FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーマードコア4 フォーアンサー その2

●VOBはいくつかの限定ミッションでのみ使用可能な使い捨て増加パーツ。
GP04Gやα・アジールのシュツルム・ブースターみたいなもんだと思いねえ。

しかしいかにも河森らしい凄まじいデザイン。
もう見た瞬間に「想定仕様外の外付けパーツだな」と分かるくらい、それはもう見事に強引さ溢れるバカでかいブースターです。SガンダムBstとかVF-0ゴーストブースターよりもさらに無理やり。
これをオーバードブーストのノズルに接続して時速1600~2200km/hとか出します。マッハ1.5前後ってところか。
変形もしないでなんかすごい長くてでかいブースター背中にくっつけたマシンがそのくらいの勢いですっ飛んで行く様は圧巻。
ただ視点を通常より離れた位置にズラしているとかで、操作感覚的にはOBのほうが速く感じるんですが。
それにしてもものすごい勢いで流れていく周りの風景は「あー今俺飛んでるっつーか飛ばされてるんだなー」と感激ひとしお。

これだけ速度が出てると当然まともに曲がることもないわけで、撃たれたりするとピンチなんですがそこはネクスト、クイックブーストで超音速飛行中でも真横にスライドすることで回避。AMSって便利です。
でもそういう機動を可能にするために中の人に施されている処置とかは想像したくない。

で、VOBを使うミッションは今俺がプレイしたところではこんなところ。

 ・敵ストライクパッケージを追撃、背後から強襲して一撃離脱攻撃を加えつつ追い抜いた後VOBパージ、反転して再攻撃、殲滅

 ・複数のAAAによる厳重な防空コンプレックスで守られた発電施設をVOBで空中強襲正面突破

 ・一個艦隊が護衛する移動要塞(アームズフォート。VOBと並ぶ今回の目玉)目掛け、VOBで艦隊の輪形陣上空を強引に通過してAFに直接攻撃

今までとはいろいろな意味で全然違うミッションが増えて幅が広がった感じです。これは楽しいなあ。

●今回のトップランカーはCVスティング・オクレ兄さんで、何度か僚機として出撃も出来ますが、中ボス的存在のホワイト・グリント戦では情けないことに水上戦の最中にブースターを破壊されて水没、死亡。
まあACというやつは地球地下世界時代からこっち、ずーっと水に落ちるとそのまま戦闘不能になっちゃうマシンなのですが。
ネクストACになってようやく水面から機体がくっきり写って見えるくらいの超浅浅度航行(主観による推定でだいたい20mくらいか)なら可能になった、という程度。

●それにしてもそのホワイト・グリントは誰が動かしてんだ?
 本人は無言で喋るのはフィオナだけど、「あなたは昔の私『達』と同じ」とか言ってるし。4主人公はいったいどこへ?

●ミサイル最強伝説
 今回やたらめったらミサイル強いです。装甲の薄いACなら多連装ミサイルの一斉射でそのまま沈むほど。
まあとっととレギュ1.01で大幅修正されるだろうけど。

●粗製リンクスと呼ばれつつも実際には妙に強く、ネチズンのリンクスから「先生」の名で親しまれたローディーは今回も登場。
なんとランカー4位。しかもマジで強いのな、これが。
ミサイルでかく乱しつつ反動と威力大の両腕バズーカで攻め立てくる。しかも先生ってば今回空中戦もこなすよ!降りればバズーカ、飛び上がれば空中からのミサイル爆撃でスキなし。
それにただでさえ頑丈な装甲とAPが加わり、まさに今回最強のランカー。

●背中武器のガトリング砲、装弾数は多いけど弾速が悲しいほど遅くて命中率が悲惨な上、威力が腕武器のガトリングガンに負けてるので趣味以外に使いようがないよ!
最初にガレージで見たときは俺のACの切り札はこれだ!とまで思ったのに。
次のレギュで色々上方修正していただきたい。
俺の個人的な趣味を除いて普通に考えてもこれでは文句なしの産廃だよ。

●社長が本当にガチタンで参戦してきた件について。
しかも結構強い。

●廃ビルとかの障害物ぶっ壊すと凄い砂塵で視界がなくなって敵が見えなくなったりするあたりはさすが次世代機。
アリーナの砂漠の街で対戦中に起こり易いんですが、これマジで焦る。

●名前:「イェーイ」のリンクス。

●SEが前作よりしょっぱくなってる気がする。ガトリングガンといいショットガンといいグレネードランチャーといいスナイパーキャノンといい、もっと重低音バリバリの銃声だったような。

●ソルディオス砲を装備したAFなるものが登場。
しかもなんか改造されてて、あのジャイアントボールが自律飛行のファンネルに。
おいおいどういう趣味だよ、と思ってたらオペさんが
「あんな物を飛ばして喜ぶか、変態共がっ!!」
……この人、フィオナと違って職業オペなんだ(と思う)けど、ときどきすごい迷言が飛び出すんだよな。

●田中のあっちゃん少佐声のリンクスと一緒にORCA旅団をやっつけるルートで一回目をクリア。
追加ブースターつけたブレード機体に20回くらいは斬殺された気がする。
いいからお前離れろよこっちくんな!

企業連中のいいようになってるだけかよ的な釈然としないものはないでもないが、オペレータの「お前の答えはこれか。それもいいだろう」的一言でちょっと和んだ。
しかし相変わらず断片的過ぎで全貌不明過ぎであるな、フロムのシナリオって。
そこを妄想するのが信者としての努めなわけですが。

どうでもいいけどあっちゃん少佐のレイヴン、って素でタイプしちゃって長年の習慣というものを思い知らされた。

●というか広島弁で「えぐらせてもらうで、GA」とか言ってくるリンクスとか、「マッハで蜂の巣にしてやんよ!」とか、イェーイとか、社長とか、今回妙にヘンなリンクス多すぎ。

●最初に手に入った隠しパーツがドーザーブレードだったときの衝撃。
……どうしろと?
スポンサーサイト

アーマードコア4 フォーアンサー

TH2ADはとうとう「やってもいないのに伝聞だけでしたり顔して批判ぶった評論する」層がぞこぞこ出始めたようで。
まあ「火のないところに煙は立たない」とは言うが、同時に「ものには限度がある」ともいう。そういううんこを招き寄せるのも大手ブランドソフトの宿命か。

そんな馬鹿の話はさておき、ついに出た出たAC4fA。
アサルトアーマーとかヴァンガード・オーバードブースターとか色々と新しいシステムも増えております。

●今回のオペレータはミネバ・ザビだったりそこから一気に時代が飛んで冬木の虎だったり田無美代子ちゃんだったりする伊藤美紀。
岩男潤子→井上喜久子→浅川悠→折笠富美子→坂本真綾
と代々(一部飛ばしたけど)オペ子はキレイどころを使ってきましたが、今回はやや渋めのチョイス。

……しかし、伊藤美紀のオペから軍人口調で命令されるもんだから、たまに滅菌作戦従事中の山狗になったかのような錯覚を覚えて妙に不快になるので困る。

●鷹野さん風味の声ですが、「期待した私が馬鹿だったか……」とか言ったかと思えば「まあ、お前が無事だっただけでよしとしよう」とか言ったりと人柄が読みづらい。
前回のフィオナは本業じゃなかっただけに随分とやさしかったのですが。

●ちなみにフィオナも顔見世で登場。
前作から数十年経ってるのに声が全然老けてないのに驚く。どうなってんだか。
そしてレオス・クライン状態つーかかつての優しさがどこにもなくて「……警告はしました。さようなら、縛られたリンクス」とか妙に酷薄になってるのにも驚く。

●速水奨とか田中敦子とか諏訪部順一とか他レイヴンもといリンクスにもかなり豪華な配役。
ゆーても台詞の量が急に増えてるわけでもなく、いつものフロムなのですが。

●やたらめったら遅かったロードは格段に早くなったか。

●今回はミッションの内容を事前に説明してくれます。
 やっぱりこれがないとACじゃないよね、うん。

●恒例のテストミッションはなし。今回の冒頭は完全なチュートリアルなので初心者にも優しい仕様(いつものACよりは)。

とりあえずインターフェースとかそのへんの話はこんなところか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。