「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕分けについて

とりあえず防衛省の仕分けについて。

銃器弾薬の導入コストで「インターネットには一丁30ドルで買えるとあった」発言とかは各所管事業ごとに専門家を振り分けたりせずに、約450にものぼる全省庁の事業を一括して同じ12人に行わせた弊害が露骨に出た一件(その発言主である金田教授は東京大学情報基盤センタースーパーコンピューティング研究部門の教授で防衛・軍事は完全に門外漢)だろうが、防衛省の説明にも疑問を感じる。

PAC3の導入で「必要なときに近くにないと移動に時間がかかる」と説明して「移動の時期を早めれば?」と仕分け人に言われている(11/27付中日新聞朝刊)が、その説明の仕方だと時間がかからない移動方法を用意できればいいのか、移動時間の問題をクリアできさえすればいいのかということになる。
「PAC3の数が減ればそれだけ危険に晒される範囲が広くなり、被害が増す可能性を高めるがそれを国民に説明し責任を負う覚悟があるのか」とか、本質的なことをそのまま説明すればいいだろうになぜそれをしないんだろう。

MLRSの導入の時でも「着上陸部隊を水際で撃滅するため」と説明していたが、 それもなんだかおかしな説明で、「着上陸部隊の襲来地点を性格に予想/察知し迅速に現地へ展開し橋頭堡を築かれる前に水際で撃破するのは至難だ」って言われたらそれで終わりだったろう。素直に「砲兵の火力を強化するため」と言わない理由がわからない。

 仕分けの対象になった在日米軍の思いやり予算における全国一律の基地労働者の給与水準についての議論でも、全駐留軍労働組合の中央執行委員長から「仕分けの対象になること自体疑問」「(仕分け人は我々の)状況や中身への理解度は極めて浅い」と仕分けに対する痛烈な批判を招きつつも、それと同時に「(防衛省の)説明も今一歩、私から(代わりに)説明したいことも多々あった」と防衛省側の説明にも小さからぬ不満が出ている。(11/28付読売新聞朝刊)


批判を集めている科学技術関連の仕分けについては議論できる能力がないが、興味深かったのが
このエントリ。
スポンサーサイト

フィギュア2つ

【“フィギュア2つ”の続きを読む】

11月の買い物その2

kaidasi-09-11-2.jpg

●「聖闘士星矢聖衣神話 ベヌウ輝火」×2
 LCからの聖衣神話第二弾は輝火。一輝の前世ではと噂され、三巨頭に匹敵するとされる猛者ですな。LCだと三巨頭はホントに強い(特にラダマンティス)上、先代アルデバランに手傷を負わせたりと実際けっこう強い。ただなかなか出番がないのですけど。
 LCマイスは前回のテンマが高い割りに初期青銅程度の被覆面積しかない簡単な聖衣であまり売れなかったので、今回は売れてほしいところ。
 ……マニゴルドのアペン出ないかなあ。

●「Journey through the Decade」Gackt
 いまさら購入。
「僕の目の前に広がる9つの道はいつか重なって」とか「旅に出る理由は世界が滅びる未来変えるため」ともう文句なしのディケイドのためだけの曲。
この作詞関連を調べてて知ったんですが、平成ライダーの曲って龍騎以外は挿入歌・EDに至るまですべて同じ人が作詞してるんですね。
道理で妙にどの曲もやたらと内容を意識してるわけだ。

●「Share the world」東方神起
 ワンピの11期OP。インベルダウン編に入ってから時々見るようになったんですが、なんか気に入って購入。
 歌詞はさほどワンピの内容を意識してるわけでもないんですが、「見えない壁の向こう側に待っている君がいたんだ」で壁につながれてるエースを映し、次の「もうすぐに届くから」で手を伸ばすルフィ→背中合わせに対峙するルフィとエースという流れに見られるように映像が本編と歌詞の内容をかなり上手にすり合わせているので合っているように聞こえるマジック。ラップ部分も波の揺れ方やジャンプしてパンチするルフィの動き方と曲のリズムを極力合わせているので違和感が少ない。
 個人的には意味ありげに向かい合う(見詰め合う?)ルフィとハンコックのカットが好き。

●「秘密推奨!うるとLOVE!」N's
 乃木坂春香の秘密二期ED。出演ヒロインによる華やかで明るいガールズポップです。

●「only my railgun」fripSide
 上の曲といい、電撃アニメは本編の内容を意識したテーマ曲が多くていいなあ。いつかオーフェンもアニメになったときはそういうセンスのいい楽曲をつけてもらえるといいんですけれども。

●「アーマードコアヴァリアブルインフィニティ ウェポンユニット13・14・15」
 武器セットもいよいよネクスト用パーツがリリース開始。第一弾でいきなりスナイパーキャノンみたいな素敵性能の高い武器や定番の人気武器である月光、fAの新パーツであるコジマパンチが出るという気のきいた内容。別にハードモード版オルレアを再現しよう、と思ったわけでもないんですが月光は二つ購入してみました。
 あとは社長砲が出れば言うことないんですが。

●「殿といっしょ 4」大羽快
 鬼嫁・小松の父親登場。この嫁にしてあの父ありというか……
 幸村・昌幸の弟&徳川家いじりは(無駄に)絶好調。
 アニメイト特典の殿といっしょ版政宗vs幸村の図はかなり笑える。対決になってねぇ!
 アニメも期待したいところです。

●「ゼロセン 5」加瀬あつし
 間違えて1~5までまとめて写真に入れてしまった。
 
 クソむかつく外道チンピラが登場するわけですが1巻の間にきっちり決着がつく展開。(厳密には最後の顔面ピカソがあと1回残ってるけど)
 遠慮なく悪党を締め上げるのでストレスなく楽しめますな。
 「500馬力のパーカーつーか1馬力のパカパカがオレらを追って~!?」のシーンはいろんな意味で痛快。

●ハセガワ1/72「Sv-51γツインブースター」
 VF-27を買いにいったはずなのに帰ってきたらSv-51を買っていた不思議。
 もともとSv-51ツインブースターがデザイン元なわけですが、VF-27にはFASTパックつかないのかしら。

雑記

ずっと調子が悪かったパソコンがついにお亡くなりに。
来月にならないと新型が用意できねえとはなんてこった!

●乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ
サトリナは やはり えろいな
もう椎菜メインヒロインでいいよ、うん。

●殿といっしょアニメ化
ほんとに戦国ブームやなあ。
最近火事とか爆発事故多いけど、焼き討ちマニアの信長大丈夫だろうか。
あと景勝のCV誰になるやら。

●新作マスターグレード
久しぶりの量産メカMG化だけど、なんでジンクス?
フラッグのほうが人気あるものとばかり思ってたんだがなあ。
ジンクスⅢアロウズカラー・連邦軍カラー・アドヴァンストジンクスとかエールストライクのごとくバリエーション出まくる予感。
……アストレイの赤や金はまだかな。

●F-XはF-35に決まった模様。
 まったくこれだからみんすはどうしようもないな!1!!1!!

「18年の日米合意、前提とせず」 首相の普天間発言、波紋

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091116-00000045-san-pol

 鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、13日の日米首脳会談で合意した日米閣僚級作業グループでの検討は、名護市への移設を決めた平成18年の日米合意を前提としないと同時に、決着も急がないと述べたことが波紋を広げている。岡田克也外相は首相の考えに同調したが、自民党の石破茂政調会長は15日、「背信行為とも言うべきだ」と批判し、民主党の長島昭久防衛政務官も「正直びっくりした」と語った。

 「オバマ大統領とすれば日米合意を前提と思っていたいだろうが、それが前提なら作業グループを作る必要がない」

 首相は14日夜、訪問中のシンガポールで記者団と懇談しこう語った。一方、大統領は同日の演説で「(作業グループは)すでに達した合意を履行するためのものだ」と述べており、認識の違いは明確だ。

 岡田氏は15日、フジテレビの「新報道2001」で、「日米首脳会談で合意したのは検証作業だ」と述べ、あくまで現行計画に至る経緯の解明が目的だとして首相に同調した。

 これに対し、石破氏は15日、記者団に「こんなことなら首脳会談をしない方がよかった」と強調。さらに「大統領の言ったことが合意の中身だと思う。首相は自分の言ってきたことと整合性を取るために合意をなかったと言ったとしか思えない」と指摘した。

 長島氏もNHKの番組で「オバマ大統領が『今の日米合意を迅速に実行する』と言ったにもかかわらず、首相が(打ち消すような)話をして正直びっくりした」と述べた。

 日米間の懸案となっている普天間飛行場の移設問題をめぐっては、首相は衆院選の最中、国外・県外移設を目指す考えを表明していた。9月の就任後、「移設先は名護市しかない」とする米側の姿勢が硬いことから対応に苦慮。13日の首脳会談では、主要議題を「個人的信頼関係の構築」に置き、ひとまず結論を先送りすることでどうにか米側の配慮を取り付けた。

 オバマ政権は普天間移設に伴う米海兵隊のグアム移転費も含む2010年度予算編成を年末に固める必要がある。タイムリミットは迫っており、大統領も首脳会談で「迅速な決着」を促している。

 そうした中で大統領の発言を否定するかのような首相発言は、「不確実な状況が続くことは望ましくない」(クリントン国務長官)とクギを刺してきた米側の態度を一気に硬化させる可能性もある。


 もう鳩山首相が日米安保をどこに持っていこうとしているのかがまったくわからない。
自民党政権下での合意など民主党政権では関係ない、と思っているのかなんなのか知らない(本当にどう思っているのかさっぱりわからない)が、すでになされた合意が前提にできないなら、一体何のための合意かという話になる。

 設置された作業部会は17日から日米双方の防衛・外交の両閣僚が首席代表を務めて開催されるとのことだが、米側は在日大使を代理として出席させるとのこと。
「一度決まったものをなんで今更また議論する必要があるのか」と言わんばかりの態度に見える。

 首相はほかにも
 「日米合意は当然重視するとオバマ大統領には申し上げた。しかし、その合意のもとにすべてを決めるという話であれば、議論する必要がなくなる。議論する意味というものを、オバマ大統領も実際にはよくわかってくださっている」
と述べているが、そもそも最初から一度合意に達した議題を改めて議論する必要があるのかどうか。わかってくださっている、というのは単に自分の願望を述べているだけなのではないか。

 そもそも一番解せないのは「合意を前提とせず」で問題をもう一度議論しようと言っているにも関わらず、そのための地元工作を積極的に進めるでもなく、与党・政府内で議論を交わす様子もなく、首相や外相が口先で議論しようと言っているだけで行動がまったく伴っていないこと。
結局どうしたいのかがまったくわからない。

 米国風に言うなら、ガチガチの日米同盟マフィアである長島昭久氏の心労やいかに。

11月の買い物

kaidasi-09-11.jpg

●フィギュアーツ「仮面ライダーカブト」
 なんとなく購入。初SHFです。
 SICに慣れきっていたのでこんなにぐりぐり動くものだとは思わなんだ。
 比較的低価格帯のフィギュアですが、複眼や曲面が美しいメタリックレッドの装甲などカブトのデザインの要点はバッチリ押さえているのでポイント高し。ガタックもほしいのう。

●「ゼロセン 1~4」加瀬あつし
 なかなか踏ん切りがつかなかったんですが、一気に全巻購入。
 相当わかりやすい勧善懲悪もので、「悪人に言葉は不要、オトシマエは絶対つけさせたる!」というマガジンらしからぬ割り切った内容で痛快至極。

●「アスラクライン 13」三雲岳斗
 これは果たして勝利したのは操緒と奏、どっちなんだろう……アニメはここまでやるのかな?

●「とある魔術の禁書目録 19」鎌池和馬
 超電磁砲が絶賛放送中ですがそんなこと知ったことかと言わんばかりにビリビリ登場せず。まあこの表紙で一方さんのターンだと判明した時点で分かりきっていたことではありますが。
 浜面いつの間にか彼女まで作りやがってこの野郎!この作品でキスまでいったのはお前が初めてなんだぞ!上条さんだってそこまでいってないのに!
 提督は一応生きているらしいですが明らかに死んだほうがマシな状態っぽい。麦野はまた出るのかアレで(笑
 そして次回はいよいよ一方さんがカミやんと遭遇する展開か?

●ロボット魂「紅蓮聖天八極式」(写真入れ忘れ)
 アルビオンのとき大不評だったエナジーウイングの色がちゃんとした成型色で安心。どうしてこうできなかった!
 ところで魂ウェブの拡張セット、輻射波動腕のケーブル射出状態を再現するパーツがつくとのことですがリード線とかでこいつの下腕部保持できるんだろうか。

メガハウスアートワークスモンスターズ ギラファアンデッド

仮面ライダー剣の事実上のラスボスであるダイヤスートのカテゴリーキング、ギラファクワガタの始祖たるアンデッド。
ブレイドの変身畳を粉砕したり、ギャレンのマスクを叩き割ったりと大暴れしたクワガタの角のような妙な形をした二振りの大剣が特徴ですが、このフィギュアでも忠実に再現されております。 【“メガハウスアートワークスモンスターズ ギラファアンデッド”の続きを読む】

雑記

ネットに氾濫する民主党・鳩山バッシングってどうして他愛ない一挙手一挙動の揚げ足取りばっかりなんだろう。
「毎日中華料理屋に出かけて晩飯食うのがけしからん」とか、彼らが言うところのマスゴミによる麻生のバー通い癖バッシングの類と何が違うんだろう。
「対外・同盟協力で負担を負うのはイヤだけど扱いだけは対等にしろ」という外交姿勢なんて叩いて下さいと言わんばかりなのに、そういう政策への議論はほとんど無いっていうのはどういうことか。

●今週の銀魂は人気投票回。これ今週発売の新刊のネタなんだが本気でストックないんだな……

 以前原作者が「原作のやばい部分をアニメにするときどう料理するのかと思って見ていると 平然とそのままやる。むしろもっとやばくなってて驚く」と言ってて、スタッフは「(うちのパロは)コンテを切った段階では○○風というだけなのに完成すると風が取れてる」と言ってましたが、今週はまさにそれを地でいったなぁw
原作だと単に絵柄だけの北斗の拳パロディだったのを、アニメ北斗そっくりなタイトルロゴやBGMまで用意しちゃって……「I am shock!」とかわざわざバックコーラスしてるのは笑った。こんなネタに力入れすぎだろw

●星矢LC、まさかの双子座に新技でビックリ。
 しかもマグマ召還技とか。かつて人気投票でペガサス流星拳をギリギリまで追い詰めた大技ギャラクシアンエクスプロージョンだけでは物足りないと申すか。

●「あかね色に染まる坂」
 湊ルートクリア。
 クールだがお茶目、清楚だが時折色気も見せる、と申し分ないヒロインでした。申し分なさすぎて一気にプレイできないくらい。キャストオフ時の胸部装甲もポイント。
 俺は妹属性まったくないのにこんなにときめかされるとは……ッ!

 欲を言えば無理にストーリーに起伏をつけようとするよりダラダラといちゃついていられればそれで良かったんですが。その意味ではガチの近親という点をあまり掘り下げなかったのは正解かな。

●ベルリンの壁崩壊から20年。当時の写真を時系列順に
 わたしは物心ついた時すでに壁が崩壊していた世代なので、当時のドイツ人がどんな思いで壁を眺めていたのかとか、壁を破壊しようというまさにその時何を考えていたのかとかはあんまりよくわからない。
統一後いっこうに経済格差が是正できず「やっぱり壁壊すんじゃなかったかもだ」的なけちくさい話を耳にするくらい。

嘉手納・普天間基地問題雑感

●米軍が世界戦略の見直しを進めている最中に、妥協のない負担軽減(というより完全廃止)のみを絶対視する反対論を続けていく限り地元民にとって良い結果が訪れることは決してない。
 ただでさえ絶対反対としか言わない沖縄地元民の意向は日米両政府から年々軽視されていく一方であるという事実を鑑みない限り、米軍基地の現状はこれからも漫然と固定化されていくだろう。

*ニュースで嘉手納町民のインタビューを見たが、「どうして嘉手納にばかり軍用機を集めるのか」という発言に唖然とさせられた。日本では基地が嘉手納にしかない、とでも言わんばかりの発言だが、地元民の意識はみんなこんなものなのだろうか?

●「時にはノーと言うことが真の友人関係であり、異論ひとつで揺るぐようでは頼りない」といったような、個々人の人間関係と国家間の同盟問題を混同した情緒的・抽象的意見を相手にする必要などまったくないことは今更論を待つ必要はない。
 NATOが同盟を維持していく上でどれだけの政治的コストを支払ってきたのか?

●鳩山政権に変わっても、米軍再編と激動する東アジアの安全保障環境という二つの要素の中で、日米同盟をどう東アジアの安定に関与させていくのかという根本的安全保障戦略を考えていくような発言は見られず、従来の自民党政権と同じように近視眼的にただ同盟負担軽減のみを求めていくという姿勢のままであるように見受けられるのは大きな不安を抱く。

*基地問題から離れて見ても、給油打ち切りやアフガン派兵否定など、同盟負担はひたすら拒絶する一方で日米地位同盟の改定を求める鳩山政権の現状の姿勢は率直に言って理解に苦しむ。

●遅々として進まなかった同盟再編協議に米側はかなり苛立っている。そこに来ての問題先送りはマイナスにしかならない、というよりもっと致命的な事態を招く恐れすらある。来年一月の名護市長選までの先送りなど論外だろう。
 最低限、政府内の意見統一だけでも済ませておくべき。
 また米側から真っ向から否定されたにも関わらず、アフガン支援と普天間基地をリンケージさせる外交戦術にいつまで固執する気か。

とにかく早期に決着をつけるのが優先されるべきだろう。

「はやて×ブレード 11」林家志弦

物語上の役割を終えた連中でもちゃんと出番を回しているのはなかなか上手いと思う。
炎雪がこんなギャクキャラなポジ回されるとは思ってなかった。
とうとう綾那に名前を覚えさせるのを諦めて「初めまして」と自己紹介するおかみさん、空挺降下が出来ずに蹴り落とされるシド、人を呪わば穴二つを地で行く氷室、本格的に実力の片鱗を見せ付け始めた祈、直進しかできない綾那などなどバラエティ豊かな展開で面白い。
はやてとナギの関係はなかなか明確に描かれないのう。

……しかし会長、新刊読むたびにいつも同じこと書いてる気がするが今回ほど真剣に思わされたことはない。

 あ ん た は 普 通 に 登 場 で き ん の か

黒騎士はねーよ黒騎士は(笑

寺田インタ

http://webmagazine.gentosha.co.jp/B-TEAM/vol213_special.html

・いずれαのリメイクもやらなきゃならない
・スパロボ以外のコンパチ復活も視野
・乳揺れは嫌いじゃない!(キリッ

この3つだけでも大いに価値あるインタと言うべきか。
αはバンプレオリ勢の大暴れとか欠点もありましたが、作品超え掛け合いのDVE化、「プロトカルチャーが宇宙怪獣から逃れるために人類保管計画を発動させたのが現α世界の源流」「ダカール演説で凋落したティターンズがゼーレに再編されロームフェラ財団から提供されたMDシステムをガンダムMk2に搭載してネルフ本部襲撃」というくだりに見られる、設定レベルでの大胆なクロスオーバーなど、ウインキー時代のコンパチゲーの域を出ていなかったものが本格的クロスオーバーゲーへシフトしていくきっかけになった作品でもありますし、リメイクはやって欲しいな。

そのほか気になった点をいくつか。

>気を付けてるのはゲームの情報の出し方ですね。
>加減を間違えると過大期待をされ、蓋をあけてみたらアレ? っていうのになるとガックリされますし。
>かと言って、情報を過度に出し惜しみすると宣伝効果が薄まるし。難しいです。
PV2で運命両断剣とかデータウェポンスパイラルアタックとか真聖ラーゼフォンまで見せてしまったMXのことかー!
……オリ後継機の必殺技以外はほぼ全て出てたような記憶が。それこそシャッフル同盟拳もあったし。

(ロボットアニメ玩具、プラモデルについて)
>基本積んでますが、自室にはロボットのおもちゃがいっぱい並んでます。
>でも、「スパロボ」の仕事をしていると、いつ何が必要になるかわからないんですよ。
>かつて「ブレンパワード」を「スパロボ」に出した時、参考資料としてウチにあったプラモがもらわれていきました。
>ガンプラならともかく、レアなキットは最低2個購入しますね。自分用と資料用で(笑)。

(ネットの掲示板などについて)
>個人的にはほとんど見ませんね。掲示板での意見を否定するつもりはありませんが、どこの誰がどういう意図で書いたかわからない文章に振り回されても仕方がないし。
>まあ、僕自身が褒められてることは少ないでしょうから、自分で見ても辛いだけだし。
>ただ、ネットをチェックした部下から報告を受けることはあります。
>匿名の掲示板だからこそ、書ける意見もあるでしょうしね。
>だから、ネットでの意見を無視したり、軽視しているわけではありません。

(次は何を参戦させたいですかと聞かれて)
>言えないです(笑)
>そこが一番のサプライズやっちゅーねん! って話ですよ。
>よく聞かれるんですけど今どんなロボットアニメがお好きですかとか、次にどんなの出したいですかとか、そんな誘導尋問には引っ掛かりません(笑)。
>そりゃもちろん、参戦させたい作品や個人的にハマってる作品はいろいろありますよ、ありますけど言えないです。

趣味でプラモデル買う時まで仕事のことがついて回ったり、自分の好きな作品ひとつ語ることもおちおち出来なかったり、寺田Pってほんと大変な仕事してるなあとしみじみ感じる。
しかし寺田P、今でこそわりと同情的・好意的な意見も見られますが、α~α外伝のころのバッシングは凄まじかったなあ……
バンプレオリ自体、ネガティブな意見が主流だった頃だったからOG1発表もなかなか盛り上がらなかったり。

いや、今ならもう理不尽な寺田Pバッシング無くなったのかといえばそんなことはないですが。
相変わらず参戦ラインナップ中の特定作品しか好きじゃない奴からの偏狭なバッシングは絶えませんし。NEOならエルドランとかも出てるのにアイアンリーガーだけに目をつけて「スパロボ参戦ってあいつらに人殺しさせんなボケ」とか言っちゃう人とか、Jの時に「リルル(バルザックの彼女)がいないなんて正気とは思えない」なんて言ってたブレードの信者とか。プレイもしないどころか、参戦作品リスト発表するだけで氏ねとまで言われるPって寺田くらいだと思う。プレイヤーの絶対人口が多いから頭のおめでたい人も沢山いるもんなー。

特に種関係はかなりバカバカしいことになってた。
初参戦の三次α当時は種アンチにされたり種信者にされたりで寺田めちゃめちゃ忙しかったしなあ(笑

10月の買い物その3

kaidasi-09-10-3.jpg

●メガハウスアートワークス「ピーコックアンデッド」
 誌上通販限定とはいえやけに高かった(ギラファの倍)んですが、後で調べてみたら定価の時点でそれくらいの値段だった……
 
●ロボット魂「ダブルオーガンダムセブンソード」
 OOFからダブルオー系バリエーションが立体化。
 ロボ魂に限らず、OO2期からのMSVでは初めての商品化かな?
 しかしあまり設定とか出回ってない機体(俺も詳しくは知らない)だし、MIAの頃についてたデータコレクションシートが欲しくなるなあ。

●音楽全集「銀河疾風サスライガー」
 サスライガーのサントラをまとめてCD音源化。J9サントラはレコードしかないので大変ありがたい復刻。
 このムーディーな感じがたまらんのう。そのままバーのBGMに使っても気づかれないんじゃないか?みたいな、明るくお洒落で非常にいい感じ。J9シリーズ特有の雰囲気をもっとも如実に表したBGMだと思う。「J9はオープニングだけ見れば充分だな!」とかのたもうたどっかの似非熱血漫画家は死ねばいいと思うよ。氏ねじゃなくて。

閑話休題。ところで久石譲的にはこれ今じゃ黒歴史なんですかね?

●「スーパーロボット大戦NEO」(写真入れ忘れ)
 90年代、エルドランやラムネといった独特の作品が集まった異色のスパロボ。
 ただ個人的には興味のある作品・思い入れのある作品が2つしかない(ブライガーとリューナイト)ので、その時点でスパロボを楽しんでプレイする上では相当深刻なハンデ背負わされてますね。実際全然モチベーション上がらなくて、買ったはいいけどさっぱりプレイが進みません。ここんとこでいわゆるリアル系作品に傾倒しすぎたかなあ……VFとかACとかWMとかKMFとかSPTみたいなメカが一つも無いと妙に盛り下がる。

 ところで特典、ワタルは伏字にされてるのにゼーガペインは伏字になってないのはどういう差なんでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。