FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金色のガッシュ!! 31」雷句誠

キャンチョメとフォルゴレのための巻だよなぁ……

●やべえ。フォルゴレやっぱやる時はやる男ですよ。鉄の男にしてイターリアの英雄の自称は伊達じゃないよ。アンタカッコイイカバさんですよ……チキショウ。
もう今回言うことはそれだけだ。
まさかフォルゴレの過去があんなんだったとはなぁ……
不良時代もやっぱりアゴ割れてるけど(笑)、結構衝撃的。

●扉絵、ミールは囲われてたところをゴームが連れ出していったのか?
 背表紙は相変わらず笑える。ゴーム、お前の好物ラーメンかよ!
 ゼオンはカツオブシが好きだったし、バリーは木炭(食べ物ですらない……)。
 意外な奴が意外なものを好物にしとるな。
 つーかお前どこからラーメン啜ってんだよ!
スポンサーサイト

Hcm-pro HI-νガンダム

ブっちゃんが新しくデザインした不評なスマート体系によるハイコンプロ化。
俺は正直νガン上位機種なのになんでこんなデブやねんと思ってたので別にスマートになっても何の不満もない人ですが。

hin-jpg

ファンネルで重心が後ろに寄ってるので、6枚フル装備すると自立は困難。
気持ち、MGよりもファンネルコンテナが強調されてるようにも見えます。
いや俺MGはパッケ絵で見ただけなんですが。


hin-2.jpg

デフォルトで付属する専用スタンドに乗せたもの。
ファンネルはファンネルコンテナ基部・各ファンネル装着スロットともにポールジョイント接続なので表情は相当自由自在に変化させることが可能。非常にカッコイイ。


hin-3.jpg

専用スタンドはファンネルバリア展開状態再現ギミックがついており、それを使った状態。
さすがにIフィールドのエフェクトパーツは付属しませんが。

このほか、付属するのはハイパーバズーカとビームサーベル(水色)。
MGデザインのHi-νが好きな人なら買いでしょう。スタンドも多機能ながらスペースを取らないので助かります。

閑話休題。
マントはかっこいいけど羽は厨臭くてイヤだっていうのはどうにも理解しかねる。

やまと 完全変形1/60VF-0A+QF-2200B

やまとの完全変形1/60。
どうでもいいですがハセガワ版は1/72なので大きさはほとんど変わらなかったりする。

VF-0.jpg

シン用の灰色(エアクラフトグレー?)に塗装されたA型ですね。
コールサインはスカル2。

マヤン島沖の戦闘で、反統合同盟の可変戦闘機Sv-51が正規のスーパーパック(にしてはすごい無理やりさが溢れてるが……)であるツインブースターの実用化が予想されるのに対して、統合軍のVF-0は脚部コンフォーマルタンク/ミサイルランチャーが完成したのみで他の拡張キットは未完成という切迫した状況において、急遽空母「アスカ」の整備員が無人戦闘機QF-2200をまるごとブースター化してVF-0に搭載、その余剰推力でありったけのミサイルランチャーを増設して完成させた急場しのぎの現地魔改造機です。
もっとも最後の決戦となる鳥の人攻防戦(かっこつけていえば第2次マヤン島沖航空戦?)を前に、本当に時間がなかったのでロクなテストもできず、

・これゴースト主翼とVF-0主翼で複葉機みたくなってるけど、これで高速飛行したり大迎え角機動をとったらどうなるの?→さあ……
・航続距離はどうなった?もともと艦戦にしては2000kmと短かったけど……→この仕様だと1100km。たぶん。正確なところはわかんね。
・こんなに外付け装備つけまくって、ステルス性大丈夫なの?RCSとかすごいことになってそうなんだけど→知 っ た こ と か
・っていうかこんなんで変形したらどういう挙動になるんだ?→想像もつきません。実践あるのみ。
・ミサイルが大量にあるのはいいけど、そんなにあったら消費時の重量変化で重心とか変わるんじゃねえ?→がんばって手動で制御してください

……という実にデンジャラスというか凄まじすぎる機体に。
他にも限界までエンジンを改造したから出力特性がヤバイことになってたりとか。
しかも機体の上にゴースト乗せちゃったからエアブレーキ開かなくなってるし。
(これはVF-1スーパーバルキリーでもそうなんだが、FASTパック装備バルキリーは宙間戦闘仕様なのでさほど問題ではない)

一応その甲斐あってゴーストブースター時の最大推力は計算ではVF-11を凌駕する数字を叩き出し、ミサイル装弾数は8連マイクロミサイル速射ポッド×4だけで96発を数える(8連装で3斉射可)。
他にもまだ
・脚部コンフォーマルタンク/連装ミサイルランチャー×2
・中機動ミサイルランチャーポッド×2
・ゴースト内蔵単装マイクロミサイルランチャー×5
を装備し、これに35mmガンポッドとレーザー機銃1門(A型の場合。S型は2門)の固定標準装備がつく。
余裕でVF-1ストライク/スーパーバルキリーを上回る火力。


VF-0-3.jpg

後部から。
中央に見えるロッドはアレスティング・フックですね。
ゴーストのノズルは限定的ながら三次元可変が可能。
最終話でのSv-51γツインブースターとのドッグファイトではこれとVF-0本体の二次元可動ベクタードノズルをそれぞれ相互に動かすことで強引に左捻り込み機動を行うというかなりの無茶をやってくれました。

VF-0-2.jpg

真正面から。
タービンブレードは本来もっとインテークの奥にあるもの(実際変形しないハセガワ1/72版だとちゃんと流入路の奥まった位置にある)なんですが、こいつの場合変形しなけりゃならない都合で流入口のすぐそこに。要するに変形させようと思うと、足になるエアインテークを空洞に出来ないんですな。

しかしアニメだとその装備を活かし切ることなくパージされてしまいましたが、こんな無茶な設定の機体はなかなか珍しく、面白い。
(もっともここに書いてきたことを読んで『すげーバカな戦闘機だな』と思えるのはロボットアニメだけではなく実機の知識も有するごく一部の人でしかないんですが……
ゼロは良くも悪くもマニアックだよなぁ)

こんなに殺る気満々のフル武装型メカもなかなか珍しいよね。

防衛費の削減を公明代表が要求

(紙面のみ、ネット上ソースなし。東京中日新聞愛知版・12/15朝刊2面、一部省略。)

前防衛次官汚職事件を受け、公明党代表・大田氏が2008年度予算編成の防衛費削減を求める考えを示した。
具体的には一年ごとに購入しているF-15の改修部品を複数年分まとめて購入することによる経費節約をあげた。
太田氏は約24兆円の兵器購入費を盛り込ん中期防衛力整備計画(2005-2009)についても、
1、過大見積りの根絶
2、人員削減
などの観点から来年夏までに独自の見直し案をまとめる意向も表明した。


単年度契約の見直しはともかく、むしろ過小ではないかとすら思える次期中期防のこれ以上の圧縮というのは(守屋前次官の汚職を理由に給油新法案を否定する民主党といい)不祥事に対する安直な懲罰行政ではないか。本来それぞれ別個に処理されるべきはずの無関係な問題が何故か関連付けられ歪められて処理されているように思う。
ましてこれ以上の人員削減など論外。

そもそも公明党に次期中期防を自力で再検討できる人材がいるのかどうかも疑問ではあるが。

それにしても、永田町に漂う「ヨーロッパをみろ、もう軍備競争と対立の時代じゃない、これからは軍縮だ」ムードはなんとかならないものだろうか?
日本はアジアに位置する国で、そのアジアは中国のみならず軍拡の真っ最中なのだが。

アーマードコア V.I.シリーズ フォックスアイ

ビジュアル面での評価は高かったとはいえ弱王まさかの立体化。
っていうかネチズンのレイヴンどもにはすっかり定着したなぁ、このあだ名もw

しかしそのままだと成形色がいつになく貧弱(特に青とグレー部)なので、

ブルー部:ライトブルーをベースに、ゲーム画面参考にしながらミディアムブルーなどを混ぜ調色(カラーガイドはあるけどちゃんと設定通りの色になってない)
グレー部:そのまま焼鉄色
ブラック部:そのまま黒鉄色
武器:ガンメタルとシルバーで適当に彩色
ホワイト部:そのままホワイトパール

という色で結構手抜きながら一応塗装。

fe.jpg


このシリーズはパーツ分けが異様にきっちりしてて、同じ部品に複数の塗装を施す必要がないパーツ分け/ランナー構成なのは楽。まあ組み立てがその分凄い手間なんだけど……

fe-2.jpg


武器はカラサワ+ハングレに両肩ミサイル。
造って初めて気づきましたが、3シリーズのカラサワってバレル4つ並べてエネルギーを圧縮生成する形式だったんか。
道理で重いわけだ……

もともとが細かくディティール再現しているので、塗装してやると格段にかっこよくなるのがいいところ。fe-3.jpg


背面ディティール。「自分の機体の背中を見ながらプレイするので、背中もきっちり描きました」というだけあって毎回このシリーズ背中の情報量も多いよな。
背中から飾ってもかっこいいガンプラなんてそうそうないぜ。
fe-4.jpg


オーバードブースト起動も可能。
fe-5.jpg


部品が異様に細かいので組み立て時には紛失要注意。
はめ込むのにうまくはまらず、押し込むうちに滑って弾け飛んでって行方知れずに……とかよくあるんだよな。

実際作ってみると、弱王のくせにほんとビジュアルは洗練されてるのがよくわかる一品。


……ところでボーナスパーツがとっつきっていうのは何の冗談ですかな?

12月の買い物その2(完成版)

kaidasi-07-12-2.jpg

●「金色のガッシュ! 31」
うわあああああああキャンチョメェェェェェェェ!!!!

フォルゴレ、ホントにアンタ間違いなく本物の英雄だよ。カッコイイカバさんだよ……


●やまと 完全変形1/60 VF-0A
            QF-2200B
VF-0Aが安かったので(といっても1万円だけど)購入し、ついでに外付けのQF-2200ゴーストも購入。
これで特攻突撃仕様(w/ghost、ゴーストブースター)が出来るというわけです。
しかしフォッカーのS型に比べてどこでも安いのな、シンのA型……


●聖闘士星矢 聖闘士聖衣神話 ジェミニサガ
               アペンディックスジェミニサガ/カノン
いつも仕事帰りに寄る模型屋に入っているのを見て速攻で購入。
最近やたらマイス集めに凝ってる俺ですが、なのはStS見てるとなんか欲しくなってるんだよな。

●聖闘士聖衣神話 レオアイオリア
すいません、正直に白状すると安く売ってたのを目撃して転売するつもりで買ったんです。
でも眺めてるうちにやっぱり手放すにはもったいなく思えてきて……
しかし初期のマイスなせいか、ラダマンティスとかに比べるとちょっと出来イマイチかも。特に顔。

●HG1/144 ドムトローペン(サンドブラウン)
弱王製作してたら欲しくなったんですよ。ドム系で一番好きなんだよトローペン。
元々のドムの丸みを帯びたデザインを無理やり角ばった形に変えたみたいなw

●ハイコンプロ hi-νガンダム
MG準拠のハイコンプロです。そんなわけでスマート体系の青・白塗装。
MGは気力とスペースと時間がなかったので見送りましたが、ハイコンプロならその3つがなくてもOKだしな。
MG版よりこころなしかファンネルコンテナが強調されたプロポーションに見えます。

●らき☆すたオフィシャルファンブック こなたの方程式
買うつもりなかったんだけどなあ……(ってそんなんばっかだが)
1300円と安かったのと、あのアニメをキャストがどう思っているのかが知りたかったので購入。

●軍事研究1月号
いつものやつですな。

●「戦争の経済学」ホール・ホースト
新聞の書評欄で「『戦争は経済を活性化する』は本当なのかを検証する」的なコメントで紹介されており、興味を持って購入。
何しろ未だに巷には「軍需産業が儲けるための戦争」のような類の言説がゴロゴロしておりますゆえ。

黄金聖衣を見る

●レオ
leo.jpg

他の黄金聖衣と比べたとき、衣装が質素な感じ。
いやド金ピカの全身鎧に質素もクソもないんですが、他の聖衣は「オブジェの一部をアーマーにする」的パターンなのに対して、獅子座は「装甲をオブジェの一部にする」というような。
胸甲部がいい例で、他の黄金聖衣だと「レリーフを施された板」や「筒状の造形パーツ」を胸を覆うパーツに持ってくる(蠍座や水瓶座が前者のいい例)のに対して、獅子座は胸当てとして造形されたパーツをオブジェの一部に組み込んでいる。
全体的に装飾性抑え目で、特に肩アーマーのシンプルさ・そっけなさは水瓶座や乙女座と比べると一目瞭然。
全黄金聖衣の中で一番質実剛健な、「聖なる衣」というより「鎧」っぽい聖衣だと思う。
牡牛座は一見それに近いけど、よく見ると「力強い雄牛」のカリカチュアって感じで結構装飾性はあるし。
逆に戦うための鎧というより意匠を込めた「聖なる衣」っぽいのが乙女座で、装飾性全開なのが魚座。


●ジェミニ
kanon.jpg

装甲被覆面積の多さもありますが(冥衣以上に完全な全身鎧に近い)、それ以上に12星座中、数少ない非生物がモチーフな聖衣であるせいか、全体的に他の聖衣から見て異色。
やたらゴツゴツした胸甲・肩アーマーは完全に生物のそれではなく、彫像のような雰囲気。
スカートアーマーなんかも台座から変形してくるパーツだけあって、他より明らかに「モノ」っぽい。
確かに黄金聖闘士最強の聖衣……と断言していいのかどうかはともかく、他とは一線を画しているのは確か。
ところでギャラクシアンエクスプロージョンのポーズ再現って難しいね……


●キャンサー
deathsama.jpg

本人のマンモス情けない奴っぷりばかりが目立ちますが、聖衣自体はとことん鋭角的に仕立て上げられた実はかなりスタイリッシュな一品。
肩アーマーのトゲトゲっぷりは悪役的かっこよさ溢れるイカス造形ですし。
どうしても丸みを帯びざるを得ない脚アーマーまでをもスラリとしたシャープな鋭角的面構成に仕立て上げているのがまた美しい。

……本人のかっこ悪いのもあるけど、モチーフが「蟹」なのも損している一因かもしれない。蟹じゃどう聞いたって「獅子」とか「蠍」とか「乙女」より圧倒的にダサいイメージしか出てこないし。

ちなみにこの写真のポーズはサガの握り手を拝借してのなんちゃって積尸気鬼蒼焔。
マニゴルドはかっこよすぎる。思わず帰り道で蟹座の黄金聖衣買ったよ、あれ読んだ日。
……まあいくら先代がかっこよくても、デス様はマンモス哀れな奴であることは何も変わらんのですが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。