「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

もうすぐ弱王

だというのに3OP機は両腕しか完成してないまま半年が過ぎ、ドレッドノート/Xアストレイやランスロットは放置され、EX-sに至ってはコアブロック完成した時点で気力が尽きた。

「何をバカな」と思われるでしょうが、Ex-sはホントマジでモチベーション維持できません。ありえないからあのランナーの量は。

ACのV.Iシリーズって作るの大変なんだよなあ。フォックスアイは週末に一気にまとめて完成させないと、12月には再販のVF-0特攻突撃仕様(VF-0w/ghost)も来る。あれもまた非っ常にめんどいキットだし。

でも今週末部屋の大掃除の予定なんだよなあ。


desk2.jpg

このプラモの山どうしよう……


追記。今転んだラダマンティスがM4A3の車載.50をヘシ折りやがった!
スポンサーサイト

銀魂第83話「運に身分は関係ない」

ごめんなさい、こういうときどういう顔すればいいのかわからないの……

今週のガッシュ

あー、これでいよいよ終わりなんだなぁ……

●さすがのシェリーもシン級術連打は怖いらしい。無理ないが。

●デュフォーの笑顔のさわやかなことよ。
 ジガディラス撃ってた時の目つきが嘘みたいだぜ。

●完全にヒキコモリでクラスから浮いてたピヨ麿が、「お前と会えて楽しかったぜ!」なんて級友と会話してるの見るとそれだけで感慨深い。

●ホント、ガッシュのおかげでピヨ麿は人生変わったよなぁ。
 魔界のみんなは3ヶ月も生殺しでアレだが、確かに卒業式見てほしいっていう気持ちはよくわかる。

●っていうか、これでホントにガッシュと清麿もお別れなんだな……

●……それにしてもブラゴと戦って勝てるのか?
 クリアがインチキすぎただけで、アンサートーカーをもってしてもガッシュにはどうしようもなさそうな術が揃いまくりなんですがブラゴ。
 ニューボルツ系なんて使われたらそのまま捻じ切られそうだぞ。

●ザケルvsレイスでそのまま「完」かと一瞬思ったの俺だけ?


実際どうなるんだろうなぁ次週。きっちりブラゴ戦描くのか、すっとばしてエピローグ入りするのか。

創価学会の教本を借りてきた

中学以来の友人がなぜか急にハマってしまい困惑気味だったのですが、試験対策にと教科書を読んでいるのを見て「ちょっとそれ見せて」と見せてもらったところ、非常に(違う意味で)興味深い内容で頼んで借りてきました。

神学上の教義うんぬんは関心ないので、とりあえず思想上非常に興味をそそられた2つの特徴について。

1、大本の教義(この場合日蓮の教義)に対する独占的解釈権の主張
自分たちの解釈のみが唯一無二である、と明言されている。
この「同一教義の異解釈を認めない」という点はスターリン主義やそのデッドコピーたる東欧人民民主主義、イスラム各派の過激原理主義に通じるものがある。
そして創価の場合はさらに一歩も二歩も踏み込んで、「他の解釈・宗派は真理を曲げた曲解」であり、「他派の僧侶はことごとく権力と癒着し堕落腐敗した曲学阿世の徒」と明確に定義され、さらに「●●は架空の仏を崇めたてる邪道、××は個人の悟りのみを追及するエゴイズムに基づく」と他派を明文で名指しして全否定されている。

いかなスターリン主義とて「都合の悪い異論に対して全否定で答える」ことはあっても、最初から異派をこれほど明確にきっぱりと全否定することを自らの主義に前提として織り込むことはしなかったということを考えると非常に興味深い。
(今更こんなこと追記するのもバカみたいだが、だからスターリン主義は悪くないとかそんなことが言いたいわけではない。念のため)

2、他派からの批判を「批判されることはすなわち我々の教義が真理であることの証明」と位置づけている
創価学会では法華経の行者には3種の迫害者が存在するとし、
 1、仏法に無知な衆生
 2、真理を曲解して自分たちが優れていると思い込み正法の持ち主(ここでは法華経徒)を迫害する僧侶
 3、権力と癒着し不当に弾圧しようと計る他派の高僧
この三種の強敵を招いたことをもって日蓮は自身が真理の徒であることの証明である、とみなした。
「批判はすなわち自己の正当性の証明である」というのは思想上において空前絶後の発想と呼んでも差し支えないのではないか。個人レベルの『論客』『運動家』ならともかく、まがりなりにも一定の大系化・理論化を済ませたある程度の規模の集団が、教義としてこんなテーゼを織り込むのは非常に稀。昨今世界を賑わせる、反米かぶれのイスラム過激原理主義ですらそこまで自らの正当性に対する絶対的確信には至らない。
確かに創価はある種の境地には至っているとも思える。


「創価はやばい」とは(政治に関心を有する)ネチズンにとって半ば常識と化していますが、どうやばいのかを知る機会がなかなかめぐってこなかったので今回教本を借りてくるという機会を得たのは僥倖。
確かにこれは危ない、としか言いようがない。
気になってその友人に口頭で聞いてみたんですが、

「日蓮の直系が創価学会なんだっけ?」
「うんそう。日蓮大聖人の直系はウチだけで、ほかはいろいろ独自にやってる」

とのことで。さすがに言い回しはソフトですが見事に教えを真に受けている。

しかしざっと教本に目を通して、「興味深い」を連呼する俺でしたが、どういう意味で「興味深い」と言っていたのかはおよそ知らんだろうなぁ、彼。
ただ、いくら彼が歴史や政治・政治思想には関心がないパンピーだと知ってはいても、実際に目の前で「いやぁ、これはスターリニズムに通じるものがあるねえ。とても面白いよ」なんて言ってみたりしたのは後から考えると分の悪い賭けだったかもしれんなw
万が一知ってたらどうなってたやら。

……そういや、創価のこういう教義って本家日蓮宗の教義からはどれくらい離れてるんだろう?
大本の日蓮宗自体も過激な部分を含んでいる、みたいな話は聞いたことがあるが。

11月の買い物その3

タムタムにフォックスアイ(アーマードコアV.Iシリーズ、ジャック・OのAC)買いにいったらまだ出てなかった……
それにしてもガンダム00はもうティエレン地上型・キュリオス発売か。いつまで経ってもザクは出れどもウィンダムやダガーLは出なかったり、ブラストインパルスが完全に忘れられたりと明らかに模型展開がおかしかった種死(ダガーLのHG化をあきらめない!)の時の反省を踏まえてるのかしら。

kaidasi-07-11-3.jpg
gunsword.jpg
soma.jpg


●「GUN×SWORD ガン×ソード」DVD初回特典付/フィギュア無し全13巻セット
いや、仮にも谷口のファンを名乗ってる手前、DVDセールスが芳しくない(平均およそ1.5~2ゼーガ。それにしてもテレ東一局深夜放送のガンソに売り上げで負ける一応全国ネット夕方6時放送のゼーガペイン……最後まで見た人からの評判はよいのになんでそこまで売れなかったんだ?)この作品は新品で買いたかったんですが1巻2話の7k×13はさすがにちょっと……
ヤフオクで即決38k全巻セット見つけて、思い切って買ってしまいました。ごめん谷口、次のスクライド5.1chDVD-BOXは新品で買うから許して。

ジャケットは一番お気に入りの12巻(レイ兄さん死亡回「夢の終わり」収録)です。
このレイ兄さんまじかっこいいんですが。

コメンタリーや設定資料も充実しているのが谷口らしくて面白いところ。
ラッキー様の人物解説、「生活パターンが夜型なので攻めてくるのはいつも夜である」の一行にはなんとなく吹き出した。
言われてみると1話って何度も場面転換したけど、ラッキー様の登場シーンは決まっていつも夜だったなぁw
コメンタリでは「カギ爪の台詞、台本にはハートマークがついてた」とか、最終回エピローグは「ヴァンが縛り首にされてて、最後に思い残すことはと聞かれたヴァンが『じゃあミルクを』と答えて〆」というボツ案があったとか、結構面白い話が聞けます。しかし実にいやな最終回構想だなおい。

カギ爪の男が具体的に何をするつもりだったのか、キャスト陣で最初から知っていた(監督から聞かされていた)のはファサリナ役の倉田雅代とカギ爪役の賢雄氏だけだったとか。

まだコメンタリ全部聞いてないんで、じっくり聞いていこうかなあと。

●「アルジェントソーマ」初回限定版全13巻セット
2000年代アニメなのに下手な80年代東映系よりマイナーなのでは……と思えるマイナー作のDVDです。
18000円を特価12000円の安売りしててしばらく悩んだ末に購入。

エヴァブーム冷めやらぬ頃、受け手がとりあえずエヴァと何か似ているところがあれば「エヴァのパクリ」と総叩きにしてそれだけで見向きもしなかったという時代の中で創られた作品。(といっても俺はこれリアルタイム組じゃないけど)
まあこの作品は事実エヴァフォロワーなのはそうなんですが……
同じような位置にある作品としては「ガサラキ」「ダイ・ガード」なんかがあります。高橋監督の知名度で名前だけは知られている(難解な政治的要素や伝奇要素を多く含むせいか、エンターテイメントとしての評価はお世辞にも高いとは言えんのだが)「ガサラキ」に比べると「アルジェントソーマ」や「ダイ・ガード」はまさにマイナー。
「ダイ・ガード」も「パトレイバー」の系譜を受け継ぐ緻密なリアル風メカ描写が好きだった(パイロットと機関士とオペレータが3人ちゃんと揃わないとまともに動かない合体ロボ。未改良の物語序盤ではドリルつけたら回転モーションを制御しきれずに振り回される)んですが、当時はそれこそエヴァのパクリと総叩きだったのは苦い記憶。
「主人公を熱血にしてバックを企業にしただけのエヴァ」なんて感想が平然とまかり通る時代だったんだよなァ……
ともあれ、この「アルジェントソーマ」と「ダイ・ガード」は個人的に非常に気に入っている2000年代初期作品ではあります。

これもDVD解説書が充実してます。専門用語が何気に多かったりするので単に用語解説部分も多いんですが、「ロッシュの限界」とか他の作品ではなかなか出てこない用語を使うパターンが多いのでただの専門用語解説でも結構面白い。

しかし何回見てもこの作品のOPEDいいなー。
リウの心情そのものなOPとは思えないほど切なくて物悲しいOP、常に陰気(≠欝。寂しく薄暗い独特の雰囲気、とでも言うべきか)な雰囲気の本編とは一転してなぜかやたら明るいEDをいつでも見られるってだけでも価値がある。
EDは最初見ると「なんでこんな明るい曲なんだよ?てかこのオッサン誰やねん」としか言いようがないんですが、最終話まで見た上でもう一度EDを見ると途端に泣けてくるEDになる、という面白い仕掛け。
しかし本当にギャグパートまったく皆無というのは凄いなあ。
その分最終話のサワヤカさはリヴァイアスにも匹敵するがw

殺したい相手のはずのフランクとの共闘っぷりを皆から称えられ、一人部屋に帰った後物凄い鬱屈した感情を爆発させたり、ただただ復讐したい一心で生きてきたのに実は当のフランクは復讐すべき相手ではなかったことを知り、猛烈な空虚感に号泣したりとリウの心情表現が非常に好きです。
そして忘れちゃいけない「私の足長おじさま」ことMr.Xw
ちゃんと生きてて良かったよ、最終回。

●「アルジェントソーマCDドラマ ザッツ・フューネラル」
そんなアルジェントソーマのCDドラマ。
フューネラルの日常を描いた短編3本を収録。珍しくギャグ要素が強め。
妹が見学に来ると聞いて「なんだってぇーッ?!」と物凄い大声で叫んでしまうダン、ハティに「フランクにダンの言うことを聞くGロボのモノマネさせてあげて(意訳)」と頼むギネビア、キャプテンを下ろされると聞いて思いっきり動揺するマイケル、リウの顔は左右どっちから見るのが格好いいかという話題で盛り上がるオペレータ娘ズなどなど。
というかスーとハティで買い物にってそれはマイケルじゃなくても不安になると思うんですが、コマンダー。
それにしてもみんなの一連の会話の最後にいちいち一言嫌味を付け足すためだけに出てくるリウ。お前は付き合いがいいのか悪いのかどっちだ。

そんな主人公のリウ、「あれ、まさか嫌味を言うためだけに出たの?」とかちょっと不安になりましたが最後に洒落のきいたマネをやってくれて一安心。

●「ひぐらしのなく頃に 語咄し編」1・2
同名のひぐらしアンソロジー小説集のコミカライズ本。
絵師はアンソロ常連組とか実際にコミカライズを担当している絵師とか色々。
元の小説集に収録していた作品すべてをコミカライズしたわけではなく、いくつか選んでのコミカライズ。さすがにあのSF編とかは今回コミカライズされておらず、比較的コメディ色(というかラブコメ色だな)が強いものが多く選ばれてますがやっぱ一番好きなのは女こまし編かなぁw
野菜炒めやデートの話も好きですが。

ところでまーったく関係ないんだけど、「リトル・デーモン」で流花が最後に使ってた鉈見てなぜかビアレスのオーラソード思い出した。

●「さくらがんばる!完全版」中平正彦
俺ですら名前だけは聞いたことがあるという程度には有名な格闘ゲーム漫画の名作。
ブックオフで見つけて速攻で購入したぜよ。
ケンや春麗あたりの普通に人気あるキャラはおろか、お笑い要員にされがちなザンギエフやダンまでもがちゃんとまっとうに格好いいというだけでもいいよね。
まあブランカやダルシムはご愁傷様ですがw


●「シャンク!・ザ・ロードストーリー vol.2 百年かけた願いごと」秋田禎信
うかつにも紛失してしまったので買いなおし。
やっぱりブリアンかわいいよブリアン。ホント秋田がこういうの書けるようになったのは嘘同盟員のはしくれ的に凄いエポックメイキングだ。

超合金魂ゴッドマーズ

http://www.tamashii.jp/item/cho-go-kin_t/11/index.html

発売は来年の3月か。
値段は高いっちゃ高いがこの間完全変形Sv-51γ買ったせいか、アレと同じ程度の値段だなくらいにしか思えない。
ちょっと金銭感覚やばいな。

でも実際、ゴッドマーズの場合は実質的には稼動ロボ×6なわけで、それを思えばこのくらいの値段にはなるんじゃねえの?とも思える。

とりあえず来年3月でよかった。
1月はスクライドのDVD-BOX来るしな。

バンブーブレード第8話「タマちゃんとアルバイト」

●こうやって見るとプリセラって実は露出度高めのエロい格好だったんだなあ。
 なんつうのか、間違いなくプリセラなんだけどこんな色気のあるおねえさんはプリセラじゃないよみたいな。

●第一章のアニメ化なのでボスのジルさんは単独アップのカット。
 対するミカゼは味方脇役その1なポジジョンw
 ……2章まではほんと出番どこいったー?だったからなあ。
 
●しかし46話ってえらい半端な話数だな、おい。打ち切りでも食らったのか。
 それで6万円はちょっと高いかも……

●と言いたいけど小杉声でしゃべるドルチルフィギュアがついてくるなら6万円ポンと出すね!
 テンション上がってきたぜェーッ!

●しかし、ホント誰だよドルチルに小杉使うとか考えたのw
 あの声でテンション上がってきたぜー言われると思い出すだけで吹くわ!

●そのせいでMPを知らない大半の視聴者からは「なんであんな変な筋肉のおっさんのフィギュアがほしいんだ?」とヘンな趣味の持ち主のように思われてしまっているタマちゃんがちょっとかわいそうではある。

銀魂第81話「女の一番の化粧は笑顔」

●敏木斎&九兵衛vs銀さん&新八の空中戦、作画といい殺陣といい見事。
 特に九ちゃんのフェイントを先読みしての、銀さんの柄頭による軽いソフトタッチな一撃のシーンは、桜花編で似蔵の腕の上から振り向きざまに大上段から振り下ろすあのシーンほどではないにせよ、なかなかイカしてたね。

●ミイラ土方にジャスタウェイ投げつけたキャバ嬢誰よw

●ゴリラとの結婚式で「初の共同作業です」と言いながら出てくるケーキならぬベッド。
 そして横たわる新婦(メスのゴリラって新『婦』と呼んでいいのかしかし)にマイバナナ入刀を迫られる局長。
 ……いや、相手がゴリラだからってこんなの夕方でやっていいのかよ!
 (むしろゴリラだからこそ余計危ないのか?)
 

この先も数々の下ネタが待ち受けてる(さしあたって東城のソープネタとか)んだが、楽しみというか不安になるというか。そんな柳生編決着話でした。

ガンダム00 7話まで

落としていった遺留品や衝突痕から敵の技術調査とか、なかなか今までのガンダムでは無かった描写もあって面白いところもあるんですが、マクロ視点でソレスタルビーイングの活動がどう世界に影響するかとかザジやルイズたち一般市民の目からどう写るか?とか、いわば主人公たちの外から見た視点での描写に偏ってて肝心の主人公たちのキャラ像がなかなか見えてこない気がする。
単純にキャラ出しすぎ(もっと言えば視点増やしすぎ?)と言っていいのかどうかは分からんけど。
味方陣の中でちゃんと立ってるのは兄貴役のロックオンと(何故か真っ先に)主役回が回ってきたアレルヤくらいだし。

SBの真の目的とか背景がまだ見えてこないのは今後への伏線なのは分かりきってるからいいとしても、刹那がどういう人間なのかとかがいまいちはっきりしない。
もうちょっとしゃべってくれないとロックオン兄さんじゃなくても困るぜ。

MSも地味だしなあ。エクシアの新装備なんて無銘無意匠の普通のブレードだったから他に比べて影が薄いぞw

しかしWみたいな派手な設定で来たわりに実際フタを開けてみると地味なガンダムになっとるな。

ひぐらし解第19話 祭囃し編 其の六 「幕開け」

カケラつむぎ長かったよ!やっと祭囃子本編開始だよ!
まさか飛ばさないよね?と事前には思っていたが、いざ始まると本編まだー?逆襲の部活メンバーまだー?になってしまう不思議。

●堀江ボイスの噛みまくり羽入。
 意外と破壊力あるなあ。
 
●レナをあんな縛り方したのは誰だよw
 圭一か?!それとも魅音か、沙都子か、あるいは梨花ちゃまか!
 …………全員ないとは言えないのが怖い。

●おじさん、圭ちゃんをお犬さんにする罰ゲームに舌なめずり。
 あれマジで舌なめずりの音が無駄に生々しかったんだがw
 そんなに圭一が好きかーっ!

●しかし梨花ちゃまの皆殺し編記憶継承失敗はそのままなんか。
 意味が分からないうえに後の伏線になってるわけでもなし、単に皆殺しのあのラストはなんだったのと脱力させるだけだったので、そこは変えて欲しかったんですが。

●ところでこのままだとレナがとてもかわいそうなことになるんですが、最後の見せ場が羽入お持ち帰りぃ~未遂で亀甲縛りとかになった日には、魅音びいきの俺から見てもそれはちょっとあまりにもあんまりなので今後ちょっとはアニメオリジナルで活躍する機会がもらえるといいなあ。

●プラスアルファでいえばちゃんと詩音も惨劇脱出のカギに含まれるっていうのを実感できる描写でもあればいいけど、そこまでは望みすぎか。

財布がオーロラエクスキュージョン

アルジェントソーマの初回版DVD1~13巻セット、名古屋の某メロンの横にある中古同人誌店にて中古ご奉仕価格12000円

ガン×ソードの初回版DVD1~13巻セット、中古(特典全付属確認、フィギュアは無し)でヤフーオークションにて即決36800円


…………すいません。

大人買いかましちゃいました。

カラオケいってきたよ

今週の土曜23時からチャットやります。お暇な方、お越しをお待ちしておりまする。


今回は手短でしたよ。

「THE WINNER」(0083前期OP)
「永遠の孤独」(テッカマンブレード後期OP)
「修羅」(銀魂5期ED)
「風のノー・リプライ」(エルガイム後期OP)
「ハレ晴レユカイ」(ハルヒED)
「疾風ザブングル」(ザブングルOP)
「ETERNAL BLAZE」(なのはA'sOP)
「Reckless fire」(スクライドOP)


他にも「LONELY HEART」(ブレード後期ED)や「Romantic summer」(瀬戸の花嫁OP)、「DYNAMITE EXPLOSION」(マクロスダイナマイト7OP)あたりも歌いたかったんですが時間切れ。
というか「DYNAMITE EXPLOSION」は入力する寸前までいったんですが、そこで「ダイナマイッ!ダイナマイッ!ダイナマイッエクスプロージョンワンスアゲン!」以外の歌詞が思い出せないことに気づいてやめた。

●永遠の孤独はほんと何度見てもすごい歌詞。
「襲い掛かる滅亡のストーリー 逃げ出すことは出来ない 戦いだけが救い」とか。

●DAMの画像編集は相変わらず反則だろ。
 「疾風ザブングル」歌ってるとき、Xポイント決戦のICBM投げ返しが写ったとき思わず歌詞を無視して
 「死ぬかよ!アニメでさぁー!」「死なば、もろともぉぉぉぉっ!」と叫んでしまった俺を誰が責められようか?

●エタブレを歌ったときの俺の心境は無謀編でヤクザグロ魔術士が桃缶の買出しに失敗して過去を回想していた話のタイトル。
 ところでフェイトのBJ姿を思い出そうとして、最初に脳裏に浮かんだのがSv-51γバトロイド(イワノフ機)だった時は自分のインスピレーションに愕然とした。

●「GAP」や「Wishing」はもう収録済みなんだな、DAM。ラストアマゾネスや「らせん」もそのうち収録しそう。

……ところでinformation-highの収録マダー?

連載漫画の感想でも

●銀魂
改造されてしまった銀さんのジョイスティックにメッチャ吹いた。
「元々銀ちゃんのなんて使い道のないスティックだったアル」って神楽ひでえw
工場長、さりげに男にとってトップクラスに厳しい台詞ですよそれは?

●パンプキンシザーズ
伍長、それ対戦車猟兵やない。シザーマンや……

●マテリアルパズル外伝
漫画喫茶で本誌バックナンバー読んできました。
下書きいらずのひょうたんまんじゅう、相変わらず無駄に活躍してんのなw

それはそれとして、やっと姿を現したジャンクーア。こういう奴だったのか。
医者(それも良心的な)なのは分かったが、「五本の指」としてはどういう能力者なんだろう。「とんでもなく強い」以外のことは何も分からないぜ。
……作者が作者だからさっぱり予想がつかんなぁ。

某壺のwhis板より「妙な年表を作るスレ」

520 :世界@名無史さん :2006/04/08(土) 22:47:30 O
1517年 ルター、紙の無駄遣いに苦言。

521 :世界@名無史さん :2006/04/11(火) 01:19:17 O
>>515
1945年 日本人、常人では忍耐不可能とされる我慢大会開催。天皇の号令のもと、全国民が参加。

545 :世界@名無史さん :2006/05/01(月) 09:58:16 O
1966年 とっくの昔に引退した老女優が、夫を使い、中国の少年少女に大ブレイク。

547 :世界@名無史さん :2006/05/01(月) 11:59:46 0
1944年7月
ヒトラー、すこし大きめのクラッカーで祝福される。
感動したヒトラー、関係者を天国送りに。

548 :世界@名無史さん :2006/05/01(月) 18:22:21 0
1940年5月 
目指せダンケルク!ドイツ軍対抗チキチキレース大会開催
主催者の都合で一旦中断するハプニング

1941年12月
↑の成功を受けて
目指せシンガポール!日本軍対抗ドキドキレース大会開催
中身は自転車レースだったが成功に終る

629 :世界@名無史さん :2006/10/08(日) 10:31:56 0
1805年 フランス皇帝ナポレオン1世、芸術作品を完成。クラウゼビッツに絶賛される

634 :世界@名無史さん :2006/10/10(火) 23:42:47 0
1944年8月 ソ連軍がワルシャワ蜂起を、あたたかい目で見守る。

672 :世界@名無史さん :2007/01/05(金) 09:49:50 0
1940年 ソヴィエト外相モロトフがフィンランド訪問し、カクテルをふんだんに用いた盛大な酒宴で熱烈歓迎される

660 :世界@名無史さん :2006/12/20(水) 23:04:22 0
1378年 唯一神の代理人がなんと2人も現れる。

708 :世界@名無史さん :2007/06/12(火) 05:37:58 O
2001年 世界中の人々が見物する中、
バーミヤーンで大規模な発破解体作業が行われる。


かなりブラックだったり(>>634とか。でもこれまったく嘘は言ってないんだよな……)、そもそも歴史が好きでないと笑いどころも何もあったもんではないんですが(中世や古代関連のネタは俺にはさっぱりだぜ)これ知ってると笑えるんだよなあ。
>>672とか。

アニメ銀魂第80訓「普段眼鏡をかけてる奴が眼鏡を外すとなんかもの足りない パーツが一個足りない気がする」

タイトル長いんだよ!
うちの新聞のラテ欄見たら「パーツが足りない」としか書いてなかったぞ。
敏木斎vs銀さん、

「ありゃ坊っちゃんじゃなくて嬢ちゃんだろうが!俺の股間センサーは騙されねーぞ」
「儂のセンサーはだいぶ前に壊れてのう、こないだはスリッパに反応しおった。死にたくなった」

……そら死にたくもなるわな。
しかし「排卵日」やっちまった手前、もはや「股間のセンサー」くらいではなんてことないよねって思えてくるのが困る。

11月の買い物その2

kaidasi-07-11-2.jpg



●「魔砲少女リリカルなのは 知られざる試作デバイス」(なのはStS同人)
 世界の悪魔イラストレイテッドシリーズの新作。以下各章への感想。
  
  *知られざる試作デバイス・バリエーション
   ネタにヒネリがなさすぎるYO!ミッドチルダ・ノースアメリカン社って何その安易過ぎるネーミングは。マクロスの設定みたいに名前をちょっと捻るとか、種の設定みたいにメーカーの名前そのものをでっちあげるとか、他にやりようあるだろ。
   ゼロシステムもパロディとかじゃなくて「完全にそのまんま」。
   その「そのまんま」の解説もかなりの手抜きだったりするあたり、何か適当にもう一個ネタのっけとくかー感がありありと出てるよ。
  トップパロディネタに至っては設定関連がボドボドですよ……
  (少なくともトップ世界では)縮退炉=ブラックホールエンジンじゃないし、イナーシャルキャンセラーは対物理攻撃用バリアじゃないよ……
  ここまで間違いだらけでは何のために掛け合わせたパロディ・バリエーションを作ったのか。
  トップには事細かい設定があるんだから、それをきちんと把握して、上手にすり合わせればもっと面白い嘘バリエーションになったはずなのに……
  たとえば「慣性無視/制御システムの搭載による砲撃時の反動無効化がもたらした照準補正の高精度化・射撃姿勢制限の自由化」とかさぁ。

  それと、誤字がなんぼなんぼでも多すぎる。「縮退路」「イターシャルキャンセラー」「鳴海市」とか。

   *編制解説・本部襲撃戦考察
    ただただ本編の出来事をさして「これを地球の戦史で言えば~」という例え話が延々と続くだけっていうのを軍事的考察とか解説と呼ぶべきかどうかは非常に疑問。
    あと「地上本部警備要員はなぜガジェット出現に際して逃走したのか」に関する部分は解説/考察じゃなくて、もはや単にファンが批判された本編描写を必死になって擁護しているだけにしか見えない。

    まともに「軍事的考察」してるのは本局と陸海空の内部派閥抗争についてのコラムくらい。劇中劇ムックとしての視点のブレ(アニメ視聴者なのか、ミッド人なのか、地球在住のミッド関係者なのか)は相変わらずひどいしなぁ。
もうちょっと世の劇中劇本を見習って、せめて視点の統一くらいはしっかりして欲しい。その最低限が維持できてない劇中劇本なんて俺が知る限りこれくらいだぞ。


●「へんないちにち」(なのはStS同人)
エリオとキャロの入れ替わりネタ本。キャロは声がつくとクスハとかお通ちゃんとかお通ちゃんが出てきてどうにもイロモノ的印象が先に立つので困るんですが、漫画ならそんなこともないので一安心。

●「トライガンマキシマム 13」 内藤泰広
リヴィオ&ラズロvsクリムゾンネイル。
コマの中の構図がヘタなので何が起こっているのかワケワカメなのと展開が遅いので、リアルタイムで読むと盛り上がらないんだが単行本で読むとなぜこんなに違って見えるんだ?
エレンディラ超Tueeeeeeee!これはやばい。強い。ウルフウッドが存命だったとしてもこれほどではヤバかったんじゃね?って思うくらい。
そんな圧倒的なエレンディラに必死に追いすがり、何度も何度も串刺しにされながらもなお少しずつ彼女を追い込んでいくリヴィオ&ラズロの猛奮戦。
「二人」で協力してクリムゾンネイルに挑むリヴィオとラズロの姿はアツすぎるぜ、この最強のチンカス!


●「瀬戸の花嫁 キャラクターソング3 GAP(銭形巡)
5 らせん(不知火明乃)」
瀬戸の花嫁キャラソン2つ。
幼馴染サブヒロインとしての心情歌な巡のキャラソン(C/Wは「祭りの歌」)と、悩ましい明乃っちのキャラソン。
つうか喜多村嬢、歌うまいね。歌詞にちゃんと悩ましいって(自然な形で)織り込んであるのに感心する。


●「とある科学の超電磁砲」冬川基
禁書の外伝漫画、電撃大王の美琴主役外伝です。
「大宇宙の意思」というタイトルがつけられたおまけ4コマで「立ち読みが好きだから付録とかつけて紐で縛ってある立ち読みできない雑誌が大嫌いなのよね」と言ってしまった美琴の頭上に突如植木鉢が直撃するのには思いっきり笑った。
後ろで初春や黒子が真っ青になってますよ、ビリビリ!

●「とある魔術の禁書目録」近木野中哉
ガンガン連載の本編漫画化バージョン。
新刊では本当に出番が完全皆無に成り下がるというえらい扱いのインデックスが本当に正ヒロインしてたころのハナシw
しかしシルエットで登場した神裂ねーちん、後にカミやんに堕天使コスで奉仕プレイすべきかと煩悶とすることになるとは思えんぞ。
あのシルエットはまるでGUNG-HO-GUNSか何かだぜ。まあ一巻初登場時のカミやん視点からの印象だと実際かなりそれに近かったんだけど。

●「とある魔術の禁書目録 14」鎌池和馬
そしてこっちが本家本元の新刊。
どんどん話が急展開していくなぁ。アニェーゼとか(名前のみだけど)オルソラとか、使い捨てかと思っていたメンツもしっかり展開に絡んでいるのが好印象。
土御門なんかギャグやったり裏方やったり憎まれ役やったりと忙しいなぁ……
ていうか五和さん正ヒロイン昇格ですか?!自前のおしぼりを必死に渡したいけどなかなか報われない彼女の先やいかに。元女教皇様との直接対決とか。

しかし、ついにカミやんの記憶喪失が他人にバレちゃったなぁ。
本当に話が進んでるんだなぁと感じる。


●「遊華麗明」(かにしの同人)
非エロ(一部微妙にきわどかったが)のかにしのSS集。
みやび成分多めだがここはやはりガチの鏡花ルートSSがあるということに言及せずにはいられまい!
むしろ今まで誰もやらなかったのが不思議なくらいだぜ。

●「Southern Cross-pray」(なのは同人)
なのは二次創作最大手とも言われ、かなりの独自展開で色々ファンの間で物議をかもした「Fearless hawk」のケイン氏の同名クロノ×フェイト長編ネット連載SSを前後巻の総集編としてまとめて出版したもの。その前編です。
StSに対応して改稿した部分など、結構手が加えられてますな。
リスペクト対象の影響が露骨に出すぎ(ぶっちゃけ丸パクリしたと言っていいストジャとかー。ZOEアヌビスとかー)という悪癖はありますが、まがりなりにも「最大手」になるだけのものはあるかなぁ、と。
良くも悪くもヌルい世界観のなのはに谷口吾朗ばりの「徹底的敗北による挫折」というイベントを持ち込んだのが原因かしら。


ところで後編に収録されるクロノvsシグナムのアヴァランチスティンガーは色々な意味で見せ場なんだけど、ビジュアルを想像するとあれってモロに古鉄ファイナルジョーカーカードじゃ(ry

11月の買い物(完成版)

kaidasi-07-11.jpg


●ハセガワ1/72 「VF-19A」
ゲーム「VF-2X」(あいにく俺は未プレイ)に登場するVF-Xレイブンズ仕様のVF-19A型。事実上試作機とはデカールが違うだけ(設定レベルではエンジンの出力が20%向上)だったりしますが。
 どうでもいいけどプラモ作って初めて19系に後方攻撃用レーザー機銃以外の固定武装があることに気づいたよ。
 2個買ってますが、1個はレイブンズ仕様でもう一個は別の俺塗装にする予定。どうでもいいけどレイブンって言われると「レイヴンだ」って訂正したくなるというか、どうしてもカラスの色にしたくてしょうがないのね。現役レイヴン改めリンクスとしては。
 しかし試作機然としたカラーリングのYF-19のときは気づかなかったけど、実戦というかヒロイックな塗装にしてみるとすっげーかっこいいのな19。曲面を使わず、極力鋭いエッジ面で構成されるボディにカナードと鋭角の前進翼というデザインの取り合わせはまさに剣。
 これはARX-8の名前がレーバテインになるのもいたしかたない。賀東招二の気持ちもよくわかるというもの。
 ……でもガトーが言うVF-19はどのVF-19だったんだろうか。同じVF-19といっても初期のA型と後期のF/S型では紫電一一型と二一型とか、ザクⅡF型とザクⅡR-2型くらいの色んな違いがあるけど。

 しかし図らずも人類史上初の可変戦闘機を作った後、現在最後発最新鋭の可変戦闘機を作ったわけですが、実際そうやってみるとSv-51の技術的強引さ(心底強引丸出しの性能向上キットなツイン・ジェット・ブースターがいい例)や、無駄が多い上に強度上不安に見えて仕方ない主翼の変形構造などの稚拙さがよくわかると同時に、AVFの技術的洗練性・スマートさがよくわかるなあ。
同じFASTパックでもぴったり密着する形状の設計を採用したことでレーダー反射面積の増大をほぼゼロに抑えているAVFに比べたとき、最初からすでにステルス性なんか完全に放棄して、そんなこたぁ知ったことかと言わんばかりの勢いでひたすら推力とミサイルの追加搭載のみを自棄にでもなったんじゃないのかと思うような勢いで追求しているVF-0特攻突撃仕様は言うまでもないが、主翼の上に巨大なジェット・ブースターがでんと鎮座するSv-51のズボラさよ。

ちなみに「スパロボα」「α外伝」に登場するYF-19/21は素の形態ですが「第三次α」に登場するYF-19/21は何気にFASTパック装備形態だったり。図鑑でも劇中でも一言の言及もなかったんだけど、これ気づいた奴何人いたんだろう。

●らきすたキャラソンvol.10 胸ぺったんガールズ「みんなで5じぴったん」
ネッ友とメッセンジャーで会話している時、「今聞いている曲」欄に『ビショージョ帝国ロリィタ大帝』というタイトルが出現した時の冷たーい反応といったらなかったぜ!
まあでもちゃんとこなたとゆたかとみなみの曲ですよ。アホ丸出しのタイトルなのは否定し難いけどw

●「マクロスプラス リマスターボックス」
プラスのリマスター版、ずっと欲しかったのでせっかくだから購入。
YF-21リミッター解除突撃のシーンは何度見てもスゲーの一言に尽きる。ゴーストのVLSハイマニューバミサイル一斉発射を回避して体当たりするあの回避機動の凄さ、口で説明できるもんじゃないよ。
あと「information-high」はやっぱすげーわ。ハイテンポの繰り返しフレーズは文字通りの洗脳ソング。さりげに歌詞やばいっていうか、まさにシャロンが暴走する心境を歌ってるんですがw
ゼロと違って新型試作機競争というフォーマットを選んだおかげで、細かいことを考えずにとにかくひたすら派手に演出して徹底的にSugeeeeeeを強調できた(空力限界高度まで48秒とか)のがプラスの勝因(っていうとヘンだけど)か。

●「瀬戸の花嫁 4」
三河とルナパパ登場回。
小野大輔が名古屋弁の三枚目やるなんて斬新に感じるなぁ。
他にも感想を書きたいんで、時間と気力があったらまた改めて。

●「聖闘士星矢聖衣神話 ワイバーンラダマンティス」
冥界三巨頭のボス、ラダマンティスのマイス。
ヤフオクで新品未開封3000円という信じ難い値段設定の出品を見つけてしまい反射的に落札してた。
……到着するまで「詐欺じゃないよね?よね?」とか結構不安だったのはここだけの話。
ラダマンティスが劇中で活躍したかといえばかなり微妙なんですが、ワイバーンの冥衣の格好よさに救われているというか。
黄金聖衣のさらに上位っぽい、よりアーマー被覆面積の増えたデザインに、ダークシルバーとパープルの色合いが絶妙。肩アーマーとマスク、翼がチャームポイント。
羽が長いので自立補助にもなるよ!

●「世界の艦船 12月号」
米海軍の新造船計画についての解説。

●世界の傑作機「P-51ムスタングD型以降」
まだ持ってなかったんだよな……
気がついたら「初期型」は周囲の本屋から無くなってて困る。

●「戦時商船隊」 大内建二
大内氏の戦時商船本ということで作者買い。
この人の存在は貴重だよなあ。
この人の一連の著作が、山本七平や大井篤が嘆いた戦時日本海運の実体をよりさらに掘り下げてくれる。

君にこの声が 届きますように

今週のガッシュがアツすぎる。
先週ラストでダニーがかけつけてきてくれたあたりでもうヤバかったが、レインやキッド、ウォンレイと次々に登場して限界ですよ。しかもウォンレイちゃんとヘアバンドしてない(ファウードの中に置いてきた)し。

しかし最大の衝撃はやはりビクトリーム様。あんた何一番おいしいとこ持って行ってんの!
ガッシュも驚く「お前なんで仲間みたいな顔してんの?!」。
驚きのあまり特に縁深かったパムーンへの台詞がなくなっちゃったw

ところで、「ガッシュ、Vの体勢をとれ!」ってレイラのミベルナ・シン・ミグロンとパムーンのファルセーゼ・バーロンがVレーザーの発射端末なんだからガッシュがVの体勢をとる必要性はまったくないような気がするんだが、V様だからそんなことは些細な問題なんだろう。
しかしグリコポーズで口あけたまま気絶するガッシュの姿は何気にシュール。

来週は誰が出るんだろうなぁ。
バリーやロップス、パティやピョンコのほかにも本命のゼオンやキャンチョメ・ウマゴン・ティオもいるし、このままクリアは倒されそう。

一言でまとめると

小沢は平成の近衛文麿。

光る雲を突き抜けFly Away

今週の銀魂はいいんでしょうかね、あれ。
週間少年漫画の限界に挑んでるような。高松と張り合ってるのか。やっぱりそうなのか空知?!
……あんなのでも高松は平然とアニメにしちゃうんだろうなぁw

●TH2AD伸びたー
 まあインタで「結構ギリギリの状況です(汗」なんて言ってたし、やばいんだろうなあとは思ってたけど。
 ところで結局「最後まで攻略できる」のは誰なんだ?
 ネッ友が「やっべいくのんとシンメトリカルドッキングできねえとかいう話が出てんだけどどうしよ。マジやばいよどうしようそんなことになったら俺死ぬわ(超意訳」っていうメールよこしてきたりしたわけですが、俺もその辺気になるわけで。っていうか奈々子ちゃんとキーワードD・A・N・C・O・U・G・Aするのはなんぼなんぼでも無理だろうしなぁ。

●書くの忘れてましたが、中日日本一ですよ!
 「楽天の次に日本一から遠かった球団が」って解説の一言にかなり打撃を受けたけど、日本一ですよ!
 何度涙を呑んだやら。っていうか俺が生まれてから中日が出た日シリは毎回涙の結末だったんだがな。ダイエー秋山にフェンス直撃の大当たりをナイスキャッチされたりとかさー。
 山井には悪いけど、今回ばかりはチームの日本一を優先させておくれ……
 何しろウチのチームの日シリの弱さには定評があるでな。勝てるときに勝っとかんと困るっていうか3連勝した後4連敗かましたのってついこの間だったような。

●これでビッグカメラのおもちゃコーナー安売りせんかな。
 それにしてもMGのEB版運命の瞬殺っぷりはスゲエよ。
 こんなに完売御礼の札が乱立するとまでは思わなかったよ。

読書メモ「チェコ悔恨史 かくて戦車がやってきた」佐瀬昌盛

*人民民主主義がその名に反して議会制民主主義と相反する共産党一党独裁になるのはなぜか?

非マルクス主義政党……マルクス主義が支配する中にあっては物理的な撲滅すべき「敵」ではあっても「政敵」にはなりえないため、人民民主義制の中では存在し得ない。ちょうどNSDAPにとって共産党が非合法政党であったことと同じ。

マルクス主義政党……共産党以外のマルクス主義政党の存在は「どちらがよりマルクス主義を体現しているのか」という争いが起こる
 (Ex・中ソ対立、70年代の日共と中共)
 結局淘汰すべき対象になる。


従って必然的に人民民主主義=複数政党体制の否定、共産党一党独裁という答えに帰結する。

*そもそも「労働者を啓蒙して資本家を打倒する」という共産主義の根底において、社会を「啓蒙する党」と「啓蒙される労働者=一般大衆」と「打倒される資本家」の3つに区分している以上、(レーニンの「労働者の解放は労働者階級自身の事業である」という理想とは裏腹に)代行主義に基づく『党・官僚の一大帝国』の現出は結局、必然的帰結ではないのだろうか?
そういえば小平も「中国の農民にとって民主主義制度はまだ過早である」と述べているが、共産主義というのはつまり大衆への不信に拠って立つ思想ではないかとも思える。

「ブラッド・ブラック・ブラザーズ 8 宣戦恋歌」あざの耕平

4巻で存在が言及された「セカンド・カンパニー」ついに本文中に登場。
いよいよ反撃準備、そんな8巻。

●サマンサ教授の「吸血鬼ではなく人が世界を支配している理由」は非常に斬新というか新しい解釈というか。
 ひとつになれてしまうからそこで完結できてしまう吸血鬼と、なれないからこそどこまでも走り続ける人間と。
 これは吸血鬼ものの中でも面白い切り口だと思う。
 それにしても教授は見事な貴婦人ですね。

●サユカは本人の体型や顔だちと衣装が壮絶に吊り合ってないw
 ゼルマンへの執心の表れってのはわかるが。
 「ぬいぐるみと女吸血鬼の逃亡劇が意外なカギになる」という一文がありましたが、ゼルマンの娘として彼女はこの特区奪還戦にどんな影響を及ぼしてくるのか。

●強敵扱いしてもらえて喜ぶヤフリー君。

●話がどんよりとしてくる中で目覚めるコタロウ。後述のセイと並んで一気にムードが変わったぜ。
 恐縮して謝ってるザザとかすごい新鮮なんですけど。
 「今日もオセロでいっぱいやっつけたよ!」って九姉弟はわざわざオセロの相手してあげてんのかよ!

●セイ健在で何より。さすがに九龍に染まって事実上死亡では後味が悪すぎるでな。
 ……だからってアレはかなり吹いたがw
 そりゃゼルマンもサユカの中で大笑いするっての。

●ケインが手を出そうとしていたものの正体も判明。えらいパワーアップフラグですが、それを遂げたときケインはどうなっちゃってるんでしょう。

●『豪王』もついに本人登場。
 名前といい国といい、もっといかついの(例えば某スカル1みたいな人)を想像してたんですが、フタをあけてみればヤサ男なイケメンですな。
 どう考えても誕生に一枚噛んでいるザザとの関係といい、この先彼はストーリーにどう関わってくるんでしょうかね。

閑話休題。
劇中で出ていたシンガポール風チキンライスがやたらと美味そうだったので、豚肉と粉末調味料によるジオング→ジャグラー級のデッドコピー再現で作ってみたんですがかなり美味でした。
興味があったら鳥ガラスープの炊き込みご飯、お試しあれ。

第三の凶鳥

ブキヤのヒュッケバインボクサー、軽くネットオークション回って見たら12000~15000とかいうとんでもない金額がついてやんの。
例のヒュッケバイン問題でシリーズまるごと金型廃棄の完全絶版というのは本当に本当なのかしら?

ラーズアングリフとかヴァイサーガもキット化しねーかなー。
つってもブキヤ系は派手なポージングとかにはかなり不向きなんで、せっかくヴァイサーガ出ても剣戟ポーズを決めるのは難しそうではあるけど。

それにしても最近のブキヤのロボゲプラモは何か神が降臨してるとしか思えん。
弱王のフォックスアイやNB版だけど⑨出るし、なんか他にも⑨系出すみたいなこと言ってるし。
調べて見たら来年のVIシリーズ、ついに2脚以外が出るんかい!
本当にどこまで行く気だ。


……そういえば最近可変戦闘機にかまけてばっかで、二の腕まで作ったクレスト白兵戦型(3OP機)、半年以上放置したままだったな……

MGのEx-sガンダム?
正直もう諦めてGFFあたりで手を売っておこうかなぁ、と考えることしばしばです。
さすが、モデラーの間で「半年かけて完成」とか伝説になるだけのことはある物凄まじいキット。
どうでもいいけどデカールにTask-force α徽章が入ってないのは今更ながら納得いかね。あれチンピラ集団にはもったいないほどかっこいいのになぁ。