FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「同盟変貌」春原剛

2001-2005年間の米軍再編をめぐる日米交渉を描いたドキュメント。
重要な点を抜き出していくと、
 
 ・「日本の米軍再編はGPRのテストケース」と位置づけて強い意気込みで望んだ米側と、「抑止力維持と負担軽減」ばかりを口にする日本側の認識のギャップ
 ・米国防総省-国務省(≒ラムズフェルド・パウエル)間の相克と、日本外務省-防衛庁間の対立・意思不統一。
  交渉が難航しているのを国務副長官のアーミテージが知ったのは国務省東アジア局を通してではなく、外務省北米局からという異様な事態。
  日本側も政府首脳の関心の薄さを背景とする外務省と防衛庁の意見対立、『極東条項』の遵守を追及し現状維持を求める竹内行夫外務次官と、日米同盟の片務性を積極的に解消し、「正すべきところは正す」という強い意気込みで望んだ守屋武昌防衛次官の意見の食い違い

とかく、米側と日本側の意識ギャップがあちこちで散見される。
「アルカイダによる対米攻撃は新しい脅威の時代の象徴。これに日本は民主社会の一員として対応するつもりがあるのか、どうか」という米側の呼びかけに対して、日本から聞こえてきたのは安保条約に基づく極東条項の解釈問題であり、普天間基地移設に代表される沖縄の負担軽減。
やはり日本側の戦略眼のなさがどうにも目立つ。
本書でも終盤の05年の米軍再編交渉は、ほとんど普天間基地移設問題という、言うなれば「戦術レベル」の問題に議論が矮小される形で集約されてしまっている。
日本側に関しては政府首脳の関心の低さと、政治的コストを恐れての消極性も見受けられる。

以前に日経新聞に掲載されたインタビューで「日米同盟は密かに再び漂流している」というものがあったが、日米統合演習でまたも機密情報流出の不祥事を起こしたりしている昨今の情勢を考えると、日米同盟はもはや楽観視できる時期をとっくに過ぎ去っているようにも思う。
スポンサーサイト



「こどものじかん」私屋カヲル

●一言で言えば小悪魔小学生と純朴教師のロリペドエロコメ。

●教育や教師という職業についてそれなりに掘り下げてはありますが、だからってこれを教育漫画と言い張るのは無理があるよなあ。むしろ素直にロリペド漫画と認めることに何の不利益があろうか。

●大胆な言動で迫っては青木を困惑させるりん。
 しかし男装して抱きついて大喜びしたはいいけど、それに気づかず普通の男の子だと思っている先生に泥のついたシャツをひん向かれて裸を見られてしまい、翌日真っ赤になって「せんせーのエッチー!」とか叫んだり、ファンブックの漫画で先生にディープキスされる夢見て「子供相手に舌入れるの禁止な!」とか真っ赤になって文句言ったり、実際にウブなのはどっちなんだか(笑
 そういうところがりんのかわいいところですな。
 ……いや、非・性的な意味で、ですよ?

●しかしCLAMP漫画じゃあるまいし、先生と小学生がくっついてハッピーエンドってのが許される世界観じゃない漫画ですがオチはどうなるんだろうねこれ。

●しかしガンソ見てると童貞童貞連呼がむしろ褒め言葉に聞こえてくるので困る。


ところでこの漫画買ってからやたら友人にロリ覚醒疑惑をかけられて困っております。
……さすがにりんとC.Cとか留奈様を同じ目では見てませんよ?

ACV.I. ナインボール・セラフ その1

nine.jpg

普通に箱が大型MG級のサイズになってます。無論VIシリーズ最大。

……発売28日らしいから神戸で買うかー、とか考えてたんですがオフ前に出てくれてよかった。
こんなでけえ箱持ち歩けるか!


nine-2.jpg

中身はアリーヤの再来、いやむしろアリーヤを軽く凌駕するのではとリンクスどもを戦々恐々とさせてましたが、見た感じ大きいパーツが多いのでアリーヤほどではなさそうです。それにしても相変わらず凄まじい色分け根性だなしかし。

造れるのは再来週くらいになりそう。

7月の買い物その3

kaidasi-08-7-3b.jpg
kaidasi-08-7-3.jpg
●「軍事研究」8月号
 クラスター爆弾禁止についての記事を表紙に打って掲載。
 しかし実際には野木恵一のズレた気楽な廃止賛成論だけという。
 陸自にとってのクラスター爆弾、MRLS廃止は単に「MRLSがなくなる」というだけなく、新大綱で火砲大幅縮減の上、厳しい予算枠の中からわざわざ新たに枠を捻出してMRLSを廃棄する、つまり自分の金を使って自分で弱くなる、という陸自の砲兵の趨勢全体に大きくかかわる問題なんですが……
 しかも禁止条約を手放しで賛成していますが、そもクラスター爆弾禁止=絨毯爆撃への逆戻りであり、対人地雷禁止条約と違って人道・軍縮面でもまったくの逆効果だということはノータッチ。
 エバタン先生やもっと他のまともな人の意見が聞きたかった……

●「ハヤテのごとく! 16」畑健二郎
 薫先生の境遇に涙。彼はまだ間に合うと信じたい……
 しかし、ヒナギクが出る回ってほんとにいつも他のキャラ全員いなくなるんだよな。このパターンなんとかならないものか。

●「こどものじかん 1~5&ファンブック」私屋カヲル
 なんとなく絵が気に入って読んでみたら面白かったのでそのまま勢い任せに購入。
 りんかわいいよりん。

●「アーマードコア4 オリジナルサウンドトラック」
 「瀬戸の花嫁 1巻」
 ずっと買おう買おうと思いつつスルーしてきたものをようやく購入。瀬戸花はこれで無事全巻揃いました。

●「テイルズオブジアビス アンソロジードラマCD vol.1」
 アビスのコメディ短編集。
 アリエッタが銀魂のお妙と同じCVとか信じらんねぇ……
 ただアビスキャラは個性はかなり強いけど同時に刺々しい部分も強いので、こういうお笑い掛け合いにはあまり向いてないような気がしなくもない。
 逆にシンフォニアはスタッフ自ら認めるほど異常に仲がいいというか、性格的に全員「均質な」いい人成分が強くて面白みに欠ける部分もありますが、ボケとツッコミがしっかり分かれていて基本的に仲がいいので掛け合いやらすとよく映えるんですよね。
 天然気味で繊細なエミルと、押しが強く一直線なマルタ、陰険(笑)で微妙になんかおかしい(としか言えん)テネブラエが加わったラタトスクだといっそう掛け合いが面白くなった感じ。
 ラタトスクもドラマCD展開、本編以外にやってくれないかしら。

●「こどものじかん キャラクターシングルvol.1 九重りん」
 俺の初キタエリは瀬戸の悩まし番長なので、いまいちりんとイコールでつながらないんですよね。
 みなみけの内田なんてキャスト表見てすらまったくピンと来ない。
 しかしいつにも増して先生ラヴな歌(やっぱキタエリ歌うめーよ)で黒ちゃん涙目。

●HG1/144「ジンハイマニューバ2型」
 俺ってホントにジン好きだよね。
 これ買った時に日本プラモ50周年記念の団扇とパンフをもらいました。薄いパンフですが結構「おお……」と思うものが。

●1/35 メカニックコレクション「ヴィンセント指揮官型」
 ……多分日本中で一番ヴィンセントを多く所持しているのは俺だと思う。

●AC.V.I. 1/72「ナインボール・セラフ」
 ついに出たぜ⑨セラフ!10年越しですよ10年越し。
 MGガンダムver2.0が凄い勢いではけていくのを横目に見ながら大喜びで購入。
 まさかこいつが本当にキットになる日が来るとはなぁ……レイヴン上がりのリンクスとしてとてもとても感慨深い。
 値段がえらいことになってますがこのボリュームならやむなしか。
 たださすがにスタンドは欲しかったかな。
 
 閑話休題。
 VI組んだ後にMGの箱開けると「あれ?MGでもパーツ数これだけしかなかったっけ?」とか思っちゃうので困る。
 HGなんて「あれー一時間しか経ってないのにもう出来ちゃってる」とかそういう次元。
 VIヤバイ。