「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

TOS ラタトスクの騎士 その4

やりたくなくなったわけでもないのにずっと放置でダラダラしてたのですが、スパロボ新作出てからようやく再開。

氷の神殿のイベントを見ながら。

「私、自分の中の理想のエミルより目の前にいるキミのほうが
 ずっとずっとかっこいいと思うよ」


甘ぁーーーーーーいっ!
(CV星野貴昭)


冷やかすでも呆れるでもなく、にこやかに笑って「女性にそこまで言わせておいてだんまりというのは頂けないな」と爽やかにフォローする会長もナイスダンディ。
というか赤エミルもガチでマルタ好きなんだな。
スポンサーサイト

9月の買い物その2

kaidasi-08-9-2.jpg
●アニメージュ10月号
 ルル×C.C.派な俺ですがこのものすごいルル×C.C.エロ表紙には別に興味が無くて、水島&名塚の禁断の弟妹対談がものすごいエロいルル×C.C.の表紙の次に気になったので購入。
kaidasi-08-9-2b.jpg

 何度見てもマジヤバイ。ルルは絶対この後人間としてパワーダウンしたとしか考えられない、ガンソード的に考えて。

●「らき☆すた 6」美水かがみ
 表紙に部長進出。
 今回は各キャラの8頭身プライベートショットがお気に入り。
 みさおとかゆーちゃんとか。風呂上りのラフ姿なみさおは……まあ、そりゃあやのを見習えって言われるよな。ていうかあやの、絶対普段の髪型よりそっちのが可愛いと思う。
 
 内容的には起承転結ちゃんとつけられるようになってきて、漫画になってきたなあと言ったところか。
 
●「グレートメカニックDx.6」
 ギアスR2・マクロスF特集。すでに内容とその感想を書いてますが、色々面白い内容でした。

●「ボイスニュータイプ」
 ギアスキャスト陣対談で購入。
 ガンソの時と違って色々キャラの立ち位置とかが入り組んでるので、中の人のキャラ観とかが凄い気になるんだよなーギアスは。

●「パンプキン・シザーズ 10」岩永亮太郎
 表紙がえらい変わってて、危うく気づかないところだったよ……
 インヴィジブルナインは本当に勝つための部隊だったのか?とか、ハンクス課長の過去とか色々気になる伏線が。

●「清村くんと杉小路くんろ」土塚理弘
 清杉第3シリーズ。3だったのがろと読み間違えてしまったので、もうそのままでいいやというのが今回のタイトルの由来だとか。どういう由来だ。
 内容は言うことなし、さすがの土塚。清村の甘党っぷりは相変わらず異常(笑
 
●「マテリアル・パズル 採光少年」土塚理弘
 ダイジェストですよと事前に言われてて、それを知った上で買っても
「ちょwwwダイジェストすぎwwwそこで切るなよ気になる気になるwww」
って思っちゃうなぁ(笑
 でも
 「お母さんと一緒に、闘おうね……」
 が最高に盛り上がって、もうね。本編楽しみ。
 ところで土塚、また結構絵が変わってきたような。

●ハイコンプロ OOガンダム
 汚染物質を撒き散らすことにかけては定評のあるものを作るアクアビット社と、とにかく変態なメカを好んで作って本社との騒動まで起こしたGAヨーロッパが合併することで生まれたトーラス社が作ったMS。  
 2基のGNドライブで世界をGN汚染するための究極のGN超人。

 ……いえ、嘘しか言っていませんが。

 HGと悩みに悩んだのですが、HGでは置く場所がそろそろなくなってきたのと(現在判明している分だけとはいえ)装備フルセットという点で結局HCM-proに。
 
●「会長はメイド様! 6」藤原ヒロ
 今回メイドになってないような気がする会長。
 本格的にデレ始めた会長。
 着物も可愛い会長。
 そんな6巻。

●「機密費」歳川隆雄
 そのまんま。投売りされてたのを買いました。
 「機密費」と聞いて絶対悪視するタイプの作者じゃなくて、きちんとインテリジェンスを理解している人なので内容はしっかりしてて面白い。
 永田町・霞ヶ関でよく言われるのは、「外務省出所の情報はあてにならない」ということなんだそうで……なんともはや。

メカいろいろ

vin7.jpg
ヴィンセント(VF-Xレイヴンズ仕様)・コンクエスター。
ハドロンブラスターのコネクターがフロートユニットの上にそのまま載せるタイプなのでヴィンセントにもくっつくという仕様。
 FASTパックをイメージしてコネクター基部はネイビーブルー、ハドロンブラスター砲身はマウラー社の連装ビーム砲をイメージして黒鉄色で塗装。
 ヴァリスは普及しなかったけどハドロン砲は普及してるくさいし、多分エース用ヴィンセントの中にはこんなバージョンアップ型もあったと思う。あったらいいなあ。

【“メカいろいろ”の続きを読む】

現在のパソコンデスク(08/9/23)

desk9.jpg
気がついたら前列は同じのがずらっと並んでるよ。言われるまで気がつかなかったけど。

【“現在のパソコンデスク(08/9/23)”の続きを読む】

9月の買い物

書いてたのにアップするの忘れてた(汗

kaidasi-08-9.jpg
●1/35「コードギアスメカニックコレクション ランスロット・コンクエスター」
 展開の遅さに定評のあるギアスプラモ。
 例によってやっぱり遅く、聖天八極式の手でコンクエスターがバラバラにされた週に発売とか。
 HGブリッツガンダムじゃないんだから……
 しかも俺が買った直後にランスロットアルビオンが出てきて大活躍するとか何事か。
 おかげで作る気力無くなって、結局ハドロンブラスターだけヴィンセントに移植したでござる。

●「コードギアス 反逆のルルーシュR2 sound episode3」
 展開のイカレっぷりに定評のあるギアスCDドラマ。
 ナナリーの声で「人間の屑」とか「ケダモノと言ったら動物に失礼」って言われると妙にゾクゾクするのはなぜだ?
 
 ルル「貴様のその図体で高校生とは無理にもほどがある!」
 若本「そこはオイオイと言っておけば良いルールになっておる」
 ルル「そんなわけがあるか!」
 セシル「あの~……」

 じゅうななさい自重。つかビーム出してなかったか?

 100物語大会ではみんなで怖い話。
 しかしみんなブリタニア人、よくわからないので「旅行中に冷蔵庫が壊れて、帰ってきたら冷蔵庫の中で何かがたくさん飛び回る音が……」「掃除したらベッドの下から返却期限を半年過ぎたビデオが……」と違う意味で怖い話に。
 金縛り体験談かと思ったロロは「実は僕にはギアスっていう力があって、それを寝てる時に無意識のうちに使っちゃってたみたいなんです」(本当にこう言った)というオチ。
 そしてブチ切れるスザク……
 「これじゃアフレコ後の飲み会と一緒じゃないか!」
 もうぐだぐだ(笑

 来月のvol.4もイカレポンチな内容のようで楽しみ。

●「コードギアス反逆のルルーシュR2 2巻」岩佐まもる
 感想は書いたので略。

●「コードギアス反逆のルルーシュ 生徒会事件簿」朝香祥
 こちらは1期準拠の日常ドタバタコメディ。
 面白くないわけじゃないんですが、CDドラマの後だとはっちゃけ度が足りなく感じるから困る(笑
 あと初詣C.C.のシーンに挿絵がないことに大・激・怒!
 そこは挿絵入れるとこだろこら!

●「ひぐらしのなく頃に解 コミケ74限定CDドラマ」
 さすがにネタ切れの感がなきにしもあらず。というか祭囃子アフターを声付きでやって欲しいんですけどねー。

●「To heart2 このたま4」
 今年も出ていたこのたま4。でも落合の気合が足りないタイトルコール。
 ささらはCDドラマでちょっと妄想癖のあるアホの子化することで、全力で株を挽回してるなァ。

 今回最大のウリはパッケ見て一目瞭然、うたわれとくロスオーバーかましやがったこと(笑
 タカ坊とハクオロさんが入れ替わるんですが明らかに無理ありすぎでさんざん突っ込まれます。
 しかしタカ坊はトゥスクルでアルルゥに懐かれて妹萌えに開眼。やめろタカ坊!お前が萌える妹は名塚声の子だけで十分だから!これ以上シスコン対象増やしちゃダメー!
 ……本編ではついにシスコンも克服しましたが、それはさておき。
 しかしみゆきちかわいいよみゆきち。
 来年は生徒会メンバー以外も出して欲しいところ。

●figma「ルルーシュ・ランペルージ」
 「私が第99代皇帝、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアです」をやるべく購入。つかなんでゼロ出してくれなかったの、figma。
  ……で、

doutei.jpg


 実際にやってみました。
  なかなかサマになってるもんですな。
 これスタンドもついてるからラブアタックの時のサヨーシュ空中大回転も再現できるし。

●コトブキヤ「ツインバードストライクセット」
 高機動ビルガーとテスラドライブ展開形態のウイングつきファルケンのセット。
 ……ナインボール・セラフと同じサイズなんですよね、この箱。
 箱開けて「あれ、たったこれだけのパーツで一体分?」とか思ってしまう。
 付属スタンドはヘルハウンド(劇パト2の陸自攻撃ヘリ。しかしよくあんなチョイ役メカをわざわざ立体化したなブキヤも)のと似たような奴かな?

男達のYAMATO追記

菊水作戦モノならいい加減

「国を挙げての戦争に、水上部隊の伝統が何だ。 水上部隊の栄光が何だ。馬鹿野郎!」

という台詞を入れて欲しいもんだ。
滅びの美学とかそういうのを描いてるつもりなのかもしれんが、あの本を読んでいれば

「こんな浪花節してても、その実は何の軍事的合理性もない、ただ面子のためだけの作戦を、貴重な重油を豪快に無駄遣いして実行してるだけなんだよなあ」

という虚しい思いがぬぐえない。

ギアスR2 24話「ダモクレス の 空」

●「ここは僕に任せて先に行け」で行ったほうが先にやられるという斬新過ぎる展開。

●蜃気楼、戦闘では活躍できませんでしたがそれ以外ではダモクレスのブレイズ・ルミナス(そろそろこの名前も視聴者に浸透したかしら)を絶対守護領域で押さえ込んだり、フレイヤキャンセラー(仮)の「19秒とコンマ4秒の壁」を見事乗り越えたりと大活躍。
 最期がアレでしたが十分よく頑張ったんじゃないでしょうか。

●アルビオンvs神虎&斬月もさすがにこのクラス二人がかりとなると鎧袖一触とはいかない様子。
 それでも超機動性とスザク得意の足技で斬り抜けて裏側に回り込み神虎の片腕叩き切るのはさすがですが。

●大破状態でなおアルビオンに挑んだ斬月は撃墜されるも脱出、ろくに相手にされずにそれこそ一蹴された(笑)玉城も撃破。なんとか生存か。

●ニーナ株猛上昇中。ここまでユフィの想いを理解できずにイレヴン殺せとか言ってただけに感慨深い。
 しかし「君『は』立派だ」というのは自分はそうじゃないという自覚があるんでしょうか、ルル。

●パーシヴァルの盾がなぜかここで登場。まあ素ランスロットじゃ厳しすぎるし、ないよりはましといったところか。

●何をするのやら、という感じでルルとC.C.がお互い向き合って一歩踏み出したところにカレン乱入。
 夫婦の話に割り込んできた昔の恋人という構図にしか見えんぞ(笑

●フレイヤキャンセラーはまさに「俺とスザクが揃えば出来ないことは何も無い」。

●スーパーヴァリス(そういう名前らしい。グレメカより)は展開形態でハドロンブラスター化してるな。
 あとちゃんとマウントするためのホルダーがあったのね。
 前回ポイ捨ててたからアルビオンのヴァリスはマウントできないものかと……

●トリスタンはパワーアップ&大幅にカッコよくなって登場。1/2エクスカリバー(?)は蜃気楼の絶対守護領域すら両断する流石の威力。

●ムシャクシャしているカレンの意気込みに従うように武器を目一杯使って(今回みんな自分の機体の武器目一杯使ってますが)大暴れする聖天八極式。
 ピンクランスロットvs聖天八極式も頑張りましたがさすがに勝負になりませんで。
 特斬刀MVSの突き下ろし→縦回転キック(そういやこれスザクと反対だな)→袈裟斬りでピンクロット大破。
 そういやこの時胸部がピンク色に発光してるから、ランスロットのユグドラシルドライブは胸ってことでいいのか。

 しかしカレン、試合には勝っても勝負には負けてるぞ。


●人の感想見て気づいたんですが、ナナリーの「カギはどこ?!」描写は何度も繰り返すなあ、と思ったら最後、きょろきょろしてたのが止まってカギのほうを正確に見てる……ラストカットの伏線だったのか。

●銃傷もなかったし流血も少なかったなぁ、と思ったらやっぱコーネリア生きてた……ってギルフォードもかよっ?!

●人には意思がある(日本編の結論)しそれぞれの明日がある(中華編の結論)、と珍しくロボットアニメの主人公っぽいことを。
 しかしシュナイゼルにも言われたように、さんざん人の意思を捻じ曲げてきたルルーシュにそれを言う資格がありやなしや……それは来週次第か。

●マオの時は不自然な間や会話になってないのを会話に見せかけたりしてましたが、シュナイゼルはきっちり卓球のように会話を。
 ルルも言ってますが、シュナイゼルのほうが思考を読み易いということか。
 しかしこの期に及んであえて「ゼロに」従え、というギアスをかけたのは何の伏線か。

●ジェレミアvsアーニャ、そして大本命のアルビオン&スザクvs八極式&カレンでヒキ。
 ルルvsナナリーは……?

サザラン可翔式キタコレ

●グレメカ読んでたんですが、ギアス記事でも結構面白い情報が。
 蜃気楼の可変形態は日本との間を往復して、ルルーシュの学園生活とゼロの騎士団生活を両立させるための機能であって戦闘用じゃないんだとか。
 「指揮官用機」ならぬ「ゼロ専用機」ということだそうで。
 アルビオンのヴァリスの銃身が開く形態図とスーパーヴァリスという名前もこの本初出か?
 今月号はかなり見所の多い本でした。
 VF-25/27はパイロットの耐G保護性能で最大25G保証とか。
 27のインターフェースは直接脳の視角野や聴覚野に情報を整理統合して送り込んでるので、操縦も27なら思うだけで動いてくれるという……
 単純な戦闘機としてのハードウェア性能といい、チートってレベルじゃねえぞ!

●ギアスR2、黒の騎士団は最近扇ジャパンとか言われて批判の矢面に立たされとりますが、そこまで大騒ぎするほどのことじゃなく、単に「参謀しか残らなかった組織の顛末なんてこんなもんじゃね」って気がするなあ。
 シュナイゼルの掌の上なのに「俺たちの力をあわせれば~」とか、確かにお笑い種ではありますが。

 それはそれとしてジェレミア卿、サザーランド可翔式発売決定おめでとー!俺買うよー!

●男たちのYAMATOはTV放送で見たわけですが、ほんと邦画の戦争ものってダメだなあ。
 オブジェクトの燃え方がなんか仮面ライダーと同じに見えるし、艦橋の崩壊の仕方がやけに見覚えあると思ったらなんかロボットアニメチックなんですね。
 あとグロテスク描写がすごい鼻について、自然さに欠ける。
 兵器がからまない人間同士のドラマの部分はわりと泣けましたが。
 同僚の戦死を報告に帰って「あんただけなんでのこのこ生き残って帰ってきた」ってその親に責められる一連のくだり。
 最後は親も一緒に泣き出して「死んだらあかん」という……
 字で説明すると果てしなく陳腐ですが。

 なんかもうファッションにすぎないロボットアニメの戦争(by福田)のほうが創作としてはよく出来てる気がする。

グレートメカニックDx.6

ギアスR2、マクロスFなどの特集。
マクロスは詳細なスペックシートがついに公開されました。

●VF-25
性能
 (新星インダストリーマクロスフロンティア工廠独自開発/LAI社技術支援)
ファイター形態
 全長18.72m
 空重量8450kg

エンジン
 新星インダストリー/P&W/RR/FF-3001AステージⅡ熱核タービンエンジン×2 (推力1620KN+×2) *約165000kg×2
 スラストリバーサー、3D機動ノズル装備
高機動スラスター
 P&W HWM-9
最高速度M5.0+(高度10000m、それ以上の加速も可能であるが耐熱限界となるため)
ノーマル仕様のまま衛星軌道への進出が可能 *イコール単独で第一宇宙速度に到達可能
12.7mmビーム機銃×1
25mm高速機関砲or25mmビーム機関砲どちらか選択×2
25mm高速機関砲
58mmガンポッド
備考
フォールド・ブースター対応

●VF-27
 マクロスギャラクシー可変戦闘機工廠が独自開発。
 全長18.8m
 空重量12080kg

エンジン
 新中州/P&W/RR/MG FF-3011/CステージⅡ熱核タービンエンジン×4 
(推力1377KN×4) *144000kg×4
高機動スラスター
 P&W HWM-9
最高速度M5.2+(高度10000m)
機体耐熱限界のため、短時間ならPPBとSWAGを併用してM9+が可能
FASTパックなしで衛星軌道に到達可能

基本兵装
20mmビーム機銃×1+25mm高速機関砲or25mmビーム機関砲×2
35mm重ビーム機関砲×2
ビームガンポッド/ビームグレネード
4連装内蔵マイクロミサイルランチャー
25mm高速機関砲
備考
スーパー・フォールドブースター対応

両機ともISC(慣性バッファー)搭載でパイロットの瞬間最大耐久Gは25Gを保証。
VF-27はギャラクシー工廠のガルド・ワークスが開発担当、データは社外秘で新統合軍にも開示を拒否しており正式にはYF-27扱い。
4発機の出力余剰でファイター形態でも短時間ならPPBとSWAGの使用が可能。

(ここまで)

VF-27のアホみたいな超スペック……
YF-19で出力重量比15.4あって「テラアリエナスwwww」言われたのに、27はおよそ45ってどんだけ……
基本兵装の火力も充実しすぎ。

これでまだFASTパックが出てきてないんだから恐れ入る。

ブログのタイトル変えてみた

単に自分の欲望をブチ込んだだけなのに凄い長くなったよ。

どうでもいいはなし。
意外と簡単に作れるらしいので、ためしにロボットアニメ鑑定作ってみました。

しかし今週のサンデーすげえな。「バカとテストと香辛料」って(笑
いやいや畑君やっちゃっていいんですかそんなの。

件のブログのつづき

見てたらすごい面白いことになってた。

「正に無気力・生命力皆無、受身一辺倒の現代日本の象徴の様」(笑」
「快感ファシスト」(笑

神輿担ぎに行くってだけで集まってくるバカ(今度は褒めてます)をさして無気力で受身一辺倒、とか言われてもなぁと思ったら案の定大炎上してやがる
単に「日本オワタwwwww」とでも言っておけばいいものを。

一番笑ったのがコメント大炎上で手がつけられなくなって、そのオチ。

「このブログも反萌えという名のファシストなんです。
 相手を説得しようなどと思っておりません。ですので証明する必要もありません(中略
 できるだけ説得力があるように書いているつもりですが、無いとお思うのであればそれでも構わないのです。
 何故なら「反萌え」というファシズムを掲げている事それ自体に管理人は価値観と美を見出しているから
です」

ズバリ開き直るなよ?!

硬派(笑)【追記】

硬派アニメオタク検定、だそうです。

「ガンダムは1stしか認めない!押井作品は神!反萌え・反腐女子・反同人主義の硬派なアニメオタク度をチェックします」
なんて書いてある時点で最高に頭が悪い(褒めてないよ)典型的な自称硬派(笑)のは丸出しなんですが、一応やってみました。

しかし設問が凄すぎる。

Q21.いわゆる「萌え」「アキバ文化(系)」について、貴方の考えに近いものを選んでください(複数選択可)
 ・「萌え」「アキバ文化」こそ新しい可能性を秘めた新時代の日本文化の担い手である!
 ・「萌え」「アキバ文化」は積極的な消費者集団として電気街を活性化させる救世主である
 ・「萌え」「アキバ文化」は今後ますます隆盛し、わが国のメインカルチャーになるだろう
 ・「萌え」「アキバ文化」は日本のオタクのみならず海外でもブームであり、わが国が誇る積極的な輸出産業である
 ・「萌え」「アキバ文化」に括られる人々が集団となり徒党を組んでいる現状は、アニメーションを純粋なアート作品として楽しむ旧来の保守的なアニメファンの活動の場を圧迫していると感じる
 ・「萌え」「アキバ文化」に括られる人々が悪いのではなく、彼らを面白おかしく取り上げる旧来のマスメディアの弊害こそ問題である
 ・「萌え」「アキバ文化」に括られる人々は資本家や大企業に都合のいいだけの、暗愚な消費者に過ぎずない。このような受身一辺倒の彼らのような存在の増長には将来性を感じず、暗澹たる思いだ
 ・「萌え」「アキバ文化」に括られる人々は、アニメが好きというよりも性対象としての二次元美少女マニア等であり、旧来のアニメファン・アニメオタクとは全く次元の異なる集団である
 ・「萌え」「アキバ文化」などで括られる人々には激しい憎悪や嫌悪感を覚える。このような連中は断固として排斥しなければならない!
 ・「萌え」「アキバ文化」等に興味がない、若しくは無回答

……こんな設問出されても非常に困るんですが。
最後の設問はもっとひどい。

Q25.想像して下さい。「萌え至上主義」を掲げる原理政党がわが国の与党となり、芸術性やテーマ性の強いアニメ作品の上映やDVD所持を禁止としました。この場合、貴方のとる行動に最も近いものをひとつ選んでください
 ・武器を取って同志と共に立ち上がる!
 ・この国はもう駄目だ・・・悲観して国外に移住する
 ・表向きは政府に純朴な態度をとり、地下で同志と抵抗運動をする
 ・特に何も抵抗しない、何も主張しない
 ・逮捕や投獄されるくらいなら、この際自分も萌えアニメのファンになる
 ・むしろ政府に積極的に協力し、コミケなどに積極的に参加し、利権のおこぼれをもらう
 ・理想の世界だ!何の問題もない
 ・上記いずれとも異なる

どうもロシア的倒置法の世界。いやむしろソ連の世界。
暗愚な消費者(笑)
断固として排斥(笑)
武器を取って同志とともに立ち上がる(笑)

……で、こんな鑑定結果に。

「作品によっては「萌え」も積極的に肯定するという考え方のようです。今のスタンスを変えろとは言いませんが、今のその考えが豊富な知識に裏づけされた結果の結論であるのか、それとも乏しい知識を基にした短絡的な思考なのか、もう一度自分自身に問うてみてください」

萌え肯定は乏しい知識の短絡思考で、豊富な知識に裏づけされれば自動的に萌え憎悪になると言わんばかり(というかそういう鑑定結果もらってる人いますね)。なんじゃこりゃ。

前原圭一と聞いて作品名がわかるのは硬派じゃなくて、白石みのるで作品名がわかるのは硬派とか基準も意味不明。

本人のブログじゃ「反動萌えアニメ」なんて単語も飛び出してるし、もういっそ「日本人の精神を害し堕落させる退廃的反動萌えアニメ」とか言っちゃってもいいんじゃないでしょうか。

*っていうか、「反動萌えアニメ」って一体なにに対する反動なんだ?

*あと鑑定結果でやたらと自分のブログ宣伝するのはなんでだ。

追記。
この鑑定、色々反響を招いているようで、あちこちで話題になってますが、その中をさ迷ううちに非常に印象に残った一言。

「最近のアニメをいかんと言っているだけで硬派が気取れるなんて、ずいぶんと楽な時代になったなぁと思います。
 そもそも見てる側とすれば、せいぜいそれが森雪と柊かがみぐらいの違いしかないのに、アニオタが硬派なはずがないじゃないですか」

非常にごもっともな意見で。

「なんでだろ?」

●芸能人とか文化学者とか門外漢に限って嬉々として政治語るのなんでだろ。
 フランス文学者が嬉々として反米政治本を書評してたりとか。
 英語学者が自由主義史観にお熱を上げたりとか。
 あと今日知ったけど「大東亜戦争への道」の中村粲も実は専門は英米文学なんだとか。
 道理でトンチンカンな記述だらけで秦郁彦にフルボッコされるわけだ。

●GジェネスピリッツだとブルーディスティニーシリーズがEAXMとマグネットコーティングの相乗効果で(バイオコンピュータ起動前だけど)F91なみのスペックたたき出すのなんでだろ。

 ……すごいどうでもいいけど原作未見のスピリッツユーザーに「実はビグ・ラングはどうしようもない役立たずの失敗作」って説明するのが凄い大変だった。

●「最近のアニメはつまらない」って言ってる奴に限って最近のアニメも昔のアニメも別に大して見てるわけじゃないのなんでだろ。

●ギアスのCDドラマってR2になってからいつも毎度ブッ壊れてるのなんでだろ。
 KMF擬人化座談会て。

●コンマイがトロンベ/デカマスターボイスに14歳役やらすのはなんでだろ。
 

●CoD4の公式CMがこんなひどいシロモノ(褒め言葉)なのはなんでだろ。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3903881
 フセインが米帝の手でストラップにされていなかったらもっと面白かったろうに、と不謹慎なことを考えざるを得ない。

漫画とかの話

・星矢LC
蠍座のカルディア、双子座?のデフテロス、アスミタ再登場、テンマ修行完了とボリューム盛りだくさん。
 死んだのにしれっと登場してるアスミタはさすが乙女座。……でも乙女座の黄金聖衣って十二宮になかったっけ?
 デフテロスも「銀河を砕ける」発言は最低でもギャラクシアンエクスプロージョン使えるってことでいいよな。
 しかしあいつが本物の双子座だったとすると……サガに比べてえらいムキムキの大男だけど、あの巨躯が双子座の黄金聖衣に納まるのか?
 カルディアは拷問役。よく言われる「スカーレッドニードルって慈悲深いとか言うけどむしろ拷問じゃね」ってのを反映したのかなあ。
 双子座はギャラクシアンエクスプロージョン(&アナザーディメンジョン)で十分すぎるとして、蠍座には新技ないのかしらん。

・「よつばと!」8巻
ARIA・みなみけと並んで感想を書きにくい漫画です。
今回一番笑ったのはやっぱり「よつばは俺が守る!」「とーーちゃーん!」のコンボでしょうか。
何あの無駄にカッコいい登場の仕方(笑
台風の回の、傘で吹っ飛ばされていくよつばを追いかけるあさぎととーちゃんの無言のコマ割りも絶妙な味がありますが。
 
・「コードギアスR2」小説2巻
岩佐まもるのノベライズ。
本編で描かれなかったというか、映像で描いてもしょうがないエリア11総督ナナリーの統治の日々の話。
「ゼロは何も分かってねーな精神論ぶっこいてもゲットーの日本人の腹は膨れねえし仕事が湧いてくるわけでもないんだよアホかバカかと。
 それより提督ゲットーの失業率と就学率と疾病率をなんとかしてください」
とかかなり面白い話でした。日本人の事故犠牲者は刻まれてない工事慰霊碑の件とか。
蓬莱島での黒の騎士団も100万人食わすのに大忙しだったりと、色々やってたんですね。
こういうところはアニメで描いても動きに乏しい上に根本的に面白くないので、文字媒体丸投げは正解ではないかと。
3巻は何描くんだろうな。

・ゼロセン
加瀬あつしの新連載。
マガジンヤンキー漫画特有の「不良をクズと言ってはいけません」臭がなくて読みやすい。逆にこれがキッツイのは、まぁ言うまでもないけどシバトラとか。
ここで一週空いちゃうのは惜しいが、それにしても
「ABCD包囲網よん」「乳タカ山ノボレ!」
とか相変わらず下ネタオヤジギャグの語呂のセンスがいいな(笑
「橋の上のホニョ」が頭から焼きついて離れないよ。

・マテリアルパズル
本編はさておき、今後の展開がなんだか「どうなってんの?」としか……土塚作画がもう拝めないのはヤだなぁ。
まあここで今度は0章新規独立連載とか、相変わらずフリーダムにもほどがあるけど(笑
ある意味富樫以上に好き勝手に描かせてもらってる気がするな、土塚。

一枚減っちゃった話

「みなみけ」持ってきてくれ、と頼まれて、単行本5冊揃えて店に行って少し仕事を手伝ってきたんですね。
なんだかんだでみんな仕事で徹夜明け(俺だけは休みなので遊んでて夜明かしたんですが)でした。

友人A「おいあれ持ってきてくれた?」
俺「(三つ葉を切りながら)あれってなんだ」
友人A「あれだよあれ。えーと、ほら……そうそう。
    みつばと
俺「……一枚減ってないか?」
友人B「一枚減ってるな」

オメーが三つ葉切ってるから混ざっちゃったんだよ!とはAの弁。

……でもやりませんかね、よつばと!×みなみけ。
ハルカ姉様とあさぎを前にどっちが美人だー?!とか悩むジャンボとか、チアキvsヤンダとか。
ヤンダはしょうがない奴だから小学生でも逆さ吊りにして振り回したりすると思うんだ。まったくしょうがないばかやろうだ。

天木直人があまりにも面白すぎることになっている件

当初こそ華々しく報道され、著書がベストセラー入りもしたけれど半年くらいでもう忘れられて、気がついたら週金あたりに時々顔を出させてもらえる程度の、8流くらいの黄色い蝶・粗悪紙専門フィクションライターに成り下がってしまった天木直人元大使が凄いコトになってました。

『2005年、倒閣を公約として第44回衆議院議員総選挙に小泉の選挙区である神奈川11区から無所属で立候補した。しかし、神奈川11区での得票は7,475票で当選することはできなかった(小泉は197,037票で当選した)。立候補の際、新聞や公式サイトで民主党・日本共産党・社会民主党に自党候補の擁立断念と自分を推薦すること、そして各野党支持者に自分への投票を呼びかけたが落選。民主党には自民党への吸収合併を、共産・社民両党へは「潔く消滅せよ」と解党を要求した。

2007年の参議院議院選挙に9条ネットから出馬する。当選後は朝鮮半島政策で考えが異なる9条ネットではなく「天木新党」を結成して活動すると主張したが再び落選。「保守2大政党による政権から日米同盟一辺倒でない内閣を作る方が良い」と、9条ネットへは完全に決別を宣言し、結党の意義すら全否定した』

http://www.amakiblog.com/archives/2005/10/24/

いつの間にか9・11陰謀論にはまっちゃって、さりげにベンジャミン・フルフォードのDVDなんて紹介してるし(笑
もう本格的にカルトの仲間入りしてたんですね。

わたしゃ落選以前に9条ネットなんて政党があって、しかもそこが候補者を出したということすら今日まで知りませんでしたよ。

ブログ見てると色々面白くって、グルジア情勢もこの人が要約すれば「アメリカなんかに頼るからロシアの不安を煽るんだサアカシュビリの米帝ポチ、バーカ!!11!!」になっちゃったりとか、野中広務に会うのを断られたことを「実は親米軍事同盟論者なのを我がギアスに見抜かれるのが怖かったからなのサ!小泉に踊らされる愚民どもは知らんがこの真眼はごまかせぬわ!」とか何の根拠があるのかやたらと自慢げに書いてたり、チベット暴動も「中国の悪もロシアの悪も、米帝軍事力の極悪非道にくらべればまだ許せる」とか思いっきり本音(これじゃもうただの反米趣味者ってことでいいっすよね、この人?)ぶっちゃけちゃってたりとサイコーなんですがいちいち追っていくとキリがないので省略。

でもこのエントリ

「アフガンにおけるNGO邦人射殺事件の衝撃」

なんかはすごく面白いと思うんですよね。どんどんヒートアップしていく後半の、いつの時代のだよって思うようなすんげえ安っぽいアジ文章のセンスとか(笑
そのまま印刷して電柱に貼り付けても違和感ないんじゃないのコレ。

「知れば知るほど最大の無駄は政府と官僚の仕事ぶりであることがわかる無駄を無くすということの本当の意味は政府や国会議員、官僚を革命的に減らす事である」

確かに知れば知るほどこんなのが外務省のまがりなりにも大使だったということに戦慄すら覚えますが、そういう最大の無駄(のひとつ)はもう数年前に革命的に減らされたわけだ、うん。
良かった良かった……さすがに今でもコレを血税で養ってまーす、とかになったら泣けますしねえ。

そこに痺れるが憧れない

「らき☆すた」と「会長はメイド様」の新刊と戸部良一やら半藤一利集めて太平洋戦争特集してる文芸春秋を買うべく本屋に繰り出して、ついでに偶然目に留まったわしズム立ち読みしたんですが、小林よしのりセンセイはこのようなことを仰られておりました。

「(前略)掘り下げるとついてこれないんだ。思考する持久力がない」
「新奇や珍奇のみを情報化社会の中で追い求めていくという姿勢で、手前勝手な独創的意見や奇怪な見解を発表したって、それはもう単なる歴史の喪失に過ぎない。
 そんなにきょろきょろするのは止めなさいよと言いたい。真実は不動だと構えなきゃ。不動なのは楽しいものではないかもしれないけどね。
 だが刺激に反応して右に左に動いてるだけじゃミジンコと同じじゃないか」

( Д )  ゚  ゚


……これはあれですか?
「『自己紹介乙』って言うのをどれだけ我慢できるかゲーム」かなにかですか?

 「ということはまさにおまえはミジンコそのものというわけですね」

とか、

 「きょろきょろしながら奇怪な珍説を発表することにかけてはあんたが日本最強でしょうが」

なんてツッコンじゃったら「ミエミエのエサに釣られてご苦労さんですクマー(AA略」ですか?
冗談もほどほどにしてくださいよ、もう。


……っていうかなんでわしズム未だに廃刊になってないんだろうね。
いやまあ書店じゃ配置はたいていこの本の横には「ムー」とか宝島系の雑誌が並べられてるんだけど。

「コードギアスって地上でのナイトメアフレームの動きが良かったよね」?

「コードギアスって地上でのナイトメアフレームの動きが良かったよね 」

こういう意見はよく見るなぁ。
まあしかしスレ内でも反論されてるけど、あえて言おう。

ボトムズに魂引かれすぎであると!


……いやホント、斬月の制動刀に付いてるブースターを活かした鋭敏な袈裟斬り・斬り返しや髪を使ってのスザクキック防御、輻射波動防壁を使って遮二無二突っ込んでくる斬月をハーケンブースターで迎え撃つランスロット、肘撃ちで相手を爆砕するギルフォードやロロのヴィンセント、スラッシュハーケンを通じて流れてくる電撃を輻射波動防壁で防いだり絡め取られて放り投げられた状態からその位置取りでそのまま反撃する紅蓮可翔式、フーチ型ハーケンを高速回転させたシールドでギャラハッドの懐に潜り込んだり攻撃をあえて受けてその吹き飛ばされる勢いを使って射点を確保する神虎etcetcと空飛んでもかなり独特で面白いアクションは沢山あるのになぁ。

アルビオンのハーケンブースター→超高速スザクキックコンボや聖天八極式の有線式輻射波動砲は言うまでもなく。

気合を入れてちゃんとよく見れば凄い面白いアクションなんですけどねぇ……
まあ気合入れて見ないと分からない時点で問題ありだろう、と言われれば反論できないのも事実ではありますが。

OVA「To heart2ad」第二巻『A happy new year』

主役が由真で準主役が草壁さんという俺のためにあるようなOVA第二巻。

●由真はノーマル冬着ですが、草壁さんは自慢の長い黒髪をニット帽にしまったレア衣装。草壁さんスキーはこれだけでも見とけや!

●初回特典ではミルファから「何気にタカ坊の幼馴染設定持ちなんだよね」と詰問されていた彼女ですが、ガチのメインヒロイン以外にもこういう一歩引いて助言したりからかったりするポジもそれはそれで似合うので困る。
 お、俺はどっちの草壁さんを選べばいいんだ……?

●逆に由真はタカ坊を振り回し、他ヒロインに振り回される構図が(ドラマCDやOVA等の公式他媒体で)すっかり板についてしまっておる。
 いや、いいんですけど。

●甘酒も知らないとは存外箱入り娘なトコあるな由真。

●しかし今タカ坊の声を聞くといつ声色を突然変えて「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命ずる!」って言い出すものかと不安になる(笑

●おまけ映像特典の妙に上機嫌な由真テラカワユス

●初回特典のドラマCD、シルファとミルファは隠語を連発しすぎです。
 っていうかシルファは勝手に自分の主人にとんでもない認定を下すな(笑

ギアスR2 22話「皇帝 ルルーシュ」

●ついに登場、ランスロット・アルビオン。
 アルビオンはハドロンブラスターで機動性が殺されていたコンクエスターから、本来のランスロットのコンセプトに戻ったというか基本性能が圧倒的に高いという感じですね。エナジーウイングからの拡散ビーム砲はおまけで、本命はハーケンブースターやスザクキックみたいな高機動を生かした攻撃っぽい。
 天子砲をも無効化したエクスカリバーの斬撃をブレイズ・ルミナスもなしに素手で受けて傷もないとか何事。
 ヴァリスも戻ってきましたし……垂直4連式という素敵性能の高すぎる銃身ですが。

●ギャラハッドもガウェインと同じく指5本全部スラッシュハーケンなのね。

●ハーケンブースターからのスザクキック(何気にエナジーウイングは邪魔らしい)で蹴り飛ばされ、ものすごい勢いでブッ飛ばされるトリスタン。
 アルビオン強いよかっこいいよアルビオン。

●OPを改めてスローで見てみたけど、改造トリスタンの二刀流は確かにまっぷたつにされたエクスカリバーに見えなくも無い。
 つうか頭がまるごとギャラハッドになってる(+そこに旧トリスタンの角)し。
 次回予告のトリスタン改(仮名)ではバックにカレンらしき人影が見えるし、飛翔滑走翼装備ってことはやっぱりジノは黒の騎士団入り?

●アーニャも最初どこに行ったのかと思ったらシュナイゼルのところにいたけど、「我々に賛同できないというものが逃げ出した』というくだりでいなくなってたし、最後のナナリーの傍に侍るシーンにもいなかったしでシュナイゼルとは訣別して、ジノと揃って黒の騎士団入りか。

●ラウンズ二人は自分の専用ナイトメアが写る間もなくアルビオンに蹴散らされて涙目。
 聖天八極式のかませにされたテンさんが浮かばれるというものです。

●リヴァルが急に男前に。
 ニーナは「私がフレイヤを作ったから色んなトコから狙われることになるなんて」ってそんな自覚すらなかったのかよ……

●カレンは完全にルルと訣別した感。カグヤ様はルルと目をあわせられずに思わず泣いてしまうシーンが何かそそられるぜメルツェェェール!

●そして最後は生きてたナナリー。フレイヤは空間転移爆弾だ、って説明がどこかにあったのでそれ自体はともかく、ここでルルの敵かよ。やっぱり予告で皇帝ルル様やる気なくしてるしw

●第一皇子皇女の扱いのひどさに吹いた。何やらせてんだルルーシュはw

●また見てギアス自重。

あー、いいメカ回でした。紅蓮聖天八極式vsランスロット・アルビオンはまだか。
あとこの2機の立体化も。

雑記

●正論見てみたら小林よしのりが今度はあれだけ蜜月だった西部遇を猛攻撃してて吹いた。この稀に見る変節漢ぶりは後世に残してもいいんじゃなかろか。

●ツインバードストライクセットを買いに行くとき、バンダイの新完全変形VF-1を見たのですがちょっと酷いなぁ。
 機首にヘンな段差が出来ちゃってるじゃないの。
 そういえばプラモのVF-25もFASTパックなしで確定なんだよなあ。

●メガミマガジン、グレンラガン特集で表紙にバンとヨーコ載せてましたがためしに手にとって開いたら見覚えの無い金髪?娘が。
 ……よーく見たらニアだった。エロくしすぎで誰だか分からなくなってるじゃないか!

●ワンピは伏線回収とかほっぽり出して、本筋に関係ない話をやらずにちゃんとメインストリームを進めればそれ相応にちゃんと面白い漫画なんだなあと再確認。
 つか黄猿といいつくづく自然系はチートやな。青キジといい、多分こいつも海に落ちないタイプの悪魔の実の能力者だろうし。

あいつがそいつでこいつがそれで(嘘同盟員向け)

モツ鍋見た。

一体これはなんなんなんですか?!
しかも再々もとい初アニメ化の話とかもあるし。

今ならヤクザグロ魔術士殿figma化とかも期待していいっすかね?!
キリランシェロも出るとか。
でもこなた(団長ver)⇔こなた(冬服ver)と違ってキリランシェロ⇔オーフェンだと完全にまったく別造形にならざるを得ないな。

ギアスR2 21話「ラグナレク への 接続」

怒涛の波乱万丈にもほどがある展開+ルルがまともな主人公してるかなり熱い回でした。

●若本とマリアンヌの計画は要するにカギ爪だよね?
 若本=カギ爪、マリアンヌ=ファサリナさん、ルル=ヴァンと。
 
 ……俺としてはそこで終わってたんですが、行きつけの掲示板で

「ある意味ガン×ソードのアンチテーゼでもあるよね。
誰も望んでねーよと独りよがりとは言え世界を平和にする方法を阻止、
そのせいでまた争いが増えてるんじゃねーの?
のその後と言うか」
「確かに今まで統合された意志に翻弄されるアニメはあったが
その意志を抑えるなり従うなり反逆した後に何があるか?
と言うアニメはなかった気がするな」

 という話があって、あー、確かに、と気づかされたり。

●しかしこうしてみると1期の頃のルルもシャルル・マリアンヌの轍を踏んでたんだなあ、と。
 2期冒頭で早々にナナリー自身から自分を否定され、「ナナリーにはナナリーの意思や夢がある」「俺の反逆は俺だけのものじゃない」と早々に気づかされたのは逆に良かったかも。
 それと中華編ラストでどうして天子が結婚させられるのか嫌がるのを理解できず、シャーリーに相談して「君の未来は君のものだ」発言が出てきたりとか。
 あのへんのくだりは落ちぶれっぷりやロリコン&シスコンコンビをネタにされるばっかりでしたが、今振り返ると重要な話だったんだなあと。

 それが今回の
「俺は俺が守りたいと思う全てのために戦ってきた」「俺は今こそ自分を知った!」
につながってる、と。(そこらへんのつながりはどうしても強烈なネタやサプライズの前に忘れそうになりますが……)
 そう思うと今までの谷口作品に比べて随分とガサツな構成してるなあ、と思ってたギアス自体結構見直しました。

●つかルル自体ここで俺の中で結構株が上がったかもだ。
 ルルはヴァンやカズマほど好きになれなかった(昴治は普通すぎて異色なのでちょっと除外)んですが、両目ギアス覚醒や
「それをウソだとは言わせない!言わせてなるものか!」
 のくだりは熱かった。
ただ今後がまだどうなるかわからないので、ルルというキャラの最終的評価を下すに速すぎるでしょうが。

●若本・マリアンヌはカギ爪ほどの存在感がないなー、と思っていたんですがよく考えたら中ボスとラスボスなんだから存在感に差があるのは当たり前だ。

●アーカーシャの剣は「アカシャの剣」をブルァ喋りしてるだけだとばっか思っていましたが、正式名称が「アーカーシャの剣」なのね。

●ビッグローブの30秒予告ではシャーリーの言葉をもとに一ヶ月スザクと話し合った、とのこと。
 それであの懐かしくも燃える構図が再び蘇ったわけですが、あえて心中前提に偽悪を演じているようにしか見えんな。
 各キャラの行く末も一気に見えなくなって大混乱、もう予想するだけ無駄という感すらありますが、来週の展開やいかに。

とりあえずクライマックスのメカ回は大いに期待。