FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

あるサイトから

「生きたい人があんなに簡単に殺されて、死にたい奴はこんなに健康体。やな世の中」


実にうまいことを言う人もいたもんです。
スポンサーサイト



「とある魔術の禁書目録 16」鎌池和馬

未だに「魔術師」って書かれると「魔術士」の誤植っぽく感じて落ち着かない俺、参上。

●五和さんイロイロとんでもないです。石油コンビナートに大引火です。
 しかも元モブなのに表紙取るわヒロインとして大きくリードするわで大出世。

●ここまでほとんど横一線に並んでいたカミやん争奪戦、いよいよ自分の気持ちを認めたビリビリがここにきて大きく一歩頭を抜けたかな?
 ねーちんも違う意味で一歩大きく突き抜けましたが(笑
 あれはあれでまた後を引きそうな……

●1巻のねーちんのチンピラ口調は黒歴史じゃなかったのね。
 確かに日本語がおかしいのをローラに言われたくは無いな!

●なんでかフリップボード取り出して五和隠れ巨乳説を唱えてみたり、フリーキックでカミやんの頭を五和の胸の間に捻じ込んだりと状況をエンジョイしている建宮。前々から思ってたけどこいつ実は自分の職務を時々変な方向で堪能してないか(笑

●ねーちん久しぶりに大活躍。強すぎなので出番が無いよ!だったのですが(ギアスのロロと同じかね)、相手がさらに強いので出番と相成りました。
 天草式との見事な連携、そして強引に登場したカミやんの必死の食い下がりを生かしたラストの五和によるロンギヌスの槍(でいいよなもう)は実にアツい。

●ローマ教皇(そういや名前出てないな)とローラの対比は結構面白かったり。
 この人がそれなりにいい人っぽいのは前々から暗示されてましたが、ほんとに善人ですねえ。死んでないっぽいのが救いかしら。

●しかしあんだけポンポン新キャラ出しまくって使い捨てにするのかなあと思っていたんですが、今回だけでもオルソラとか建宮とかシェリーとかちゃんとそれぞれの持ち味を生かした出番があって感心。
 ……この先ロシア正教、つか唯一「カミやんと一度も会ったことがない」キャラであるサーシャがどう出てくるかが気になるな。色々な意味で。


そういえば定例の病院オチなのに、カエル顔先生出てこなかったなぁ。

さくらシュトラッセ かりんルート その1

ルゥリィ一気に制覇は無理だよ!AMSから光g(ryするよ!ということで、同時進行。

こいつはこいつで結構可愛いですな。見たまんま、アホカワイイ。
ババ抜きの時がいい例ですが、表情がやたらコロコロ変わるのがグッド。
始業式の日にまで学校さぼってバイトに出てきたのには吹いた。

この子の「みーくん、みーくん」呼ばわりが結構ツボ。
あとご飯が食べられないときの泣き顔とか。試しにぱんつ見せろって言って見たら本当に平気でぱんつ見せるし、なんで異性の前で着替えたらいけないのかとか素っ裸でうろちょろしたいけないのかとか説明しないといけないレベルのあほの子。
ほんとにお前いくつだよっていうかコルゴンの台詞が脳裏をよぎる。
「お前は、あほだろう」。

だから可愛いんですけどね。
秋田が鍛えてくれたおかげか、この程度のあほの子では動じない俺だぜ。>自慢になるのか?
むしろ食指が動くよ!動くよ!

っていうかこれはこれでやっぱりAMSから(ry
ハッハー、もう限界だぜメルツェェェェール!

アーマードコア フォーアンサー その5

「さくらシュトラッセ」プレイ中、某ぬこの前にこのままではAMSから光が逆(ryということで、久しぶりにプレイ。
まだやり残したこともあるのでそれをきちんと消化したかった、ってのもありますが。

●「ORCA旅団本隊撃破」、ハードで挑んでみた。
 ……ホントにビルが浮いてるよ。これがクーガー社の底力か。
 「大胆なことをする……」とお師匠さまも驚きですが、砲台を兼ねたビル(そこまではいいとしよう)にロケットくっつけて浮かすとかいうのはもう大胆、とかそういう次元の問題ではない気がする。最初から高く設計しとけよっつーか、高さが足りないからってそういう補い方は絶対何か違うだろっていうか。
 にしてもこのミッション、何度やってもヴァオーがやかましいことこの上ないな(笑

●基本的にPA出力目一杯まで上げたGA系フレームの重ACに乗って、ガトリングガンとグレネードランチャー乱射しながらの火力と装甲のゴリ押しという実に粗製丸出しのプレイでクリアしてきた(カーパルス占拠とか、一部ミッションはコジマ頼み)んですが、ちょっとここで実際にV.I.で現物を買ったことだしということでアリーヤに乗り換えてみました。

 さすがに軽量級、速いなあ。俺の普段使ってるACだとアンサラーと戦う時とかまともに高度取れない(目方が重すぎるから)んですが、アリーヤだと地上をスイスイ進むし空中もヒョーイと飛んでいく。
 QBでダッシュする距離も随分違う。
 その分装甲が格段に薄くなって、ミサイルもまともに避けずに、撃ち合いで「先に相手を落とせば勝ち」なスタイルで来た粗製リンクスにはなかなか扱いの難しい機体です。
 弾速の遅さも気にならないくらい目一杯近距離まで張り付いて、そこからアスピナの4連チェーンガンとスラッグガン斉射でガリガリダメージ与えるっていうのは自分では悪くないと思ったんですが、リリウムとかウィン・D(ver1.00)は倒せてもローディー先生には手も足も出ず。
 思えば目一杯張り付くってのはこっちの弾が当てやすいというメリットがあるんですが、当然逆に相手からも弾が当てられ易くなるわけで。軽装甲機ではローディー先生の腕バズの前には簡単にジャンクになっちゃうよ!
 ただ目方の重い重量機でやるとそもそも自分にとって都合のいい交戦距離を維持できない(アウトレンジされるか不必要なまでに詰め寄られる)ので、ここが厄介なジレンマ。
 アリーヤベースだと装甲強化したら武器積む積載量無くなるしなあ。

……っていうか、GAマンfAになってさらに強くなってね?
あんだけ火力(アリーヤじゃ、ボヤボヤしてると後ろからバッサリだ!)と装甲があってしかもそこそこ動けるっていうのは大苦戦。
ジンやゲイツでカラミティガンダムに挑んだザフト兵はたぶんこんな気分だったんではないかと推測。

当分は埋まってないミッションを進めつつ、ローディー先生に鍛えてもらうか。

さくらシュトラッセ ルゥリィルート その1

ツンデレならぬ、なかなか懐かない上に気まぐれで結構勝手な、文字通りのぬこな気性。
警戒心が強いわりに一旦懐くとゴロゴロじゃれついてくるのも、猫舌なのも、警戒心が強いくせにチーズとか持ち出されるとあっさり心が揺らぐのもぬこっぽい。

ナニが言いたいかっていうとこのぬこ可愛いよぬこ。
犬が怖くて近寄れなかったり、猫のかっこでハルミ(ルゥリィのカタカナ表記か、かりんの『みーくん』表記が気に入ってたり)の足元にじゃれついてきたり。
真の姿を見せるとき、SD絵でマリーに抱っこされてるときの無表情さがなんか妙に気に入ったり。
ハッハー、あの声で「死ね」とか言われるのも意外と快感だぜメルツェェェェル!


いやはや俺の心のプライマルアーマーへの減衰・貫通効果は絶大なりよ。

このまま一気に最後までやった日にはそのまま一発でAMSから光が逆流すること請け合いだったので、急遽ACfaに避難しつつかりんルートを同時進行することに決定。

しかし、猫嫌いなのを隠したまま仲良くなるって凄い爆弾だなあ。炸裂したらどうなるやら。
というかルゥリィルートだと春美は猫嫌いの一面が(必然的に)やたらと強調されるのでなかなか面白いことに。
基本的にギャグマンガ的な意味で落ち着きがないというか器が小さい主人公ですな。