「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無題

Sv-51といい、せっかく色々買って写真撮ったのに、なんか1行感想書く以外の時間がなくなっとる。くそー。

同人誌の感想やノンフィクションの感想とかも書きたいんだがなぁ。とりあえず、

●プチ書評
「海軍の選択~真珠湾への道~」

海軍軍縮条約は「日本が対米6割ではなく、米国が対日13割の制限条約ではないか」と後世の今、俗に語られる内容を当時の日本海軍も認識していたという記述が大変面白かったです。
詳細はまた後日に。

●ウェブ拍手(もう一週間も経ってるよ……すみません……)
素晴らしい。あなたは実に素晴らしい。
これが夢です、夢に殉ずるものの姿です。なんと崇高で、なんと力強い

ありがとう……私のおともだち!ありがとう、ありがとう!

だから、一緒に、夢を見ませんか?みんな仲良く、(ロボにまみれて)幸せに暮らす夢を……
スポンサーサイト

親子の会話

俺「そういえば弟に彼女ができたっぽいんだけど」
母「本当かい」
父「中学生だって彼女がいるんだからお前もがんばれ」

俺「そんなことよりこのSv-51が途方もなくかっこよくて、尻とか見るだけで俺たまらんのだけど、マジで」


結構真剣に怒られた。

無題

Sv-51買って来たぜ!

プリスターパック越しでも鼻血出るほど格好良くて困る。

ガラス玉ひとつ落とされた

●地方のコミケイベントに出かけたんですが、最近のレイヤーさんは気合入ってんなあ。
1/1エリザベス(銀魂)見たときは色々な意味で唖然としたw
100m離れても「エリーだ」って分かってしまう。

●青髪ロングの北高制服がいて「誰やねん」と思ったが、もしかして「団長コス中のこなたのコスプレ」だったのだろうか。

●ブリーチも多いなあ。
 ただ主人公をビックリするほど見かけないが。
 ことごとく十三隊かアランカル。っていうか日番谷率の高さが異常。

●らき☆すたはゆーちゃんやみなみが少ないあたりにアニメ化の影響の高さというやつをひしひしと感じる。

●「銀魂強えーなーサド王子とか銀さんとか何人いんだよー」とか思いながらコスプレ撮影会場歩いてたらマヨネーズ蹴り飛ばしちゃったんだけど、あれはまさか……?

●高杉、みんなちゃんと片目包帯してるのが凄いですね。歩きにくくないですか?とか思わず聞いてしまいました。

●でも一番感心したのはゴリラのコスです。
 え、上着+裸を再現?

●「好きなガンダムはスペリオルですね。自由とかはpgrだと思います」
なんてこと言ってる人見たけど、冷静に考えるとこれは笑うところだったような気がする。
『かときはじめの考えたさいきょうのガンダム』だったSガンがいまや渋いガンダム扱いなのか。いや、俺もセンチネル当時を知ってるわけじゃないんだがw

●そしてそんな俺はTOAのルーク×ティア本をアホのように買い込んでいましたとさ。クリアもしてないのに。
 でも7歳児×ツンデレメロンは素敵だと思うんです。

デデデデデデストローイ ナーインボー

●平野綾のインタ読んでたんだが、らきすたの項目で
「私は杉田さんみたいに上手くアドリブできないので」
とかコメントしてて吹いた。確かに銀魂でめがっさ言っちゃったこともあったが、杉田はどんだけアドリブしてんだかw

●らきすた、なんでかがみの部屋に突然スターゲイザーのポスター貼ってあんのかなあ?とか思ったら……
給料いくらだの方は単独ポスターとかない(多分)からなのな。

●うぉェェェェェ⑨がACキットに来るのォォォ?!
 雑誌で見た時危うく絶叫するところだったわ!
しかもこれだけじゃ終わらないよって、なぁ。普通に考えたらセラフ出しますよって言ってるようなもんだよねえ。
 正直VIのラインナップはユーザーの要望突きすぎだと思う。

●スクコマにまさかの2が出るそうで。
 それも種死・マクロスゼロという本当だったら良くも悪くも本編に来そうな新規参戦を引っさげての登場。
 両シンの扱いが気になります。
 アスカのシンちゃんは運命妙に強いボス化とかで救済できるかもしれないけど、工藤のシンはマジでどうしようもないような……
神聖PONのラァー一撃でやられるSv-51γツインブースター×2とかそういうクロスオーバーはかんべんな!手に取るように真っ先に浮かぶから困るけど、これ。

 
 とりあえずSv-51とヴァーミリオンとジンHM(何気に1型)で編成される敵集団とかと戦えるんだったら買ってもいい。

If we get the trancient facts,

ついに公式でACE3でのゴーストX-9の動画が。

問題の動画は「MOVIE」ページの「YF-21」から見られます。
内容はYF-21vsゴーストX-9。


vsムービーでその肝心の敵が全然写ってないのにSUGEEE言われるなんてこいつくらいのもんだと思うんだ。 うん。
ブログで「ゴーストX-9です」って言ってるからわかるだけで映像からでは「多分ゴースト」「おそらくゴースト」としかわかんねー。しかもこれで難易度ノーマルかよ!

湧きたつ確信の矢を 明日へと解き放つ

そういやこないだ親父と話してたんですが、

「お前もいい年なんだからそろそろ彼女でも作れよ」
「俺べつに自分の持ちネタ隠してまで彼女いらねえよ」
「バッカだなーお前、彼女をじっくり染め上げていけばいいんじゃねえか」

和気藹々とした会話はしかし、次のやり取りで一気に緊迫感を帯びる!
以下、空知英秋風にお楽しみください。



「つってもヨォ、俺のロボ趣味ってぶっちゃけ男の世界だしー。所詮女が理解できるもんじゃねーよ
「アホかオメーは!なァァァァにが"男の趣味"だ!あんなもん小学生中学生の子供の遊びだろーがッ!」

「…………アン?オヤジ、今てめえ何つった。ちょっとそこなおれや。
なんぼ親でも言っては言かんことってのがなァ―――世の中にはあるんだよォォォォッ!」
「ガキの遊びっつったら遊びなんだよォこのクソガキャー!24にもなって彼女ひとつも作らんで、パソコンデスクはガンダムまみれにしやがって!ばあちゃんも言ってたぞ、「……あの子のあれだけはなんとかしなさい」って!
「オヤジてめぇのその目は節穴かぁーッ!ガンダム半分もねえよ!あそこにあるのはザブングルとかイングラムとかザカールとかVF-1だよ!てめえ、苦労して作ったライデンやVF-0Sw/ghostを侮辱する気かァーッ?!」
「知ったことかァァァァ!」


俺はロボットアニメは男の趣味と信じて疑わない。
たとえ「いつまでも少年の心を忘れない大人たちへ」=「いつまでたっても精神は子供のまま大人になってしまった人々へ」の定理に気がついたとしても。

軍隊の法理と統制について

無能な怠け者の呻きさんからの引き写しエントリ。

http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200708141811142
 
  (前略)その上で、正当防衛を超えるとして憲法違反とされるいわゆる「駆けつけ警護」は認めるべきだとする意見が相次ぎました。これは、味方である他国の軍隊が攻撃された場合、駆けつけて応戦するものです。 
 
  こうした事例について、イラクに派遣された陸上自衛隊の指揮官だった佐藤正久氏は、当時現場では、事実上の「駆けつけ警護」を行う考えだったことをJNNの取材に対して明かしました。 
 
  「自衛隊とオランダ軍が近くの地域で活動していたら、何らかの対応をやらなかったら、自衛隊に対する批判というものは、ものすごく出ると思います」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員) 
 
  佐藤氏は、もしオランダ軍が攻撃を受ければ、「情報収集の名目で現場に駆けつけ、あえて巻き込まれる」という状況を作り出すことで、憲法に違反しない形で警護するつもりだったといいます。 
 
「巻き込まれない限りは正当防衛・緊急避難の状況は作れませんから。目の前で苦しんでいる仲間がいる。普通に考えて手をさしのべるべきだという時は(警護 に)行ったと思うんですけどね。その代わり、日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」(元イラク先遣隊長 佐藤正久・参院議員) 
――――――――――――――――――――――――――――――――
文民の怠慢は現場主義を追認する材料にはならないし、何より倫理は法理に優先しない
(もっと正確にいえば、法理は倫理に優先する)

どんなに正当性があるように聞こえても、「法理が現状にそぐわず、おかしいのだから倫理の方を優先させるべし」というのは結局仇討ちや私的制裁を容認する論理にしかならない。

それは究極的には「なぜ逮捕権や危害射撃権は制約されているのか」という警察司法・国防の根本にもつながるという意味において


>単なる考えの違いに還元出来るような問題ではない。
>これは、暴力集団の倫理と責任に関する、為政者たる有権者としてもっとも重要な問いである。


という意見に強く同意する。

文民はカンボジアPKOの時からずっと「もしかすると自分の定めた命令や法律は、現場に人を見殺しにするよう強いることになるかもしれない」ということを理解していないし、制服は制服で「不合理な命令や法律なら現場主義で押し切ればいい」と(少なくともイラク派遣では)考えている。

これほど法理がぞんざいに扱われる軍隊は他にあるのだろうか? 【“軍隊の法理と統制について”の続きを読む】

悲しい瞳で愛を責めないで




この4体がぜんぶ同じデザイナーによるってんだからロボットアニメヲタはやめられないぜ。

小池氏と守屋氏痛み分け、新防衛次官は第3の候補に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070817-00000206-yom-pol

政府は17日午後にも、混乱が続いている防衛省次官人事について閣議人事検討会議を開き、最終決着する方針を固めた。

 小池防衛相が求めていた守屋武昌防衛次官の退任を認める一方、警察庁出身の西川徹矢官房長の次官への昇格は認めない方向だ。守屋氏が自らの後任に推していた旧防衛庁生え抜きの山崎信之郎運用企画局長の昇格も見送る方針だ。

 政府は防衛次官人事について、27日に行われる内閣改造後に新たな防衛相が決めることで収拾を図る方針だったが、混乱が続き安倍政権の求心力が一層低下しかねないとの懸念から、早期決着を図ることにした。後任には、増田好平人事教育局長や北原巌男防衛施設庁長官の名前が浮上している。



さて、これをどう解釈すべきか。
防衛庁は旧内務省・大蔵省(現財務省)出身の次官や高級官僚による影響力が強く、しかもその影響力とは軍隊としての権限や予算の圧縮に働いただけに警察閥出身者の次官人事見送りは喜ばしいことのように思える。
ただ現・小池防衛相が求める「情報漏えいが多発する体制の見直し」は確かに急務であることは疑いない。

過去防衛行政の節目となった旧ガイドラインや、防衛基盤の大網の制定はむしろ「初めて中見たけど、本当はこうなってたのか。それでいいの?」とでもいうような動機(この1975年当時、有事における日米の共同作戦マニュアルは事実上存在していなかった)をもとに当時の外様・門外漢だった長官が危機感を抱いて進めた一大改革の成果だ。

*坂田道太防衛庁長官。前任大臣は厚生・文部。

その実例から考えれば他省庁出身者を次官に据えて今の防衛行政のありかたを再検討する、というのもまったく無益だったとは思わない。
警察閥が防衛庁への影響力拡大を目指しての西川氏起用なら困るが、推薦した現・小池防衛相は環境畑の政治家だから少なくともそういう陰謀の類ではない。

ただ、自らも防衛行政には素人なのに、次官もまた畑違いから引っ張ってこようとする小池防衛相の意図はわかりかねる。

結局、門外大臣と門外次官の組み合わせとの二択なら防衛省生え抜きでかためるほうがモアベターな選択か。

燻る思いは憂い募らせる

●萌え武器辞典って本を見かけたんですが、大剣の代表的使用者がベルセルクのガッツだとかワンドがなのはさんのレイジングハートってのはわかるけど、トンファーの代表的使い手がレイズナーのエイジと紹介されてるのを見たときは思わず吹いた。(スパロボからの俄か組とはいえ)ファンとしてはなんだか微妙な気分。

●リボルテックよつば、ファミリー化が決まってたのは知ってたけど次はダンボーなのか。
稼動範囲が非常に気になるところだけど、つい買ってしまいそう。
でも個人的にはヤンダが欲しかったなー。それも出来の悪い奴が。

●日記に全然書いてませんが、OGsプレイ中です。
 今「楽園からの追放者」終了したところ。ヴァイサーガかっこいいなあ。
 風刃閃の竜巻乱切り→一直線に突き落とし攻撃とか。
 地斬疾空刀のテンポのよい魔神剣っぷりとか。発生させた衝撃波をバシンと叩いて走らせるのがかっこいい。
 光刃閃の赤い月をバックにボロボロのマントをまとって、軽く地面に剣先を擦りながら回転乱切りとかもうかっこよすぎてどうしよう。
 
 それにしても表情パターンかなり増えてますね。さっちんよくやった。
 ラミアの「……ん?」顔とかレオナのデレ顔とかダンディライオン二号ちゃんとかアラドのぷにぷにほっぺとか、しょこたん風に言うならばギザ萌ユルスという奴です。

「日・英・米 諜報機関の太平洋戦争」 リチャード・オルドリッチ

タイトル通り、太平洋戦争における英米の情報機関の活動史。
あくまで「太平洋戦争」で、欧州戦線での記述はほとんどない。

英米情報機関の内情、特にインドにおけるルーズベルトの反植民地主義とチャーチル(というより、イギリス全体の)帝国主義の「冷戦」や、各国内部での情報機関の乱立と縦割りを赤裸々に綴る内容。
また中国における情報活動も記されており、いかに中国国民党が英米から信頼を置かれていなかったかがよくわかる。
特に米国ではこれだけ不信を抱かれていたにもかかわらず、戦後の毛沢東の勝利を誰も予期できなかったのが不思議に思うほど。

対日開戦ではチャーチルやルーズベルト、イーデンといった大物はそろって「理性が残っていれば日本が対米開戦などという狂気の沙汰はしないだろう」という結論で一致していたのが日本人としてなんとも情けない気になる。
しかし一番印象に残ったのは「対日情報工作が思うように運ばない」という在インド英軍情報将校の嘆きで、具体的にはこういうもの。
「日本軍は『インドは英軍20個師団で守られているという情報を手にしているはずなのに、日本軍の将軍はたった3個師団でインド全域を征服する気でいる」。

やんぬるかな。

閑話休題。
「日本人に(零戦のような)優れた戦闘機をつくる技術があるはずがない」というのはいかにも西欧人的人種差別の論だが、結局最期までプロペラの国産化がかなわなかったり2000馬力級エンジンを実用化できなかったりといった日本軍用機の実相を考えるとまったくの的外れでもないのかな、と思えてしまう。

ひぐらしのなく頃に解5話「迷路の法則」

●キムチとワインによるハヌー処刑はなんつーか、このために羽入は堀江由衣になったんだなあって思える。
 そういや未成年飲酒してるけどいいんだろうか……と思ったが、よく考えると酒飲んでますとは一言も言ってないな。間接描写って凄いのね。

●1期に比べて全体的に格段に良くなったが、中でも沙都子の作画は妙に気合入ってね?俺まで沙都子スキーにされそうなんですがどうしましょう。

●何か忘れてる気がすると思ったら大石がやってくるシーンカットされてるんだ。

●ついにお人形もらうことができた魅音のリアクションがかわいすぎて困る。
 これをちゃんとやっただけでアニメ2期は4割くらいその役目を遂げたといってもいいくらいだ。
 魅音かわいいよ魅音。


●……ところで赤坂来てなくね?

雑記

サンビームさんがとんでもねーことになってるYO!
かっこいいのかギャグなのかテンション高すぎてもはや判然としない。

●やまとの1/60完全変形VF-11Bを買いました。
種のゲイツと並ぶバンクなやられ役として有名ですが、これがなかなかどうしてかっこよい。90年代前半のロボアニ航空機でカナードつきって結構珍しい気がするんだ。
ところでこれ眺めるたびに思うんだが、どのへんがSu-27モチーフなんだ?

●前田哲男の新刊があったので、ちょっと読んできました。
 「自衛隊を国土警備の最小兵力(警察予備隊は7万5千人だったのだから50000人ほど)に縮小分割、アジア冷戦を日本人の手で終わらせなければならない」

 明らかに適当なその場の推算で決めたとしか思えない最小兵力(ちなみに軍事的には30万は必要、と見積もられたのは有名な話)をでっちあげ、おまけに「アジア冷戦を日本人の手で終わらせる」ってなあ。
そんな大東亜共栄圏の発想、小林よしのりだって言わないよ。

●ついにまさかのMGヒゲ発売。さっそく購入しましたよ。
 レーザー加工技術で作られた1/100「牛」とか技術の無駄遣いにもほどがあるよ!
 ……でもパケ絵を眺めていても未だに信じられないっていうか、このパケ絵3ヶ月前の俺に見せても絶対信じないだろうなぁ。
 
●その前になんとなくMGE-ストライクI.W.S.Pを購入。スウェン用のストライクでノワールの改造原機ですね。
ファントムベインの兵士用ってことなのか、成型色が暗みを帯びた青に変更。
意外とこれがカッコいい。グランドスラムも付属しますが、9.1m対艦刀のほうがスウェンに似合うか?たとえば逆手の二刀流とか。

ところで作っていてふと疑問に思ったんだけど、これの115mm単装レールガンって射界狭くねえ?
砲身を向けられる範囲は垂直方向およそ10°~40°、左右方向は外側に向けてのみ30°程度。高度が自分より下の目標は仰角をとれないので直接照準不可!
しかも105mm単装砲にいたっては砲身完全固定。明らかに射撃時不利だと思うんだが、これ……

そういえば後継のノワールストライカーだとリニアガン装備してるけど、砲を装備する主翼と本体をつなぐブームが自由に角度を変えられる上、砲身自体がかなり射界を広く指向できる(左右水平方向のみだが140°程度)から自由に撃てる。
これってなんか関係あるのかなあ。

●リンク16の情報を漏らすより国会開催中に訪米することのほうが問題視される日本の防衛大臣ってなんなのかしらん。

雑記

最近やけに暑いなあ、と思ったら冬に部屋正面の窓閉めたっきりそのままにしてたの忘れてました。ナンテコッタイ

●イデオンやドラゴンクエストの作曲を手がけた、俺らの世代なら「どこの誰かは知らないけれど、誰もが一度はすぎやま曲は聞いている」なすぎやまこういち氏が、どういう風の吹き回しなのか「諸君」で米下院の従軍慰安婦謝罪決議について対談記事を載せてて我輩ビックリ仰天。
 すぎやま氏が政治思想にも関心があるとは初めて聞いたよ。
 まあ内容はさして突っ込んだ過激な発言もなくたいしたことなかったので一安心ですが。
 
 そういやちょっと前、「週間金曜日」に荒川弘(ハガレン作者)が呼ばれてたことがあったのを思い出した。

●ガンダムファクトファイル、デスティニーの号がたまたま置いてあったので立ち読みしたらあのガンダム、なんか通常戦闘モードのほかにハイパーモードがあるらしい。
 それがなんなのかは詳しく書いてなかったけど……
 ハイブリットデュートリオンといい、正体不明の設定がどんどん増えるのぉ。

●やまとの完全変形に備えてSv-51の設定関連を調べてたんですが、

機体諸元 SV-51
型式番号 SV-51
開発製造 スホーイ/イスラエル航空工廠/ドルニエ
空虚重量 17,800kg
乗員 1名
エンジン (主機)アビアドビガテルD-30F6X ターボファン
ジェット×2
(副機)VTOL用リフトファン×2
出力 (主機)102.5kN×2
(アフターバーナー時204.7kN×2)
固定武装 Gsh-231 12.7mm機銃×1
標準武装 Gsh-371 55mmガンポッド×1
(装弾数120発 予備弾倉×1)
標準装備 ミサイルランチャー/増漕タンク複合ポッド×2
(ツロポフSA-19 MI/IR誘導マイクロミサイル
×18)×2

出力単位の102.5Knはkgに直すとおよそ10450kg。
……つうかなんでマクロスゼロはこんな航空マニア全開の設定にするかな。わかりづらくて困る。
あれスホーイ系なのは一目瞭然ですが、イスラエルとドルニエの血も混じってたのか。
でもロシア系なのに固定武装が12.7mm機銃1丁とは珍しい。30mmとか23mmとかつけるのがロシア機のフォーマットだと思ってましたが……
ちなみに統合軍のVF-0は固定武装をマウラー社製のレーザー砲にしているので、そこんとこはVF-0に劣るといったところか。あと相違点として、Sv-51は可変翼じゃないってのがあるけどこれはどうなんだろうなぁ。

閑話休題。イスラエルとドルニエ(ドイツ)の混血ということですが、それにしては

http://saka.moo.jp/diary/?date=20040621

純ロシア産な体裁に見えるなぁ……
ところでこれについて調べてたとき、リンク先見て知ったんですがドルニエ社って5年前倒産してたんだそうで。

雑記

いよいよMGヒゲが迫りつつある今日この頃。
しかし最近のプラモ戦線の充実っぷりは異常だなあ。
スパロボキットはボクサーやらダイゼンガーやら出るし、ACキットはフォックスアイまでリリース決まるし、ガンプラはいよいよHGでCCAシリーズついにリリース開始、MGはまさかまさかの∀に運命。
明日日本に隕石が落ちてきても不思議じゃないくらいの充実っぷり。

●模型屋でたまたま1/48のエゲレス産メカジキMk2見たんですが、支柱立てまくり張線張りまくりの旧式まるだし複葉機の分際で何こいつロケット弾なんて懸架してんの?
 あまりのギャップに激しく萌えポイントをそそられてしまったのですが。そういえばD.O先生もそんなようなことを仰っておった記憶が。
 それ以来ずっと完成品1/72メカジキ探してんだけどみつからなんだ。

●ひぐらし系18禁同人をよく漁ってるんですよ最近。いや魅ぃ絡みの奴。
 で、探してて気になるんだけど、なんで必ずといっていいほど相手が誰であろうと魅音は受け固定なんだ?

●型月が次のコミケで月姫×空の境界×Fate(staynight+hollow)×な大クロスオーバーCDドラマ出すそうで。
 (http://www.typemoon.com/event/c72/index.htm)
 またすごいもん出すなあ。ほとんど型月作品と縁がない俺まで興味が出るくらいだ。
 
 でも真ゲッターが本格的に黒歴史入りしてるのに思わず吹いた。

ひぐらし解5話「雛見沢大災害」

タイトルの通り、今回で梨花ちゃま強制ブラディ・シ-ジ+大災害発生。
何がキツいって部活メンバーのガス悶絶死顔どアップ。
あれはへこむわ……っていうか、原作だと一撃で即死するガスだったのに泡吹いて目見開いて苦悶死してるのはなんでだ。

深夜になんで制服でしかも村長や鬼婆さままで教室に全員集合?という疑問はあるが、そういう整合性を気にしていたらひぐらしとは付き合えないので気にしないことにする。

ところで知得先生だけうつぶせ死で表情が見えなかったのはやっぱり型月への配慮かw

次回から皆殺し編。
魅音スキー的にお人形事件はたのしみですよ!

ひぐらしのなく頃に 目明し編

詩音主役の解一発目。綿流し編の真相が明らかになる編です。

●これ真相知らずにやってりゃまだ感情移入できるんだろうけど、悟史失踪とか全部明らかにされた今の目からやっていると、単に正解にかすりもしてない的外れもいいところの八つ当たりでしかないからなぁ……
「次はちゃんと間違えない」という最期の台詞も、「綿流し編が最多世界」、つまり要するに思い出せずに凶行に走る世界がもっとも多いというわけで、それを考えるとなんだか微妙。次は間違えないって最期に口にするけどやっぱり次のループでもグギャる、みたいなパターンもあったんだろうか。正直今までプレイした中で一番後味が悪かった。

●まあ綿と違って連続殺人の容疑者がちゃんと詩音になってるので多少溜飲が下がりますが。
こう書くとなんだかアンチみたい……正直好感が持てないのは確かなんですが。
「沙都子なんかいなくなっても私がいれば悟史くんの心の傷を癒してあげられる!」発言とか。そりゃあ主観的すぎるでしょうよ。
あと症候群関係なしに、普段は余裕ぶってるけど窮地になるとあっさり自分の意に沿わない行動を取る他人をあからさまに見下して内心で痛罵するあたりとか。圭一とかも大概沸点低いけど、あっちは「この馬鹿魅音」とかああも露骨に見下したりはしなかったしな……
おかげで他編で仲良くしている様子を見ても「どうせうわべだけで何かあるとすぐ内心では……」なんて思えてくるから困る。

●まあ悟史失踪で傷ついているところに圭一のことで相談する魅音は確かに空気嫁だが、だからって「私の悟史くんはいなくなっちゃったんだから魅音の圭ちゃんもいなくなってしまえ」という発想で圭一を祭具殿に誘うのはなんぼなんぼでも……なぁ。
 惨劇の直接的引き金はそんな動機だったのかよ!という。

●悟史への愛が今編の根底にあるんですが、どっちかというと詩音の中でひとりでに盛り上がって育まれた愛に見えるのが感情移入しづらい最大の原因かなぁ。
 アニメ目明しの脚本もらったCVの雪野はこれストーカー?みたいな印象を受けたらしいが、ぶっちゃけ原作通りの展開にしてもストーカーに見える。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。