「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

6月の買い物

kaidasi-07-6.jpg

kaidasi-07-6-2.jpg

F90.jpg




●リボルテックno.20「グリフォン」(機動警察パトレイバー)
SEJ TYPE-J9でいいのかなあ。こいつの型式番号。
内海課長の趣味の産物です。ワーグナー流しながら登場ってのをやりたかったらしいが、やるのを忘れているうちに結局AV-98に敗れて自爆させるはめになったというパトメカの中でも随一を誇る――というか悪役メカとしても高いファンを持つ人気メカ。しかし脚の形状の都合で何気に自立しづらいぞ、こいつ。
オプションは握り指の平手のみと少ないですが、武器使ってないんでしょうがない。

●「カナスピカ」秋田禎信
なんとか発売2日後くらいには買えていたんですが諸々の都合で感想は遅れに遅れました。むぅ。
あとがきがなくてちょっとビックリしたのはここだけの秘密。

●「マテリアル・パズル 19」 土塚理弘
月丸&太陽丸vsシャルロック&リゼルの変化球バトル。
「幻影八天刺」とか「ア~イスランチャー」とか土塚のネーミングセンスは健在。というかこれでちゃんと技の内容と繋がってんのが凄いよ。ものを丸くするシャルロックのドラゴンスフィア、変化球な能力を十二分に生かした変則バトルが面白い。
しかしムーンアデルパ何これ。急に凄い直球インフレがきたが大丈夫か勝てるんかこれ?

●「スーパーロボット大戦W 4コマKING」
 「スーパーロボット大戦Wアンソロジー」
タイトル通り。ビックリするくらいアストレイネタ少なくってしょんぼり。

●witty wings「スピットファイアMk.IX 322 Sqn LSK オランダ空軍」
ださく先生の本を読んでいるうちになんだか洗脳されました。
モスキートを飛ばしたことでも知られるマーリン61系列積んで、650km出した後期スピットファイアですな。
スピットって最終型になると2000馬力のグリフォン積んで無理やり700km出しちゃうんだから、その強引さが面白い。零戦なんてなあ……
まあそもそもがオーバー1500馬力以上の戦闘機用エンジン開発が最後まで軌道に乗らないままだったという事情もあるのだけれど。

●「∀ガンダム 月の風」あきまん
Iフィールド・アイキ!
なんかもーそれがとてつもなくインパクトありすぎ。
コズミックイラも準公式的に他年号と同じく正歴前史入りとか、重要なことも結構あったんだけれど。
ところで帯のコメント、なんて福井に書かすかなあ。∀の本質をもっとも理解しなかった人間に「∀の本質がここにある」とか書かれたくないんだが。

●童友社「翼第9弾 轟きの雷鳴 P-47D」
A-10でもなければましてやVF-11でもない初代サンダーボルト。アメリカンテイスト溢れる重戦闘機ですね。岡部ださく先生風?に言うならドーピングコンソメスープで強化したF2Aバッファローみたいな感じの戦闘機。

●カフェレオ「J-ウイング第二弾 世界の主力戦闘機」
Su-27出すのに11個、値段にして5500円も投資するはめに……
しかもそれでいて出たのはいかにもパチくさいカラーの中国空軍仕様ときてやがる。
なんかしっくりこないのでライトグレーでリペイントしましたよ、ええ。
しかし何度見てもこいつの背中やブレンデッドウイングボディの曲線美はすばらしい。

●GFF21a「ガンダムF90&ハリソン専用ガンダムF91」
ロングライフルのあまりのカッコよさに買ったようなもの。
GFFって武器のディティールはとても良いんですよ。ゼータプラスC1のビームスマートガンとか。
まあF90もSFCのフォーミュラー戦記をやった手前、実はRX-78よりも思い入れがあるというか俺にとって最初に見たガンダムはF90だったり。
しかしロングライフルのボリュームの凄いこと。

●「ひぐらしのなく頃に」アンソロジーノベル・漆
魅ぃかわいいよ魅ぃ
……というだけで買ったもの。いやそろそろ本編やろうよ>俺

●バンダイ「オーラバトラーコレクション」
ダンバインの稼動フィギャー。
ダンバイン(ショウ)、ダーナ・オシー、ビランビー、ドラムロ、ダンバイン(トッド)というラインナップ。なんか微妙なチョイスだよなあ……いやロードオブバイストンウェルのゲドよりはまともだけれど。
ディティールはかなり良好なのですが、後から思いつきで入れたみたいな間接稼動は稼動域極狭・保持力低下・値段上昇の三拍子そろった悪影響ギミック。固定ポーズでディスプレイする分にはなかなか良い出来であることもあってもったいなかった。

●「フルーツバスケット 23」高屋奈月
買いそびれていた最終巻。いや、見事にきっちりまとめるものをまとめて綺麗にオチをつけました。

●「最後の艦上戦闘機 烈風」松岡久光
烈風の開発記ですが、三菱関係者が記したせいか基本的に三菱寄り。

●「棺担ぎのクロ 2」きゆづきさとこ

●「金色のガッシュ 29」雷句誠
中扉のアース怖すぎ。いやあれはエリーでなくとも泣くってw
ヴァルセレ・オズ・マーレ・ソルドン見て思わずUBW思い出すのは現代ヲタの悲しいサガか。
しかしエリーとアースの妙な一人称ってあんな背景があったのか……


●PS2「スーパーロボット大戦OGs」
移植だしどーしよーかなーと思ってたら……ねぇ?
スポンサーサイト

「カナスピカ」 秋田禎信

秋田本人も言ってるけどごく普通の話。
あえて簡単に言えば「健康な『イリヤの空』」か。
加奈は過度に斜に構えたところのないごくノーマルな感性を持ち、カナスピカはあまりにも泰然としたマイペースなキャラで、小内山は秋田的コミカルさを持つ普通の勤め人。

エピローグの綺麗さは異様。切ないけど悲しくない、とでも言いましょうか。
「シャンク」最終巻で、シャンクとシンシアルータの複雑だけど心地良い関係を描いてみせただけのことはある。

信者的には暗喩・遠まわし表現の多用、断定的表現をしないいわゆる「秋田節」過剰な「エンジェルハウリング」、それへの反省かライトさを目指そうとしてライトになりすぎたきらいもある「シャンク」ときて、秋田独特のテイストを十分出しつつ読み易さを損なわないというバランスの境地についに達した……というのが第一印象か。

過度の風景描写や、暗喩と曖昧表現を無個性にならない程度に抑える一方、台詞回しで秋田節健在を実感させてくれます。

「カナスピカは物じゃありません」
「物質じゃない?ということは僕は反物質なの?」

という会話は秋田らしくて笑った。全力で殴られて「僕を楽器と誤認したのではないかと推測する」ってなあw
それとカナスピカの「異星人らしさ」の出し方はうまいよなあ。ああいう支離滅裂な言い回し(褒めてますよ)は秋田以外にはなかなか真似できないと思う。

このへんのバランス感覚があれば秋田はあと10年は戦えるね。
秋田の次の新作、今から楽しみにしてますぜ。 【“ 「カナスピカ」 秋田禎信”の続きを読む】

ACE3

早くも発売決定。
フロムのことだから無駄に発表早くするとはいえ早いよなあ。
参戦ラインナップが何になるのかワクワクがとまりません。

ぶっちゃけパンピーアピール犠牲にしてでもマニア向けに作ってくれるからな。

何が参戦するかなー。
俺的にはマクロスプラスとかVF-0Sw/ghostとかアストレイとかセンチネルとか希望なんですが。

雑記

銀魂の桜花編最終話がすんげえクオリチーだったらしいんですが、見事に予約失敗しました。AT-X再放送を待たねばなりません……あー、あと5週もあるよ。

●ちょっと幼稚園に行ったときの話。
おこさまが我輩をじっと見つめてくるので「こんにちワ」と挨拶したんです。
しかし幼児は何か思うところがあったのか、何も言わずに俺を見つめるのみ。
そんなもんかなと思って、そのまま立ち去ったんですが門の外に出たところで背中からこんな声が。

「せんせー、へんなおじさんがいた」

俺…まだ23才なんだけどな…と世の無常を嘆きたくなったある初夏の日。

●パトのDVD-BOX見てます。なんせ収録話数が多くて全部見終わるのは骨が折れるぜ。楽しいからいいけど。

 ・グリフォン編(TV版)
「城門の戦い」はある意味最終話より盛り上がる。つうかまずこのサブタイがかっこいいよなあ。
開錠を告げられたシゲオが愕然とする、禁断の10号ロッカーをほとんど独断で開き、「ハリネズミのように武装させて行かせてやりたいのが親心なんだが」と上司いびり+部下遊びだけが能ではないことをしっかり見せてくれる後藤隊長、ピュリッツァー賞を目指して企画七課を追うマスコミを誠意ある説得で見事追い払ったり指揮車から無理やり37mmぶっぱなして野明を助ける太田(ここでは太田が珍しくまっとうに役に立ってる)、必死に太田の暴挙を手助けする進士さん+ひろみちゃん、負傷をおして野明を叱咤する遊馬。全員が一丸となって奮戦する第二小隊。

対する企画七課も最重要秘密のはずのグリフォンを堂々と船上に乗せて「バビロンの城門」へ進入するわ、SSSの追跡をあの手この手でかわしてはシャフトジャパン本社からの締め上げをものともせずに好き勝手に大立ち回り。
その間ずっと笑顔を絶やさない内海課長の特異な名悪役ぶりが冴える。
「専務、……あんたが悪い!」「……言ってやった、言ってやった♪」
は内海課長らしい印象に残る台詞。

しかしラストは結局グリフォンの拿捕に失敗、野明じゃないがやや後味は悪いかも。しかしあそこで野明を慰めようとする遊馬のフォローのへたっぴさよ(笑
最後の後藤隊長vs内海課長の直接対決で溜飲は下がりますけれども。遠回しな隊長の脅しに内海課長もさすがにちょっと冷や汗かいてました。

・グリフォン編(新OVA)
飛躍的に性能を向上させたはずの新型なのに無残なかませにされてしまうAV-0ピースメーカー&第一小隊ご愁傷様…ではなく、ついに決着・企画七課vs特車二課。
でもニューロンネットワークとメインシステムのリンク解除時のためイングラムと同じシステムをサブで積んでいるはずなのに、AV-0はずいぶんとあっけなくボコにされたなあ。
ハード的性能が同等であってソフトは同じではなかったということなのか。考えてみれば南雲さんが第二小隊のイングラムの稼動データなんか欲しいって言うわけねえしなw

相変わらずこういうときは容赦なく1号機のかませとしてぶっ壊されるイングラム2号機はなんか哀れ。まあ中の太田は2号機を失った後も進士さんの救助に向かったりとちょこちょこ動いてましたが。
つうかキャリアで1号機援護のために突撃する進士さんが「多美子ー!」って叫びながら突っ込んでいったのは意外でした。嫁さんのゴリ押しで半ば無理やり結婚してたんじゃなかろうかと思ってたよ、俺。

ここは電池切れで動けなくなりかける1号機のピンチに横から割ってはいる香貫花の3号機のシーンが愁眉。
あえて外の客観視点ではなく、野明のカットインの奥からするっと香貫花のカットインが入ってくるという演出がいい感じです。派手な動きこそないですが、スタンスティックホルダーを開放したAV-0やグリフォンの正面アップなどメカ作画もOVAクオリティ。

ところで最後の内海課長の「信じられないかもしれないけど、君を愛しているよ」と熊耳さんに告げるシーンはほとんどここだけと言えるほど真面目な表情でした。彼女がここに来ていると知った時の極端な動揺っぷりといい、そこは内海課長もマジなのか。

●ところでさ…このDVD、オーディオコメンタリがついてんだけどさ…
 香貫花と内海課長はどこにも呼ばれてないんだよね…
 いや、わかってんだけど。わかってるけど。
 あの「黒崎くん♪」とかもう聞けないんだよなあ。

●やまとのSv-51ツインブースター、ずいぶんかっこいいなあ。ハセガワのキットはディティールがいいけど完成後遊べる範囲が極端に狭い上製作が難渋するし、高いけどこっち買おうか。

実際SV-51は河森がかなりよく練りに練って仕上げたデザインというだけあってまとまりは良い。
個人的に意味もなくゼントラーディ風・バロータ風味なシルエット(特にバトロイド)になっていたりする点はひっかかるところですが。
あとSu-27モチーフなんだけど、こいつの場合はスホーイ的な洗練された美しさっていうよりはシュトルモビクとかの荒々しい鉄の塊みたいなテイストに思えるんだよなあ。ツインブースターも以前書きましたがなんかソ連の無理やりな改造メカ風味。
次のマクロスで美形のSu-27モチーフVFでないかな。

マクロス25周年記念新作、製作開始

http://www.macross.co.jp/

気になるのはやはり今回の新バルキリー。
何をモチーフにした奴出してくるんだろう。

個人的にはSv-51に次ぐSu-27、35モチーフ可変戦闘機の登場を期待。
別にSv-51を認めないとかいうわけじゃないんですよ。むしろSv-51ツインブースターなんていかにも強そうなパワーアップメカなんだけど、それでいて旧ソ連系の垢抜けない感じがバリバリ。そのへんのリアル風味とアニメ的要素の絶妙さはいかにも河森の味だと思う。

話が逸れましたが、個人的にはフランカーファミリーのイカスヒップを再現したバルキリーも欲しいなあと。
あれがFASTパック背負ってる姿なんて想像するだけでニヤニヤが止まらない。
JSFもやっぱり来るだろうしな。VTOLするバルキリーとか斬新だと思うんです。

なんにせよ楽しみだなあ。

AT-X

AT-X見てたらかないみかがプチトークショーやってましてね。
あのチャンネル、一ヶ月ごとに番組宣伝部長ってのを決めて番組宣伝を声優にやらすんですよ。
今まで出たのは水樹奈々とか若本とか藤原啓二とか、ベテラン・若手・中堅等等選ばれるのは結構ランダム。

で、今月はかないみか。素の声はいわゆるロリ声じゃないのに驚いたわけですが冷静に考えれば当たり前*1なわけで、刷り込みって恐ろしいなあと二度驚いたよ。

で、担当声優が出演しているアニメになるとたいてい言及されます。
今週はひぐらし(1期)の紹介とあってかないは沙都子役で出演している旨を言及。
あの番組で残る思い出ってのを語ってましたが、

「磔にされる夢まで見ました」

……2期の皆殺し編、どうなるのかなあ。いや実物は見てないけどさ、最期どうなるかは知ってるんですよ。聞いただけでへこむよあれ。

*1……でも金田朋子は普段からああいう声

カナスピカ手に入らない

案の定というか、手に入れ損ねた嘘同盟員の俺が来ましたよ?

同じく探していたリボルテックの某SEJ-TYPE J9も手に入れ損ねるし、ついてねえなあ……ネットで予約しようとしたら発売日は「近日発売」になってるしさ。
こういうことはちゃんとはっきりして欲しい……いや、はっきりして欲しいのかもしれません。

すごいどうでもいい話

課長は経歴不明(実はもと犯罪者)
課員は精鋭ぞろい
上層部にコネもち

つまりシャフトエンタープライズジャパン企画7課=時空管理局遺失物管理部機動6課。

無題

sinki.jpg

仕事がなかなか軌道に乗ってこなくて四苦八苦するうちに更新頻度激減。うーむ。

まあそれはそれとして、ついに俺も買ってしまいました。武装神姫。

何くっつけようかなあ。
とりあえず今はパパスのつるぎとプラチナソード構えてSEED-MSVのOPに出てくるストライクルージュみたいなポーズでディスプレイされております。
♪冷たい舌を吸い合うように~

しかしこれの羽を思わず「ストフリ的な羽」と言ってしまうあたりおれさまの語彙も貧弱であるな。