FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R-1も好きだけど、個人的にザクはR-2型が一番かっこいいと思う

ザクⅡR-2型の脚かっこいいです。
正直脚作っただけで満足しかねないレベル。
3基の大型ノズルがイカしてるぜ!

●SICの仮面ライダーV3を見にいったんですが、本体がかっこいいので買おうかなと思って手に取ると裏に「スタンドにはドクトルGの死体が付属!」とか書いてあります。
 ひっくり返して見直すと、確かにスタンドにドクトルGと思しき人物が半分白骨化して埋め込まれてる……
 さすがにこれは不気味ですよ。結局買わずに帰りました。

 ドクトルGといえば、ヒーロー戦記の時自分の部屋にヨーゼフ・メンゲレの本が置いてあったのを見てビビったなあ。
 悪の改造人間を生み出す奴が「死の天使」の著作を持っているとはブラック過ぎる笑えないジョーク。
 でも後で考えたら、ドクトルGってNSDAP帰りだから持っててもおかしくはないのか……

●みなみけ~おかえり
 相変わらず 保坂は きもいな
 本棚の向こうを見たら、自分より頭二つ分くらい高い大男が腰をかがめてじっとこっちを見ているとかプチホラーだと思う。
 ( 0w0)<ナズェミデルンディス!
 スパイスの歌はまさかのボーカル化。どっかで音源化してくれねえかなあ(笑
 「これは私がもらったものだからわけてあげないよ」と笑顔で言うカナに普通にうなずく藤岡。
 そのへんやつの人の良さが出ている気がする。
 しかし藤岡の中の悪魔、かっこよすぎだろ。


●安西先生……エロゲが欲しいです……
 しかし今月は瀬戸の花嫁OVAとフラジール(wiiのRPGのほう。AMSから光が逆流するアレにあらず)を買うし、サザーランド可翔式も届くんだよなあ。
 他にもいつの間にか去年出てた江畑謙介と池内恵の新刊も欲しいし。
 まこと悩ましい。

●ウェブ拍手レス
はろMk-Ⅱさん
>ウルトラマンのザラブ星人の時に「無茶苦茶濃度の高い放射能反応がある」という霧の中を
>ヘルメットのバイザー下げただけで入ったり、セブンのポール星人のときは電動ドリルで原子炉直したりとかなりいい加減かと>放射能描写
>いやまその大らかさが好きですがw

特撮と核は切っても切れない関係(ゴジラ的な意味で)というイメージがあったんですが、細かい枝葉の描写そのものは簡単に描いてるんですね。
 確かにヒーロー番組で放射能の恐怖をくどくど説かれても困り者ではあります。

 逆に登場人物の出自や組織のバックボーンの設定は昔はかなり無茶してたように見えます。
 死ね死ね団の設定とか、ドクトルGの経歴とか。
スポンサーサイト

仮面ライダーBLACK RX その2

RXが泣けるほど強い。

ロボライダー;超硬い無敵装甲の前に傷ひとつつかない。
       突っ込んでくるロボに怪人がカウンターを決めたはずが、もろに食らったはずのロボが無傷で逆に怪人の腕が吹き飛んだ

バイオライダー:ゲル化で束縛されてもあっさり脱出。あと通常攻撃は透過してしまうのでまったく受け付けない

 ・怪人猛攻撃→ロボライダーはびくともしません。ゴッドマーズみたく炎の中をノシノシと歩いてくるよ

 ・地下1000メートルに閉じ込めたぞ→ゲル化して水がたれてくる隙間を通って脱出

 ・毒だ!→バイオになれば無効化どころか分析することで血清作ったり

 ・バイオにならば炎に弱い(ただし6000度以上)!くらえ!→ロボになれば炎攻撃完全無効だよ

 ・ロボの装甲をも切り裂く剣を用意したぞ!→斬ろうとしたらあっさりバイオになってゲル化で避わされたよ

 ・生身のところを冷凍バナナで襲って心臓に釘打ちだ!→打たれた瞬間ロボライダーになって打撃を無効化。死んだと思ってたのにだまされたよ

ところでロボになって強力パンチでぶっ飛ばした挙句「逃がさん!」は理不尽だろw

●クライシスの情報支配で指名手配されて
 「この人たちを倒すのは簡単だ。しかし、僕は人を傷つけたくない」
 とあえて逮捕される光太郎。さすがヒーロー。
 でも白のブルゾンに鉄格子って、こんなに牢屋は似合わないヒーローも珍しい気が。

●四国編ではなんだか光太郎たちもクライシスも観光旅行チックでテンション高め。
 親指だけ下に向けて「ぶっ殺す」のしぐさを見せるボスガンとか。
 つか毎回名所の「絵になる」シーンばかり写るのでますます観光旅行。

●しかしダスマダー、査察官なのに四大隊長のうち特定の誰かと釣るんでは抜け駆けする算段ばかり。
 そんなだからクライシス四大隊長は内部対立が耐えないんですよ。

鋼鉄神ジーグ

視聴完了。

主役=バカ熱血カッコイイ

ヒロイン=ナイスバデーカワイイ

宙さん=強すぎかっこよすぎワロタ

おおまかにまとめるとこんな感じ。
かつてのダイナミック系ロボットアニメの正当発展型と申しますか。
剣児はホントバカだけど、見ていて気持ちのいいタイプのバカ。
額を割っても垂れてきた血を舌なめずりしながらものともせずに起き上がって立ち向かうとか。
銅鐸奪われてジーグになれねーって時も、しばらくは悩んでたが結局
「取られたもんは奪い返しにいきゃいいじゃねーか」
とあっさり割り切っちゃったり。

しかし6話のおっぱい祭りはひどかった(褒め言葉
柳生隊長の少し照れながらの「捕まえてみてごらんなさい♪」のエロカワイさには痺れました。そりゃ剣児もハッスルするわw
それ見て怒り狂ってジーグバーツ猛乱射するつばきもまた良し。
アイキャッチのヒミカのおっぱいは唖然としたよ!

ロボ的にはスカイジーグかっけー。
猛烈地獄張り手はネーミングが凄まじいですが、やってることも凄まじい。

ミッチー1号と宙さんの握手シーンはまじ感動。
目の見えない宙さんに、老いたことを知られたくなくて握手する手を躊躇した上、宙さんが手触りで「ん?」となった瞬間とっさに手を引こうとしたのを宙さんが引き止めるとかもうね。

エピローグで司馬博士が娘の玉子焼き食って、
「こ、これは!」
と、ミスリードを誘っておいて
「……生きてて良かった」
と涙ぐむシーンも地味に好きです。

あと宙さんホント強くてかっこいいです。
短い出番で前作主人公の面目躍如な大活躍しつつも新主人公を食わない絶妙な塩梅。
襲ってきたハニワ幻神を前に、
「ジーグにはなれなくても、お前たちは俺の拳で十分だ!」
とか断言した挙句ビルドアップどころかチェンジサイボーグすらしないでハニワぶちのめしたのには吹いた。
さすが歴戦の猛者。

閑話休題。
そんなけしからん柳生隊長=「こんにちは!僕です!ジョシュアです!ヴァンさん置いていかないでぇ~」と気づいたときの衝撃。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。