FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の買い物その3

kaidasi-08-3.jpg


●グラハム専用ユニオンフラッグカスタム
人気沸騰ハムフラッグ、俺もしっかり購入してしまいました。
考えてみると00系はこれが初めてか?
実は黒一色と見せかけて、黒とグレーが入り組んだ複雑な配色ですが、部品単位で細かく分かれているので説明書に載ってるカラー設定画を見て、どこのパーツが何色かを確認していけば塗装は簡単。ひとつのパーツに二色以上の塗り分けが必要なのはレールガン砲身くらいなもんです。

しかしこのご時世にサーベルがクリアーパーツじゃないという。石油暴騰のあおりかしら?
なので塗装(基本色だとスカイブルー指定)必須。

まあ逆にありがたいんですけどね、この場合。
俺は当然メタリックレッドで塗りましたよ。

●「ひぐらしのなく頃に解 character case book Vol.3 北条悟史 Link 前原圭一」
ひぐらしキャラソン第三弾。
おそろしくテンションの高い圭一の歌「クールになれ!~keep On Our Love~」がむやみに印象的。
ギャグメインなんだけど時々妙に熱かったり、いかにも圭一。

 「♪クールになれ!クールになれ!
   梨花ちゃんがたまに低い声になっても~!」

って黒梨花にツッコミ入れたの初めてじゃないか、これ?w
しかも最後は
 
 「俺に任せとけ!
  ♪yes!雛見沢……って、あ、間違えた」

間違えるなよそれ前回の曲だよ!
CDドラマは何の説明もなく悟史が普通に圭一と友人関係です。
これ、どこの世界なんだろうね。まあこの場合あえて深く追求するのは野暮ってもんですが。
萌えの伝道師についていけない悟史の話。
彼女自身はほとんど出てこないんですが、「圭一さんがにーにーの脚を引っ張っていないかどうか見にいかないといけませんわ」という沙都子の台詞にちょっと泣いた。

●「氷室の天地 fate/school life」磨伸映一郎
極度のメガネ好きでこの界隈では有名な磨伸映一郎のfate日常4コマ漫画。
でも主役は蒔寺・三枝・氷室の脇役三人娘で、時間軸もstaynight本編一年前からとfate本編とはまったくこれっぽっちも関係ないという。カバー裏でも「fateとしていいのか?」と思わず自虐ネタに走るほど。

しかしそんな本でも歴然としたTYPE-MOON監修つきなのであります。

氷室が冬木市長の娘とか、蒔寺が老舗呉服屋の娘だとか、何気にホロウで出てきた話をしっかり使いつつもパロディに満ちた三人娘のお笑いな日々を綴る漫画。
しかし嫌種の磨伸がまさかアストレイネタを持ち出してくるとは我もビックリ。まさかここでクルクルシュピンが見られるとは思わなかっただけに吹いた。
ていうか後藤くん、本当にアレが本名でいいんですかw

ちなみにこの本買ったのは個人的に氷室が気に入ってるから。
知的で冷静な理屈屋だがウイットにも富んでいるという、アイネスト・マッジオとI・C・ブルースを足して4で割ったようなキャラ(2だといくらなんでも大物になりすぎるので4)は俺のドツボを突きまして候。
いや、ヒロインとして好きなのかって言われたら違うけどね?
それにしてもこんなひでえ例え方で誰に通じるんだろう。

●学研歴史群像 太平洋戦史シリーズ9 レイテ沖海戦
「あまり知られていないが、今大統領選を争っている共和党のマケインは祖父が海軍提督でありレイテ沖海戦で武蔵を沈めている」
という話を見て、真偽を確かめようと思ったら手元に同海戦の正確な戦闘序列が書いてある資料が無くて、結局wikiに頼るはめになるという屈辱から購入。
でも結局この本にも何時何分に飛来した飛行隊はどこの空母所属か、といった細かいダイヤグラムの類は載ってなくて当初の目的からは空振り。
まあ考察とかは改めて参考になったので無駄にはならなかったのですけれど。

ちなみにことの真偽は結論から先に言えばNo。
マケイン少将揮下の38TF第一群は「武蔵」攻撃に参加していません。

……それにしても、あまりにも始まる前からどうしようもなく旗色鮮明にもほどがある戦いだったので実感がまるで沸かなかったんですが、戦闘序列を見ていると確かにレイテ沖海戦の規模はでかいなあ。

●聖闘士星矢聖衣神話 アクエリアスカミュ
いわゆるわが師の聖衣。10回払いで購入しましたよ……
しかしカミュなのに「腕が短い・固定手首式・全身を覆う聖衣のおかげで稼動範囲が狭まる」という3つの原因でオーロラエクスキュージョンのポーズが非常に再現しづらいというのはいかがなものか。
ちゃんと両手を組んだ専用握り手は付属するんですが、上記の理由でオーロラエクスキュージョン再現するのはおろか、技発動前の頭上で腕を組むポーズも不可能。
まあこっちは肩アーマーがある限り三次元じゃ無理なんじゃねえのかという気もしますが……
(ちなみにこれより後に出た氷河はもともと聖衣の被覆面積が少ない上、手首が稼動する&腕を前に引き出す機構が新しくついているなどの工夫が施されているのでAE再現も比較的容易)

もっとも素立ちの聖衣姿だけで十分かっこいいからまあいいかーって話ですが。
スポンサーサイト

ネタがないときのパソコンデスク現況

desk7.jpg

現在はこうなってます。
サンドロック(EW)のクロスクラッシャー(1/144キットにのみ付属。ゲームでも長いこと無視されてきたがスパロボWが突如採用、『あれ、スパロボオリジナル?』とユーザーを戸惑わせた)というかヒートショーテルがでかすぎる。

ジムコマンド宇宙型の後ろに立ってるのはテッカマンエビル。
2000円で入手したんですが、ちょっと期待はずれ。
腕を引いてPSYボルテッカのポーズの再現もできない……ってこの時期のキットの肩関節なんて単間接がデフォなんだから贅沢言い過ぎってなもんですが。

エビルの左側に立ってるのはアーマードコア3OP機。
購入してから一年くらい放置されていましたがようやく完成。
しかしこのシリーズ、正面向きに飾ると落ち着かないんだよなあ。
ゲームだとACを正面から見るときって敵機と対峙するときだし。
ちなみにこいつ、武器以外はまったくの無塗装です。組み上げるのに恐るべき手間を要するだけのことはある。

desk6.jpg

そして現在のディスクトレー付近。
フェニックス一輝(最終青銅)とかEx-S/task-force αに見事包囲されており、無駄にディスク交換がとてもスリリングです。

どうでもいいけどフェニックスの聖衣はやっぱ3本の尻尾がイカスアクセントだと思うなり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。