FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアスR2 Sound Episode1

●「妄想バトル スザク vs ルルーシュ」
 どうやったら直接対決でルルがスザクに勝てるのかを女性陣が本編設定無視して妄想する話。
 コーネリアとかアーニャも平然とC.C.やカレンと話してます。ほんとに波乱ヴァン丈風。
 
 ・ナナリーの想像するツンデレルルーシュ(笑
  さすがに兄をよく見ているというところなのかそうでないのか。
 
 ・セシル「ランスロットの足の下に部品が……」
  スザク「じゃあランスロットを動かしてどかしましょうか?」
  セシル「小さい部品だから踏み潰されると困るの」
  スザク「わかりました。じゃあ僕がランスロットの脚を持ち上げるから、その間にセシルさんが部品を取ってください」
  
  そして6.89tあるランスロットを本当に持ち上げるスザク。

 ・ラクシャータ女史の提案によるカバディ対決。
  ルル「カバディカバディカバディカバディカバディカバディ」
  スザク「カバディカバディカバディカバディカバディカバディ」 
  ……お互いカバディ言い合ってるだけという。

 ・「円周率暗記対決ならお兄様でも勝てる」
  確かに勝てそうだけど本題からズレてないかナナリー?

 ・しかし最強は「ブリタニア宮殿でピンポンダッシュ対決。先に捕まった方が一晩皇帝陛下の演説を聞かされる」byネリ様。
  それは確かにいやだ(笑

 ところでアーニャの提案した「裏声歌合戦」って♪みっみっみらくるみっくるんるん♪のネタか、ひょっとして(笑

●「カレン&C.C. 華麗なる反逆の記録」
 こっちはちゃんと本編の裏話。やっぱりバカ話ですが……

 ・卜部の調査で日本人が強制労働させられている工場に突入したり、騎士団の仲間を護送するバスを襲撃するのですがフタを開けてみると化粧水の工場だったり幼稚園バスだったり。
  カレンの呼び方が「卜部さん」→「卜部のおっさん」→「卜部ちゃん」とだんだんグレードダウンしていくのが(笑
 
 ・そして目玉焼きには何をかけるか?で真剣に言い合うC.C.とカレン。「ソースは下町の味だ」と主張して「卜部さん家は何かけるの?!」と問いただしたらメープルシロップ、という答えが帰ってきて、「それでも日本人?!」なんて言われる卜部。

 ・C.C.は態度がデカイとか言われるのは許せるけど尻でか女と言われるのは許せないらしい。

 全体的にC.C.とカレンのアホな掛け合いが面白くてなかなか俺の腹筋を痛めつけてくれました。

●キャラソン「CONNECT」(C.C.)
 びっくりするくらいC.C.→ルルな歌。へーC.C.って内心ではそういう目でルルのこと見てたんだー、とニヤニヤしてしまうぜ。
 
 「心で抱きしめているよ
  君を包む翼を広げてる
  いいときも そうでないときも
  そばにいる
  全てが君に冷たくて
  暗い夜は終わりが無いようで
  それでも始まりは起きるから ずっと見てるよ」

かつてないほどC.C.がデレた歌。ごちそうさまでした!


●エピソード2もなんかすごいバカ話やるみたいで楽しみ。
 男衆の裸祭て……キャストに中華勢(天子含む)が入ってるのが気になる。
スポンサーサイト

書こう書こうと思いつつ、異常な低気力でなんにもする気が起きなくて困ってました。
飯食うのもめんどくさいとかどんだけー。

kaidasi-08-7.jpg


●1/144 HGUC「ブルーディスティニー3号機」
 「ブルーデスティニー」は誤記になってしまうので注意。
 なんとなく買わずにいたのですが、久しぶりにHGUCが造りたくなって購入。原作やったことないくせにBDシリーズは好きなもので。ちゃんとEXAM起動時の赤目シール付属するのが嬉しい、っつーかなんで2号機にはついてなかったのか。

●1/144 HG「ジンハイマニューバ」
 1/144 コレクション「ソードストライクガンダム」
 好きなんじゃよージンHM一型。
 今度はシュペルトゲペール持たせるべくコレクションSストと一緒に購入。ストライカーパックは大量に生産されてるので鹵獲して使ってるザフト機がいてもおかしくない。いや、おかしくないのかもしれません。

●1/35 メカニックコレクション「ヴィンセント(指揮官機)」
 結局、また買いました。ヴィンセント。

●「世界の傑作機 No.48 デ・ハビランド モスキート」
 世傑の古いナンバーはあんまり詳細に書いてなかったりするのですが、それでもまぁとりあえず知っておこうと思えばまずはこのシリーズから入るのが無難なわけでして。
 どうでもいいけどデハビランド社ってデ・ハビランドって区切るんですね。知らんかった。

●「シリーズ軍事力の本質 シーパワー~その理論と実戦~」石津朋之他
 芙蓉書房のこのシリーズは値段が高いですがそれでも表紙買いできるレベルの本。
 まず他では読めないハイレベルな論文の集まりなので非常に面白い。
 「自衛隊におけるシーパワーの歴史」とか「日米同盟とシーパワー」とか、タイトルだけでヨダレが出そう。
 前野徹とか姜尚中あたりの知識人(笑)が書くピザパイ投げ合いっこ本なんか読んでないでこういう本を読んでおくべきだったと昔の俺に言ってやりたい。

●「電撃データコレクション コードギアス 反逆のルルーシュ」
 電撃設定資料本のギアス版。
 ガンダムで出すのは定番ですがギアスでまで出すとは思わなんだ。
 完全な裏設定であるKMF史やブリタニア史がなかなか面白い。
 「新大陸」でのアメリカ独立戦争でワシントン率いる独立派がヨークタウンの戦いで敗れ、ワシントンも敗死して独立はならなかったが今度はトラファルガー海戦でブリタニアが大敗、ナポレオンに英本土を蹂躙されてブリタニア王室は新大陸へ脱出、そこで現在の「神聖ブリタニア帝国」が誕生、というのが成り立ちだそうで。

 本編設定だと黒の騎士団用パイロットスーツはラクシャータ製で、着用者の保護性を高めている、ってのが地味に興味深い。女史はナイトメア以外どうなってもいい、みたいなタイプの人に見えたんですが意外。
 あと、アヴァロンのフロートはロイド製だけどガウェインのフロートはセシル製なんだそうで。後者にかなり驚き。

 結構メカ資料も充実しているのでメカ好きなら買いかと。

●「グレートメカニックDx5」
 VF-25特集、特に河森インタが目当て。
 やっぱり河森自身、YF-19と21で「もうやりつくした観もある」と述べていたのは納得。
 「ステルス性を追求すると形がみんな似てくるので、『形状に頼らないアクティブ・ステルスがメインになっているので空力特性重視のフォルムに戻ってきた』という設定になっている、とのこと。
 「F-14とSu-27のフォルムをあわせたくらいが一番気持ちいい」「双発戦闘機としての完成形を目指した」とも言ってますが、確かにその両者を足して2で割ったくらいが一番カッコいい戦闘機と言えそうだ。

 ……しかし、ホントにVFのデザインもそろそろ行き詰ってきた観があるな、こうやってインタビューの話を聞いてると。

●「奥さまはアイドル! 2」師走冬子
 知らん間に2巻出てたので慌てて購入。
 28で16の嫁さんもらうのは、合法ではあるけどなんか「オマエ死刑」って感じだ、確かに(笑
 そういや16歳で高校生、って設定は前巻で出てたっけか?
 16なら旦那をああいう妙な呼び方するのもありか、と思ったけど。

●「コードギアス 反逆のルルーシュR2 Sound episode1」
 前期CDドラマは本編のサブキャラ補完がメインでしたが、今回はガンソードの「いつだって波乱ヴァン丈」的ななんでもありバカ話。
 あんなにかっこよく死んだのにここで株が(バカみたいな理由で)ストンと落ちた卜部(笑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。