でそれくらいの値段だった……
 
●ロボット魂「ダブルオーガンダムセブンソード」
 OOFからダブルオー系バリエーションが立体化。
 ロボ魂に限らず、OO2期からのMSVでは初めての商品化かな?
 しかしあまり設定とか出回ってない機体(俺も詳しくは知らない)だし、MIAの頃についてたデータコレクションシートが欲しくなるなあ。

●音楽全集「銀河疾風サスライガー」
 サスライガーのサントラをまとめてCD音源化。J9サントラはレコードしかないので大変ありがたい復刻。
 このムーディーな感じがたまらんのう。そのままバーのBGMに使っても気づかれないんじゃないか?みたいな、明るくお洒落で非常にいい感じ。J9シリーズ特有の雰囲気をもっとも如実に表したBGMだと思う。「J9はオープニングだけ見れば充分だな!」とかのたもうたどっかの似非熱血漫画家は死ねばいいと思うよ。氏ねじゃなくて。

閑話休題。ところで久石譲的にはこれ今じゃ黒歴史なんですかね?

●「スーパーロボット大戦NEO」(写真入れ忘れ)
 90年代、エルドランやラムネといった独特の作品が集まった異色のスパロボ。
 ただ個人的には興味のある作品・思い入れのある作品が2つしかない(ブライガーとリューナイト)ので、その時点でスパロボを楽しんでプレイする上では相当深刻なハンデ背負わされてますね。実際全然モチベーション上がらなくて、買ったはいいけどさっぱりプレイが進みません。ここんとこでいわゆるリアル系作品に傾倒しすぎたかなあ……VFとかACとかWMとかKMFとかSPTみたいなメカが一つも無いと妙に盛り下がる。

 ところで特典、ワタルは伏字にされてるのにゼーガペインは伏字になってないのはどういう差なんでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。